Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

このクリエイティブ製サウンドカードの(特にドライバ周りの)じゃじゃ馬具合は4〜5年前の同社製品より相当改善されています。これをPCに挿しておけばゲーム用だけでなく、音楽鑑賞にも使えるようになります。オペアンプ交換で自分の好きな音質に出来ることもポイントが高いです(ただし無保証になることに注意!さらにどのオペアンプを使うべきか/交換方法は検索することを強く推奨します)。高ゲインヘッドホンにも対応しています(【国内正規品】beyerdynamic セミオープン型オーバーヘッドヘッドホン テスラテクノロジー採用 T 1等)。現時点でのドライバでは、特に気になる不具合は生じていません。あと、ボリュームコントロールについては、「音質を劣化させる」旨のレビューがあり(AMAZONでもネット上でも)、恐らくそれは正しいと思います。FPSをやらないのならば使わなくても良いかも知れないです。クリエイティブ製品を使う場合には、ドライバを常に最新にしておくことが必要です。それに気を付けていれば快適なPCサウンドライフを送ることが出来ます。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月11日
FPSで定位を手軽に明瞭にしたい人だけでなく、PCの音質を向上させたい人にも良いサウンドカードです。
オペアンプを交換することで自分好みに音を変えて作っていける汎用性の高さも売りの1つです。

またサウンド設定は以前のx-fiのような3モード切り替えでなくシンプルに1つになりつつも
プロファイルを作ることで映画、音楽、ゲームといった3モードに限定されることなく
いくらでも自分好みの設定で切り替えて聞けるように進歩しました。

個人的に不満な点は
疑似サラウンドのテストや調整がヘッドホンだと出来なくなったのは残念でなりません。
あと欲を言えば、プロファイルもショートカットキーで変更出来たら完璧でした。

■特徴
[良かった所]
・蟹オンボと比べると音にぐっと厚みがでた。
・FPSでの定位が明瞭になった(蟹オンボ比)。高低差は以前ほど明瞭でない気がする(x-fi比)
・オペアンプ交換でハードレベルで好みの音を作れる楽しみが出来た。

[不満な点]
・以前のように疑似5.1サラウンドテストが出来ない。
・使用できない環境の項目に不用意にチェックをいれるとデバイスを見失うことがある。

[注意点]
スカウトモードのオン、オフ時に音が急に上がることがある。
鼓膜が破れるのではと驚く位に音が跳ね上がることがあるので-1しました。

■音質は個人比3倍
以前は同社のX-Fi Xtreme Gamerを使ってましたが新しいPCでは認識せずオンボの蟹サウンドをしばらく使ってました。
それらとの比較になりますが音に厚みが明らかに増し向上しました。
個人的感覚で言うなら5千円のイヤホンが1万5千円相当に聞こえてくる感じです。
当分は不具合テストなのでオペアンプを弄る予定はありませんがこれで交換したらどれだけ凄い音になるんだろうと
使いながらワクワクするサウンドボードです。

■ヘッドホン サラウンド
サラウンドは強弱のみの設定のようです。
これはXtreme Gamer使用者から移行した自分には不満でした。
以前は「ヘッドホン」で疑似サラウンドのテストが様々な音を使いながら色々と弄れたのですが
それが完全に出来なくなりました(スピーカーのみ)

■定位
蟹オンボード比較だと100%明らかに向上してます。
ただしXtreme Gamerでは可能だった高低差(体感数mレベル)は確認出来なかったです。

■サウンド設定がシンプルかつ自由度が増した
以前の3モードがなくなりプロファイルを作ることで好きなだけ切り替えて聞けるようになりました。

■FPSユーザー向けのスカウトモード
音で位置把握を可能とするFPSプレイヤー向けの機能があります。
全てのゲームに万能に使えるかは怪しいですが、これをONにすると
不要な高いエフェクト音が取り除かれ、ボイス音などが聞き取りやすくなります。

[使い方 準備編]
(1)ショートカット機能にチェックを入れる。*割り当てだけでは機能しない
(2)ON、OFFキーの割り当てを行う。

[使い方 使用編]
(1)ショートカットでONにする。
必ずショートカットを用いる必要があります。
またスカウトモードを利用するとSBX(サラウンド設定)とイコライザーがリセットされます。
つまりこの機能はイコライザー設定してまで拘らないFPSユーザー向けの機能のようです。

■存在しないサウンド設定を利用しようとするとデバイスを見失う?
スピーカーがついてない状態で5.1サラウンド設定に何度かしていたらデバイスを見失いました。
事前にオンボなどのサウンドデバイスは無効済みです。
そこで無効ではなく削除をしたら再びデイバイスが見つかりました。
インストールする前にサウンドデバイスは削除が推奨です。

■CDに入っているアップデーターは非推奨
上手く更新されないバグがあり、それが原因なのかノイズが度々出ることがありました。
公式から直接最新データを落としてインストールすると直ったので、
もし変なノイズや更新が上手くいかない人は直接ダウンロードして入れた方が良いかもしれません。

■ドーターカードとボリュームコントロール
ドーターカードはネジ止め1本で支えているので不安定でぐらつきます。
1度繋げたら弄らない人には問題ありませんが毎日抜き差しする人だとボードは簡単に落下すると思います。
またボリュームコントロールは使用すると音が凄く劣化するようです。
故に2つとも使ってません。上記2つを目的とされる方は、残念な結果になるかもです。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月31日
このサウンドカードを付けたら音質がとても良くなって感動しました。FPSでは足音がとても聞こえるようになります。また迫力がとてもすごいです。音楽を聴くにも文句無しの音質でした。これは絶対に買ったほうがいいです。今では何故もっと早く買わなかったのだろうと後悔してます笑
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月20日
ゲームでも良いですが音楽を聴くのにも良いと思います。
色々な機能があるので良いかと思います。
ボイスチェンジャー機能もあって面白いです。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月19日
初代のサウンドブラスターがOSの関係で非対応になりオンボードにしてたのですが我慢できずに購入!!
さすが最新のサウンドブラスターといえる音質!
コントロールのソフトも充実していて文句の付けどころがありません。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月26日
音が自然で心地よいです。思わず眠くなってしまう感じ。
しかし細かい再現力もあり、音楽鑑賞用として十分使える。
ASIOが使えるのが素晴らしい。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月12日
購入してから僅か3ヶ月でデバイスを見失う事象が頻発しています。
スピーカーとヘッドホンを切り替える際に高確率でデバイスを見失います。
個体差があるのかもしれませんが、これは良くないと思います・・・。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月18日
もう戻れない、買ってしまい聴いてしまった。
音楽人生をひっくり返された
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月27日
4ヶ月前からMSI Z97 Gaming7というマザーボードを使用してマザボに内臓されているMSI Audio Boost2 を使用していました。
最初のうちはこの内臓サウンドカードでいいかなっと思っていたのですが3ヶ月ほど使用しているとゲーム中や音楽・動画鑑賞中に規則的に音質が高音質になったり低音質になったりして困っていました。原因はPC本体のイヤホンジャックの差し抜きのしすぎだと感じています。

それからこのSB-ZxRを購入しました。最初はSB-Zxのほうでもいいかなと思いましたがこちらのほうが音声出力端子が豊富で特にRCA端子には目が引かれてしまい購入してしまいました。それと手元で音量が調節できるACMもおもしろそうだったのでw
PC本体のマザーボードに2枚のサウンドカードを取り付けるのは数分で簡単に終わりました。初心者でも簡単だと思います。
あとは普通にドライバーをインストールして最新のドライバーにアプデートしたらすぐにデバイスを読み込んでくれました。
気になる音質ですがハッキリではないですが前の内蔵サウンドカードより聞こえやすいと感じています。特にクリアに聞こえる。
一番うれしい機能はイコライザーの設定が出来ることです。MSI Aoudi Boost2ではない機能でしたので嬉しかったです。
そしてSB-ZxRコントロールパネルの「スピーカー/ヘッドフォン」という項目でリアルタイムで音声出力をスピーカーに出力したりヘッドセットに出力できたりしてこの機能はとても重宝しています。もういちいちヘッドセットを差し抜きせずにずっとACMに接続しっぱなしで助かります。
あとACMにはヘッドセットが二つ接続することができます。標準のイヤホンジャックとステレオジャックがあります。一つのヘッドセットで音を聞き、もう一つのヘッドセットでボイスチャットができます。(プロゲーマーがよくやってる光景)
ほかにもマイクの細かな設定やらもできるのでVCするときは使ってみたいと思います。
使用して一ヶ月が経ちそうですが今のところ問題は一切なくデバイスを使用できてます。

個人的ですけど良かった点
・前のMSI Audio Boost2になかったイコライザ機能がある。
・ACMにヘッドセットを接続状態でSB-ZxRのコントロールパネルでスピーカーとヘッドフォンの音声出力をリアルタイムで変更できる。
・ヘッドセット使用時に手元にあるACMで音量を調節できる。
・金メッキのRCA端子で音質劣化がないとてもクリアな音質が楽しめる。 
・音声出力端子が豊富!! 自分は5.1chでプレイ
・小さいほうのドーターカードで音質劣化のないクリアな音質が録音できる。

悪い点はないです。 本当に購入して正解でした。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月21日
以前は、SE-200PCILTDを使用していましたが、windows10にアップグレードに使用不可となり、数少ない手頃なサウンドカードより、本品を購入しました。音は、乾いた爽やかな高音を気に入っています。システムは、パソコンデスク上にECLIPSEパワーアンプと40年ぐらい前のパイオニアのスピーカCS-X3で聞いています。スピーカが小型密閉型のため、スピーカダイレクトでは、低音が出ませんが、イコライザを使えば、密閉型スピーカのため十分すぎる低音も出せます。SE-200PCILTDではイコライザは使えなかったと思いますが、本品では自由に音作りが出来て楽しめます。またヘッドホンも手元で接続できるACMをついていたり、マイクがついているのでwindows10のcortanaも容易に使用できます。動作も安定しており本当に購入して良かったです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)