Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1598
5つ星のうち4.1
価格:¥4,618+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年6月9日
リネームして値段がかなり上がりましたね・・・
M570は3000円で買えていたのになぁ~

6000円になって品質が向上したかというと
目立った進化はしてないし。

3000円ならコスパは優秀ですが6000円だと他の良いマウスが買えそう。
review image
0コメント|210人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月18日
M570を既に所有しているのですが、M570tとの差が知りたくなり予約購入しました。
パッケージが一新されている物の、書かれている内容は無論商品を持っている画像まで同じでした。
見た目が同じなら中身が変わっているのかなと思い分解。分解する場合はゴム足の裏と電池カバー下のシールに隠されたネジを外し忘れないようにしましょう。
中のスイッチは以前の中華オムロンから中華のノーブランドスイッチに変更。これがスイッチの劣化です。
ホイールクリックの硬さや回りの良さ、スイッチの耐久性くらい改善しても良かったのではないでしょうか。
このM570のほうがマーブルよりも安いのは日本だけらしいので、円安もかねて値上げしただけのように思われます。値上げですよ値上げ。
グラフィックボードでありがちなリネーム詐欺ですね。倍近くの価格にして劣化値上げは止めて欲しいです。何気に発売当初の定価より高くなってますよこれ。

画像などの詳細なレビューはこちらに記載されています。
[・・・]
4コメント4件|896人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月8日
本商品の旧番を過去に注文したものです。
お客様は、2013/3/8にこの商品を注文しました
とでます。
先々週、右クリックをしたままドラッグすると途中で途切れ、離した状態になるという不具合が
発生しました。
カスタマにメールで問い合わせしたところ、交換対応になるため、購入証明をカスタマメールに同封
して欲しい旨の連絡がありました。
amazonでの購入履歴をpdfでメールに添付し返信したところ、代替品を送付する旨の連絡がありました。
ちなみに、10/1の連絡に対し交換品の到着が10/8です。
わざわざ何故旧製品しか買っていないユーザーがここにレヴューを書いているのかといいますと、
ポインティングデバイスのような「壊れにくいけど不都合があると結構困る」部材において、この
ロジクールのように「代替品を可能な限り(それは、不具合の再現性だとかそういった時間のかかるものを
省くユーザー目線のサポート体制を指して)早期にユーザーに届ける」というわりと一般的なPCユーザーにとって
当たり前のサポートができている点で、非常に評価できると感じたからです。
7~8年、メーカーおよび某BTOPCのサポートをしていた経験から申し上げますと、これができるメーカーは
国内対応でも少数派です。おそらく多くの人が、LCDで、HDDで、PCで、クレーマー扱いされながら交渉して勝ち得たであろう
結果を普通に、ごく普通にサポートとして受けることができます。これは、メーカーとして評価されるべきと思い
レヴューとして記載します。
まぁ、故障しないことが一番であること、2012年3月に買った同製品は(当然ながら)保証外であった(つまり期間後直ぐに壊れた)
ことを差し引いて星4つです。動作がおかしいな、と思った方は積極的にサポートを利用するべきですよ。
それが信頼できるブランドを買っている人の特権ですから。
0コメント|72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月24日
m570は6代目(一個は会社)、こんなに壊れやすい商品は珍しい。
大体ボタンが壊れる。それでも代替品が無いので仕方なく使っていたが、
MacからWindows8(会社)、とWindows10(自宅)に変えたらマウスカーソルが頻繁に引っかかるようになった。
ゴミが詰まって動きが悪くなるような感じと似てるが、
ひどい時には玉をいっくら回しても僅かにしか移動せず操作ができなくなるも度々あって、
会社、自宅とも交換対応してもらったが改善しなかった根本的に問題があるのだとう思う。
ちなみにこの現象、マウスの電源ON/OFFすると何事もなかったように復活する。
また、Macでの使用では別のトラブルが起こる、サスペンドから復旧するとたまに全くマウスが動作しなくなることがある。
解決方法は、Macをリセットするか、USBレシーバードングルを抜き差しすると何事もなかったように復活する。
(この場合本体裏のON/OFFでは復旧しない)
いい加減呆れて代替品を探し中、どなたかいいのあったら紹介してください。
review image
1コメント1件|94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月16日
M325を使っていて、小さく感じたのでM570tに替えました。
楽だ楽だという触れ込みだったので使ってみましたが、なんとその日のうちに腕や肩が痛くてたまらなくなりました。
しかしそれはマウスの握り方が悪いのだと分かり、もう一度試してみることに。
普通のマウスは真上から手の平を被せるように握るのですが、このマウスは横から覆うのです。
弾力のあるマウスパッドを用意してチョップの形で手を置きます。
そのままマウスの方向に倒していき、覆うように手の平をかぶせればちょうどいい具合にフィットします。
手首はマウスパッドにレストのあるものを使っていますが、肩の力を抜けばそこに圧力がかかるようになります。
トラックボールの操作は3日もあれば慣れます。
今は快適に操作できるようになったので、もう普通のマウスに戻す気は無くなりました。
優れものです。
今は円安のせいか6千円台とやたら高いのですが、3千円~4千円台に下がったら買うといいでしょう。
0コメント|48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月11日
保障を効かせるために、アマゾンで買ってます!
ぶっちゃけすげー壊れやすいです!
しかし、3年は保障してくれます!
しかし、保証書はなくなります!
保証書ないと、壊れても保障ないです。

そこでアマゾンの購入履歴の登場です!
これを見せれば、新品がもらえます。
2年ぐらいで大体こわれるので
まー一回購入したら、4年ぐらいもつと思っていいでしょう。
2コメント2件|90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月24日
これで、2台目です。ホールド感がとってもよく、トラックボールなので手首が疲れることもありません。
移動式のマウスで手首に痛みを感じている方におすすめです。
トラックボール式は他のメーカもありますが、微妙に左右クリックの位置が高いく常に指を上げて
おかなければならないので、トラックボール式とは言え疲れます。個人差はあると思いますので
店頭で実際に手を乗せてみるのが良いでしょう。
テーブルに手を置いた状態でマウスの手前前面に手のひらを添えるだけ、ぴったりとフィットします。
トラックボールゆえ、移動する必要も無いので設置場所は最小ですみます。
無理の無いマウス操作ができるのでこれからもずっと使い続けたいです。かなり遠距離からでも
操作できます(画面が見える範囲で)
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月3日
このマウスは本当に壊れやすい。
有線のマウスでこれほど不具合がでる経験はありません。M570に関しては半年ないし1年でなんらかの不具合が生じています。
本来なら二度と買わないのですが、保証期間が3年と長くタダで交換してくれるなら、ま、アリかと思うようなマウスです。
それにM570を超える安いトラックボールが未だにないことも大きいかな。
逆に保証がなかったら、評価がガタ落ちになるようなマウスだと思います。愛憎混濁したようなマウスです。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年7月5日
・保証は3年間
ロジクールの無償保証が3年もあるおかげで助かりました
壊れてから結構放置してたんですが3年保証は本当に有難い
(大抵は保証1年、だいたい1年過ぎた辺りで壊れるので 笑)
M570は既に在庫がないようで現在はM570tで対応してる様子
もしM570が壊れた人がいたら購入3年以内か確認をお薦めます
・故障時の対応
故障箇所の確認がありましたが簡単な説明ですんなり通りました
Amazonの納品書(レシート)や保証書等の確認もありましたが
Amazonの購入履歴のスクショで大丈夫でした、対応が素晴らしい
(ちなみに故障したM570自体は送らず処分すればいいとのこと)
連絡して3日ほどでクロネコヤマトで送られてきました(送料無料)
・M570tの仕様
パッケージと説明書を読む限り仕様は全く変わってないです
(Windows8に対応してます、MacはOS X10.5以降とのこと)
トラックボールに慣れてしまい他のマウスに移行しづらいので
こうやって長い間同じトラックボールが使えるのは安心ですね
なにげにアルカリ乾電池が中に入ってたのが地味に嬉しいです
・その他
実際に触ってみてもM570と違った感じはほとんど見当たらない
ちなみに中クリックは相変わらず重いです、ここは少し残念!
たしかにカチカチ音が大きくなったような感じはするんですが
壊してしまったM570はクリックが効かなくなったのが原因なので
(あとクリックがダブルに認識されたりするチャタリングなど)
クリック箇所が丈夫になったと思えば全然気にならない範囲です
トラックボールも以前と変わらず使いやすいので評価★5です!
・(追記)
値上げ等の価格について色々とレビューの方で書かれていますが
以前のM570も3500〜5000でしたよ、そんなに変わってないです
Amazonの価格変動が激しいのは前からなのでウォッチしましょう
3000円以下で買えたのは異常な円高の一時期のみで2980円でした
当時の価格と現在を比較するのはナンセンスではないでしょうか?
2コメント2件|109人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月16日
実は、M570は3台交換という、あり得ない程の脆いトラックボールでした
(1台目は、30日以内の左クリックのアーム折れ、2台目は1週間程度で左クリックのチャタリング)。

「本当にこの商品で大丈夫なのだろうか?」と不安を抱えながらの3台目。
しばらくは快適に使えていたのですが、結局は半年程で、またもや左クリックのチャタリング。

そして、M570→M570tへの交換。しかも、Logicoolさんに在庫がないということでおよそ1ヶ月待ち…。

いっそのこと返金して貰おうかと考えましたが、DTPでは欠かせないPhotoshopやIllustratorでのパス切りは、トラックボールに慣れてしまえば、マウスでは出来ない程の正確かつ俊敏さを達成してしまったので、交換待ちの間、しばらくは仕事能率のやや落ちるM510とM560で凌いでいました(両方のマウスの性能は決して悪くはないけれど、残念ながら求める用途としてはあまり適していない…)。

M570tの実機が届くまでは、此方のレビューでは「スイッチの劣化」「実質上の値上げ」等々、およそ期待の持てない物ばかり。

「で、実際の所はどうなのか?」 は届いて操作してみないことには、考証することは出来ません。

そして、不安を抱えつつも、待ち望んだ交換品が到着。実は、蓋を開けてみたらビックリの新事実ばかり!
はっきり言います。「M570」と「M570t」は全く同じ形をした別物です。しかも、殆どの問題点が解消されていました!!

【変更点1】
クリック音は大きくなったものの、これでアーム折れを起こしたら「どうゆう使い方をした?」とでも問い正したい適度な反発力。
初代M570のクリックが「ぷちぷち」としたら、M570tのクリックは「かちかち」になっていました。
これだけ内部のスイッチが強力になっていれば、そう簡単にはチャタリングは起こさないでしょう(実際に、現在は快適そのものです)。

【変更点2】
トラックボールのソールは、マウスだったら如何に滑らかに滑るか?の逆で
「如何に置き位置を保てるか?」
です。そこでまさかのゴムのソール変更!実際の所、初代M570ではあまりに置き位置が安定しなかったので、強粘性の両面テープと地震にも負けない防振材を組み合わせて固定させていましたが、M570tは「今迄の滑り防止の工夫は何だったのだろう?」な驚きの安定性です。

【変更点3】
初代M570は、ニッケル水素充電池を使った場合の電池残量表示が、実際とあまりにもかけ離れていたものでした。確かに、アルカリ乾電池の起電力とは0.3vの差があるので、それで完璧を求めるのは難しいものですが…eneloop proを満充電で入れても46~48日程度の表示しか出来ませんでした(但し、約3日で1日分が減り、32日を割り込んだらいつまでも減らない…という謎な仕様)。
ところがM570tでは、470日という十倍もの差がある表示に変わりました。なお、全く同じ個体のeneloop proを使っての数値差です。
アルカリ乾電池とほぼ同等の電池容量(しかも、自然放電はアルカリ乾電池より少ない)と考えたら、400日超の数字は誇大過ぎとしても、スペックの最大18ヶ月が事実であれば、後者の数値のほうが自然です(もっとも、発売から470日は経っていないので、完全な検証は出来ませんが…)。

【変更点4】
内部のボール支持セラミックの汚れが、初代M570よりも絡みづらく、かつ清拭しやすくなりました。
ボールの外し方・ボールの質が変更された訳ではありませんが、M570tの支持セラミックはほんの僅かに半径が大きくなり、よりボールが滑走しやすいものに変更されました。実際にボールも支持セラミックも球体なので、半径が僅かに大きくなった所で、あくまでも球:球なので接触面積は殆ど増えません。その代わりにメンテナンス性が良くなったのであれば、むしろ歓迎すべき事です。

スイッチがOMRON製→ノーブランドになって、「ブランド名がつかなくなったから劣化」とするのであれば、部品そのものの性能がどうこう以前に、日本人にありがちなブランド賛美の「ステレオタイプ」でしかありません。もし本気で製品比較をするのであれば、ブラックボックス化されたものをどう紐解けば良いのかが判らなくなる、それこそ「ユーザーの劣化」を食い止める事から始めなければならないのではないでしょうか?
2コメント2件|262人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)