Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
169
5つ星のうち4.1
タイプ: Musicライブ用|変更
価格:¥1,699+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年5月3日
効果はかなり良いと思います。
私は耳の穴が小さいので ミディアム ラージ と二種類の大きさのうちミドルをクリクリと動かしてぴたっと装着できました。
かなり密着しますが痛みなどはありません、かえって他のウレタンタイプの方がウレタンが膨張してくるので時間が経つと痛くなると思います。

注意するべき事があるので記しておきたいと思います。
耳栓の中央に一本の空洞が空いていてその外側に各用途別にチューニングされたフィルターがついているのですが。
二種類の大きさの本体のうち片方にしかフィルターは装着されていません。
私の場合ミディアムを使用したわけですが、装着後音が全く遮断され無いのでおかしいと思い上記の事実に気づき、ラージにはめ込まれているフィルターを外してミディアムに付け替え正常に遮音が出来るようになりました。

この製品は各シチュエーションに合わせて音の聞こえ方に調整が加えられている事が肝心要の機能ですので、くれぐれもフィルター無しで使用することがないようにしてください。
耳栓の中央の穴を覗いて、向こうが見えたらフィルターがついていないということです。
フィルターのあるとき ない時 の写真をあげておきます 手前の小さいのがフィルターです
review image
0コメント| 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月21日
デスクワークの職場にて、集中したいのに、周囲の声(打合せや電話応対)が気になってイライラする時ってありませんか?
そういう時に最適な製品です。

一般的な、ウレタン製の黄色い耳栓って、日本の職場では使いにくいと思います。
露骨に、「お前が五月蠅いせいで、こうして耳栓しているのだ」とアピールしているみたいで・・・。

ですがこの耳栓は、半透明かつ耳の奥にすっぽりとハマる為、周囲の人が耳栓をしていると気づきにくいです。
しかも最低限の声は聞こえるので、呼びかけられても無視をするリスクも低いです。
実際には、さりげなく耳栓を外して、「はい?」と聞き返す事になるとは思いますが。

本当は、もう少し遮音性があってもいいかな、とは思うのですが、本製品は必要な情報が聞こえる事を前提としているようです。
さらにウレタン製の耳栓と比べると、相当に耐久性がありそうです。

但し、上記アドバンテージの為に、通常の耳栓の8倍を出すかどうかは、人によって判断が異なると思います。
因みに私の場合は、隣の席の人の甲高い声に耐えかねて仕方なく着用しております。
0コメント| 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月18日
 私はライブハウスという環境が嫌いでした。というのも、信じられないくらいの大音量故に、耳が痛くなるのみならず、肝腎要の音楽を音楽として認識できなかったからです。すなわち、ドラムとボーカルはまだしも、ベースやギターは音が潰れてしまい旋律を聴き取ることができなかったのです(とりわけバンドの構成がツインギターの場合は顕著でした)。とはいえ、自分の大好きなバンドがツアーで訪れるとなると、「今度の会場ではいい音で聴けるかもしれない」という希望的観測のもと、ライブハウスへ行くことに見切りをつけることができませんでした。しかし、結果は毎回同じでした。

 そこで本商品です。もともとの購入目的は、せめてライブハウス後の耳鳴りを防がなければ「泣きっ面に蜂」ではないかという思いから、最低限自分の健康は保持したいという点にありました。ところが、先日実際にイヤープロテクターを装着してライブハウスに行ってみると、音量による不快感が解消されたのみならず、ベースやギターがどのような音色でどのような旋律を奏でているかということについての認識が劇的に改善されたのです(もちろん、Hi-Fiであるとまではいえませんが)。

  素人なりに推察してみるに、一般的にPAエンジニアの方があれほどの大音量で設定するのは、それが意識的か無意識的はともかく、日々大音量を浴びている―ある意味では訓練のされた―人の聴覚に合わせているのではないかと思われるのです。したがって、ライブハウスに足繁く通うような方々は措くとしても、私のようにライブへ行くのは年に1、2回程度であるというような方にはこのような類いのイヤープロテクターが推奨されると考えられます。それは、聴力の保護のみならず、音楽を楽しむためという意味においてもです。
0コメント| 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月2日
耳の悪い同居家族と一緒に大きいボリュームでテレビを見ていて、耳が痛くなったのをきっかけに、この耳栓を使用しています。音をよくカットしてくれるし、一方で、会話にあまり不自由は感じないし、使い心地は良いです。ただ、耳栓を入れるのにコツが要ります。無理やり押し込むと、耳が擦れて出血し、しばらくこの耳栓ができなくなります。あと、耳栓の構造が細かく、お掃除が少し面倒です。それでも、これに代わるものはありません。手放せません。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月20日
少し前に初めてクラブイベントに参加したのですが、大音量だったのでかなり耳を痛めてしまい、聴力が落ちました。

友人や出演者のなかに耳栓をつけていた人がいたので調べてみたところ結構クラブとかでは一般的なアイテムだったみたいで即購入しました。

先日中野のヘビーシックゼロでのクラブイベントで使用しましたが効果抜群です。痛い高音がきれいにカットされつつも魅力を失わず、低音は重量感そのままで聞こえます。かなりの音量だったのですかイベント終了後もなんともなく、耳鳴りすらしなかったのには感動しました。

クラブイベントなのに耳栓なんて!と思ってるかたもいらっしゃるとは思いますが、下がってしまった聴力は基本的に一生治りません。1度でもクラブイベントの大音量を苦痛に感じた方は購入をおすすめします。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月19日
バイクツーリングで長時間のヘルメット内の風切り音が耐え難いと感じるようになってきたので、クレッシェンドのMOTOを購入しました。装着方法は耳の上側を少し引っ張るようにして、イヤープラグを挿入するだけ。スポンジタイプのように小さくつぶす必要がないので楽です。装着中も違和感が少なくて長時間の装着にも負担を感じません。

効果のほどは、素晴らしいの一言です。耳に害のある広域と低域をカットしてくれているので、メカノイズ、風切り音等がかなり低減されています。とはいえ完全にシャットアウトできているわけではありませんから風切り音が聞こえてくるので、効果がないように思えますが、試しにイヤープラグを外して運転するとものすごい騒音で苦痛に感じます。今までそんな騒音の中で運転してきたのかとびっくりします。
やはりイヤープラグの効果は絶大だと実感できます。長時間の運転に疲労度が低減されます。

特定の音域をフィルターするので装着していても、信号待ちの時とかにそばにいる仲間と会話することもできます。むしろ雑音がカットされている分はっきりと聞こえます。

耳栓といえば「運転中に耳をふさぐなんて危ない!」って感じるでしょう。でも耳栓をしたからと言って全く聞こえないということはありません。まぶしいからサングラスをするのと同じように騒音が大きいから耳栓をするのは間違いではないと思います。

耳の保護のためにぜひとも装着することをお勧めします。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月8日
ライブ時、耳の負担軽減のため購入。広めの会場で使用してみました。
確かに耳への負担は減りましたが、会場の臨場感や盛り上がりが半減していまい、一体感に欠けてしまいます。
そのため、スピーカーに近いほうだけ使いました。
バランスは悪くなってしまいますが、両耳を大音量にさらすよりは良いと思います。

ライブ終了後、耳栓を外すと、していなかったほうは聞こえが悪く、いつものぼわーんとした感じが残りました。
一方、耳栓をしていたほうはまったく問題ありませんでした。

広めの会場より狭いライブハウスで、より効果が感じられそうです。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月3日
同じシリーズの「Music」とフィルターは同じで、イヤーピースが半透明という点が異なるだけです。
「Music」のイヤーピースがホワイトなのに対し、「Dance」は半透明なので、装着していてもあまり目立たない点がよいです。

聴感上の特性は「Music」と同じで、高域がやや抑えめで全体的に音量が小さくなってノイズが消え、楽曲の音のバランスはほとんど崩れずヴォーカルもしっかり聴こえます。装着したままでも会話ができ、爆音のクラブやライブ、フェスでも難聴になるリスクを抑えて今までどおり楽しめるので、必携のアイテムになりそうです。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月18日
某雑誌で紹介されているのを見て、自宅での仕事・勉強用に購入しました。
PCの電源は常に入れておく必要があるので、PCからの騒音がいつも気になっています。
今までの対策としては……

 1.音楽をかけて打ち消す → 余計に集中出来なくなる場合がある
 2.イヤーマフ → 静寂感のみを追求するならコレだが、家族からの呼びかけに応じることが出来ない
 3.デジタル耳栓 → コードがうっとうしい。また形状が耳に合わず痛くなる
 4.サイレンシアフライト → 今まで試した中では最良
 5.クレッシェンドOFFICE → 使い始めたところ。今後の最良となる可能性が高い

長い間使うことが前提になるため、使い捨てでコストが高くなるものは避けています。
この商品の最大の特長は耳への圧迫感が非常に少ない点です。ふんわりと優しい感触で装着時の違和感がほとんどありません。
そのため、長時間の作業にも耐えられるだろうと思います。

もちろん、PCからの騒音はきちんとカットしてくれます。
0コメント| 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月13日
ドラマーとして使用しています。

とにかくシンバルの帯域が非常に耳に来る為(しばらく演奏するとハイの部分が聞こえなくなる、いわゆるハイ落ちに陥ってしまう)他のパートが聞こえづらくなりアンサンブルの精度が落ちるのが以前からとても気になっていていて当初、普通の騒音用のイヤープラグ(スポンジのような潰して耳に入れるもの)を使用してましたが、今度は他のパートから音量バランスを指摘されてしまい「自分の音まで聞こえづらくなっていた」のに気付き単に音を小さくするだけでは意味がない事が分かりました。

いろいろ調べていくうちにクレセンドのドラム用を知り『高い帯域をカットするけれどもそれ以外は違和感無く聴こえる』という触れ書きに「コレだ!」と思い、早速取り寄せました。

結果は触れ書き通り。

他のパートも聴こえ易いですし、シンバルの金属音もかなり和らぎ、音質も殆ど変わらないのでニュアンスの調整が今まで通りにできます。

スネアの音も耳栓無しでは邪魔な帯域が先に耳に来る為、本来どんな音がでているかが把握しづらかったのですが、コレを装着することによって音色の傾向が分かり、微妙な鳴らし方の変化も簡単に分かるようになり演奏の幅も広がった様に思えます。

とにかくいいことづくめ。値段は少し張りますが、その価値は大きいのでコレは「買い」です。

高いので無くさない様に注意しましょう^ ^

ケース付いてますので使い終わったらコレに片付けておけば大丈夫です^ ^
1コメント1件| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)