Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年3月30日
新品ではなく、リフレッシュ品です。新品と書かずリフレッシュ品と表示するべきではないでしょうか?
1コメント1件|89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月28日
海外出張が多く、仕事でインターネットにつなげる機会も多い為に画面の大きなSIMフリー版の購入を検討していたところ、値段も手頃だったために早速注文。
ところが使用2ヶ月くらいで画面が急に暗くなり、突然再起動を繰り返すようになる。携帯として全然使えない。仕事にも支障が...
帰国時に返品交換を依頼しようとしたところ、すでに保証期間が終了とのこと。
商品到着時に箱が開いており、本体の画面保護フィルムもはがされた形跡もあった。通電チェックでもしたのかとその時は思ったが、多分これは香港で一度販売されて不良返品された端末を日本で販売しているものと思われる。
再生品との表示もなかったので、少なくとも保証期間が2ヶ月未満というのは短すぎるのでは...
0コメント|56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
値段も手ごろで使いやすく気に入りました。

普通の4インチ台のスマホだと、老眼ぎみの私には文字を読むのがつらいですね。このスマホ(ファブレット)は、液晶が 6.4 インチあり、とても見やすいです。高さの割には幅が狭めで、片手でも、通話やページスクロールや戻りなど、頻度の高い操作が何とか可能です。(片手の操作性を優先する場合は、もう一回り小型の方がよいでしょう。)

今は、価格もこなれていて、SIM フリースマホとしておすすめできます。
3G/LTE の band 1, 3 をサポートしているので、docomo 系 MVNO の SIM を安心して使えます。
ただし、band 19, 21 には非対応なので、利用エリアや性能面で問題が起きる可能性をあらかじめ考慮しておく必要があります。
一方、band 5, 7, 8, 20 にも対応しているので、特に北欧を含む欧州、それにアジアやオセアニアにおいても、さまざまな現地通信事業者の SIM を使えます。欧州では、現地 SIMひとつで近隣国も手軽にローミングでき、旅先で、情報収集や予約、ナビ、写真・動画のアップロードなど、多様なシーンで LTE や3Gの便利さを満喫できます。テザリングも、国内を含めて問題ありません。
(一方、北米での使用が多い場合は、同じ Z Ultra でも別機番の Sony Z Ultra C6806 (SIMフリーLTE, 16GB, Black, Google Play Edition)[並行輸入] にするか、米国・欧州の両方で使えるGalaxy Note 4 SM-N910F、万能の iPhone6 (Apple 直販) などの方がよいです。)

さて、本機は、OS アップデートにおいて、注意すべき点があります。
現在、最新の OS は、Android 4.4 KitKat です。
この最新版は、SD カードの書き込みの制約が非常に厳しくなっています。(その分、セキュリティは向上しているのですが。)
現状、いくつかのアプリで SD カード処理において、新OS対応が間に合わず、エラーが発生しています。(じきに対応するとは思いますが、それでも不便さは残るでしょう。)

あと、音声通話機能のない SIM (データ SIM や、 データ + SMS SIM) では、この最新OSでは、データ通信ができなくなる場合があるので、データ通信系 SIM を利用したい場合は、互換性の事前確認が必要です。(アンテナピクトは立つが、ブラウザではオフラインとされる。)

これらの点が気になる場合は、OS を KitKatにアップデートするのは、しばらく待った方がよいでしょう。

以下、(1),(2) では、KitKat での外部SDカードへの書き込みと Bluetooth 接続での利用に関する情報、(3) では、SIM フリー電話の必要性を一気に高めたドコモの新料金制度の重大な問題について述べます。

(1) KitKat での外部SDカードへの書き込み (2014.10.19 追記)

KitKat では、SDカードに対して、アプリは、原則、インストール時に定まる特定パスの下(フォルダの中)にしか書き込めなくなりました。(本機にプレインストールされている File Commander (Mobile Systems) のように、例外的に任意の場所に書き込める対応済アプリ?もあります。念のため、このアプリは、しばらくアップデートしないで様子を見た方がよいかもしれません。)
他のアプリで外部SDカードに書き込みたい場合、アプリに対応するパスをSDカード内に手動で作成する必要があります。
(例: FolderSync (有料版) を用いる場合
   /storage/sdcard1/Android/data/dk.tacit.android.foldersync.full/files。
外部 SD カードのこのパスの下には、FolderSync は書き込みできます。)

パス作成方法は、
 - 対応済アプリ (File Commander) を利用する、
 - SDカードをPCに一旦差し替える、
 - 開発者オプションの USB デバッグモードでPCと接続する、
などがあります。
アプリごとのパス名は、内部ストレージ (/storage/sdcard0) に既に作成されているパスから推定できます。
(主要なファイルマネージャのパス名やパスの具体的作成手順は、下記補足(A) にあります。)

重要な注意: (2014.11.24 追記)
アプリをアンインストールした時点で、上記指定パス以下にあるフォルダやファイルは、外部 SD カード上に保存されているものを含めて、すべてが削除されます。
それを避けたい場合は、「必ずアンインストール操作前に」、継続して保管が必要なものを別のパスの下に移動するようにします。
この操作も上記「パス作成方法」と同様な方法で行います。
 

(2) KitKat での Bluetooth によるファイル共有について (2014.10.27 追記)

KitKat にしたこのスマホを他のスマホなどと Bluetooth 経由でファイル共有をする場合、注意がいります。アクセスされる側には OBEX FTP サーバ、アクセスする側には、OBEX クライアントが必要です。KitKat では、サーバ側で外部 SD カードの読み込みが正しく動作しないものがあるので、注意が必要です。サーバ側に、Medieval Software の Bluetooth File Transfer を、またクライアント側に ES ファイルエクスプローラを組み合わせたときは問題ないようです。
( ES ファイルエクスプローラのサーバ機能では、今のところエラーになります。)
(補足: 上記 ES ファイルエクスプローラの不具合は、最新版ではすでに修正され、KitKat でも Bluetooth 経由で相互に読み書きができます。 (2014.11.24 追記))

Bluetooth File Transfer ですが、パスを上にさかのぼる方法で迷います。立ち上げると、内部 SD カードに相当する /storage/emulated/0/ を表示しています。そこから外部 SD カードのパス /storage/sdcard1/ に行くには、[戻る] キーを2回押して、ふたつ上に上がり /storage/ に行き、そこでディレクトリ sdcard1 を選択します。(パスを上に上がるのに、降りてきた訳じゃなくても [戻る] キーを使うところが、最初はとまどいます。)
あと、サーバ側の外部 SD カードの情報をクライアントからアクセスできるようにするには、サーバ側アプリ内で、OBEX FTP サーバのルートディレクトリの変更が必要です。これは、[メニュー] -> [その他] -> [設定] -> [シェアリングサービス(FTP)] -> [シェアしているフォルダー] で指定します。これを、/storage/sdcard1/ に変更します。

(3) ドコモへの苦言

 (3a) 新料金制度の問題、および、イギリス EE のプリペイド料金プランとの比較

以下は こうした製品への必要性を高めているドコモへの苦言です。

4G 音声通話を「カケホーダイ」に一本化して基本料金化した新料金プランは、国際的にみても著しく制限的かつ高価格で、常識的に考えるとありえないものです。

そもそも電波が足りないから、データ通信の定額を廃止したのに、この施策によって、企業・組織などの固定電話のトラヒックが携帯電話系に流れ込む「逆オフローディング」現象が発生しています。もし、ドコモの携帯ネットワークの能力が余っていて無駄が発生しており、固定電話の有線系トラヒックを無線側に呼び込んで「逆オフロード」したいほどになっているなら、スマホ利用を牽引するためデータ定額を復活するか、ただちに余剰電波を国に返却すべきでしょう。

価格設定も、現状に合いません。ドコモの契約あたりの音声通話収入ARPU は、2014 年の 4 〜 6 月において、月額 1,210 円です。そして、LTE で音声を流す技術は、音声通話コストを下げる切り札として期待されているものです。

常識的に考えるなら、4Gスマホに対しては、平均的な ARPU ユーザの下側を想定した低価格なベースプランを用意し、さらに、ヘビーユーザのためのプランを加えて選択肢を増やすべきでしょう。

たとえばイギリス通信会社の大手 EE で、旅行者も使えるプリペイド契約 (PAYG) について、30 日間有効なプランの料金(消費税込み) を示します。 ライトユーザ向けに 10 ポンドプラン (約1,735円) があり、[ 4Gデータ 500 MB、英国内電話 150 分、英国内 SMS 無制限 ] がパッケージされています。
よりデータや通話が多いプランも選択できます。たとえば、15 ポンドのプラン (約2,600円) だと、データ主体のは [ 4Gデータ 2 GB、英国内電話 500 分、英国内 SMS 無制限 ]。また、通話主体のは [ 4Gデータ 10 MB、英国内電話 750 分、英国内 SMS 無制限 ]。
「定食」ではなく、単品的なものとして、データ通信のみの追加は、4 GB が、20 ポンド (約3,470円)。ヘビーユーザ向けの 10 GB なら、30 ポンド (約5,205円)。音声通信のみの追加は、英国内電話 500 分が 10 ポンド (約1,735円)など。これらを自由に組み合わせたり買い足すことで、ライト/ヘビー、通話主体/データ主体の多様なユーザを幅広くカバーできます。
2年縛りのような定期契約をすると、カケホーダイのような電話無制限も選べるようになります。

ドコモの新料金プランは、4Gスマホで音声通話部分のみで(税抜き)月額 2,700円の料金(実は、上記の EE の 「定期契約なし PAYG 料金」と同条件では、4,200 円) が必須で、他の選択肢が事実上ありません。ドコモの ARPU や国際相場とかけ離れています。2 GB のデータを加えると、月額 6,500 円にもなり、特にデータ通信中心のライトユーザには、周辺の割引制度を考慮しても高額です。

私には、ドコモは米国を参考にして、この料金制度を設計したように見えます。しかし、米国と日本の携帯利用には根源的な差があります。米国の場合、車での移動が多く、運転中は「手と目」を必要とするデータ通信は行えません。必然的に音声通話がメインになります。このため、多くの車には、携帯とペアリングして運転中の発着信を補助する装置が備わっています。
これに対し、日本、特に都市部では移動は電車などの公共輸送機関がメインで、乗車中、音声通話は禁止です。一方、「手と目」は空いているので、データ通信は自由に行えます。このような日本の状況は、米国より、イギリスのロンドンなどの都会と似ています。だから、多くのスマホ利用者は、音声通話偏重ともいえる「アメリカ流」のドコモの料金設計に対して、自分たちの利用実態にそぐわないとして強い違和感を覚え、他方、ここで取り上げたイギリス EE の料金設計の方には親近感を感じるだろうと、私は考えています。

(あと、これは個人的な印象ですが、この施策は、スマホ・データ通信主体の若者からは国際水準を大幅に上回る金をとり、それを大量の通話を行う企業・組織に「貢がせる」構図に見えます。「貢いでもらう」側にとっては「好評」なプランでしょうが。。。オリンピックで日本を訪問する外国の方もびっくりするでしょう。
ドコモは、公共性の高いNTTグループ企業なのだから、当座のビジネスの損得を超えた高い見識を我々に見せてほしいものだと思います。)

ドコモの経営者は、料金プランの単純化などという言葉に逃げないで、経営指標と国際動向、社会的責任、それに経営ビジョンを示して消費者を納得させるべきでしょう。

LTE のもたらす方向性として、ドコモは、従来、固定電話に発着していた音声通話トラヒックを携帯に呼び込みたいのか、それとも幅広いユーザにスマホを使ってもらい、映像サービスを含む便利さを楽しんでもらいたいのか、どっちを向いているんでしょう。

 (3b) 英国での2年縛り端末「月々サポート」込みの料金 (2014.10.19 追記)
 
ドコモと英国 EE との料金比較で、「月々サポート」を考慮しないのは片手落ち、との指摘があったので、調査したデータを示します。
端末込みの場合、通信料金と違って、条件をそろえることが難しく、日時や場所による変動も激しいです。
あくまで、料金水準を知る参考ですが、最新機種 Sony Xperia Z3 Compact を対象に、ライトユーザの 2 GB/月、およびヘビーユーザの 10 GB/月のふたつについて、英国 EE の2年縛りの料金プラン例を示します。
(注意: EE の料金プランは、端末代金を支払い終えると、その後、支払い金額が相当分だけ下がります。一方、途中解約では、残りの期間分の全額(消費税を除く)の支払いを要求されます。)

(機種 Sony Xperia Z3 Compact SIM ロックあり。2年間の契約、価格は、いずれも月額で消費税込み)

[ 4Gデータ 2 GB、EU内電話 1,000 分、EU 内 SMS 無制限 ] のパッケージは、頭金 40 ポンド (約6,940円)、月々 28 ポンド (約4,858円)。
[ 4Gデータ 10 GB、EU内電話 無制限、EU 内 SMS 無制限 ] のパッケージだと、頭金 30 ポンド (約5,205円)、月々 34 ポンド (約5,900円)。

(「月々サポート」を引いた) 端末代金実質負担分を仮に 44,000 円とすると、通信料相当分は上記の 2 GB のパッケージで月額約3,315円、10 GB の方は、月額約4,285円です。(10 GB の契約は EU 内カケホーダイ込みで、通話・データ両方のヘビーユーザに適するでしょう。)
ドコモの新料金プランが音声通話分と ISP 接続料だけで 3,000円であることを考えると、ドコモと EE とでは、プラン選択の自由度に加えて料金水準自体にもかなり大きな差があるといえるでしょう。

なお、SIM ロックの解除には、6ヶ月以上の経過が必要で、料金 20.42 ポンド (約3,550円) かかります。
この他、容量共有プランもあります。興味のある方は、EE UK monthly で検索すると、アクセスできます。

国民の貴重な共有財産である電波の運用を担う一流の通信会社は、選択肢が制限され、高価格で、かつ将来を担う若者に対して過剰な負担を求める料金体系を、「単純化」などと称して推し進めるべきではないでしょう。上記 EE のように、若者にも利用しやすく、日本の利用実態に即したパッケージと値ごろ感をもった多様性のある料金プランを提供すべきだと、私は考えます。
 
 
[補足]

(補足A) KitKat で外部 SD カードを書き込み可能にするため作成するパスの例と作成方法 (2014.10.28 追記)

上記 (1) について、説明不足でわかりにくい点を補足します。
KitKat で外部 SD カードにファイルマネージャなどを用いて書き込みをする場合には、あらかじめ SD カードに所定のパスを作成しておく必要があります。そのパスはアプリのパッケージ名から定まるため、アプリごとに異なります。以下に、代表的なファイルマネージャについて列挙します。(網羅的ではありません。)
このパス作成には、必ず File Commander など、今回の KitKat 制限を受けないアプリを利用します。

パスは、外部 SD カード /storage/sdcard1/Android/data/ のところで作成します。
この位置で、たとえば、ES ファイルエクスプローラの場合、まず com.estrongs.android.pop という名前のフォルダを作成し、そこに移動した後、次に files という名前のフォルダを作成します。
各ファイルマネージャで作成するファイルやフォルダは、必ずこの files フォルダの下に作成するようにします。
もし、ファイルマネージャのパスをまたがってファイルやフォルダを移動する必要がある場合は、やはり File Commander を利用します。

[ファイルマネージャに対応したパス一覧] (/storage/sdcard1/Android/data/ 以下)

・ES ファイルエクスプローラ (ES APP Group)
     com.estrongs.android.pop/files
・Bluetooth File Transfer (Medieval Software)
     it.medieval.blueftp/files
・fx File Explorer (NextApp)
     nextapp.fx/files
・FolderSync (有料版)  (Tacit Dynamics)
     dk.tacit.android.foldersync.full/files
・FolderSync (無料版)  (Tacit Dynamics)
     dk.tacit.android.foldersync.lite/files
(注: FoloderSync は、有料版と無料版でパスが違うので、別のファイルマネージャとして扱う必要があります。)

(補足B) EE料金の一部訂正 (2014.10.27 追記)

EE の PAYG 料金、定期契約料金の一部の表記と計算に誤りがあり、修正しました。申し訳ありません。
なお、端末価格は、人気などで大きく変動します。
1コメント1件|320人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月23日
キャリア-のしがらみがなくなり、使い勝手のよい環境を実現できました。このパスポートサイズは、ちょうどイイですね、これまで7インチタブレットを使用していましたが、実質の画面サイズはほぼ代わりませんし、ディスプレイの解像度ど表示品質が改善されて、一層見やすくなりました。セッティングなどですが、特に問題もなくできます。概要を以下に示します。
日本語環境は、初期設定で日本語を指定することで、完了。SONYとしてあらかじめバンドルされているアプリに、ジョルテ、LINE、AirDroid他を入れてカスタマイズ。日本語入力は、Google日本語入力をインストールしました。POBox Touch(日本語)をそのまま使用することもできますので、これは好みの問題です。LTE通信は、OCNモバイルONE/SMS対応のSIMを購入し、30MB毎日の設定としました。WiFi優先としましたので、現在までのところ、LTE通信の上限にはぶつかっていない状況で、LTE/3GとWiFiのエリアによる切り替えも問題なく動作しています。ここでポイントは、SMS対応のSIMを使用することで、SMS通信が利用できるのでLINEのセットアップ等は容易にできます。また、アンテナピクトがたつので、無駄なバッテリー消費が防げます。OSバージョンですが、4.2で入荷しましたので、これで上記の稼働を確認後、4.3にバージョンアップしました。
ここまでの手順が理解でき、実行できる方にとっては、コストパフォーマンスのいい買い物です。
1コメント1件|170人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月19日
ドコモのSIMをそのまま挿して使用中。予想以上にサイズが使いやすく、Nexus7から乗り換えて正解でした。
0コメント|55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月21日
商品到着前に、日本語の取説を送くられて来たので、セットアップがスムーズに出来ました。OSは、4.4.4でした。5に上げないほうが良いようなので、しばらくこのまま様子を見てみます。Iijmioでlteをがっちりつかんでいて快適に動いています。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月16日
充電ができなくなり修理しようと思いましたがメーカーでは
受付できず 他の修理屋では高額になってしまうため廃棄しました。 
0コメント|22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月10日
購入2ヶ月で画面の不具合が発生。
通常の利用には耐えないレベルになってしまいました。

保証がないことは承知の上で購入したので、何を行っても仕方がないですが、2ヶ月でお陀仏というのはあまりにも早すぎる。
SONYの品質管理に問題があるのか、購入先のクオンティファイに不良品をまわされたのかはわかりませんが、非常に残念。

不具合が発生しなければコスパのいい良い機種だと思います。購入の際は不具合発生を覚悟の上で購入することをおすすめします。
1コメント1件|34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月19日
古い機種ですが、最高のスマホです。
ポケットに入るぎりぎりの大きさで、画面がでかいのが良い。目に優しい。
今年2015年の春に購入しましたが、そのときは4.4.4でした。
先日5.0.2を飛ばして5.1.1にアップデートしました。PC Companionからのアップデートです。
1時間ぐらいかかりましたが、正常終了し、問題なく動作しています。
KitKatより動作が速くなった感じです。
最大のメリットは、SDに書き込み可能になったこと。このために、アップデートしました。
Sonyさんは現在の方針では6.0にアップデートしないそうですが、GPEがそれにアップデートするついでに
ぜひ当該機種も6.0にアップデートしてほしいです。当該機種だけ例外的に対応願います。
GPEとの違いはほとんどないと思うので、対応可能と思います。
方針変更はよくあることなので、よろしくお願いします。
後継機種は、snapdragon 820で来年リリースに期待します。810は絶対避けてください。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月24日
色々問題はあるのだと思いますが、やっぱり大きい画面のスマホは便利です。処理もスムーズ。32GBがあればなお良しですが、この機種の魅力を損なう短所にはなりませんでした。大容量を重視するなら他を選びます。5.0にアップデートした後も快適に利用できております。
大画面かつ比較的安価の機種をお探しの方にはこれ一択かと、個人的には思います。6plusは高すぎて……

(’15,8追記)
5.0はLTEのつかみがいまいちのようです。kitkatの方はまだアップデートしない方がよいかもしれません。それ以外の使い勝手は、アップデート後も快適なので、はやく安定したモバイルネットワーク環境を実現していただきたいと願います。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)