Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive adobesubs 2016課題図書 Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
48
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年10月28日
前モデルの1RBTを購入後、MACではAACに対応できないことに気付きました。
SBC接続では音質が悪くブツブツと途切れ、とても使い物になりませんでした。bitpool値を上げてもあまり改善せず。
仕方なく、このmk2を購入し直しました。1RBTは半日しか使いませんでした。

2011年以降のMACのみapt-X接続が出来るような表記をしているサイトが多いですが、OSの問題なので
ハードは関係ないようです。late 2009 iMacにOS 10.8.5で問題なくapt-X接続が出来ました。音質は劇的に改善し、
ケーブル接続時と聞き分けられない程になりました。
エラー訂正が加わったからでしょうか、BTキーボードやマウスを使用していても雑音は入らず、途切れることもなくなりました。

ただ、mk2本体はデフォルトでSBC接続に固定されています。そのままではapt-X/AACがアクティブになりません。
これが付属説明書にサラッと一行書かれているだけで、設定変更の方法も書かれていません。
SONYのWebに製品毎のQ&Aがあり、その中に設定方法が書かれていました。
「音楽再生時の音質モードを切り換える」です。ボリュームキーとPWRキーを組み合わせます。

購入した状態のままで利用している方が結構いるのではないかと思います。
それ、ビットレートを高くしたSBCです。それではmk2の意味が無く、勿体ない。
apt-X/AACで接続するには、上記の設定が必ず必要です。
MACはBTオーディオのコーデックが表示されるのでapt-Xであることを確認できますが、
携帯機器やWindowsでは確認できないので、知らないまま低音質で聞いている可能性がありますね。
4コメント4件| 186人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月4日
MDR-1RBTからの買い替えです。
iPhone5S iOS7でMDR-1RBTを使用していましたが、Bluetooth接続では音飛びが激しくて使い物になりませんでした。
しょうがないので有線接続で使っていました。せっかくのワイヤレスモデルなのに(ノд・。) グスン

そんなこんなでMDR-1RBTを有線接続で使用していたとある日
マイナーチェンジ版のMDR-1RBTMK2の発売の情報をソニーのメルマガで目にしました。
当初は音声コーデックにapt-xが追加されただけなので回避する予定でした。
ところが、風の噂で「MK2はiPhoneとBluetooth接続をしても音飛びが発生しない」との情報があり
すぐさま近所の某有名電気店へ。
店頭でiPhoneとBluetooth接続で音楽を視聴させてもらった所確かに音飛びしない!!
ポイントも付くとの事なので、速攻で購入しました。

MDR-1RBTからMDR-1RBTMK2への買い替えはメリットが余りないかもしれません。
ですが、iPhoneでの使用を想定していてなおかつMDR-1RBTとMDR-1RBTMK2を悩んでいる方はMK2を購入する事をお勧めします。

公式ではMDR-1RBTとMDR-1RBTMK2の変更点は音声コーデックの追加のみですが、実は付属の音声ケーブルも変更されています。
MDR-1RBTは既に手放してしまったので、画像比較は出来ないのですが
MDR-1RBTは音声ケーブルのストレート部分のプラグ外側の材質は黒いゴムでしたが
MDR-1RBTMK2では音声ケーブルのストレート部分のプラグ外側がメタルに変更されています。
review image review image review image
0コメント| 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月29日
みなさんのレビューにある通り、出荷時にはapt-X/AAC接続になっていないようです。
音量キー(VOL)の「+」を押しながら電源(POWER)を入れると、apt-X/AAC接続(音質優先モード)になります。

音質優先モードになっていると、音楽再生時にヘッドホン側面についている
インジケーターの点滅が3回ずつになりますので確認してください(標準モードでは2回ずつ)。

SONYの製品別Q&Aに音質優先モードへの変更方法の記述があるかもしれませんが、
私には見つけられませんでした…^^;
0コメント| 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月23日
JVCのカナル型を使っていましたが、イヤフォンそのものの重量で耳からずり落ちてしまうことが多く、また手に配線が引っかかったりしてすごく煩わしいことが多く、密閉型ワイヤレスタイプをずっと探していました。ウォーキングをしていたときカナル型ワイヤー有りの限界を感じ、密閉型ワイヤレスヘッドフォンを初めてAmazonに注文しました。BOSE社製とかいろいろありましたが、Bluetooth対応のSONYに決定。ウォーキング途中の朝9時に注文したら夜8時にはYamatoで届いて感激。(通常配達)
開けたら大きかったのとみなさんレビューに書いているとおり重たかったです。ペアリングは説明書を見ながら始めたら失敗ばかりでダメかなと思いましたが、最後にiPhoneの設定画面から難なく接続することができてほっとしました(wi-fi接続と一緒の発想)。volume maxにしてもカナル型ほど音量は上がりませんが、今までの耳の穴に容赦なくねじ込まれる無理矢理な音から、すぐそこで、LIVE会場にいるような臨場感で、無理のない違和感なく聞けるしかも高質な音を聴けて目から鱗でした。初めて買ってよかったです、you tubeを聴くのがますます楽しくなりました。ただ重いのでウォーキング時使用はまだしていません。問題点、windows8.1PCと全くペアリング出来ません、windows微動だにしません。これもいつもの通りのたかがwindowsなので深追いは決してしていません。iPhoneがあれば十分です。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月30日
以前にビクターの比較的安いヘッドフォン(有線)を買いましたが、音質や使い勝手でイマイチでした。安物でしたから仕方ないですけど・・・

そこでSONYに目を付けて検索し、一時はロングセラーのモニターにしようかとも考えましたが、ワイヤレスの誘惑に勝てず、Blue tooth 対応を買うことにしました。最近SONYがハイレゾ対応のヘッドフォンを出してる事を思い出し、SONYのホームページを探して、二つの候補に絞りました。
一つは、MDRー1ABT、もう一つはMDRー1RBT MKⅡ。後者は既に生産完了品、前者は現行製品。MDR-1ABTは、ウォークマンの上級シリーズにマッチするハイレゾ対応、一方のMDR-1RBT MKⅡはハイレゾ対応ではあるが、LDAC(SONY独自のデジタル処理技術)という高音質モードには対応していないということがわかりました。
私の目的は、iPod nano をワイヤレスで聞くことでしたので、1万円も高いMDR-1ABTは結局選外、結論はMDR-1RBT MKⅡに決定。
さて、問題の音質ですが、一般的に無線より有線の方が音が良い、これはその通りでした。問題は、Blue tooth で満足できる音質かと言うことです。
iPod nanoにはBlue tooth 機能がないので、当然アダプターが必要。で、iclever (もちろん中国製?)を買うことに。
結論は、まあ合格といって良いでしょう。
以前に、Skypeに使用するためにクリエイティブの中級ヘッドフォンを買いました。高音質モードでは安物の割に良い音でしたが 、通信用のモノラルモードでは全く使い物にならない代物。
実はこれがMDR-1RBT MKⅡにも当てはまることになってしまいました。SkypeなどのSNS には使い物にならない音質(特にマイクが酷い)、正直SONY大好き人間にとってはショックでした。まあ、SNSに使うつもりはなかったので、別に大した問題ではありませんが・・・
音質についてもう少し付け加えることにしましょう。
基本、低音重視のドンシャリ型です。そこで、 iPod nano のイコライザー設定をいろいろ変えてみました。
① Flat またはイコライザーオフ。結果はいずれもあまり効果なし
② Bass reducer これもイマイチ
③ Treble Booster 結果的にこれが、繊細なドラムのシンバル、ハイハットの音などをかなりしっかりと表現してくれるということがわかりました。
このヘッドフォン、いろんな使い方が出来るので、皆さんもチャレンジしてみて下さい。
ただし、音楽用途には素晴らしい音色を提供してくれますが、映画TVのような視聴には向かない、というよりも音場が広いという点ではサラウンドヘッドフォンの方がはるかに優れていると思います。
 
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月20日
ヨドバシにて購入。
MDR-10RBTと聴き比べること1時間以上。
他の方が言うとおり、80gの差は確かに感じますが、それを補う程の音質・バランスに惹かれてこちらを購入しました。
どちらもBluetoothの繋がりやすさは変わりませんが、10RBTは高音がうるさい?キーンと響くような感じがしましたが、こちらはそれがマイルドに感じこちらを選ぶきめてになりました。

元々、ノイズキャンセリング付きのイヤホンを使っていたので、ヘッドホンでもノイズキャンセリングとBluetoothが両立している750を買おうと思っていましたが、聴き比べてしまうと、音質の違いに惚れました。

あくまでも私個人の感想なので、当てはまるか分かりませんが、参考にしていただければと思います。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月6日
MDR-1RBTMK2はSONYの一世代前のBluetooth対応ワイヤレスヘッドセットの最上位モデル
現行の最上位モデルはLDAC対応のMDR-1ABTで、その下の現行モデルはMDR-10RBTになります。
最上位モデル以外LDACに対応していないので一世代前の最上位モデルMDR-1RBTMK2と同様、
SBC,aptX/AAC対応となります。
現時点でLDACに対応している音楽プレーヤがソニーのハイレゾ対応ウォークマンとXperia Z4/Z5
のみのため、iPhoneやソニー以外のAndroidスマホや音楽プレーヤで使う場合なら
aptX/AAC対応で特に問題ありません。

現行の二番手モデルMDR-10RBTと一世代前の最上位モデルMDR-1RBTMK2を比較すると
バッテリー保持時間はMDR-10RBTが約17時間なのにMDR-1RBTMK2が倍近い30時間、
MDR-1RBTMK2にはMDR-1ABT同様にDSEEを搭載しています。
MDR-10RBT自体がMDR-1RBTMK2の廉価版というコンセプトだったのでaptX/AAC対応で良い
というのであれば、価格が安くなったMDR-1RBTMK2の方が現行の二番手モデルMDR-10RBTより
お勧めかもしれません。

MDR-1ABTとMDR-1RBTMK2の両方を持っているますが、aptX/AAC接続の場合はMDR-1ABTとMDR-1RBTMK2に音質に大差がありません。流石にLDAC接続のMDR-1ABTとaptX/AAC接続のMDR-1RBTMK2を比べるとLDAC接続の方が音質が良いです。

MDR-1RBTMK2はMacやiPhoneのaptX/AAC接続用、MDR-1ABTをウォークマンのLDAC接続用
として使ってます。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月8日
有線より音がいいかも?さもありなん。
iPhoneのショボイ内臓アンプ経由の有線で聴くより、無線でMDR-1RBT Mk2のS-MASTER、DSEEを通して聴く方が、遥かに高音質です。
Phoneはapt-xには対応していないけど、標準のAACで十分鑑賞にたえます。
いままでiPodやiPhoneで、2万円程度のイヤフォンを使っていて、見えなかった音のディティールが見えてきます。
ウォークマンのNW-A16で、ハイレゾを体験してみようと思い、購入したのですがハイレゾ音源は、まだまだ高価
現状は非ハイレゾ音源をワイヤレスで楽しんでおります。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月6日
SONY MDR-1Rを持っていますが、ワイヤレス環境への憧れから思い切って買ってしまいました。
Bluetooth接続は、昔の印象からは想像できないくらいとても進歩していました。

「絶対に音切れしない」とまでは言いませんが、通常利用で困ることはないと思います。
(地下鉄に乗っている時に、たまに「プッ」っと瞬間的に音切れすることはありました)

音質はMDR-1Rと比べると、1RBTMK2の方が解像度が高いように感じます。
低音がモコモコする感じもありません。全体的に音場が広がったようなイメージです。

私はiPhone6PlusでMDR-1RBTMK2を使っています。
iPhone5とiPhon5SでBluetooth接続はできませんでした。(私だけかもですが)

AAC接続(BSデジタル放送の音質)については、他者のコメントが沢山あるので簡単に。
iPhone6で使う場合は、1RBTMK2の電源ONする時にボリュームの「+ボタン」を押しながら電源ボタンを2秒押しする必要があります。
電源ON時は毎回です。
電源OFFする時は電源ボタンを2秒押しです。

バッテリーの持ちが結構いいので、毎回電源ON・OFFする必要はなさそうです。
2,3日に1度充電できる環境があれば電源OFFしなくていいかもしれません。
ずっと電源入れっぱなしでも丸一日は持ちますので。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月17日
主にテレビ音声 (nasne) をBluetooth接続で聞いています。音楽用としては低音が不自然に強調され中音が引っ込んでいるので、音楽の一番聞きたい帯域がよく聞こえないので不満が出てきます。普段使用しているBeyerdynamic T1やEtymotic Research ER-4Sの低音から高音まで研ぎ澄まされた鮮明な音になれた耳でこのヘッドホンを聞くと、モノラルのように聞こえます。ただしテレビ用のヘッドホンとして無線で音が聴けるというのは、この点に関しては本当に素晴らしいと思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)