Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.58
5つ星のうち4.5
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
1
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年2月15日
自分自身は、もともとは温かみのある音傾向の機器を好んできたのですが、今回DSDやハイレゾを聴くための機器として、あえて繊細感や解像感を感じられるものを探していました。単体のDACでもよかったのですが、使っているアンプが20年もので大きく重いので設置し直しもままならぬ、今後修理も無理そうということで、小型軽量でアンプ内蔵のこれを選びました。

DAC:
DSD(5.6MHzまで)対応ということで、スペック的には問題無し。かつ前面パネルにどのサンプリング周波数で動作しているかを表示してくれるのもいいです。自分がこれまで使っていたのは7-8年ほど昔のDAC(Native Instruments社 のAudio Kontrol 1という製品)でしたが、当時定価で3.5万円ほどだったでしょうか?。同じ24ビット96kHzの音源で比較しても、その精密感・透明感は段違いです。比較する機種(ハイレゾ級スペックではありますが)が古すぎるというのもありますし、メーカーによる音の傾向の違いもありますが、現在のハイレゾの解像感を感じるにはUDA-1はかなりいい選択だったなと思います。

アンプ:
こちらもDACと似た傾向で、厚みや存在感というより精密感を感じる音だと思います。出力も4Ω負荷で23W+23Wですから、一般家庭の部屋で鳴らすには(スピーカーの能率にもよりますが)ちょうどいいですね。純オーディオマニアには食い足らないところはあるでしょうが、価格的にみてもそういうユーザーはもっと上位機種を狙うと思いますので、この価格ならこの鳴りは十分すぎるものです。

再生ソフト:(Macだけしか知らないので、Windowsは別途お調べください。)
意外と肝かもしれません。専用ドライバに直結する付属再生ソフトはシンプルすぎるもので、プレイリストの画面があるのみです。ところがこの製品でDSDをネイティブ再生する手段は、いまのところこれだけしかありません。

PCMでも、UDA-1専用ドライバで再生するにはこのソフトを使うか別途探さないといけません(Audirvana等)。iTunesは、Mac標準のオーディオエンジンを経由するため、Webブラウザ等の音やパソコンの警告音を取りまとめる部分を経由してからUDA-1に送ることになります。よって、ハイレゾデータをできるだけ高品質に鳴らすという意味では、劣化は免れません。

音源:
これもかなり重要だと思います。いい音源でないとハイレゾの魅力はわからないと思います。一番いいのはDSDやハイレゾ前提で製作された音源を聴くことでしょう。CD音源をハイレゾ化してリリースしているものもありますが、もしマスター音源がCDクオリティーだとしたら今ひとつと思います。もちろん、ハイレゾ向けリマスター等の処理がなされているものもあるようなので、まったく意味がないとは思いませんが、自分が購入したもののなかには、ほぼ違いが見いだせないものもありました。

その他:
ヘッドホンを差し込むとスピーカーがオフになるのは便利です。そんなの当然では?と思う人も多いでしょうが、昔の(いまも?)フルサイズコンポだと、わざわざスピーカーをオフして消さないといけないといけませんでした。ヘッドホンで聴くのにスピーカーも同時に鳴らしたいという人はまずいないでしょうから、理にかなった仕様だと思います。

この製品は、旧来のオーディオマニアは視野に入らない低価格帯のもの、逆にマニアでない人にはDAC+アンプながらスピーカー別売で高価なものでしょう。なので、とても絶妙な位置にある製品だと思います。もしかすると、私のような「従来はフルサイズのコンポで製品を吟味してたが、今はもうキツい。とはいえ、最新のハイレゾやDSDにはしっかり興味がある」というようなユーザーがまさにターゲットかもしれません。そういう方々ならば、いっそアナログ時代の考えとは別系統として、この製品を買い足してみるのもいいかもしれません。ある程度高価な単品コンポの音の厚みや重量感、存在感という鳴り方は期待できませんが、いまどきのオーディオの進化を知るには十分すぎるコストパフォーマンスだと思います。
0コメント|20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月21日
ソニーがハイレゾ市場に本気だと言うことが分かる渾身の力作。
・192/32bitまでのPCMおよび2.8MHz、5.6MHzサンプリングのDSDといった
今、市場で流通しているハイレゾ音源ファイルのほとんどが再生出来る。
・その上、最近珍しいAB級プリメインアンプとしても、DACとしても使用可能。
・PCだけでなくiPod/iPhoneやウォークマンからも再生可能。
しかも音質もなかなか良い。
AB級アンプなので、寝ぼけたようなD級アンプとは違い、ポップス、ジャズ、ロックなどが
生き生きと楽しく聞けます。クラシックその他のオケ物もそつなく鳴らします。
高音の伸びが良くすっきりとした感じ。もちろん、中低音も不足ありません。
ただ、23W+23Wの小出力なので、高能率のスピーカーで聴くと良いでしょう。

しかし、この値段でこの機能・音質。
ソニーさん安すぎます。(笑)
0コメント|47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年7月31日
ハイレゾのアンプは、ピンからキリまであって、迷うが、普通で仕上がっているソニーの
アンプにした。
これまで、録音していた音楽も、見違える音がする。
これから、ハイレゾの音楽をダウンロードして楽しむ。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月13日
もう音色、音像、音圧の次元が違います。
最大の目的はヘッドホン視聴の際にPCからのノイズを遮断することでした。それ以上の費用効果がありました。
CD初期普及時のオーディオブームを経験して、いつしか便利な圧縮音源にソフトでブーストした音に慣れていました。
それでもSony製VAIOの当時高級ディスクトップで聴ける範囲でしたが、昨今は通販PCに移行したため、PC操作をするたびにノイズやジッタ音がする音質は最低な状況でした。
いつしかその音も慣れてしまっていました。

サウンドカードの購入をずっと考えていたのですが、なぜか購入する衝動が起きませんでした。
パソコン内部に最良の音響機器を隠してしまうのは魅力に欠けたのだと思います。
サウンドカードの次にヘッドホンアンプの存在を知りましたが、アナログ技術に制約がありすぎる携帯機にあまり魅力を感じませんでした。
ここで変化がありました。昔から机をかなり占領していた古いプリンタが寿命で買い換えとなったので無線Lanで移動、スペースが生まれました。
この限られた空間に存在感のある小さな音響機器がイメージとして浮かびました。

 そして、やはり「Hi-Res AUDIO」というキーワードは心に響きました。
 また、新開発コンデンサーやカーボン抵抗等を採用しアナログ音響技術を軽視した劣化品ではありません。

 かつてCDのデジタル音で夢のような時間を過ごした学生時代の感動がそこにありました。

あの頃より高域音は聴こえない世代になりましたが、最悪の状態からこの音にたどり着いているので感動ものです(笑)
もっと高級で良質の音空間を創る機器は存在しますが、今の私には最良の製品です。
密かにSony製品を応援するつもりで購入しておりましたが、高かろうが安かろうが本当に魅力的で価格以上の製品が販売されています。
今年のSonyは本気だな、世界のSonyの頃のように開発者の夢や理想がいっぱい詰まっています。
但しスピーカーは専用イコライザーがついてますが残念ながら落ち着いたDALI ZENSOR1にしました。
0コメント|29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月2日
EtymoticのER4Sをさしています。

ハイレゾ対応のヘッドフォンの同時購入を考えましたが、予算の関係上断念。それでも、良い音でなってくれ、MP3と比べると雲泥の差です。コンバートしてくれる機能があるので、YouTubeの音も音の広がりが出るようになりました。

さて、よく話題に上がるUSBケーブル。高いケーブルを挿すと音はかわるのか、という問いに対し、メーカーで音エンジニアをしている友人に聞いた所答えは「変わる」でした。予算がそんなにない、といったところスープラを進められ、1.5mを購入。確かに、デジタルノイズが減りました。音の広がりも「多少」上の方に広がりました。

ぜひ、余裕のある方はケーブルも変えてみてください。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月22日
デスクトップPC用に何かいいアンプはないかと調べていたところUDA-1と出会いました。
デザインは写真で見るよりも実際はかなり質感はよくかっこいいです。
とりあえずDAC単体としての性能ですがD/Aコンバーターにバーブラウン製のPCM1795を採用し192/32bitまでのPCMやDSDに対応しています。肝心の音質もこの価格帯じゃ文句ないんではないでしょうか?アンプが載っているおかげで電源周り等が強化されてるためかかなり上質な音がします。
次に内蔵アンプ性能ですが小型アンプには珍しいAB級(アンプIC LM2876)D級と違い暖かみがありますが素直でクリアな音質です。味付けがないのでスピーカーの素の音が出るんじゃないでしょうか。

久々にソニーの本気を見た気がします海外では799ドルする製品ですが日本ではかなりお安く設定されています。
単体のDACとしてもこの値段でこの音質なら納得できるのにそれにアンプがついてくるとはお買い得過ぎます!
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月15日
今まで、大きいことは良いことだで色んなアンプを手にして来ました。PCで音楽聞くくらいなら、これ位がちょうどいいかも。CDデッキも同じ大きさで出してほしい。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月14日
USBのDACはいくつも
購入しました。そのなかでも上位。質感重量含めつくりはさすがと思いますが、音質は一聴してすぐわかります。さほど評判ほどいいとは感じません。音場館や立体感にかけます。オンキョーのサウンドボードのほうが明らかに上質。ボリュームも効かず返品。スピーカー含め周辺機器を選びます。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)