Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
115
5つ星のうち4.6
色: ブラック|スタイル名: ボディ|変更
価格:¥47,671+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年3月13日
プロカメラマンとして活動していますが、物撮り、料理の撮影にはこれが最適です。
プロなのにフルサイズじゃないの?と思われるかもしれませんが物撮りがメインのためISOもフォーカススピードもこの機種で十分なのです。また、フルサイズにはないロケーションに合わせた設定という機能が撮影のスピード化に欠かせないのです。

例えば料理の撮影の場合、料理撮影モードで撮影してから、その数値を参考に絞り優先で設定を決めます。
撮影効率を考え定点用と移動しながらの撮影用で2台で撮影しているため、ミドルクラス1台分で買い揃えられるのもありがたい機種です。
動画は専門外でしたがyoutubu用のプロモーション映像の作成にも役立ちました。

何よりも重宝するのがwifi機能です。撮影した写真をすぐにiPadで確認できます。
今までパソコンを持ち込んで、ケーブルをつないで落としてからクライアントさんと確認するという作業でしたが
この機能のおかげで荷物とスピードを大幅に軽減できました。
コストとスピードを優先する方に薦めたい一台です。

これからカメラを始めたいという方にはダブルレンズ付を購入するよりボディのみを購入し、タムロン製の28ー200mm(実売17000円前後)のレンズと、ニコン純正のスピードライトの購入をお勧めします。レンズを変えずに28ー200mmを撮影できるのは重宝します。私も遊びに出るときはこれを付けて出かけます。
もうひとつはストロボです。内蔵フラッシュでは一眼レフなのに。。。とがっかりする事請け合いです。
手軽さで選ぶならNikon スピードライト SB-300
今後、撮影技術をあげたいというならNikon スピードライト SB-700がお勧めです。
SB-700はワイヤレス機能が付いているため、光の当て方を調整できるので思い通りの絵を仕上げることができるでしょう。
余裕があればNikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gもお勧めです。写真の難しさと楽しさを味わえるいいレンズです。
今の価格をみたらこれら全部と三脚含めても10万円以下で揃えられるんですね。

この機種に限らず一眼レフを始めるなら下記の5つも予算に含めて考えると良いでしょう。(優先順位が高い順に書きました)
・Transcend SDHCカード Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s)
・三脚
・メーカー純正ストロボ
・タムロン製28-200mmレンズ(各メーカーあります)
・F2.8以下のレンズ
0コメント| 391人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2013年12月24日
【ボディ】新開発のモノコック軽量ボディですが、D5200より幅が狭くなり、グリップは縦に少し長くなり、
ホールディングしやすくなっています。D5200より25gも軽量化しているのに、液晶は横に大型化し、GPS、Wifiを搭載してるのは驚きです。

【動作】はD5200から引き継いだマルチCAM4800DXですが、明らかにD7000と同等の動きをします。AF合焦もD7000と比肩できるほど速く、
オートエリアモードでも、主要被写体の判断も相当的確です。SWMモーターによるレンズ駆動の速さもD5200から飛躍的に向上しています。

【画質】は、14ビットRAWが醸し出す余裕あるダイナミックレンジ階調と、シーン認識システムによると思われるシーン解析により、
風景、ポートレート、マクロ撮影、などシチュエーションによって画像パラメータを微妙に変化させており、従来機種と比較してもそれぞれのシーンが格段と美しく仕上がります。
 なんといっても、Nikon初の最新の画像処理エンジンEXPEED4そしてD7100と同等のローパスフィルターレスの搭載により、
D3200とは画像のキレが格段と違います。 
高感度域もISO4000ぐらいまでは、ノイズの粒もきめ細かく、偽色も少なく、常用できます。
 海外サイトや国内サイトのレビューを見ても明らかですが、高感度ノイズの少なさは、フルサイズに肉薄しています。

カメラのシャッタースピードの自動制御能力も高まっており、ついに発光禁止モードも常用できるとおもいます。

【総評】ここまで撮影してきた感触としては、D7000、D3200など一世代前のDX機とは全くの別物であり、
NikonのAPS-CのDSLRとしては、全く新しい次元に突入したと言っても過言ではないと思います。

私は、DX(APS-C)では、18-105mm、10-24mm、等のNIKKORレンズを常用していますが、定評あるこれらのNIKKORが、
D5300で撮影することによって突然に進化したような錯覚にとらわれます。
ローパスフィルターレスの効果が出て、どちらかと言えば、
コントラストが高くないNIKKORレンズでもピントの芯がしっかりと出るようになり、
DXフォーマットであっても、立体感あふれる映像が生み出されます。
休日の行楽地でのほんの一コマのスナップのはずが、とても感動的な写真になっていました。

ここまでDXの表現性が高まると、FXの存在価値を危ぶむ気がしてならない。
併売のD5200と選択を悩んでいるのであれば、絶対D5300を選択すべきですし、その方が、トータルで安く付くのではないでしょうか。
0コメント| 252人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月13日
これまで、Nikon D3200やCanonのEOS M、EOS 60Dを使用して来ました。
今回はEOS 60Dからの買い替えです。EOS 70DやD7100と迷いましたが、予算の都合や、発売時期が後発のためによる画像エンジンの違いやWiFiの有無等を考えて、こちらに決めました。(キャッシュバックキャンペーンも開催中でしたので)
NikonのAPS-C機の中では、真ん中の立ち位置になりますね。あと2万円ほど予算が許せばD7100も購入できますので、悩ましいところかと思います。
また下位機種のD3300と比較すると、画素数やセンサー、画像エンジンは同じものですので、違いはWiFiとGPS、バリアングル液晶、そしてAF測距点が11点か39点かということになります。
WiFiとGPS、バリアングル液晶が必要ならD5300、必要ないならD3300を選択すれば問題ないかと思います。
私の場合、AF測距点の多さが一番の決め手になりました。
動物園で動物を撮ることが多いのですが、やはり動くものを撮るにはAF性能は重要です。
その点を考えるとD7100に、より魅力を感じる所ですが・・・所詮、動物園で撮る程度で、激しく動く被写体を撮る訳ではないので十分と判断しました。
それよりも、コンパクトで軽いことや、画像エンジンが最新のため高感度により強いだろうという点を重視しました。
前置きが長くなってしまいました。
肝心の画質ですが、ローパスフィルターレスということが最大のポイントかと思います。
晴天時の風景撮影では、やや白飛びが多く感じられますが、適正露出にすれば、ヌケのいい気持ちいい画質が得られます。
EOS 60Dと比較すると(Canonとの比較かな?)、自然な色合いで好感が持てます。(ややアッサリしていますが)
操作性に関しては、ダイヤルが1つだけなので、多くの設定は「iボタン」を押しておこない、「info画面」で確認することになります。
なので、複数項目を変更したい場合や、マニュアル中心に撮影される方には、操作が煩雑に感じられるかもしれません。
この辺の操作性に関しては、メーカーを問わずこのクラスのカメラでは標準的かと思います。
上位機種であれば、ダイヤルが複数あったり、サブ液晶やISOやホワイトバランス、AFモード変更用の専用ボタンが備わったりしていますので、より素早い設定変更が出来ます。
従って、動体を撮影したり、様々に設定を変えて撮影したい方は、上位機種(D7100など)の購入を勧めます。
しかしながらP、S、Aのモードでは、それぞれプログラムシフト、シャッター速度、絞り値はダイヤル操作で変更できますので、私のような初級者は、特に問題は感じません。

トータルで考えると、「初めて一眼を手にするが、多くの機能がバランス良く備わった機種が欲しい。この1台で、長く使いたい。」という方には、とてもオススメだと思います。
「まず一眼を試して、色々と勉強した上でステップアップを」とお考えなら、画質は同等で、より安価なD3300を選択する方が良いかと思います。そして、差額分で単焦点やマクロレンズなどを購入するのも良いと思います。
また、D5300にはレンズキットが3タイプあります。
18-55mm VRⅡキット、ダブルズームキット、18-140mm VRキットです。
18-55 VRⅡレンズはコンパクトで軽く、描写も良いレンズですが、やはり一眼を持つと望遠での撮影もしたくなります。
後からレンズを買い足すと、それなりのお値段になります。
普段の持ち運びを考えて、出来るだけ軽くてコンパクトな方が良いとお考えならダブルズームキットを。
お出かけ時の荷物を減らし、またレンズ交換の手間を掛けたくない方は18-140mm VRキットをオススメします。
0コメント| 166人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月10日
気にいったのはボディの炭素繊維が鉄の剛性の10倍近くあったこと
エントリーとして使い倒そうと思っているのでフィールドでぶつけても強そうだと思ったのです。

次にイメージセンサーと画像処理エンジンが最新のものを使っているので3年くらいは
他機種が発売されても心にさざ波がたたず余裕を持って対応出来そうなこと

レンズが35mm換算で27-210mmまであるので入門用としてはこれ一本で十分です。
実際使ってみて切れのよさと発色のよさにちょっとびっくりしましたが、この手のズームは
解像度のでる焦点距離とF8くらいまで撮影すれば、美味しい絵を撮らされる確率があがります。
一応、50mmのf1.8純正とシグマのなんちゃってマクロ付きの70-300mmのレンズも別に購入しました。
(シグマは実勢で11500円で販売されていますが裏ベストセラーの脅威のコスパです)
勉強なされるのでしたらその3本あれば最強でしょう(笑)やはり300mm、35mm換算で
450mmの画角を見てみたい誘惑には勝てませんでした(でもお金はあまり出したくなかったw)

次にWiFiとGPSが内蔵されています。上記のすれでGPSの不調が書かれていましたが
ファームウェアーがサポートされており順調に動いています。WiFiはiPadでアプリがあり
フォーカスとシャッターがコントロールできます。また撮影画像も転送できそのままスマホから
Webにアップすることができます。使い倒しのオプションが多いのです。

さらに取説には書かれていませんが、D5300のHDMI出力は非圧縮出力で出ており30P,24Pが
動画出力として記録されるのが正式仕様ですが5300側で60iと設定すると60i出力として出力されます。
内部動画の仕様はブルーレィ規格と同一のH264仕様でMOV記録されますのでAVCHDのように可逆展開を
行わなくても編集にやさしい設定となっています。

動画撮影のコツはAE測光がやたら敏感なので中心画角を決めたらAEロックをかけると画面はあおりません。
ピントは色々なアプローチがありますのであなたなりの方法をみつけてください。
欠点は手動ズームで行わなければならず。必然画角をかえた撮影が多くなります。勉強ですので
50mm f1.8の2万円で購入できるシンデレラレンズで三脚を動かしながら作品を作ってみてください。
恐らく鼻血が出るほどの画質で番組が編集出来るはずです(笑

次の欠点が音です(笑)外部入力のステレオ入力端子はありますが5300にはモニター出力が記録された
ものはAV出力端子から出て来ますがライブでは出てこない罠のような仕様となっています。これで
入力はマニュアルで20段階の音設定ができると売りにしているのはどうかと思います(D7100から大丈夫の
ようです)私の場合はHDMIレコーダーのNinjaのヘッドホン端子からリアルタイムで聞いています。
一応、ガンマイクにインピーダンス変換を付けて記録していますが問題ありません。

最後に根源的な問題になるかもしれませんが内部動画記録は20〜30分以内と制限されています。
最大の問題はカメラ内部の熱対策という事でしょう。HDMIで記録していればこの問題はなくなりますが
ライブビュー出力を継続して加熱が酷くなると自動的に落ちる仕様です(私は遭遇していません)
もっぱらイベントでは来賓等の挨拶は3〜5分程度で終わりますので全然問題はありませんが講演会や
郷土演芸などの撮影は注意が必要です。しかしながらレンズの切れと発色をみたら捨てては置けない
性能になっているのが現状です(笑)本格的な動画運用にはまだ過渡期ということです。
またバッテリーも4個はないと余裕がなくなります。

D7100以降の上級機器は画像エンジンが一世代前なので手を出す事が出来ませんでした。D7200とか
D620とかがでたら考慮対象となるでしょう。現状では手が出ません(笑)このように機材は日進月歩で
陳腐化して行くので、何が値打ち物かといえばレンズと三脚というような話になります。

D5300はDXレンズ仕様なので付属のキットレンズもDXレンズです。最初35mm換算と言ったのは
そのような意味が含まれています。このカメラを練習用のエントリーと使ってもいずれは上位機種に
移行する可能性が高いでしょう。ですから追加の替えレンズは性能の良い、値段の高いフルサイズの
レンズを買いそろえ上位に移行する時はボディだけ買って移行出来るように考えるのが正解だと思います。

といっても2014年1月の時点で、これだけの基本性能とレンズキットを揃えたコスパのいいセットは
他にみあたりません。動画の趣味をお持ちで眼レフの勉強をしたいという方には★5つでお勧めします。
もし動画が外れでも眼レフは残りますからね。ビデオカメラは外れたらおしまいです。
1コメント1件| 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月11日
NikonD7000からの買い替えです。D7000も気にいっていたのですが、重くて持ち出しが少なく通常はミラーレスが主役でした。
家電量販店でD5300を持った瞬間気に入りアマゾンでボディだけ購入、初期不良で再生ボタンが押したまま戻って来ない状態で販売元が
アマゾンだったので即交換品を送ってもらいました。 (今回の事で出来るだけ販売元はアマゾンである事を確認するようになりました。)
実際に使ってみてD7000より明らかに画像が綺麗なのが分かりました、フォーカスも同等でシャッター音はD7000よりも軽い音質で気に入り
バリアングル液晶がなかなか使えますね。始めは要らないと思っていたWi-Fiはとても便利な機能で集合写真など役立つと思います。
歴代で一番気満足してます。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月25日
このカメラは相当いい。撮影していてストレスを感じない。
エンジン一新で処理速度が格段に向上した。
ボディ形状、バリアングルモニター、HD/秒60コマ動画、撮影枚数、感度向上、
ローパスレス処理も格段によくなった。GPSにWi-Fi機能もある。
できないことは何もない。

小型軽量で性能は素晴らしく、価格、サイズなどのトータルバランスで考えると、
APS-C一眼の完成形かもしれない。
0コメント| 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月24日
Wズームキットを購入。
しかし55-300mmは使い物になりません。
D5300のセンサーにレンズの解像度が全く追い付いていません。
ワイド端からテレ端まで描画が甘く微ブレでもしているかのような解像感。
LVでMFでピント合わせ、絞り込んでも3脚固定で撮影しても変わらず。
レンズの解像度が低すぎるのですね。
知人のD7200に取り付けてピントの微調整をした上で試しましたが結果は同じ。
所詮安価なキットレンズとは言えNikonのブランドでこの体たらく。
かつての精細な解像感が売りのNikonは何処へ?
18-55mm VR IIはこんなものでしょうか?
マウント部がプラ製で無ければもっと良かったのですが。
D5300はセンサーのピッチが細かい為にレンズを選びます。
18-55mmと18-140mm以外のキットレンズは購入をお勧めしません
(当然、キットレンズと同じレンズは本来の性能を発揮出来ないので購入はお勧めしません)。
D5300の本来の性能を発揮するにはそれなりのレンズを別途購入する事を推奨します。
高価ですが16-80mmなどを使うとD7200に劣らない画像が得られます。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月10日
D5300は、十分な性能を持ち、軽量で携帯性が良く、手軽で気軽に使えるDSLRです。
D5500でも機能的にはさほど変わりないので、価格がこなればこちらで十分だと思います。

注意しないといけないのは、D5500でも同じですが
・内臓フラッシュにコマンダー機能がない。
・FP発光に対応していない。
といったフラッシュ関係でしょうか。

近い将来に多灯ライティングで撮影したい、と考えている方は、もう少々頑張ってD7200を購入したほうがいいかもしれません。
全てマニュアルで行うのではあればそれほど問題にはなりませんが。

レンズ1本で全てを行いたい方は18-140mmのレンズキットが良いでしょう。
個人的には18-55mmのキットを購入してワイドな画角を確保して、別のズームレンズを購入したほうがお得だと思います。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月17日
ミラーレスで不満だったので、こちらの商品を本体だけ購入。レンズはシグマのものを別途購入しました。重量感と調整のしやすさは、やはり一眼レフですね。ミラーレスだとどうしても、オートの機能が優先されるので、自分で調整してとらないので、実際のところカメラの使い方を覚えることがなかったのですが、こちらを購入してから、よりカメラの調整の仕方、レンズのしぼり、明るさなど考えてとるようになったので、自分の肉眼でみたものと同じようなものをカメラで調整してとるというのをかなりがんばっています。素人ですが、基本をマスターしてより、写真の勉強しています。思う構図がとれた時は、気持ちがいいです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月24日
前回のレビューに加えて、Wi-Fi機能が便利ですね。
撮影した画像をすぐにスマホやタブレットで確認できるし、スマホでシャッターが切れるし、リモコン要らずになりました。
難は、アイピースを装着したら、液晶を使うときに干渉してしまいます。
少しアイピースをずらさないと、液晶を開けることができません。
次は、縦型バッテリーグリップを取り付けたら、レビューします。

⬇以下、前回のレビューです。

小学生低学年でフジペット、高学年でコニカEEマチック、中学から高校では、親父のお古のローライコードを、大学生になって、ローライフレックスを使ってきて、社会人になってからは、Nikonの一眼レフを使ってきました。
Nikonの一眼レフは、F2、FE、FM、FE2、F3です。
Nikon党です。
コンデジは、数台使ってきましたが、あくまでもお散歩用のカメラです。
旅行には、カメラバッグに交換レンズを数本入れて、重たいのを我慢して持っていきました。
町のカメラ屋さんに行っても、最近はフィルムの種類が限られていて、思い通りの写真が撮れなくなりました。
「コンデジじゃなぁ…」と思っていたところで、家電量販店で、D5300ダブルズームセットを手に取り、試し撮りしたら…、良いじゃないですか!
ミラーレスも魅力がありましたが、ファインダーで被写体を…、液晶画面とは一味も二味も違います。
旅行のお供にしていたFE2にモータードライブMD12を装着した重さの半分以下どころか、1/3以下の重さにびっくりでした。
如何せん、還暦もとっくに過ぎた爺には、ありがい重さです。
ズームレンズ2本があれば、大概のものは撮れますね。
ただ、頭がマニュアルなので、機能を覚えるのが一苦労です。
この軽さでしたら、お散歩カメラに最適です。
ただ、バッテリーの残りが、%で表示されないので、予備バッテリー2個、クルマでも使える充電器、垂直バッテリーグリップを今日Amazonで注文しました。
これからの季節、散歩が楽しみになります。
孫の成長記録もね。
review image
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告