Androidアプリストア Amazonファミリー SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6190
5つ星のうち4.6
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年4月10日
主な構成
CPU:i5-4460
メモリ:16GB
グラボ:GTX750Ti(本商品)
マザボ:H97-Pro
OS:Win7-Pro-64bit

検証ゲーム
・マインクラフト(ver1.9.2)

ワールドの特徴
・普通に新規作成した、ごく普通のワールド

バニラでのプレイの場合、フルHD、フルスクリーンで
・描画距離32で常時120~150FPS(場所によっては100FPSを切ることもあるかもしれませんが、基本的には100FPS以上キープです)
・描画距離16で常時300~400FPS(結構FPSの高低差はありますが、基本的に300FPS以上キープです)
・描画距離 8で常時500~600FPS(描写の軽い場所だと700~800FPS出たりもします)
・描画距離 2で常時650~700FPS(描写の軽い場所だと800~900FPS、調子がいい時は1000FPS出たりします)

影MOD導入でのプレイの場合、フルHD、フルスクリーンで(あまり詳しくありませんが、結構重たい方の影MODです※画像参照※)
・描画距離32で常時30~50FPS(描写の軽い場所だと40FPS以上出てくれますが、重い場所だと20FPS近くまで落ち込むことがあります)
・描画距離16で常時40~50FPS(この辺りまで描画距離を落とすと安定してきます)
・描画距離 8で常時45~55FPS(影MOD導入時、この構成で最も安定する描画距離です。比較的描画の重たい場所でも基本40FPS以上キープです)
・描画距離 2で常時60~70FPS(ネタです)

考察
かなりざっくりとしていますが、以上がマインクラフトの動作検証結果です。あくまで個人的な数値ですのであまり信用はしないでください。オマケに自分が組んだこのPCは結構気まぐれで、調子がいいときは影MOD導入で描画距離が8でも、常時60~70FPS出たりする時もあります。単純にワールドの"重さ"によってFPS数値が左右されてるだけかもしれませんが。

感想
最高のグラボです。この価格帯のグラフィックボードの中では現段階ではこの750Tiがコスパ最強でしょう(他にこれを凌ぐグラボが存在してたら、すみません。知識不足です)。補助電源を必要としない、本体が非常にコンパクト、コンパクトながらビデオメモリは2GB、ある程度まともに影MODが動く、軽いFPSゲームなどだったら簡単に200FPS以上出る。最強です。いずれは上位クラスのグラボを購入しますが、少なくとも1、2年はこのグラボで持つでしょう。私は一度ほしいと思ったら買わないと気がすまない性格なので遠くない将来にGTX1070辺りを買う予定ではありますが(笑)。しかし、そこまでゲームにクオリティを要求しないという方であれば、間違いなくこのグラボで十分です。それにPCゲームなどは、上を見だしたらキリがないので、この辺りで妥協しておくのも、お金を無駄にしないひとつの手ではないでしょうか。

最後に
以上、本商品GTX750Tiのマインクラフトの動作検証結果と考察・感想でした。これからPCを組むという方、パーツの追加購入を考えている方の参考になれば幸いです。ご覧戴き、ありがとうございました。
review image review image
1コメント1件|44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月28日
GTX950が発売されて、その陳腐な性能と値段の高さにドン引きしてこの商品を購入しました。
950と交代で発売終了になるかもと急ぎましたw
まず評価できる点は、本体が非常に小さいということ。
そして、補助電源が必要ないということ。
グラボは基本的にPCのパーツの中で一番電力を食うため、マザーボードから供給される電力では足りず、別途補助電源を食わせてやらな
ければならないのですが、なんと、このグラボはマザーボードから共有される電力で事足りてしまうのです。
グラボ交換初心者が地味に躓く点を、補助電源不要という素晴らしさで乗り越えてしまえるとは・・・。
それでいて、そこそこの性能があるというのは、後にも先にもこの750TIとちょいグレードダウンの750だけでしょう。
自作をやっている人なら、上記とは別にモニターの後ろにつけるタイプのケースで無い限り、ほぼどのようなケースにも搭載できるという
メリットを見出せるかと。
私の場合はミドルタワーのケースなので、スペースあまりまくりですがw
ただ、グラボが小さいとケーブルの整理はしやすくなるので、ケースが大きくてもメリットは一応ありますww
さらに、この小ささでもメモリをしっかり2G積んでいるのは非常に大事な点。
こういったロープロフィル形式のグラボは、こっそりメモリを削っていることが多いのですが、この商品はそんなことをしていません。
非常に好印象です。
冷却ファンは一見チープな印象ですが、別段うるさくありませんし、よく冷えているようです。
(静音ケースを使用しての評価ですのでご注意くださいw)
CPU内臓のグラフィック機能も世代が進むたびに向上して行っているのですが、それをはるかに上回る速度で
ゲームの要求性能は上昇しています。
やはり、ゲームをプレイするにはグラボが必要です。
私はスカイリムをプレイするために購入したのですが、バニラならサクサク動きます。
グラフィック関係のMODも盛りすぎなければ大丈夫です。
この値段でこの性能なら、間違いなくお勧めできます。
ヘビーなゲーム(アサクリ最新作など)の最高設定は流石に無理ですが、ヘビーなゲームに合わせてグラボを交換していったら
間違いなく破産しますw
ある程度の妥協は必要だと思います。
そして、このグラボはその妥協をより良い妥協にしてくれます。
手ごろな性能で、でも、コスパもいいものを・・・。
そんな貴方に強くお勧めしますw
最後に、手持ちのベンチソフトで計測した結果を挙げて終わりにさせていただきます。

ベンチソフト バイオハザード6
CPU コアi5-4590
グラボ これ
ベンチの設定 全部最高ランク
解像度 フルHD
結果 6619スコア (Sランク評価)

かなり古いゲームでのベンチで申し訳ありません・・・。
これしかなかったんですw

以上、クロシコ750TIのレビューでした。
このレビューが貴方の商品購入の一助となれば幸いです。
2コメント2件|145人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月22日
まず値段は1万3千で買わせていただきました(≧∀≦)昔はGTX470を使っていたのですがこれに変えてからは「凄い!」の一言です。PSO2は設定5で余裕で動いてくれました!感動です!また今後導入される設定6のベンチマークを計ったら9662で快適に遊ぶことができると思います。(PCのスペックにもよりますが…)これなら最新のゲームでも設定を普通くらいにすれば遊ぶことができると思います。本当に買って良かったと思える商品でした!
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月9日
HD5770 と GTX750Ti とのベンチマーク比較をしました。

<PC基本データ>
OS:Windows 10 Home 64 ビット(10.0, ビルド10586)
MB:Gigabyte H77-D3H-MVP
CPU:Intel Core i7-3770 @ 3.40GHz 3.90GHz
メモリ:DDR3-1600 16GB
SSD:INTEL SSDSC2CT120A3(120GB)

<こっから2つの比較結果>
--------------------------------------------------------------------------------------------
SAPPHIRE Radeon HD5770 1GB
DirectX バージョン:11.2
--------------------------------------------------------------------------------------------
<3DMark>
FIRE STRIKE 1.1 → 891(下位7%)
SKY DIVER 1.0  → 2,947
CLOUD GATE 1.1 → 8,108
ICE STORM 1.2 → 73,692

<FF14 蒼天のイシュガルド ベンチマーク>
最高品質 1920x1080 ウインドウモード DirectX11
1,985 (設定変更を推奨)

<DQ10 ベンチマーク Ver.1.4k>
最高品質 1920x1080 ウインドウモード
11,278 (すごく快適)

--------------------------------------------------------------------------------------------
GeForce GTX750Ti 2GB
DirectX バージョン:12
--------------------------------------------------------------------------------------------
<3DMark>
FIRE STRIKE 1.1 → 4,094(上位31%) → HD5770比:4.59倍
SKY DIVER 1.0 → 13,549 → HD5770比:4.59倍
CLOUD GATE 1.1 → 17,630 → HD5770比:2.17倍
ICE STORM 1.2 →  124,599 → HD5770比:1.69倍

<FF14 蒼天のイシュガルド ベンチマーク>
最高品質 1920x1080 ウインドウモード DirectX11
4,488 (快適) → HD5770比:2.26倍

<DQ10 ベンチマーク Ver.1.4k>
最高品質 1920x1080 ウインドウモード
13,206 (すごく快適) → HD5770比:1.17倍
--------------------------------------------------------------------------------------------
0コメント|44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2015年12月12日
昔からずっと自作PCをしてきましたが、この商品を開けた瞬間、ここまで進化したのかと感慨深くなりました。

開けた時思っていたよりもとても小型で、買う商品を間違えたのではと思ったほどでした。
よく考えたら補助電源無しですし、サイズはこんなもんなんですよね。
とはいえ、電源なしのわりには大きいですので小型ケースを使っている人は寸法をしっかりと測ったほうがいいと思います。

サブPC用ですので、とりあえずゲームが少し動けばいいといった感じで買ったのですが、ベンチマークを走らせた結果、これがスムーズに動く動く!
ゲーム用PCにもこれだけでいいのではと思ったぐらいです。
もちろん上を見ればきりがないのですが、普通にゲームができればいいといった人でしたら、このグラボは間違いなくオススメできます。
0コメント|18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月22日
パソコン歴 24 年で DOS 及び Windows 3.1 環境からの者です。
1995 年頃からパソコンの自作に励んでいましたが、
2002 年頃から 2012 年頃までパソコン製作は停止していました、
その後 2013 年から再びパソコンの自作を再開しています。

1999 年当時その頃、最高峰だった VooDoo 3 グラフィックスボードを使っていましたが、
当時は確か ¥35.000 程だったと思います。これは単体のボードに GPU コアを 2 個搭載した
SLI 構成のボードでそれなりに優れたグラフィックスボードでしたが、
今の時代のグラフィックスボードは凄まじく高価でパソコン・パーツの花形ですね、
正直、戸惑いを感じていますが、最近のグラフィック・ボード現状を見てみます。

Nvidia の GTX シリーズでは、

GTX Titan   ¥160.000 以上で GTX960 か GTX970 搭載クラスの最新パソコンが一台が買える価格
GTX 980ti   ¥80.000~100.000 代で GTX750ti 搭載クラスの普及型パソコンが一台が買える価格
GTX 980  ¥60.000~70.000 代で CPU i7-6700k と Z 系マザーボード及び DDR4 メモリーが買える価格
GTX 970  ¥37.000~48.000 代で何とか手に届きそうな価格ですが CPU の i7-6700k にした方が良いかも
GTX 960  ¥23.000~28.000 代でこちらも手に届く価格ですが CPU の i5 系が買える
GTX 950  ¥19.000~23.000 代でかなり安くなりますが 750ti との性能差があまり無い
GTX 750ti  ¥12.000~でローミドルですが価格対性能比が最も優れているこの製品

また GTX 750ti を基準として FF14 ベンチマークで性能を比較した場合は
( パソコン工房の公式サイトから抜粋 )

GTX Titan  は GTX 750ti の 3.44 倍で何故か GTX 980ti より低い
GTX 980ti  は GTX 750ti の 3.47 倍
GTX 980  は GTX 750ti の 2.80 倍
GTX 970  は GTX 750ti の 2.40 倍
GTX 960  は GTX 750ti の 1.59 倍
GTX 950  は GTX 750ti の 1.39 倍
以上で価格対性能比で見ると GTX 970 か GTX 980ti が最も優れている様に思いますが、
将来 SLI 構成にするならば GTX Titan を遥かに上回る性能で GTX 980 SLI とも性能差が僅かしかない
GTX 970 が一番コストパフォーマンスに優れていると思います。

因みにこの Titan 及び 900 シリーズを 2Way SLI にした場合は

GTX Titan SLI  は GTX 750ti の 4.68 倍
GTX 980ti SLI  は GTX 750ti の 4.32 倍
GTX 980 SLI  は GTX 750ti の 3.89 倍
GTX 970 SLI  は GTX 750ti の 3.70 倍
GTX 960 SLI  は GTX 750ti の 2.86 倍

で何故か下位の GPU に成る程スコアの比率が良くなってきます、その為 GTX 960 SLI もかなりの成績で頑張っていますが、
やはり GTX 970 SLI の方が良いでしょう、

この GTX750ti では SLI 構成にする事は出来ず残念に思いますが、
今では最新のゲームソフトを使っていないので、この GTX750ti でも十分に問題なく使えています。
しかし近い内にこの結果から将来性を考えて、今更ですが GTX 970 にしょうと思っています。
勿論 3.5GB 問題も踏まえて現時点ではこれしか選択肢が無い様に感じます。
Voodoo3 時代でもグラフィックスボードは十分に価格が高いと感じていましたが、
GTX 980 以上は余りにも高価すぎる。← 多くのユーザーが感じている事と思います。
Nvidia はかなり儲け過ぎているのではないでしょうか、こんなにも高価な物は一部のユーザーしか購入出来ません、
しかし Nvidia も新しい製品の Pascal 開発費及び各製品のドライバー更新開発費も必要でしょうから、あまり無理も言えませんね、
以上 GTX750ti に対して感じたレビューです。

追伸
Nvidia Pascal GTX1080 が5月 27日に GTX1070 は6月 10日に発売されます、
Nvidia Maxwell 発売当時よりも安い価格設定になっている様で、
しかも GPU のコア・クロック周波数も 1600MHz~1700MHz 程とかなりの性能の向上が図られています、
即ち上記の Nvidia Maxwell 世代の GPU の 1.1GHz から 1.7GHz になった様な感じで 1.5 倍に近い性能です。
またメモリーも 1080 と 1070 共に 8GB 積んでいて、補助電源ソケットも 8 ピン 1 個だけです。
これならば 500W 程度のあまり容量の無い電源でも十分に動作してくれそうです、
その為、もう少し購入時期を延ばして様子を見た方が良い様です。
2コメント2件|21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月22日
使っているPCがDELLの安いPCで、電源が300Wなんですけど、
このモデルは補助電源不要で300W電源でも動作するので購入しました。

今まではGTX650を使っていたのですが、FF14のベンチでは3500くらいだったのが、
6000以上まで上がりました。快適だったのがとても快適になりました。

ウインドウズエクスペリエンスインデックスはウインドウズ7で7.6になりました。

同じ750Tiでも、補助電源が必要なタイプもあるようなので、増設の際はご注意を。

ロープロファイルにも対応しているため、ファンが小さく、GTX650に比べて若干音が気になりますが、
そんなにはうるさくないです。

電源とかスリムPCとかで制限のある方とかには良い製品だと思います。
0コメント|59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
スリムデスクトップPCのThinkCentre M83 SFFに装着。
電源240W(80PLUSブロンズ)でしたが、動作に問題ありません。

箱の二重底に付属品が入っているのに気付きにくかったです。
ファン中央の丸いGALAXYシールは剥がれやすいので注意です。

性能とも現時点でロープロファイル最強なので文句はありません。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月25日
ITXケースのPCで、主にSkyrimで使用しています。
CPU : Core i5 3450
GPU : HD7770(1GBRAM) => GTX750Ti(2GBRAM)
ケース: SST-SG06B(ITX ,付属80plus 300W電源)

Skyrimは1980*1080のほぼバニラに軽くて評判のGameplay Performance ENBを使用して60FPSを維持できています。
軽くないENBは厳しい。例えばAir ENBに変えるとFPSは30程度です。
VRAM使用量はバニラなら1GB程度、2kテクスチャMODを入れると1.6GB程度でした。
HD7770の時はすぐに1GBの上限に達してしまっていたので、今は非常に快適になりました。

小型のグラボなので、ITXケースでも簡単につけ外しできました。
Skyrimでかなり酷使してますが300Wの電源でも問題なさそうです。
でもファン音は大きいです。エアコンつけたりゲームしたりしているのでそれほど気にはなりませんが。
0コメント|30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月26日
※追記 2015/10/31
ベンチマークの結果を画像添付しておきます。

FF14のベンチマークは全部最高設定です。とにかく設定上げれるものはあげました。
画像はないですが、バイオ6も全最高設定でとても快適が出ました。約7000は出ました。

【PC構成】
CPU 『i5 2500k』
マザボ 『ASUSTek P8B75-M』
メモリ『8G 』
電源 『500W』
グラボ 『GTX750Ti』←今回購入したもの

【ゲーム毎のfps値】
『AVA』 80fps~180fps 平均 [160fps]
マップはCannon AI爆破にて 最低fpsの80は壁に近づいてとにかく乱射、無理やりfpsそこまで下げました。普段プレイではそこまで下がりません。CPUが『i5 2500k』ですので当方ニコ生で放送しながらAVAやりましたが。fps値は変わりませんでした。

設定
・解像度 1920x1080 ・フルスクリーン
・シェーダーモデル3.0 ・影リアルタイム ・武器テクスチャ/武器質感 高 ・パーティクル品質/パーティクル強化 高
※他はすべて低にしています。

すべて高にしましたが、平均fpsからfps-20~30程度です。
すべて高でやるとすごくプレイしづらいですので、すべて高でプレイする人はいないと思います。
-----------------
OSU! 700fps~1900fps 平均[1400fps]
これぐらいは出ます。
-----------------
7days to die 30fps~65fps [平均55fps~60fps]

設定
・1920x1080 ・フルスクリーン
・ほぼすべて高 一部中


全部最高にしたら平均fps値が20~30fpsに落ちました。プレイできなくはないですが、fps60でプレイしてからfps20~30の状態にしたらやりずらいですね('・ω・`)
7days to die自体verがa12.5ですので(2015/10/26)、アルファ版ですのでfpsが安定しないのは仕方ないと思います。
GTX770や780とかで20fpsとか10fpsとかの人もいますので、やはりアルファ版というのが大きいかなと思います。
ちなみにa13でかなり軽くなるという情報もありますので(定かではないです)verが上がるごとにこのグラボでも平均80fpsとか出るまでいくかもしれないですね。
-----------------
Minecraft 平均[240fps]
・影MODなし ・18チャンク
・影MOD「CUDA v5.0 ultra- Preview」を使用して平均[40fps~70fps] ・18チャンク


影MOD以外にも色々MDOは入れてみましたが、さすがに書ききれないので省略
工業系とか色々

全然普通にプレイできます。
ちなみにサーバー建てながら影MOD入れて黄昏の森でも影MOD使って6名ぐらいでやりましたが、ほとんどfps値変わらなかったです。
何故か。
-----------------
最近のゲームでも全然問題ないと思います。
最近の最新のゲームの最高設定で120fps以上出したい方はもっといいの買ったほうがいいと思います。

CODとかでも1920x1080 フルスクリーン程度なら問題ないです。GTX750Tiでも全然OKです!
review image
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)