Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.264
5つ星のうち4.2
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

1年7ヶ月前にこの機種の色違い(白と青)を他の通販サイトから買いました。(ブラックのものしか表示されないので、ここにレビューします)
ウォークマンは6台持っています。(32ギガバイト2台(NW-S786)、16ギガ2台、8ギガ2台)
8ギガものは今はほとんど使わず、32ギガと16ギガの4台で交互に使っています。
もとのCDから2万曲近い楽曲をパソコンに入れており、特に好きなものだけ、4台のウォークマンに入れています。

64ギガも販売されていますが、本体メモリーとSDカード内の楽曲の混合プレイリストができるのかどうかだと思います。
それができるのであれば今後64ギガの購入も検討したいと思います。

この機種のウォークマンはMedia Goでしかプレイリストが作れないタイプです。この機種ではx-アプリが使えませんので、古いタイプのウォークマンでx-アプリで管理していた場合、楽曲自体はMedia Goがx-アプリのフォルダから自動で読み込みますが、プレイリストは手作業で新たに作成する必要があります。
x-アプリでは、ひとつのプレイリストで管理できる曲数は999曲までですが、Media Goは1000曲を超えても大丈夫です。
プレイリストを数百作っていますが、あまりにも多いので、画面の移動に時間がかかます。
今後は、Media Goで階層プレイリストが作成できるようにソフトの改良を望みます。

また、x-アプリ上で1つのアルバムだったものがMedia Goで複数に分割される場合があります。その場合はMedia Goでアルバムアーチスト名を同じ名前に変更すれば1つのアルバムに統合されます。
また、x-アプリではほとんど全ての文字を認識しますが、Media GoではMedia Go上は認識しますが、ウォークマン上では認識されずファイルがないとの扱いになることがあります。 (特殊文字とは「:"'<>[]」等の文字)
その場合は、一般に使われている文字だけの音楽ファイル名にしてからウォークマンに転送すれば大丈夫です。

Media Goではx-アプリのように高圧縮することができません。転送ビットレートは128kbpsが最低となります。
(私は特にいいものは320kbps、いいものは192kbps、たまにしか聴かないものは128kbpsで転送しています。)
したがって、16ギガのウォークマンに高圧縮(例えば、64kbpsの曲を含むとか)で曲を入れていた人が、32ギガだから倍の曲が入ると思っても、実際は古い16ギガのウォークマンと変わらない曲数しか入らない場合もあるので、注意が必要です。
x-アプリのATRAC方式等で高圧縮された楽曲ファイルを古いウォークマンに転送していた場合、拡張子がomaのファイルとしてMedia Goを通じて新しいウォークマンに転送することも出来ます。その場合は64kbpsとかのファイルでも再生可能です。拡張子がomaのファイルが不要ならファイル名でソートしてから、拡張子がomaのファイルだけ消せばいいだけです。

最初聴いたとき16ギガのもの(NW-E775)と音質の差を感じましたが、今は気になりません。満足しています。
明らかに音質が低下したと書かれている人がいますが、全ての設定の組合せを試されましたか?
この機種は、初期設定のままでは、確かに薄っぺらい音に聞こえます。
かといって、何でもかんでもONにすると、かえって違和感のある音質になりますよ。
周囲が静かな場合は、ソニーお奨めのClearAudio+はオフにして、ダイナミックノーマライザーはオン、各種音質設定の中にあるクリアステレオはオン、イコライザー他はオフにすると、前の機種と大差なく私の好みの音質になります。イコライザーやサラウンド(VPT)なんてそもそも曲別に調整するものでしょう。それで全体の音質を調整しようとすること自体が間違ってますよ。

x-アプリやSonicStageの方が機能的に優れている部分もありますが、Media Goが使いづらいことを強調している人は、5000曲未満しかPCに入れてないでしょう。5000曲を超えるあたりから、x-アプリでは極端に反応が悪くなります。楽曲名を変更するだけで20秒くらい固まることはザラですから。Media Goではそんなことはありません。

Media Goが楽曲ファイルを勝手に取り込むと嘆いた方がいるようですが、Media Goの設定が初期設定のままだからです。
監視フォルダの設定を変えれば、取り込みたいフォルダだけにできますよ。除外フォルダを指定することも出来ます。
また、要らないファイルを取り込んでしまった場合でも、Media Goの検索・抽出機能はx-アプリよりも優れているので、即座に抽出して消すことも出来ます。(通常はMedia Go上だけ消します。本当に要らない場合は、パソコン上からも消すにチェックをいれればできます。)
タイトルバーを右クリックして、下の方にある「詳細」を開き、「ファイル」にチェックを入れて、もとのファイルのフォルダ順に並べ替えてから、シフトキーで削除したい範囲を指定すればいいだけです。用がなくなったら、不要なチェックを外せばいいのです。
Media Goのネットでの説明書が詳しいことまで書いてないこともあり、早くレビューした方が参考になったと投票する方が多いからだと思いますが、使いづらいとか、機能が低下しているとかを書かれる前に、よく調べられてからレビューされた方が良いと思います。
もっと確実な方法は、初めてMedia Goを立ち上げる前に、下記フォルダ内で、Media Goに読み込ませたくないフォルダだけをこれら以外のフォルダに移動させておくことです。下記フォルダはMedia Goの初期設定で楽曲等メディアファイルを監視するフォルダです。
バックスラッシュは円記号に読み替えて下さい。
C:\Users\「ユーザー名」\Music
C:\Users\「ユーザー名」\AppData\Roaming\Sony\Media Go
C:\Users\Public\Music\
x-アプリ上は残しておきたくて、Media Goに読み込ませたくないのであれば、もとのフォルダの場所をMedia Goの監視対象外から外した後、もとにあった場所に戻して、戻したフォルダをx-アプリで取り込めばよいのです。
Media Goの監視対象外から外すのを忘れてしまった場合は、Media Goで取り込みの日付日時順に並べ替えれば、新しい日時のファイルが不要なファイルなので、これらのファイルだけMedia Go上から削除(PC上は残す)すればいいだけです。

内蔵リチウム電池の持ち時間最大77時間とウォークマンで最長ですが、車の公表燃費と同じで、実際にはそんなに持ちませんよ。
ノイズキャンセルや音量自動調整等機能等を多く使うと実質35~40時間くらいです。私は実際に時間を計りました。
また、まだ2年も使っていませんが、内蔵電池寿命は徐々に短くなります。現在ノイズキャンセル他数種の機能を使って20~30時間くらいと思います。(私は毎日音楽を5時間以上聴くので、4台使用していても、1台あたりは平均的な使用時間と思います。)

操作ボタンが以前の機種より縦が短くなっているので、以前の機種よりも押しづらくなっています。
よって、厚めのハードケースをかぶせると指で押せなくなるので(指が細い人は可能か?)、薄めのソフトケースに入れて、それを100円ショップで買った名刺入れ用の半透明ケースからイヤホンジャックの分だけ切り取ったケース(開くようになっています)に入れています。

「SANWA SUPPLY PDA-CAP2BK SONY ウォークマンDock コネクタキャップ 3個入り」は必需品です。これまで量販店を通じて2回、アマゾンさんから2回購入しています。上記ケースに入れて持ち歩くようになってからは、コネクタキャップをなくすことがなくなりました。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月12日
Sシリーズはどこか継子あつかいで、上位機種への誘導のためか、メモリー容量が減ったり増えたりとせわしない。
64GB以上になる気配がないのが残念だ。

カセットテープを何本も持ち歩いていた頃にくらべれば、手持ちのCDがちいさな本体にすべておさまってしまうのだから、あらためてすごいことだと思う。
32GBではたりないが、かといって容量目当てに携帯プレーヤーに4万だ7万だと費やす気にならない人もおおいはず。
それだけの金銭的余裕があれば、ほかの機器やCDに費やした方がよい。

携帯プレーヤーは、手ごろな商品がかぎられていて、選択の幅がせまい。
すべてのひとが、ハイレゾや高音質をもとめているわけではない。
携帯プレーヤーが、アンドロイド端末である必要はないと思う人もおおいだろう。
上位機種への誘導のために、Sシリーズを32GBで頭打ちにしておくのではなく、容量を増やせば、それなりに売れるように思うが。
0コメント|103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月15日
 ウォークマンは、カセット時代以来ですが、とても良いと思います。
 とにかく、電池が長く持ちます。毎日、仕事のBGMに、卓上スピーカーから流し、
 寝る前にもヘッドフォンで聞いていますが、1週間は充電が必要ありません。
 以前に使っていたcowon J3も電池が長持ちしましたが、それ以上だと思います。

  音質については、ウォークマンの他の機種、他社の機種をあまり聞いていないので、
 何とも言えないのですが、自分としては満足しています。付属のノイズキャンセル機能付のイヤフォン
の機能、音質の良さには感心しています。ノイズキャンセル機能は初めてだったのですが、感心しています。
それほど音量を上げなくても、繊細な音を聞き取れます。(特に、音幅の大きいクラシック音楽には効果は
絶大です。)cowon J3は付属のイヤフォンを使う気になれませんでしたが、walkmanの場合は、よほど音質に
こだわるのではなければ、付属のイヤフォンで十分ではないでしょうか。
 本体も、イヤフォンに合うようにチューンナップされているように感じます。
 cowonj3のときは、好みの音にするために、かなり、いじりましたが、今度のwalkmanの場合は、
ほとんど、いじる必要は感じません。音源の音質、出力の大きさ、小ささが忠実に再現されている印象で、
音源が悪いものはそれなりに再現されますが、それも自然な感じがします。
 おまかせチャンネルがとてもおもしろく、BGMで聞く場合に重宝しています。おまかせチャンネルで
何が出るのかが楽しみで、持っている音源を、いろいろと入れたくなります。32Gのタイプでしたら、動画などを
入れない限り、要領には余裕があるように思います。
 cowon J3もいい製品で、今も使っているのですが、これといった後継機種がなかったので、walkmanを購入
しましたが、さすが、という感じです。
 やはり、いくらスマートフォンやタブレットが進化しても、音楽再生専用器の役割や利点は無くならないと思います。
次に買い換えるときにも、より良い専用器が残っていることを期待しています。
 
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月12日
以前はAシリーズ32GBを使っていましたが、使い過ぎて電池消耗も早くなり買い換えを検討していました。
その前はipod nanoも使っていましたが、どちらもそれぞれ良くて気に入っていましたが、
去年までは32GBだと、ipodも、WALKMANも32GBのものがアンドロイド搭載とか、スマホみたいになってしまい、
結局それだと、スマホで音楽聴くのと変わらないので。
大きいし、電池消耗が無駄に早いので、Aシリーズの時みたいに32GBの小型出て欲しいなと思って待ってた甲斐がありました。
初のSシリーズ買いです。

気にしていなかったけど、電池のもちがすごくいいです。
買って1週間未だにまだ充電不要です。

音質はやっぱりipodよりも良いです、気にならない人や好みもあるかもしれないけれど、特に低音が綺麗に響きます。
Aシリーズも当時すごい音質が良かったので、それを思い出しました。
ノイズキャンセリング機能もあって、付属のイヤホン付けると、音も違います!
大きい音にしてもても音漏れしないくらいの密閉性もあって断線したらまたこれにしようと思います。
いつから付いていたか分からないけど、今の付属イヤホンは、充電口のカバーも取り付けてあるんですね。

Xアプリからmdeia goにアプリも変わりましたが、使いやすいです、あと軽いので立ち上げも早くなりました。
ラジオはそんなに使わないけど、かなりクリアに聴けます。
残念なのは、Aシリーズよりも画面が小さくなってる事ですね、まぁ動画なんて殆ど見ませんが。
ボタンはフラットで触り慣れたら1日で慣れましたが、今まではボタン付近は色が違ったと思いますが、
こちらは黒が統一で黒なので、初めはちょっと物足りなかったけど、ザラザラっぽい触り心地の部分が
ツルツルめになって汚れにくくなった事、色が統一されている事でシリコンケースを付けても
全体の雰囲気にマッチしているという印象です。

カラーはラインナップ色々あると惹かれますが、結局今回も黒にしました。
Sシリーズは初ですが角が丸く、手にピタッとはまるので、ケースを付けてもかさばりません。
0コメント|18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月20日
ここ数年、iPod使ってました。
最初に買ったtouchが3年ぐらいで壊れて、最近までnano使ってたんですが水没してしまい、それを機にWALKMANにしました。

カセット・CD・MDとすべてSonyのWALKMANを使用していたので、戻ってきたなーと感じがしました。

音はiPodよりやはり良いですね、付属のイヤホンも差がある感じですが。
地下鉄の中でも音量上げなくても聞こえます。

iTunesからの曲の移行もD&Dで楽にできました。
ただアルバムアートワークは移行されなかったので、そこは地道に作業しますが(笑)
PC通さないで曲を落とせるのも便利だな、と思いました。
MEDIAGOもiTunesほど重くないのも良いです。

バッテリーの持ちもよいですね。
旅行の移動中などでもガンガン使えそうでありがたいです。
1コメント1件|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月31日
語学学習用として購入。
再生と停止を同じボタンで操作できて、ノイズキャンセリング機能付きということでこれにしました。
ボイスレコーダーは各メーカ出してますが、再生と停止のボタンが別なので(全メーカ操作が統一されてるようです)、頻繁にボタンを押す必要のある語学学習用としては使いにくいと思います。
また、ボーズに比べればノイズキャンセリング機能は今一ですが、価格が全然違いますのでこれで十分です。
SDカードが使える新型も出てますが、スイッチが菱形で使いにくそうなのでこれにしました。
スイッチが小さくて誤操作しやすいですが、充電も良く持つので使用目的に合っており、これで良かったと思います。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月18日
S756のバッテリーの持ちが悪くなったのでこれに買い替えました。
S756 に比べて音質は確実に良くなっています。
1万曲以上入れているので低レートで音源を取り込んでいるのですが、低レートでも音質の劣化は以前ほど感じなくなりました。
これで64GBモデルが出てくれば文句はないのですが・・・
0コメント|20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月3日
このタイプのウォークマンにしてから3台目。
音楽を聞くという事に特化したものでは、やはりSシリーズが一番です。
32Gタイプはもう発売されないのではと、心配していたので、これからも32Gを出し続けて下さい。
一回32Gを使ってしまえば16Gには戻れません!

ipodなんて眼中に無し!
0コメント|17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月20日
これまで使っていたipodが壊れ、新しいのを買おうと思いましたが、iphoneとipod touch両方持つのはバカらしいし、classicは160GBだけどそんなに曲入れないし…という事で、思い切ってwalkmanに乗り換えました。
ipodより安い、容量もちょうどいい、音質もいい、ということで乗り換えて正解でした。

ipod→walkmanにして思ったことは
・media goには割と簡単にこれまでipodで聞いていた曲を入れられる
・ipodで聴こえなかった楽器が聴こえる!!(ハモリとかも綺麗に聴こえる)
・操作はやはりipodのほうがしやすい(これが☆4つの理由です)
・高い音がうるさくない(ipodでとあるバンドの音楽を聴いていた時はドラムのハイハットの音がうるさすぎて聴くに堪えませんでしたが、全体的な音のバランスがいい感じで感動しました。)

私は学生でお金もないし何万円もする高いイヤホンを買うつもりもないので、付属のイヤホンでも十分オンガクを楽しめるwalkmanが合ってたと思います。
アプリで遊んだりするのはスマホで十分、ただ音楽が聴きたいだけという人にお勧めです。
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月14日
某家電量販店で、発売直後に購入。1ヶ月半程度使用した感想です。

【満足な点】
'1:電池持ち
今回購入を決意した点がこれです。
以前は数年前のAシリーズを購入した際には、聴きたい時には充電が切れており、しょっちゅう充電をすることがストレスで、元々使用していたCOWONのmp3プレーヤーに戻ってしまいました(これは60時間使用できる電池持ちの良い機種)。
週に2回程度、電車移動中に往復2時間の間聴いていますが(ノイズキャンセル on、イコライザー on)、最初に充電したきりで、その後充電せずに現在までで電池容量が2/4ほど余っています。
この点は非常に満足しています。

'2:ノイズキャンセル性能
私は電車での使用が主なのですが、電車内の低音は強力に遮断してくれます。アナウンスや比較的高い音は、それ程遮断されずに耳に入ってきます。

'3:音質
あまり難しいことは言えませんが、最初から付いているイヤホンにしては、結構音質がいいように聞こえます。
ダイナミック型ですので、非常に低い低音まで再生されます。
中音域、高音域にもそれなりに良さそうです。
以前はIE80という機種を使用していましたが、付属のイヤホンのノイズキャンセル機能が優秀なこともあり、電車内で聞くのは付属の方が好みです。

'4:大きさ
本体の大きさが小さく、また非常に薄いので、持ち運びが楽です。

【不満な点】
'1:音量調節
音量調節ボタンは側面にありますが、ボタンを押してから、ワンテンポ遅れて音量が上下します。
音量ボタンを押し続けると、突然大きな音になったりするので、注意が必要です。
アップデートで何とかならないでしょうか。

''2:Clear Audio+
何か音質が良くなる機能のようですが。
設定でClear Audio+をオンにすると、とんでもなく音質が悪くなるのは私だけでしょうか。
何か設定が間違えているのか・・・

'3:ボタンの押しやすさ
物理キーなのはいいのですが、ブラインドでキーを押すときに間違えたキーを押してしまいます。
慣れれば解消するかと思います。

以上長文になりましたが、電池持ち、音質は非常に満足です。
これからも使い続けると思います。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)