Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年9月9日
初期のPRO TREKからの愛用者です。主に日帰り登山で使用しています。

このモデルで4台目ぐらいになりますが、代を重ねるごとに洗練されていますね。
今回センサーが大幅に良くなり、またスリム化されたということで購入。ほぼ10年ぶりに買い換えました。

以前のモデルと比べると大幅に薄く、デザインも普通っぽくなったというか、いかにもアウトドア!という
感じが薄れて、普段使いも出来そうなぐらいに小さく軽くなりました。
これはいいですね。腕に着けてても邪魔になる感じが軽減され、軽量化もありがたいです。

各ボタンの裏側には半分だけガードが付いており、手の甲で誤操作しにくいよう工夫されています。
ソフトウレタンバンドは柔らかくて着け心地がいいです。本体ケースとバンドの境目には小さいパッドのような
ものがあり、フィット感の向上と時計がクルクル廻らないよう配慮されています。

表面のベゼルと液晶面で十分な高低差をつけてあり(ベゼルに対して液晶面がかなり凹んでいる)液晶面への
傷つき防止に配慮してあります。

液晶の反射率も以前と比べると改善されており、高コントラストで見やすい。
数字の7セグメントも8セグメントになって(右下にドットが追加されている)数字の1・2・4・7が視認しやすくなっている。

電波時計の受信感度も格段に良くなっています。一昔前の電波時計とは比べ物になりません。
センサーの感度や精度も確かに1段階上のレベルに到達したと思えるものです。正直登山においては1m単位の
表示はそれ程必要性を感じませんが、精度が向上していることは素直にありがたいです。

次にソフトウエア面ですが、モードボタンが左下、値調整モードが左上長押し、値調整が右上と右下、というようにカシオ伝統の
操作性が継承されており、長年カシオを使ってきた身にはすんなり操作できます。
限られたボタンで多くの機能を直感的に操作できるよう、よく練られた操作系だと思います。

ただマニュアルを見てもかなり難解な印象を受けますが、実際に操作してみると意外と簡単です。
登山に行く前に使う機能を実際に動かして練習することをお勧めします。

登山記録モードというのがあり、14座分を記録できます。日時・最高高度・最低高度(その時間)・累積上昇高度・累積下降高度
が記録されます。
この登山記録モードを開始すると外周に60個あるドット(方位計測で使われるやつ)が経過時間とともに表示が増えていきます。
1個12分で1周12時間です。これは登山開始からの行動時間を瞬時に知ることができ、大変重宝します。
登山はだいたい行動時間に比例して疲労していきますので、客観的な疲労度の目安となります。
この機能、私にとってはかなり目玉機能とも言えるのですが、地味な機能なのであまり宣伝されていませんね。

登山記録モードでは上部のマトリクスに縦軸■1ドットで10m、横軸■1ドット2分で簡易的なグラフが表示され
どの程度のペースで登り下りしているかがわかります。
マトリクス全体で縦10ドット、横20ドットぐらいあります。つまり縦100m、横40分を表示できる、ということです。

日の出日の入りを指定日で表示する機能がありますが、これも登山においては大変有用な情報です。
都市だけでなく、緯度経度を設定することによりより細かく正確に計算してくれます。
この機能はモードボタン1回押しで最初に出てきます。タイマーやストップウオッチやアラームやデータリコールなど多くの
モードが存在する中で一番最初に日の出日の入りを表示するということからも、カシオがこの機能を重要と判断している
ことが見て取れます。

主に旧モデルからの進化点に重点をおいた個人的レビューでありますが、PRO TREKも歴史を重ね、もはや熟成の域に達して
います。
今回のセンサーバージョンアップでさらなる小型化と精度向上を実現し、日の出日の入り表示や行動時間の視覚化で登山を
サポートしてくれる完成度の高いギアとなりました。
時計として、アウトドアウオッチとしての基本的な性能を1段階レベルアップされたことに大変好感が持てますね。

昨今GPSウオッチが増えてきています。私も持っていますが、登山ではやはりバッテリーライフの問題と信頼性の不安から
PRO TREKが安心して持って行けます。バッテリー管理不要というのは安心ですし、長年PRO TREKを使用してきて
耐久性も不安がないです。

色々と事細かにレビューしてきましたが、最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
0コメント|128人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月26日
時計は、余計な表示がなくシンプルで、文字が大きいので本当に見やすいです。適度なゴツさと邪魔にならない適度なサイズもいい。登山で性能を確かめてみましたが、コンパスは山頂、中腹、登山口と誤差なくアナログのものと同じ方位を示していました。高度計は気圧から相対的に数値を算出するようですので、高度が表示されている登山口で高度補正をしたうえで使用しました(高度補正は簡単で、数秒でできます。ALTボタンで高度計モードにした後ADJUSTボタンを2秒押しで補正モードに。あとはCOMPボタンで高度を足すかALTボタンで引くだけです)。山頂や中腹など高度表示のある場所で確かめましたが、山頂では−3mの誤差、中腹では登りも下りも誤差なし、下った時の登山口の高度は−5mでした。多少の誤差はあるようですが、登り下りとも後何mかと瞬時に測定でき、後どれくらいかと把握することができました。これは使えます!
温度計を使う時は、時計を外し直射日光など当たらないところに1〜2分(説明書には20分と表記)置いて測りましたが、いつも使っている温度計と0.3℃の誤差範囲でした。
気圧計は、比較する機械を持っていないので確認はできていません。
Amazonで購入しましたが、届いた日はバッテリーがずっとMを表示しておりました。Hにならないと心配しておりましたが、翌日直射日光に少し当てますとHとなり、その後もずっとHを表示しています。店頭にあったわけでなくずっと箱に入っていたのですから当たり前ですよね。
余談ですが、私は登山時時計は右手につけています。ザックを背負う時や降ろす時、大体の人は右手から通すと思うのですが、左手につけていると腕を入れたり抜いたりする時、ザックに引っかかるからです。(慣れない左手からやると結構背負い辛いです)また、下山時突然尻餅をつくこともありますので、バンドを少し緩めにしています。余裕がないととっさに手をついた時、手首や時計自体を痛めてしまうからです。これから登山をされる方などご参考いただければと思います。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月8日
当方、手首回りが16cmの為ゴツめの時計が合わずプロトレックは服の上から付けていました。
しかしこのプロトレックはGショックとさほどサイズも変わらずしかも薄め、なおかつ軽量の為そのまま腕に付けても大きすぎず違和感なく普段使いができました。
液晶も最初は反転液晶を考えましたが、SUUNTOで視認性の悪さを痛感していましたので今回はノーマルを選びました。
正直、ノーマル液晶を選んで正解でした。無駄な表示が一切なく薄暗い場所でも表示が大きいのでライトを点けなくても確認出来ます。バッテリーの残表示なんかは、反転液晶では目を凝らさないと確認は難しそうでした。
手首が細くてプロトレックが欲しい方はこの商品をお勧めします!!!!!!!!
ソフトウレタンバンドをお湯に浸け程よい力で引っ張ると、わずかずつではありますが伸びて微調節が出来ます。(自己責任でお願いします)
ちなみにベルト穴は一番小さい場所から4つめで丁度良いです。
0コメント|54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年7月11日
大きさや機能には満足していますが、時報音をOFFにしていても、ALM等を設定すると時報音が勝手に鳴動する。
他の設定と関係なく時報音はOFF出来るべきです。
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ソーラーで電波対応なので、箱から出して腕に巻くと後はずっと使い続けられます。プロトレックのブランド力と相まって、この安心感は他では得がたいものです。
黒を基調にしたデザインは G-shock よりもシンプルで落ち着いた感じです。年齢やシーン(タキシードにはあまりお勧めしませんが)を選ばない大変スマートな時計と言えるでしょう。
樹脂ベルトは本体サイズにしてはやや細身ですが腕に良くフィットします。65gという軽さもあって装着感は大変快適です。
時計としての視認性は良好です。ただ、方位が旧タイプだと液晶全体に表示されていましたが、このモデルでは外周上のドットと数字に変わってやや見づらくなりました。
トリプルセンサーや様々な機能を載せてなお、スマートなデザインにまとめ上げるカシオの技術力には敬服します。

*一月半使った感想。
インドアでの仕様がほとんどですが、本体外周「つや消し黒」の部分、角の塗装が剥がれて下地のシルバーが少し顔を見せるようになりました。仕上げにやや難ありですが、剥がれも僅かなので、評価は変えずにしばらく様子を見ようと思います。その他の機能や装着感などに問題はありません。
0コメント|81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月6日
誕生日プレゼントとしていただきました。
元々は所謂高級時計に手を出そうかと考えていましたが野外での仕事が多く、キャンプが趣味ということもあり、雨や雪の影響や気軽さを考え、こちらにしました。
電波時計かつソーラー発電のため高額なメンテナンスが不要なのは自分に合っていると思います。

使用感としては多少の「腕時計つけてる感」を感じますがスリムになった恩恵もあり、邪魔な感じは特にありません。
時間が知りたいときに見るものとして、正確さ見易さを含めていい物であると思います。ライトの点灯やモードの使い分けには慣れが必要と思いますが変なクセはないため扱いやすそうです。

唯一残念だったのはベルトで、今のところ硬く感じます。今後こなれてくるといいなと思います。

総合的に考えていい物を頂いたと思います。これから大事に使用していきたいと思います。
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月12日
登山用にさらに小さくなったので使いやすくになりました
時計・アラーム・ストップウォッチと日常用に使ってもいいぐらいです
さらに方位を探すのには便利
ただ高位計を使用するときにその基準を合わせるのに
工夫がいる、改善が必要
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月26日
前のプロトレックはザックを背負う時に腕に紐が引っ掛かりましたが、本商品は一回り小さいのでそれが無くなり快適です。センサーの性能も格段に上がっている感じです。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月28日
時間を見るたび携帯を取り出すのは面倒だし壊してしまいそうだった。折角なので高度も見れる防水時計が欲しくなる。

・タフソーラーで電波時計。電池交換いらず、時計を合わせる必要もない。
山中で電池が切れる事を考えると落ちつかないので、この時点でプロトレックを考える。
・液晶は白と黒があり、実際に両方見たが山で使うなら白の方が見やすい。
・アナログかデジタルか。アナログかっこいい・・・しかし高いしリューズに難点があるようなのでデジタル。
・グレードで悩む。PRG-270だと横のボタンが大きい、腕が細いので5mmでも気になる。見た目のチープさが気になる範囲。電波時計じゃない。
3000の上のグレードはベゼルリングなど煩雑で余計な機能が付いて重くなってたりと、値段上昇の価値が感じられない。
無反射グラスは欲しいし、見た目は良いのだけれど。

というわけでPRW-30001JFを選ぶ。

実際に使ってみて高度計の正確さに驚く。一度合わせれば山中では±10m程、ぴったりの時もある。
地図読みの参考に十分。何となくの残り距離もわかる。
他レビューにもある通り自宅で棚に置いてある時は50m以上ズレるが、実際に使えばわかるはず。
方位を記録、簡易な登山データ記録ができ、タイマー、ストップウォッチと用途が多い。
樹脂バンドの時計を初めて買ったが、その締め心地の良さにも驚く。7歳のオス猫の肉球のようにソフトである。

満足。大きさや見た目を気にしないならPRG-270で良いと思う。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月6日
視認性・使い勝手共によく、軽量でフィット感もありストレスのない着け心地です。性能的にも特に不満もなく良い買い物が出来たと思います。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)