Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.843
5つ星のうち3.8
形式: DVD|変更
価格:¥927+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年11月21日
国内版の発売まで時間がありますので、本作に興味はあるけどシリーズ作品を見たことが無い、
もしくは忘れてしまったという方は今のうちに是非見直しておいてください。
本作の評価が全く違ったものになると思います。
その際、本作の情報は絶対に頭に入れないようにしてください、アッと驚く展開が待っています。
(私は運良く情報をカットしたまま鑑賞出来たので最大限楽しめました。)

前半部分は、巷に溢れる少し退屈なホラー映画という印象になるでしょう。
その先については触れませんが、シリーズ未見の方は100人中100人が「え?え?」となって恐らく消化不良になります。
ですが、ベテランのチャイルド・プレイファンだと「えっ!?え〜っ?!」と違う反応になると思います、私も思わず巻き戻して見直してしまいました。

アメリカでは劇場公開されずにDVDスルーになりましたが、実際に自分で見てその理由がわかりました。
新しいファンを獲得することより、チャイルドプレイのファン、その中でも1作目からリアルタイムで見てきたファンに向けて作ってくれたんだなと。
一本の映画としての完成度はそれほど高いわけではありませんが、見終わったあとにもう一度シリーズを見直したくなる、そういう作品です。
0コメント|40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
時系列的には チャイルドプレイ3 の後のお話。
チャッキーの花嫁 チャッキーの種 は飛ばして本作という選択もありです。

内容としては ある一家に 差出人不明のグッドガイ人形が贈られてきます。
しかし その人形はなんと… とシリーズファンならおなじみの展開です。

主人公が車椅子の為 移動的な制約があり ハラハラさせられます。
殺害方法も シンプルな物が多く 個人的には現実味があってよかったです。

見方によっては 完結編と言える様な位置付けの作品で ファンにはお勧め。
前作の登場人物など ファンなら解る要素も ちりばめられています。
作品の終わり方も ウィットにとんでいるオチで良かったです。

※エンドロールの最後の最後に 物語の大事なオチがありますので
 お見逃しの無いように! 本当に最後の最後ですのでご注意。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
我らのチャッキーが9年ぶりにカムバックしてくれただけで、既にニンマリなわたくし。
1988年公開の1作目はもう四半世紀が経ってるんですね。いやあ歴史だなあ。(笑)

とはいえ、シリーズ映画の宿命というべきか、
アンディ3部作の2、3作目は凡庸なホラー演出によって陰りが見え、
どんどん尻すぼみ化。2作目の工場でのクライマックス戦は
『ターミネーター』的な面白さで見せることができたのに
演出がヘタすぎてあまり盛り上がらなかったのが残念。
ただ、腕をナイフ化したり、機械でグシャグシャにされて
肉片化しちゃったりするところなど、イカす描写はいくつかあり。(笑)
なんでこうも何度も甦ることができるねん!とか、
2作目でアンディの体に乗り移ることができなくなったのに、
何度も襲う理由が意味不明といったホラー映画のテキトーな
設定も目立ち始め、3作目の劣化にはガッカリし、
「ああ、これでこのシリーズも終わったな」と思った。

しかし、タダでは転ばぬチャッキー。

7年後の98年には嫁はんのティファニーを連れて
『チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁』で完全復帰。
作り手はシリアスな怖さではもうウケないと悟ったのか、
開き直ったコメディ・ホラーとしてシリーズファンを魅了。
チャッキーよりも嫁はんのジェニファー・ティリーに注目が集まり、
まさに“夫婦漫才”的な面白さで魅せてくれたし、
ツギハギだらけのチャッキーの“見た目凶暴”感もまたまたイカすわけで。

一番の爆笑ポイントは、チャッキー夫妻のメイクラブシーン。
ティファニー「ねー、ちゃんとゴム持ってる?」、
チャッキー「俺は最初からゴム製だぞ」。もう大爆笑。
しかも、最後はちょっと切ないハナシだったりする。快作!

で、さらに6年後、今度はチャッキー夫妻がジュニアまで連れてきた
『チャイルド・プレイ/チャッキーの種』が公開。
いきなり精子が泳いでジュニア誕生までを見せるイキなオープニングから入り、
『サイコ』や『インディ・ジョーンズ』『シャイニング』など映画パロディてんこ盛りで、
夫妻の楽しい殺戮ショーが始まるわけです。

どう見ても松島トモ子にしか見えないジュニアは性同一性障害があり、
オヤジの血を引いてるとは思えないぐらいのピュアなんですよ、可愛くないけど。(笑)
エド・ウッドの『グレンとグレンダ』をモチーフにした子供をめぐるストーリーが
これがまた意外と素晴らしい(イヤ、マジで)。
すっかり落ちぶれ女優になってしまったジェニファー・ティリーが
「オスカー候補にもなった私が人形とヤるなんて!」と、
自虐ネタをかますところがケッサク。

また、カルト映画の巨匠ジョン・ウォーターズ監督がパパラッチ役で出演してて、
最後は硫酸で顔を溶かされてお亡くなりになりました。合掌。(笑)
笑えてちょっと泣ける傑作。1作目の次に好きです、コレ。

ちなみにDVDには、チャッキーのモノマネをよくネタにしてた
山崎邦正改め月亭方正による吹き替えも収録。
意外とコレがハマってて、そのへんのボンクラなタレント吹き替えなんかより
出来がいいから、ある意味、期待ハズレでした。(笑)

で、1作目から25年目の節目を迎え、シリーズ最新作が登場。
初のDVD・BDスルー作品となってしまったけど、
劇場公開に値しないほどの出来なのかと言われたら決してそうではなく、
これまたファンにとっては“サプライズ”な仕掛けがしてあるんですヨ。

監督は前作に引き続き、チャッキーの生みの親のドン・マンシーニ。
この人、人生のほとんどを『チャイルド・プレイ』だけに捧げてきた人で、
つまりチャッキーを描かせたら彼の右に出る人はいないわけです。

お笑いホラーでお茶を濁すやり方は封印し、
1作目のシリアスなホラー仕立てに原点回帰。

主人公をハメるチャッキーの悪だくみ感も取り戻し、
序盤のシチュー・サスペンス(笑)はなかなかスリリングで、
ファンはニンマリできるはず。

ソフトスルー作品だからといってゴア描写も手を抜かず、
首チョンパやアゴ破壊、目ん玉くり抜きといった、
エグイんだけどやっぱし笑える惨殺シーンもなかなかグッド! です。

ストーリーはリアルタイムと同じ25年が経過。今回の主人公は車椅子の女性ニカ。
彼女の元に唐突に送られてきたグッドガイ人形。
しかしなぜ彼女に送られてたのかちゃんと「理由」があるわけです。

チャッキーになる前の殺人鬼チャールズ・リー・レイは、
実はニカの家族とは知り合いで、彼女の母親にホレていたんですね。
で、「新しい家族を作ろう」と迫るも拒絶され、通報されてしまう。
怒った彼はニカを妊娠してた彼女を刺し、
それによってニカは車椅子生活を余儀なくされてしまうというね。Σ(゚д゚lll)

警察に追われていたチャールズはデパートに逃げ込み
・・・・・・と、そこで1作目の冒頭につながるわけなんですヨ。

ちなみにニカ役はフィオナ・ドゥーリフという女優さん。
そう、チャールズ役でチャッキーの声を25年間も
演じ続けてきたブラッド・ドゥーリフの実娘さんです。

クライマックスでは“父娘”対決でバトってくれ、
ニカが痛みを感じない足を“武器”にするシーンはなかなか良かったり。

で、これまでさまざまなターゲットを探してきては、
結局失敗ばかりしてたチャッキー=チャールズの真の目的は、
ホレてた女性の娘ニカを捜し出すことだったんですヨ。(°д°)
25年かけてやっと見つけ出した!というね。

全作観てきた人は「ちょっと待て、んなこと一言も言ってなかったじゃんかよ!」と
ツッコミたくなるだろうし、明らかに後付け設定なんだけど、シリーズファンとしては
「なるほどー、チャッキーにはそういう目的があったのか~! フムフム」と、
広い心で納得してあげてもいいかも、な展開には一応なっている・・・・・とは思いますヨ。(笑)

こう書くと、1作目の直接的な続編なのか?
2~5作目をナシにした『スーパーマン リターンズ』的な位置づけなのか?
と、思っちゃったんですけど、いやいや、話はちゃんと
『チャッキーの種』の後日談になってて、エンディングに出てきました、チャッキーの嫁はん!
正確に言うと、前作でティファニーの魂が宿ったジェニファー・ティリー!(*'∀`*)

彼女がチャッキーに協力してニカに人形を送り込んだ張本人だったわけです。
しかしジェニファー、また太った?(^O^)

中盤までチャッキーの顔がずっとキレイなままなんだけど、
実はつぎはぎだらけの顔が“修理”されていただけで、
劇中の人物がそれに気づくというネタバレなしのほうが
ちょっと衝撃的な展開になっていて、オリジナル予告編でも、
つぎはぎチャッキーは“隠されている”んですよ。

お楽しみはまだまだ続き、エンドクレジット後には
大人になったアンディがカメオ出演!(^O^)
1作目ではまだ6歳だったアレックス・ヴィンセントくんは
30を超えるオッサンになってました。まさにお久しぶりっ!

彼が母親との電話で「マイクによろしくと伝えて」と話しているのは
1作目のチャッキー事件の真相を知るマイク刑事のこと。
まだ交流が続いていたようです。

ただですね、チャッキーが最後にニカの姪アリスに
“転生の呪い”をかけてどうなったのか描かれないまま話が終わるんです。

つまりチャッキーが勝ったのか負けたのかよく分からないオチになってて、
ドン・マンシーニ監督によると「それは7作目で描かれる」とのことで、
スタジオには既に企画書を提出したとか(ゴーサインはまだ出てない)。
ということで、『チャイルド・プレイ7/ご無沙汰、アンディ!」に乞うご期待!

ファンサービスの効いた快作。必見デスっ!
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月24日
チャイルド・プレイは一作目だけ出来が良く、あとはお粗末の一途を辿って行きましてがこの作品はちょっと盛り返した感がありますね。
一作目が好きな方はニンマリしてしまうシーンもありかなり楽しめるのではないかな?
ただ、エンドロールが流れても最後まで見ないとオチを見逃すことになるのでご注意を!
本当は星3個半にしたい。。。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月25日
このシリーズは全部みてました。が、うっすらとしか内容覚えてなくてほぼ初めての感覚で観ました。他のレビューでは前作みたほうが絶対よいとか書いてありましたがそんなことはなくこれ初めてでも全然楽しめます!
ターミネーターほど前作が続いてるわけでもなし、いま新作のスターウォーズよりも、今回のチャイルドプレイは簡単に入ります。とりあえずお奨め(*^^*)
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月11日
女の子とチャッキーが話してるシーンがあり
その時のチャッキーの顔に違和感しか感じないくらい顔が違う

ホラー要素も少ないし、血を出しとけば怖いでしょ?大きな音出しとけばびっくりでしょ?って所が多い
ありがちな大雨+雷も雰囲気作りになってないから邪魔なだけ
追われる怖さとか今まであったのに、これは全然ドキドキ・ハラハラしない

チャッキーの昔が…とか言ってる人いるけど、別に必要ではない・そういう所を見たい訳じゃない
終わり方もスッキリしない+あーこんなシーンもあったな程度

表情・動き・セリフが怖くないからガッカリしました
これは見なくてもいいと思います
シリーズで一番の駄作ですよ
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月28日
色々と、酷い
真面目路線に戻ったからこそ、ボロが出ている
このシリーズのファンである私としては、残念で仕方ないし、この作品をこのシリーズの一部としてカウントしたくもないくらいである
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月26日
怪作、チャイルドプレイ久々の続編。
シリーズのナンバー表記は無いが、紛れもなくチャイルドプレイの続編である。

よって、チャイルドプレイシリーズを未見の方は、まずはそちらを見て頂きたい。でなければ、後半の展開に首を傾げる事になるだろう。

ストーリーとしては、従来のチャイルドプレイのお約束とも言える設定を守りながら、これまでのシリーズへのオマージュが随所に散りばめられている。

特に、エンドロール後に映し出されるシーンで、往年のファンは胸がいっぱいになる事だろう。斯く言う、私もその1人だった。

私は、生まれて初めて見た洋画がこのチャイルドプレイシリーズ、その第1作目であった。幼少期には長らくトラウマであったが、それでも20年以上このシリーズを愛し続けた。

ラストシーンは制作スタッフの遊び心なのだろうが、本当にこの作品と出会えて良かったと思えるラストでした。
往年のファンならば是非とも手に取って欲しい1枚。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月16日
チャッキーのシリーズを全部観てきた自分からすると、忘れた頃に新作が出て、その都度思い出す。という感じです。今回の作品は第1作の前の事情がわかるようになっていますが、本来のシリーズの雰囲気がよく出ていると思います。1作目~3作目までに比べてちょっとストーリーが荒い気がするけど、これはこれで楽しめるのかな?最後の最後のオチで、☆一つ追加。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月2日
他の人が言ってる通り、全過去シリーズ見た人でないと、わからないですね。ラストのラストを見なければこの映画は意味を成さないです間違いなく。マジメなホラー展開です。下ネタやユーモアはなくなってます。ところで完結なのかな?第一作目の日本語吹替収録のBlu-ray出してほしいなぁ。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,040
¥1,071