消滅都市ストア Amazonファミリー ホリエモンチャンネル for Audible Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 映画「ペット」×ペット用品 Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年10月29日
PC用オーディオ機器として購入したので、そちらの方面でレビューを書かせていただきます。

音質はオンボードと比べるまでもなく良く、音像がくっきりとし、オーディオに興味のない方にもとりあえずオススメできるレベルだと思います。
フラットな音なのですが実感としては多少高音が強いように感じました。
この値段では十分な音を出しますが、やっぱりもう少し上の機器に手を出したくなるようなもの足りなさを感じます。
あくまで「入門機」といった感じでしょうか。

付属のソフトは目新しさは無いものの、PC初心者でも使いやすくなっています。音量が変えやすいのも良いですね。

本製品の一番の強味はRCA入出力、光入出力、ヘッドホン出力などこの価格帯では異常なまでの機能性の高さだと思います。
様々な場面で使えて一台あると音楽生活の幅が広がると思います。

多機能性に惹かれた方、PCオーディオを始めようかと思っている方におすすめです。
0コメント|20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月20日
レコードプレーヤーから、24bit/96kHzのハイレゾ録音できるのが、すばらしい。
録音方法は、
1.付属ソフト「スマートレコーダー」で、まず録音作業。
「フォノ入力」で、チェックを入れて、解析ボタンを押して、
 一番音量の大きい個所をリハ再生すると、自動で、MAXレベルが設定される。
 ヒスノイズとクリック音を除去機能もありますが、
 大切な高音が消えるので、0%で設定。
(これにチェックを入れないと同時再生音が出ませんでした。)
2.フリーソフト「Audacity」で、編集作業。(付属ソフトより使いやすい。)
針の上げ下げ時のノイズカットや、レベル微調整、曲の分割をする。
「Audacity」の注意点は、編集→品質→設定以外にも、保存時に、「非圧縮ファイル」から、「オプション」を押し、24bitを選択しないと16bitになってたりします。
3.その他の注意点は、PCデバイスの設定や、再生用のiTunesも、 24bit/96kHzに設定する必要があることです。
以上でハイレゾ録音完成です。
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月4日
レコードをデジタル化するために購入しました。
とりあえず設置後の音声は非常に良好で高評価で使用していましたが、レコード入力の環境が整いいざプレーヤーを繋いでみると派手なノイズが発生。プレーヤーを外してもノイズは収まらず一週間ほど悩みネットの情報を漁ってみましたが、結局CREATIVEのHPから最新ドライバーを再インストールでノイズが綺麗に消えました。
私の場合製品に添付されたDISCのドライバーはNGでHPの最新データで事なきを得ましたが、もう少し観察が必要かと思われます。
同様の問題でお悩みの諸兄に参考になれば。
0コメント|52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月14日
色々なUSBオーディオインターフェースがある中でこの商品を選んだのは、
S/N比が高かったから・・・というのもあります。

とにかくノイズを抑えたくてこれにしたのですが、
ほぼノイズが消えたものの、マイク端子でつないだ場合は、
ヒスノイズが少々でる印象です。

なので、これの手前にオーディオテクニカのAT-MA2をマイクとの間に挟み、
この商品のライン入力につないで使用しています。
これでわずかにヒスノイズが残りますが、ほとんど気にならないほどになりました。

付属のスピーカーボリュームはPCの標準スピーカー側と連動してくれるので、
本品につないだヘッドホンやスピーカーでなくとも操作できる点は地味にうれしい所です。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月19日
この製品は、CDや音楽ファイルの標準サンプル周波数44100Hzに対応していません。
48000Hzか、96000Hzのサンプリング周波数に対応しています。
プレーヤーかパソコンで、アナログに戻しての、サンプル周波数変換(44100Hz→48000Hzか、96000Hz)が必要です。
ダイレクト再生を行うなら、標準サンプル周波数44100Hzに対応している他のDACを選びましょう。
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月22日
アナログレコードのディジタル化に購入。
原音と比較しても、忠実に再現できていると思います。価格も安いのでアナログのディジタル化をしたい方にはお勧めです。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月21日
◎新しいドライバが公開されていたので再レビューします。ちなみに結果は☆4→☆5です。
 理由としては、やはりヒスノイズが消えた(密閉型で最大ボリュームにしたらごく僅かにサーというホワイトノイズが聴こえますがそこまでボリュームを上げると耳がヤラれてしまいそうなくらい爆音がなるので使いませんw)からと、ドライバと一緒にやってくるカッコいいコンソールが非常に楽しい&使いやすいからです。
 これだけのコスト(1万弱)で330Ωまでのヘッドホンが扱えるのはコレだけだと思います。USB DACだけの用途としてもめちゃくちゃ安いのに、外部入力の豊富さ、デザインを考えると他社製のより高価なものと充分に対抗できると思います!
 買って満足の一品です!

――以下、ドライバが新しくなる前のレビューです。――――――――

付属CD、公式HPからダウンロードしたドライバどちらも試しましたがどうしてもノイズが乗ってしまいます。
接続位置も変えてみましたがあまり効果はありませんでした。

ですが、音が取りにくいQ701というヘッドホンを素晴らしい音で鳴らしてくれる(それだけ余裕を持った出力があるということです)、コスパも素晴らしく良いUSB DACなので、ドライバ以外は文句の付けようもありませんね!
ドライバ更新などでヒスっぽいノイズがなくなれば☆は5つ文句なしの品です!
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月22日
パソコンとコンポが遠く、10m程離れていますが、ポソコンの音をUSB(10m)で本器に飛ばし、コンポの近くで発音させて使用しています。
非常に安く、音が良いので大満足です。
USBだけでは電力不足で動かなかったので、外部電源供給のUSBハブを使用しています。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月20日
無線ヘッドホンの本体部にあるボリューム調整(回転式アナログ抵抗)が経年劣化で使い物にならなくなったため、
有線ヘッドホン(6mm)への切り替えに際し、ヘッドホン用ボリュームコントローラを探していたところ本製品を見つけました。

ボリュームコントローラやAD/DAコンバータは「基本的に外付けサウンドカードに過ぎない」と分かり、
サウンドカードの老舗である Creative 製でいいじゃん。という感覚でのチョイス。
主にPCからの音声視聴用(当方、マイクは使っていません)です。

何年も前に発売された製品ですが、同梱されているドライバソフト/各種編集用ユーティリティソフトは
Win10 にもインストールできました。
1)ドライバソフトを導入後はWin上でサウンド関連の諸設定を行い、サウンドカードの切り替えを行う必要があります。
2)各種編集用ユーティリティソフトは視聴目的なので試していません。

純粋に内蔵基盤をUSB接続に変えたサウンドカードですので、ボリュームつまみはシステムボリュームの制御用です。
ヘッドフォン出力だけを独立してボリューム制御するものではありません。
PCに付属のキーボードにもあるシステムボリューム制御が、回転式のインターフェースで操作できるようになる程度。

その他の購入条件:
1)6mm ヘッドホンジャックに対応していること
2)筐体の高さをデスクトップボードの下におけるサイズであること
3)接続端子に光入出力があること。

最近はヘッドホンジャックも 3.5mm の携帯用オーディオで採用されるサイズがポピュラーですが、
3.5mm の端子部品はデリケートなので、有線での利用は長期利用に向いていません。
本製品は、物理的にも強い 6mm ヘッドホンジャックですので、音楽視聴中にウトウト居眠りしてしまうことも考えて
購入決断しました。

本製品に限らず、ヘッドホンやマイクとコンバータとを有線で接続する場合、6mm ジャックへの拘りは参考になるでしょうか。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月28日
レコードやカセットから慣れ親しんだ曲をを取り込んでPCにMusicライブラリを作るのが目的でUSBタイプの サウンドカードを買ったのが縁で、Creativeとはもう十数年来の付き合いになります。 初代デジタルオーディオ、2代目がX-Fi Surround 5.1 Proと長年使ってこれが3代目となります。途中PCIタイプの内蔵型X-Fi Titanium Fatal1ty Pro 等も使ってみましたが矢張りUSBタイプがいい。音が柔らかい気がします。
5.1Proに比べた評価です。 
大きさがやや(一回り)大きくなっている。 裏側にライン、光ケーブルともにIn,Outに2系列、表に標準サイズのマイクInとヘッドフォンとボリュームつまみ。以前とはプラグの大きさが最も大きな違いとなっている気がする。今時こんな大きなプラグ???と思ってしまう。昔のヘッドフォンやカラオケマイクしか用がないと思うのだが。おかげで標準→ミニプラグコンバーターが必要となる。矢印が逆ならわかるが…。
音質ははじめ非常に硬くてびっくりしたが、CrystalizerをONにして少しいじったら、次第に落ち着いてきて以前より輪郭のはっきりした音になった。音を人工的にいじるのは好みではないのでこれ以外ほとんどいじっていない。今ではグランドピアノの響きもOK。低音も自然な深みが出ている。総じて以前より音の格が上がった感じである。 Creative全般に言えることだが、この値段でこの機能と品質はさすがと思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)