Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
50
5つ星のうち4.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年1月25日
もう、なんて言ったら良いのやら
完璧です。完璧すぎてもうデメリットが見つからないくらいです。

まず、5300も持っていたので比べると
解像度が全然違います
ダイヤルが二個付いているのでMで撮ることしかないので設定しやすい。
SDカードが二枚入る
防塵防滴
質感もかなりお上品
マイク端子ヘッドホン端子
いい始めると切りがないです
また、シャッターの寿命は20万回です、ペンタックスの思いが感じられます。←かなり多い方です(1日100枚撮って6年)
ノイズの少なさもaps-cの中でトップレベルです。
富士のX-T1と迷いましたが。色々と未完成なX-T1に比べると、突っ込むことが無いk-3は非常に優秀です。
電池持ちも700枚撮れるので十分です。
また、別売のSDカードを買うとWi-Fi経由でリモート撮影も出来ます。
レンズも安いのでかなり買ってしまいましたw
このカメラはスゴいですね
満足満足です。使い倒してやろうと思います
0コメント| 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
 ファーストインプレッションですが…正直、K-3とはいっても「まあ、K-7、K-5と出してきたマイナーチェンジかな」と思っていたんですが、中身が相当、変わっていることに驚きました。外観は褒めすぎかもしれないけど、ドイツの高級車みたいに変わらない印象なだけに、「細かすぎて伝わらない」部分が多いけど、画像処理エンジン、センサー、ファインダー倍率、画像モニター、オートフォーカス、露出制御、シャッター、連写機能、動画とほとんどの内部機構がK-5から変わっています。ボディの後部もマグネシウム合金となり、これに合わせてシーリングヵ所も92ヵ所とさらに増やしたとのこと。南極にはいろんなメーカーが越冬隊にカメラ持って行ってもらうそうですが、Pentaxが一番最後まで動いていた、というのがさらに強化された感じ。

 また、K-5 IIではローパスフィルター付か抜きかを選ばなければなりませんでしたが、K-3は内部でローパスセレクターをオフ、Type1、Type2と2段階で効かせるかを選べるようになりました。デフォルトはオフ。モアレが気になるような時だけ効かせるという感じでしょうか。オートフォーカスも27点となり、AE測距の移動を斜めなど自由に合わせたい時のために十字キーも8方向に動くような新設計となり、中央の3点はF2.8の高性能なDAレンズ群の光束対応となっているとのこと。なかなかやってます。遅かったオートフォーカスも細かな改善で、見違えています。

 また、モーターもシャッター、ミラー、絞りを独立して動かす3個に増やすと同時に、ミラーショックを押さえる工夫もしているそうで「速いけどソフトな感じ」が出ています。まだ開発中ということですが、 市販ブラウザを使ってのスマートフォンやタブレット画面でライブビュー表示や細かな撮影設定、画像の保存などが行えるFLUCARDも楽しみ。
0コメント| 149人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年10月26日
8年前に購入のPENTAX K-10Dの更新に、ついにK-3を買いました。

後継のK-3Ⅱが出たからこそのこの低価格(本体が実質7万円っ!!!!)で。

フルサイズ流行の現在、
PENTAXもフルサイズを発売してしまえば
APS-C一眼で、おそらく後にも先にもこれを超えるカメラは出ないだろうと思い、
超解像とかGPSとか必要としない私は、K-3を購入しました。

ローパスフィルタレス2400万画素の高精細、
8.6万画素RGBセンサーによる露出、
さらには、PENTAXの大きな弱点だった暗いところで迷いまくるオートフォーカスもピタッと合焦する
長年使っていたK-10Dからは、見違える大進化となりました。

なのに、N社C社より大幅に小さく、直線基調のスッキリとした機体。
C社の中級機でも98%視野率なのに、100%視野率で、さらに明るく見やすいファインダー。
前後2つのダイアルで、自由自在に操れる絞りとシャッター速度。
デジタルでは前ピン後ピンになることのある銘玉FA Limitedシリーズも問題なく使える、個々のレンズに対応したピント微調整登録機能。

秒速8.3コマの連写性能にプラスして、FullHDの動画まで撮れてしまう多機能ぶり。

DA55-300mmをお持ちなら、
デジカムなんぞ無くても、運動会や学習発表会などでの動画も
大口径の一眼のレンズの素晴らしい描写のままに撮影できてしまいます。

10万円、20万円、30万円が当たり前のフルサイズ用レンズと違い、
高性能スターレンズやLimitedレンズでも、数万円で購入できるPENTAXのAPS-C用DAレンズ。
必要とする交換レンズも臆することなく揃えられ、
多少の荒天でも持ち出して撮影に出かけられる防塵防滴のPENTAXを選ばない理由は無いと思います。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月7日
今まで、*istDS、K10、K-r、K30、K01と使ってきて、K一桁シリーズは初めてですが、
機能は豊富、動作もキビキビ、耐久性も高そうです。ファインダーも見やすいですね。

純正レンズはAFが遅いので、シグマの安い望遠ズームを使って、主に飛行中のツバメ
撮影しています。AFに関しては、最も期待していた部分でしたが、ファームウェアアップ後の
K-rやK-30よりも接近中の動体への食いつきが悪いように思いました。これは意外でした。
AFについてはいろいろ設定が出来るようになっているので、試行錯誤してみたものの、
結果はあまり変わりませんでした。精度重視なのかもしれませんね。

一方で、高画素化、ローパスレスによる恩恵なのか、止まっている物は精細に
写ります。安いレンズでもその恩恵は十分に受けているようです。

いろいろな所で言われているように、高感度は弱めですね。高感度が必要な
シーンではK-r/K30かEOS Kissを使うようにしています。個人的にはもう少し
低画素で高感度重視にした方が利用シーンが広がったかなと思っています。

電池の持ちですが、まだ充放電を繰り返していないためか、電池の持ちはあまり
良くないように思いました。

気になった点は、プラスチックのカメラよりも夏場の蓄熱が大きいというか、放熱が
弱いようで、夏場の屋外では結構熱くなり、日陰に移動してもなかなか温度が
下がらないようです。金属部分が多いからかもしれませんね。
限定シルバーは高いので、もう少し明るい色のスペシャルでないバージョンが
あっても良いかなと思いました。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月30日
APS-Cの一眼レフで価格対性能比でコレに勝るカメラはありません。ニコキャノ行く前に検討するべき。
防塵防滴、視野率100。AFも早いし文句無し。

なんといってもファインダーがかなり良い。最高です。
老眼が厳しくなってきた方は是非試して下さい。
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月29日
これまで*istDLに始まりK100D、K200D、K20D、K-5とこだわって使ってきました。

その間に、ペンタックスブランドは維持しながらも、経営母体はホヤ、リコーと引き継がれ
そろそろ?かと思った矢先    ついに、K-3が登場しました。

検索するとユーザー諸氏のレビューがこれまでと大きく違うので
すぐさま購入しました。

画素数、連写枚数、ISO感度、ローパスセレクター、合焦スピード等々・・・

こだわり続けて良かったと、シャッターを押すたびに”しみじみ思う”今日この頃
これまでに無い素晴らしい機種です。

ボディ左肩の番号を確かめる人の視線を感じるのは私一人でしょうか?

レンズもおまけレンズからスタートして
近頃は、スターレンズとかサードパーティーの
望遠レンズも購入を進めており、ほぼどんなシチュエーションでも撮影可能な
状況が揃ってきました、頼もしい限りです。

誇りにしたい究極の一台です。
0コメント| 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
 K-5,K-5llsの2台を使っていましたが,K-3が発売されました。EOS7Dの後継機とK-3のどちらにするか迷っていましたが,7Dの後継機は出る様子もなく,K-5を下取りに出して購入しました。K-5からK-5llへはマイナーチェンジといった感じで,AFが進化したことや測光範囲が広がった程度でした。ローパスレスのK-5llsを購入し,PENTAXのメインカメラとして使用していましたが,露出が時たま外れること以外,特に不満はありませんでした。
 K-3が発売されましたが,前回のマイナーチェンジとくらべ,大幅に性能が向上していました。機能については,メーカーのWebページやカタログに詳しくありますので,ここでは割愛します。
 手元に届き,使って最初に感じたことはシャッター音の柔らかさ,軽快さでした。SAFOX11になり11点から27点と大幅に増えたAF測距点ですが,K-5系と比較しても画面に対する割合はほとんど変わっていません。その分,ピントの中抜けが少なくなっています。また,K-5llsと比較してもAFスピードは向上しています。
 連写機能も8.3コマ/秒と向上し,連写した際の当たりも増えてくることと思います。色の出方については,これまでのK-5系と同様に,JPEGで撮影してそのまま使うのに向いています。「MIYABI」など,少し強調しすぎたいった感じもしますが,風景撮影では鮮やかに写しとることができます。
 ヘッドフォンジャックやAFの切替にAF-A(自動オートフォーカス)が新しくついたのは大歓迎です。20万回のレリーズテストをしたシャッターの耐久性も◎です。測光センサーが77分割から約8.6万画素RGBセンサーになったのも大進化です。これで露出を外すことも少なくなります。ローパスセレクターが搭載され,偽色・モアレが出やすい撮影対象でも気にせず撮影できます。
 istDsからK-7以外の機種をずっと使い続けていますが,K-5でやっと動きものにも対応できるようになり,K-3で一気に性能が向上しました。カメラ自体には大満足ですが,K-3の性能を100%発揮できるレンズが少ないのが残念です。18-55mm,18-135mm(レンズキット),18-270mmのズームではK-3の性能をフルに発揮するには厳しいでしょう。DAスターレンズにつきましては,画質には定評があるものの高価です。今回,DA20-40mmとセットで購入しましたが,24メガの解像度をフルに発揮するためには,それなりのレンズやしっかりした三脚が必要でしょう。
 カメラとしては星5つ。性能をフルに発揮できるレンズが少ないことで星1つマイナスです。デジ一を買うということは,レンズも含めたシステムがどれだけ充実しているかが大切だと思います。PENTAXはその点で若干C社やN社に劣ります。しかし,K-5系からの進化の度合いは大きく,買いかえるだけの価値はあります。また,これからPENTAXを使おうという方にはオススメです。足りないレンズについては,SIGMA等を選ばれるもよしです。※実際,私のPENTAXシステムの約1/3は純正外のレンズです。周辺光量や歪曲の補正はできませんが,気に入ったレンズで撮影することは楽しみの一つです。
◎追記「高速連写は転送速度の速いメディアを」(2014/01/05)
 購入以来使っていますが,この価格でこのレスポンスは素晴らしいです。また,K-5系で気になっていた露出のばらつきもほとんどありません。使っていて気になった点が一つ。カタログデータでは,JPEGでの連写は60コマとありましたが,SDHCclass10(安いもの)のカードを使うと30コマ程度で一気に遅くなります。少しでも転送速度の速いメディアを使うことが必要と思われます。また,それほど期待していなかったライブビューですが,静止した被写体に対しては驚くほど早く合焦します。悔しいですが,メインマウントのEOS70Dよりも性能は上です。
◎追記「普及ズームのリニューアルを」(2014/01/21)
 ご指摘をいただきましたが,LimitedシリーズやDAスターレンズについてはK-3の24メガという解像度に対応できると思います。DAスターレンズは高価ですので,普及ズーム(特に17-70mmSDMあたり)のリニューアルが必要でしょう。
review image review image review image review image review image review image
2コメント2件| 122人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月10日
初めての一眼レフ購入でひと月程何にしようか悩みました。K-S2も魅力的でバリアングルやwifiがどうも捨てられなかったです。
悩んだ挙句、高級感と性能の良さでK-3に決めました。K-3Ⅱがあったけど割安のK-3です。もう在庫がない時期だったかヨドバシやヤマダ、ビックを探しても実機が無かったですがAmazonで9万5千円ほどで購入できました。

使用感は全く一眼レフに無知なので毎週K-3を持ち出していろんな風景などを撮って練習してます。
ただただ楽しいです。

昨日の横浜で夜景を撮ったのでアップします。
一眼歴1ヶ月の腕前ですが満足してます。
review image review image
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月22日
タイトル通り、約2年使用したK-5iisのシャッターカウントが10万回を超え、2度目のオーバーホールが必要と診断された為、AF周りの改善が著しいと評判のこちらへ買換え。

正直、流通在庫のみとなったK-5iisを再度購入する、という選択肢も考えなくはなかったのですが、約2年使用する中で、
・時折起こる露出の暴れ
・AF-Cの追従性の悪さ
・メモリーカードへの書き込みの遅さ
この3点が、どうしても不自由に感じるシーンが多くなった為、いくつか不明、不安な点もありましたが、当機に変更する事に。

買換えた結果(約1か月併用しました)は、上記3点については、ほぼペンタックスのボディとしては満足いく結果でした。
露出の暴れについては、ほぼ解消されましたし、AF-Cについてはホールド度合の設定を詰めれば、ほぼ自身の癖に合わせられる感触、特に前後の距離移動にはかなりの向上が見られる・・・ただし横方向の弧を描くフォーカスホールドは相変わらず苦手な様子(=ロングレンジの流し撮りが苦手)・・・これは、測距点が増えた事と、モーターが3個に増えた事の恩恵かな?
書き込みの速さは、言わずもがなで、土台がK-7から変わっていなかったK-5iisの泣き所がやっと改善されたという所。
ボタン等の配置が変更になって、やや戸惑う場面があったものの、馴れてくると今まではメニューに入らなければ変更できなかったり、オペレーションが煩雑だった点を独立させたと言う事に気付くので、岐で言われる程の改悪ではない様子。
・・・と、2か月目の感想としては、おおむね満足のいくボディ変更が出来ました。

以下、不安、不明だった点について。
・AEユニットが変更になったので、露出の癖を1から探る必要はある?
・画素数が増えた為、ノイズが乗りやすくなった?
・ミラーがエンドレスで高速作動する個体がある?
・レンズを選ぶ=古いレンズでは高画素の恩恵にあずかれない1?
等がありましたが、とりあえず3番目については、私の所の来た個体では、今の所発生は無いので一安心。
1番目のAEに関しては、露出の暴れは今の所(約12000ショット経過)は殆ど無く、K-5iisから比べると平均測光時で大凡0.5EV程アンダーになる様な傾向でほぼ安定している様に感じますので、癖がガラッと変わって苦労する・・・という程では無い様です。
2番目の、ノイズに関しては、確かに同SS胴f値同iso(isoに関しては近似値)では、ザラッとした画像となりますが、単にノイズが増えた、と言うよりもノイズの傾向が変わった・・・輝度ノイズよりもカラーのノイズの量が増えた・・・という印象。
iso1600辺りから顕著になりますが、RAWで撮ったファイルならば、処理時にひと手間掛けてやればiso4000迄は、そこそこ使える画質かと思います。
・・・K-7をお使いの方なら、逆に「楽に」感じる程度の作業かと。私もK-7>K-5iis>K-3のクチなので、余りストレスは無かったです。
PENTAX自体、むやみにノイズを消さない(笑)傾向が強いメーカーなので、最終的にどんな媒体(Webなのか、PC鑑賞なのか、紙なのか)に出力するかで、ノイズの処理の仕方を変えてやる必要はありますが。
4番目の、レンズを選ぶ?については、確かに差が出る場合もあるとは感じますが、単に高性能レンズでなければ・・・という感じでは無く、ローパスのオン・オフも含めて、使い分ける必要がありそうです。
・・・単に、レンズを選ぶという事なら、K-5iisの方がその傾向は強いと思います。
実際、あくまで感覚主体ではありますが、死蔵になりかけていた旧いFAズームの稼働率が上がったり、逆に新らしい部類に属する18-135mmが嫌になって手放したりと、K-5iisの時とは明らかに違うレンズ選びをする様なっています。
今日(4/22)の時点で、次期K-3iiの発売が近々との声も聞こえていますので、現時点で即買いとは言えないのが辛い所ですが、尖ったK-5iisでは、使いどころに迷ったレンズも生かしてくれるボディの様に感じます。

☆マイナス1は、細かい事ですが、ボディのK-3のロゴ下の盛り上がりが出来た分、吊カンの収まりが悪いところ。
これ、結構不愉快です(笑
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月28日
初めてのデジタル一眼で使い始めてから5ヶ月程です。主に風景や静止物の撮影でRAW、JPEG同時に記録し、微妙な補正が必要なときだけRAW現像しています。撮影時にどちらで記録しようか迷うこともなく、プレビューもスムーズです。また、水準器は建物、風景の撮影時にとても重宝しています。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)