車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア Androidアプリストア Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.830
5つ星のうち3.8
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年10月26日
この商品は以前から知っていたのですが、
「BDレコーダーは持っている。」
「TV側で録画した番組も " レグザリンクダビング " で、とりあえずBDレコーダーに移動し、ディスクに焼ける。」
「TVから本当にPC側のドライブにちゃんとダビング出来るのか?」
「 意外とめんどくさいのではないか?」
などなど、色々な理由から、今まで購入を拒んでいたのですが・・・。

購入後、直ぐにTV側で録画してある番組をネットワークダビングしてみました。
ネットワークダビングして感じたことは・・・、

「超〜便利!!」

この一言に尽きました。
もうひとつ付け加えると、無線で接続していますが、ダビング速度はBDレコーダーとあまり変わらないと思います。
電源供給用のアダプターも付属していますが、電源を供給しているPCなら、とくに必要ないみたいです。

もちろん、TVとPCがホームネットワークでつながっている、
または、つなぐ事が出来るというのが条件ですが、
その環境で・・・、

*外付けBDドライブを探している人。
*意外とディスクにTV番組を焼く事が多い人。
*PCは良く使うが、ダビングの際、レコーダーを起動させるのがめんどくさい人。
*そもそも、レコーダーを持っていない人。
のような人にオススメですが・・・、

デメリットとして、
どんなTVでも良いという訳ではないので、現在使用しているTVが対応しているかの確認が必要。
TV接続のHDDから直にディスクに焼く為、当然、CMカットなどの編集は出来ません。
それでも別に良いと思えば、購入の価値ありだと思います。

もちろん通常のPCドライブとしても使えます。
ブルーレイディスクを試聴するソフトも付属しています。

その他、
・オーサリングソフト(PC用の動画などをDVDやBD用に変換するソフト)
・ライティングソフト(上記、オーサリングしたものをディスクに焼いて、プレーヤーやレコーダーで試聴できるようにするソフト)
なども付属していますが、

何と言っても「DiXiM BD Burner 2013 for IO-DATA」というソフトで、
このソフトが [ TVのHDDからPCのドライブへダビング ] と言った作業を可能にします。

※ソフトは好きなものを単体でインストールする事が出来ます。

単体で「DiXiM BD Burner 2013」のみの購入も出来ますが、
このソフトだけで・・・、

・ダウンロード版 [約 6,600円] 2014/10/26 現在。
・パッケージ版 [約 12,000円] 現在は販売していません。

するので、そのソフトにドライブも付いてくると思えば、かなりお得だと思います。

※このソフトはデジオンから販売しているものなのですが、
  2014/12/31で販売を終了しています。

※2015/1/1現在、デジオン以外のところでは、まだDL版のみ販売をしているみたいですが、
 シリアルナンバーが無くなり次第終了するみたいなので、興味のある方は早めの購入をオススメします。

下記にダビング方法を明記しておきます。

1) ネットワークでTVとPCがつながっているか確認する。
2) PCにこのドライブを取り付ける。 ※もともとBDドライブが付いているPCなら取り付け不要。
3) ドライブにダビング可能なディスクをセットする。
4) DiXiM BD Burner 2013 for IO-DATAを起動させる。 ※この時ドライブの選択画面でディスクが入っているドライブを選択する。
5) TV側で録画番組を試聴する画面より、ダビング操作でこのソフトを選択する。
※このDiXiM BD Burner 2013 for IO-DATAをPCにインストールすると、TV側のダビング先でこのソフトが選択出来るようになります。
以上でPC側へダビングが出来ます。

最後に、DiXiM BD Burner 2013 for IO-DATAは、インストール時の設定で、
パブリックネットワークにもつなぐ事が出来るようになるみたいですが・・・、
メリットがよく分からない為、設定していません。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月14日
テレビの外付HDD内の録画番組をBDへダビングしたくて購入しました。
付属ソフトのDIXIM BD BURNER2013を使用。
結果、無事BDへダビング出来ました。
ダビングしたBDをBDレコーダーのDIGAで編集、ムーブバックなど色々出来ましたので満足です。

・5時間のテレビ番組(容量39.7GB、最高画質)
BD−RE DLへ2倍速で書き込み
ダビング所要時間は約1時間35分
転送速度は48〜56Mbps(ほとんど52Mbps)
念の為、ACアダプター使用

・2時間35分の洋画番組(容量19GB 最高画質)
BD−RE 25GBへ2倍速で書き込み
転送速度は同じく平均52Mbps
ダビング所要時間 約50分
ACアダプターは使用せず

当方の使用環境は以下になります。
テレビは東芝レグザ37ZP3
テレビの外付けHDD ロジテックLHD-EN2000U2W
ノートパソコン 東芝dynabook Satellite Win7 64Bit
Pentium P6100 2.00GHz メモリ2GB
ネット環境はADSL12M
ネットワークハブ バッファローLSW3−TX−5EPL
LANケーブルは10mや5mだったり色々です。

このドライブはMATSHITA BD−MLT UJ260AF 1.20でした。
パソコン内のデータをDVDへ10枚ほど焼いてますが、今の所エラーは一度もないです。

付属の再生ソフトWinDVDですが
DIGA(BW690)で作成のBDは再生出来てます。
(DIGAでの録画モードはDRからHLまでいずれも再生OK。スカパープレミアムを録画したBDも再生出来ました)
その際使用したメディアはパナソニック、TDK、ソニー、Victorなど。
特に問題なく、全てのBD−R、BD−RE、DLの再生が可能でした。

色々な商品と迷いましたが、付属ソフトとACアダプター付で選びました。買って良かったです。
故障した時などにまた追記します。
0コメント|23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月5日
ソフトウェアの動作にあたっては、ハードがHDCPに対応している必要があるので、割と新しいパソコンでのみ動作します。
そのため、購入にあたっては、動作環境をきちんと確認する必要があります。
当方では、東芝のREGZA-TVで録画した番組を記録するために購入しました。
単純にディスク化するには必要十分です。
パソコンを介するので、番組のCMカット編集などができそうですが、この製品は一切できません。
作業には、それなりに手がかかります。
①テレビ側で、容量(時間)を確認。
②パソコン側で、容量に見合ったディスク(DVD-R,BD-Rなど)をドライブにセット。
③パソコン側で、書き込み可能状態にする。
④テレビ側で、録画した番組を選択し、ダビング先にパソコンを選択する。
⑤ダビング状況がテレビに表示されるが、終わったことに対するアナウンスはなし。
 パソコン側にはログが表示されています。なお、容量が合わないと、エラーで停止します。(パソコン側に表示)
作成されたDVD、BDは一般的なプレイヤーで再生可能。
※ここまで読んで、やっぱりブルーレイレコかなぁと思った人は、レコが吉。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月3日
説明書の通り問題なく、接続完了できました。
BD再生も、ディスク挿入~再生が始まるまでスムーズです。
体感的な感想ですが、ディスク認識時間も専用機と同等か少し早いかもしれません。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月24日
パソコン内蔵のブルーレイディスクドライブが不調になり、購入店で相談した結果、安価で確実な方法として外付けドライブを購入することにしました。
特にDTCP-IPによりテレビのHDDからダビングする目的があり(今までも)検索した結果、BRP-UA6DM2にしました。
ただUSBが3でなかったことが不満だったのと、筐体のカバーがきゃしゃで、上から押さえたり物を乗せたりすると、ディスクの出し入れの時引っかかったりするのが頂けないです。もう少ししっかりしたカバーにして欲しかったです。
また、付属のUSBケーブルが短すぎて設置場所と接続ができず、別のケーブルを購入して使用しています。
読み書きについては満足しています。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月9日
DiXiM BD Burnerを用いた録画データのムーブ/コピーは簡単ですが、一番最初に
[フォーマット]ボタンを押してあらかじめディスクをフォーマットしておく必要があり、
ダビングガイドにもその点を書いてないので注意しましょう。

またiVDRハードディスクからのネットワーク転送をしたい場合、書き込み条件設定の
”自身のサイズを表すデータが含まれない場合でも、ディスク書き込みを行う”の
チェックが入っていないと何故か転送失敗メッセージが表示されるので、PC上で
iVDRハードディスク内の録画データ編集・BD保存を考えてる方は注意しましょう。

※上記設定をしても書き込み中はエラー表示しますが、処理が終わると正常終了に
 なります。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月6日
評判☆数も良く、価格も手ごろなLogitecの商品を購入し、NASNEの録画番組をコピー&MOVEしようとしたのですが上手く行
かず、半信半疑で、こちらに買替をしました。
インストールに何の問題もなく、DiXiM BD Burner 2013を起動すると、あとはマニュアル通りの操作でNASNEから録画番組の
MOVEができました。
出来上がったBDをPanasonicのDIGAで再生することもできましたし、添付ソフトのWinDVDでPC上での再生もできました。
ただしWinDVDはインストール済みの古いバージョンとの入れ替え(アンインストール&インストール)と起動直後にネット経由
でのアップデートは必要でした。
環境はNASNEは当然有線LANですが、ThinkPadは無線LANでの接続です。
動画の編集ソフト等他にも添付ソフトがあり、そちらの動作はまだ未確認ですが、当初の目的のNASNEの録画番組をBDに
移すことが可能となり、大満足です。
☆の数で購入を決めることがそれなりにあるのですが、☆数の多い商品が必ずしも自分のシステム環境と合致するとは限らない
のですね。この世界、難しいです。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月21日
ひかりTVで録画した物をBDへ書き出すために購入しました。結果的に何の問題もなく書き出しに成功しとても重宝しています。書き込み時はACアダプタを使わないと動作が安定しないのですが、これはこの製品が悪いのかうちのPCが悪いのかはわかりません。同じパソコンで他のUSBアクセサリ(外付けHDDやDVDドライブなども含む)は特に問題なく動いているのですが。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月6日
先ず構成ですが、外付HDD対応テレビ+ブルーレイHDDレコーダー+無線LAN環境です(テレビとレコーダーはブランド違いです)。私がやりたいことは、テレビに撮りためた番組をBR or DVDにコピーしたいです。テレビは妻と娘が、レコーダーには私が録画します。娘に録画した番組をDiscにできない?と言われて購入したのがこちらの商品です。結果は簡単にできますです。元データの録画ビットレートは何でもOKみたいです。ダビング10も対応してます。USBバスパワー駆動と謳ってありますが、USB2.0での書き込みは付属のACアダプターを使うことになります。
USB3.0はバスパワーで大丈夫です。テレビとレコーダーのブランドを合わせた方が良いということが分かりました。
安いレコーダーを購入した方が得かもしれません。でも、なかなか楽しい商品です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月13日
ブルーレイへの書き込みがとても遅い!上ソフトのバグ?なのか、インストールもスンナリ行かなかったし、書き込みも安定しない事がある!
企画が統一されておらず、企業の売る作戦が優先された為、まだ技術不足が見受けられる。
マイクロソフトwindowsも同様だが、I-Oも悪かろう安かろうになって(winは高いが)企業作戦が悪辣すぎる!
(道はそれるが、将来はLINUXが取って変わるだろう/セキュリティアップデートと嘘をついてPCを重たくする事だけは無いが、無料の為かある意味いい加減!?)
大企業でも消費者が買わなくなれば倒産するのは明白、反省してそれなりの商品を開発製造する必要がある(ピクセラ同様私は今後購入しない)
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)