Androidアプリストア Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.03
5つ星のうち5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年12月27日
グレンスフォシュブルークスの斧は、この442と450(薪割り鎚)とミニハチェットの3本を10年ほど使ってきました。
さすがにストーブの本場北欧(スウェーデン)の会社の製品らしく、力学的な工夫がみごとです。道具としての美しさもすばらしい。

特徴は何といっても斧刃のV字の角度が大きい(特に442)こと、また、外側に少し反ったようなV字のカーブにあり、斧をまっすぐ狙ったところに振り下ろす技術が身に着けば、まずケヤキ以外は何でも割れます。(ケヤキは恐ろしいほど割りにくい木です。念のため。)
10年間、直径10センチ~50センチほどのナラ、樫、シイ、桜、梅、栗などを割ってきましたが、他の製品と比べて重さ・大きさと破砕力の比は群を抜いていると思います。(他にも斧は使ってみましたし、機会があれば薪作りをしている人の斧を試させてもらってきました。)
とりわけ442は全体の重さ、柄の長さ、刃の構造のバランスが最高です。(写真の上の斧が450、下の斧が442です。)
このバランスの良さがもしかすると442の最大のメリットかもしれません。よく体になじみ、野球のバットを振っているような感じとてもいえばよいでしょうか。

450は、相当に腕力のある人ならば使いこなせるかもしれませんが、長時間あるいは頻繁に使うには普通の日本人成人男子には少し重すぎますし、柄が長すぎます。私は径50センチ前後の堅木のときには使いますが、それ以外はすべて442です。450以上の大きさの斧を造っていないということは、450はおそらく相当に体格のいい人向けの製品かと思います。
(ミニハチェットは枝下ろしに重宝します。これもバランスがとてもいい斧です。)

450と比べると、442は、最初に手にしたときは短すぎると感じるのですが、狙った位置、幅を1センチくらいの精度で振り下ろす技術を習得し、活かすには、これくらい自由自在に扱える大きさのものでなければならないことがわかりました。
一般に薪割りをしている人たちが使っている斧は、たいてい442と450の中間か、450寄りの大きさです。

442は、柄の微妙なカーブもよく考えられています。ただし、握る部分には滑り止めのテープを巻いた方がよく、使い勝手はさらに向上します。鍛造がいいのか、錆びることもなく、この10年間、まったく変わらぬ切れ味で、研ぐ必要もありません。
これだけの値段ならそうだろうと思われることでしょうが、10年使って、たぶんこれ一本あれば、あと20~30年は十分だと思うのですから、あとは好みの問題でしょうか。

購入したときに、この会社の製品と職人(名前、写真入り)を丁寧に紹介した冊子が付いていて、これも面白く読みました。
442や450には、造った職人の頭文字が刻印されていて、「ああ、この人がこれを造ったのね」と、遠い北欧の国の人々を身近に感じて、単なる道具がお宝のように思えてきました。

あとは、斧の使い方の基本をマスターすれば、もう気分は剣豪。
薪をにらんで、どの向きからどの位置に振り下ろせばいいかを瞬時に判断し、その通りに割れていくときの気持ちよさは、最高ですね。
夕暮れになってもまだ割り続けていると、樫などに振り下ろしたときに火花が飛ぶことも(砂や小石に当たってではなく。)
私の442を造ってくれた職人のRAさんに見守られているような気分で薪割りをしています。

追記(2015年4月):442と 「一緒に購入」を、と出てくるので、以前からダイヤモンド・ヤスリには関心があったこともあり、「グレンスフォシュブルークス(GRANSFORS BRUKUS) ダイヤモンドシャープナー GB4032」を購入してみました。GB4031は粗研ぎ用とのことなので、斧に大きな刃こぼれでもあれば別でしょうが、私はGB4032を選びました。
さっそく442の斧を研いでみました。
…レビューに、「この10年間、まったく変わらぬ切れ味で、研ぐ必要もありません。」と書きましたが、やはり研ぐと歴然と違いが出ました。
ナイフや包丁ではなく斧だから刃先は多少鈍磨(といっても、かなりシャープですが)していても割る力に変化はないだろうと思っていたのですが、研いだ後ではより容易に割ることができるようになりました。
要するに、斧を振り下ろしたときに刃先が木を逃さない、とでもいうのでしょうか。以前にも増してパンと一気に割れます。
新品の頃はこうであったのかと、道具の手入れの大事さを再認識いたしました。
研がなくても割れますが、使用しての感想を記しておきます。
review image
0コメント|22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月16日
大きいな薪もきれいに割れる力があまり必要のない斧で、私も妻まで使えたから思った以上に良かったです。ハンドルが生のままですから自分でアマニ油を塗って強い長持ちするハンドルになります。そしてカバーも付いて来て安心してちゃんと終える。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月29日
この1本で確実‼︎思っていたよりも重たかったが、実際に薪を切ってみると、めちゃめちゃ良かった‼︎
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)