Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.935
5つ星のうち3.9
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年12月21日
 ソニーの「Morpheus」はもちろん、オキュラス社の「Rift」など、次世代型HMDは、噂は聞こえてくるものの実際の発売がなかなか見えてこないので・・・我慢できずに購入してしまいました(^_^;)。

 このデバイスのポイントはいうまでもなく装着感と画質です。まずはその点を。

<装着感>
 前世代の2機種についてはまだまだ未完成感のあるレビューが多く、購入を躊躇してしまう一番の理由でしたが、本機種の装着のしやすさはかなりのものだと思います。座って視聴する通常の使い方の場合、しっかりかつ容易に装着できる印象です。慣れればかなりの長時間であっても使用に耐えると思われます。
 一方、ベッドなどに寝ながら使用する場合、充実することとなった後頭部のホルダーが邪魔になって使用に耐えません。自分の購入の動機は寝ながらの映画鑑賞やゲーミングだったために、これは致命的でした。同じような使用を期待している方は注意が必要でしょう。

<画質>
 これも前機種との比較ではないのですが、概ね満足のいくレベルです。「概ね」というのは、次世代型HMDへの期待が高い中でのつなぎの購入であったことも影響しています。もしも、「視界全域に広がり、頭を回頭すると画面も周天する全天画面」を想像すると・・・本機はそういうHMDではありません(^_^;)。
 本機種のコンセプトは「20mの距離からみた750インチスクリーンを現出させること」だそうです。単純換算で2mの距離からの75インチTVとなりますが、対角75インチ(約180センチ)のディスプレイの横幅は大体160センチ、2mの距離からみた場合の端から端までの視野角は130°です。
 実際に、それくらいの距離から160センチくらいの幅を目で右から左に振ってみると、このHMDの中にあらわれる画像を端から端まで見るのに必要な目の動きと同じような感じになります。
 付け加えると、それは「視界の端から端まで画面が広がる」という意味ではありません。映画館でも、最前列に座らない限りそういう画角にはなりませんし、またそういう状況を望みもしませんよね?実感としては「映画館のスクリーンを、300席の客席配置のちょうど真ん中から正面に見ている」という感じです。
 考えてみれば、個人がこれを実現するにはかなり恵まれたホームシアター環境がなければ困難です。それがHMDの特性でもある遮光性とあいまって、誇張無く実感できることはすばらしいことだと思います。

 また、画質や発色も十分満足のいくレベルです。原理的な性格上、ピントがあいやすい・あいにくいというのはあると思いますが、映画館でもピントが甘かったりする場合があることを考えれば許容範囲だと思います。画質について付け加えるなら、次世代HMDでも採用が見送られそうな有機ELディスプレイを体験できることも個人的には嬉しいです。

 
<その他>
 自分が購入したワイヤレスモデルは、電波の到達距離も重要かもしれません。
 マニュアルによると電波の到達距離は5~7mとされています。同じ部屋の中で使用するのであれば問題ないでしょうが、違う部屋で見たりという場合は、残念ながら難しいように思います。
 自分の場合、直線で7メートルほど離れ、あいだに石膏ボードの壁を2枚挟んだ寝室で使用したかったのですが、電波を拾えませんでした。ちなみにPS3のコントローラーは十分に使える距離です。環境にもよるとは思いますが、概して本機の電波の到達範囲はさほど広くはないように思います。
 (ちなみに自分はHDMIデータの無線デバイス(WTR-HDAV/A)も経由して、何とか到達させることができました。)

 市販のHMDとして唯一3世代目を数える熟成を経て、現時点で世界最高水準といえるのが本製品でしょう。次世代型HMDも本機を超えることを開発目標としているはずです(発売が遅れているのは、それだけ本機の到達水準が高いということかも?)。先述したように、この視聴感をホームシアターで実現するとすれば、専用の部屋と設備で数百万円はかかることを考えれば・・・、高価な本機もその価値はあるのではないでしょうか。

<付記>
 ベッドに寝ながらの使用には残念ながら耐えられないと先述しましたが、これについての対策を付記します。なお、これは改造にあたりますので、あくまでも参考としてください。

 HMD部を構成するバンド、おでこ当てをすべて取り去るだけです。100均で精密ドライバーセットを買ってきて、ちょっと慎重に外装を外していけば、隠しネジやはずしにくいハメコミなどもなく、比較的簡単に取り外せます。

 こうしてすっきりしたHMDを、仰向け状態になって目の上にのせるだけ。したらば・・・

 わぉ!手軽!きれい!すっきり!

 画像をつけてみました。ごろ寝派のみなさんは、是非お試しください!
review image
0コメント|35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月27日
高評価になるか、低評価になるかは以下の5つ点に満足できるかどうかだと思います。

1)画質
これに関しては、私は文句なくキレイだと言って良いと思います。
この画質で不満を漏らす人は多くはないと思います。

2)受信の感度
ワイヤレスなので、そうそう途切れていては映像は楽しめません。
ただ、この装置を被ったままあっちこっちと移動することはないと思います。
同じ室内であれば、まず受信できないことはないと思います。
(説明書どおり、少なくとも5mは大丈夫です。)
小さいBDプレーヤーと接続して、ベットの中で横になってみることができます。
私はこの使い方が一番良いと思います。(下記4の参照)

3)ピントの調整
裸眼で視力に差のある人(私と似たような人)はまず裸眼では使えないと思ってください。
ピント調整はまずできません。
個人差というものもあると思いますが、私は遠視で右が0.7くらいで左は1.2〜1.5です。(検査の環境によって変動します)
これで視聴するためには片目に見るしかないですね。

こういう方は必ず、使用できるかどうかを確かめるため視聴すること!

私は裸眼で視力に差があり、眼鏡を作るのも結構大変なんですけど、眼鏡を使えば使用できます。
眼鏡の形状によっては使えないかもしれませんが、極端に大きなものでなければ大丈夫かと思います。
次にピントの調整ですが、これがシビアですね。
ピントを合わせること自体は簡単ですが、細かい点に気がつくとあってないような気分になります。
例えば、映像の真ん中はあっているが、右下はぼやけるとか…。

4)フィット感
上記3も大変ですが、これは本当に最悪です。
私自身、これがクリアできた人は、☆×4以上の高評価になると思っています。
(3、4がクリアなら、まず☆×5だと思います。1、2は問題ないですし、5は人によっては些末なことです。)
これで1時間の映像を見るのは苦痛ですね。
おでこが本当に痛いのなんのって大変です。
私もどうすれば、これがクリアできるか考えました。
説明書では前面にあるヘッドパッドと後ろにある下側のベルトである程度の調整をするみたいです。
しかし、どう調整しても痛みはなくなりませんでした。
そこで座ってみるのは止めて、寝てみることにしました。
ポイントは後ろの下側のベルトは少しだけ余裕を持たせておくこと、そして後ろの上側のベルトで固定することです。
仰向けの状態でこうすると若干この装置が浮きます。
つまりおでこに負担がかかりにくくなります。
これで1時間強の映像の視聴に痛みは伴いませんでした。

ここで重要なことを言いますが、実際に装置をショップで使って購入しようと思っている方、
購入してくださいとアドバイスしてくださる方もいると思いますが、
痛みはすぐにはやってきません。
少なくとも45分以上は視聴してください。
私も30分くらいなら、痛みは来ないんですよ。
実際はその後からなんです。
痛みとは関係ないですが、人によっては目が疲れる過ぎる人もいるかと思いますので、
その点のチェックもしておいた方が良いでしょう。

5)上記の4点以外のこと
ここは細かい点ですね。

a)バッテリー装置が邪魔
映像にめり込むと、このバッテリーの存在を忘れてしまうんですよね。
あと用事ですぐに外さないといけないときとか。
悪いのは私のほうですが、これを何度落としそうになったことか。

b)ライトシールドが外れやすいくせに、装着は非常にしにくい。
ライトシールドはゴム製なのですが、これが装着しても、端っこがすぐに外れます。
なのに装着はしづらいです。
それ以外に下側のライトシールドを装着して使用すると、一度外して、装着するときに面倒です。
例えば、視聴中に宅配が来たから、出ることにした。
そのために装置を外すわけですが、結構慌てているので、バンドを緩めずに外します。
そうすると眼鏡が引っかかるわけです。
仮に外せても、視聴のためには装着する必要があるわけで、そのためにまたベルトの調整しないといけません。
この時間が折角の雰囲気を台無しにします。
また装置のレンズが曇ることもあります。

c)どちらのユニットも音が大きいです。
ただカナル型のイヤホンをしているので、気にはなりませんが。
私は製品のイヤホンではなく、SE535LTD※を使用しております。
(※なので付属のイヤホンの音については分かりません)

a〜cはどれも細かい点なのでですが、記載しておきます。

総評としてはタイトルどおりです。
本当に惜しい商品です。
sonyの開発者は長時間の視聴に耐えうるチェックをたくさんの人を使ってやったのか言いたくなりますね。
商品が着くまでは、どんなものなんだろうと期待をしましたが、
使ってみたらガックリとか、高額な商品だけにショックも大きかったです。
個人的には☆は2つ以下なのですが、限定的ではありますが、ある程度の問題は解決したので、☆×3とします。

最後に購入を検討している方は
まず、持っている人が近くいれば、その人から一日借りることをオススメします。
普通はそういう状態は稀なので、ショップで試すということになると思いますが、
45分間以上は使用しないと結果は見えてこないと思います。
非常に人の目や頭?を選ぶ商品です。
0コメント|165人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月11日
2年間ぐらい 前モデルのT2を使っていました
T3Wが欲しくて 最近 手放しました T2でも満足の品物でしたが コードが邪魔で今回買い換える事にしました
良い所
見た目が高級感がある
音が良いバーチャル7.1
イヤホンも良い
座って使う時ズレにくいホールド性能が良くなった
悪い所
ワイヤレスなので 画質 音の乱れが 少しある
その為HDMIコードをつないだら ワイヤレスの意味がなくなる
映画 2本見るぐらいの電池容量しかない
充電するのがめんどくさい
ワイヤレスでもバッテリーの配線があるので邪魔になる
結果
買って良かったかと言えば 物が良いので 気に入っています。映画観賞は1人の世界で見れるので満足しています。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月23日
第一世代と第二世代を使ったことがないユーザーのレビューです。
映画などを大迫力で観たくて予約購入しました。

【装着感】

おでこのパッドや頭頂部と後頭部のベルトに支点が分散されて固定されますが、
締め付け感や重さは全く気にならない感じです。着脱も比較的簡単に行えます。
ただ、ラバー製のライトシールドが簡単に外れすぎてしまうのが不満です。

【ピント】

ピント合わせに苦労するという前世代のレビューを見て心配していたのですが、
これは装着した後に、レンズの下のつまみであっという間に調整できます。

【画面・画質】

画面の迫力については上手く説明するのが難しいのですが、小規模な映画館の
ど真ん中で観賞しているというイメージがぴったりだと思います。
3Dは対応TVのものよりもずっと飛び出して見えるような気がします。
また、明るくてとても綺麗に見えます。

【音声・音質】

付属のイヤホンは使わず、SONY コードレスヘッドホン MDR-DS7000
使っています。映画館のような音がバーチャルで楽しめます。

【その他】

バッテリーについては、観賞中はソファに座っているので特に気になりませんでした。
ワイヤレスはすっきりして良い感じだと思います。

【まとめ】

個人的には満足できる商品です。美麗で迫力ある3Dを楽しむという感じで映画鑑賞に
使っていくつもりです。PS3のゲームもやってみましたが、細かい文字を見る必要のある
ゲームはTVの方が良いと思いました(目が疲れるので)。でもFPSには向いていると思います。
0コメント|66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月16日
映画館の1番いい席で見ている感覚はいいですね
バーチャル7.1を使用しても違和感は余りない
ただ、3代目で軽くなったとは言え、鑑賞にのめり込むとおでこが痛いので注意が必要!
程々使用しましょう。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月25日
とにかくオデコが痛くなるというレビューと、装着が困難というレビューが目につきます。
そんなもん、個人差だろ!タフガイの俺には関係無いぜ!!
と思ってましたが、ホントに痛いです(笑)
耐えられません(笑)
では、長時間の使用が不可能かと言うとそうでもありません。ピントや視野を犠牲にして緩めながら上手に付き合っていくしかないです。
映像は美麗で文句なし。
もっと視界全体に大画面が広がるかと思ってましたが…まあ、仕方ないかな。
皆さん言うようにいい席で映画鑑賞してる感じ、悪くはないです。
やはり、ごろ寝で楽しめるのが最大の利点ですね。
3600x2400の壁全面にプロジェクターで映画鑑賞してましたが臨場感はプロジェクターが上。しかし暗闇の確保と座位に限定されるのが欠点。
互いに長所短所ありますので引き分けです。

大型テレビよりはこちらのヘッドマウントディスプレイの方が当然良いです。
品切前に手に入ってホントに良かった。

あとは近所のTSUTAYAが沢山3D対応品をおいてくれれば完璧なんですが…
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月20日
イヤホンもついてきました ゲームや映画を見るときに臨場感があって最高です!
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月3日
画質:非常に素晴らしい
画面:周りが一切見えないため、映画などに没頭できる。小さい劇場(100席程の)にあるスクリーンと同じくらいの大きさに見える
重量:少し重い→6時間連続で使用すると、常時後頭部を固定している必要があるため頭が痛くなる
音  :映画やミュージックを楽しむための適切なサウンド設定があり、映画を見ているときの音は映画館での音に近い
メガネ:着用していても全く問題ない
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月15日
本命はオキュラスやHoloLensなのですが、先にHMDがどういったものか経験しておこうと思い、購入しました。
以下、使ってみて感じたことになります。

・ドラマや映画、アニメ等の動画鑑賞にはいい感じ
他の皆さんも書かれていますが、動画を見る分にはいい感じです。
テレビやPCのディスプレイで見ている時とほとんど変わらない画質でありながら、テレビやディスプレイよりも
場所をとらないので、「動画とかよく見るけど部屋が狭くて大きなテレビやディスプレイが置けない!」という人にはお勧めできそうです。

・ゲームはジャンルによる
これも他の皆さん結構書いてますが、ゲームはプレイするジャンルによってはお勧めできません。
向いているのはADV、SLG、TLGといった、「全体を細かく見る必要がない」あるいは、
「時間に追われずに全体を見ることができる」ジャンルになります。
逆に向いてないのはACT、FPSといった、「全体を細かく見る必要がある」、「素早く全体を見る必要がある」ジャンルです。

理由としては、HMDの特徴である、「どこを向いても画面と顔が正面状態になる」というのがネックになります。
FPSやACTで素早く画面端を見ようとした時、大半の人が、「顔を少し横に向けて」画面端を見ようとしていると思います。
ただ、上記で述べたようにHMDだと、「顔を横に向けても結局は正面を見ている状態」になっているため、
顔を横に向けたんだから画面端が見えるはず、という意識と実際のHMDから見える光景に差異が生じ、
結果として画面がぶれているように見えたり酔いが発生したりします。

なので、FPSやACT目的でHMDを使用するのは、「視線の移動だけで画面を素早く見渡すことができる人」以外はお勧めできません。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月8日
非常非常好 ,Made in Japan,Very very good!!!
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)