Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Amazon MasterCard SOS0501 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8108
5つ星のうち3.8
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年1月29日
少し悩んだ末、結果的に映すことが出来ました。画面は思ってたより綺麗で良かったです。
本題の画面の映し方ですが、これを初心者がやると結構苦労します。
(実際自分も悩んでいて、調べたらチェックし忘れの箇所があったのに気づきました)
なので自分なりに映し方を説明しようと思います。

1 HDMI変換機を差し込む前に映像出力の設定をする。
まずPS2を起動します。起動した最初の画面にあるシステム設定を押し少し探すとコンポーネント映像出力っていうのがあります。そこの設定をRGBからY Cb/Pb Cr/Prに変えて下さい。(これをしないとアマレコTVやキャプボなどの解像度の設定をしても映像が出ません。)

2 HDMI変換機を差し込む
RGB(3色コード)に差し込んでたところに変換機を差し込みます。次に付属されていたミニUSBを変換機に差し込めるところがあるので差し込みます。そして、PS2のコントローラーに近くにあるUSBの差込口に入れます。あとはHDMIケーブルをディスプレイなどに差し込んでください。

3 480i 480P 576iの解像度のどれかに対応してるか確認する。(アマレコTVでやる人は飛ばしても構いません)
テレビやディスプレイがこの解像度に対応してないと映らない可能性があるので説明書など読んで対応してるか確認してください。

4 アマレコTVに映す方法(ディスプレイで充分な人は見なくて大丈夫です)
この設定は480iの解像度を設定するときの説明ですので注意してください。
まず、アマレコTVの設定でフォーマット(解像度の設定)を
W=720のY=480のfps=59.94でYUY2のBit=16にして下さい。
これで、映ると思います。

これらの手順をやって、だめなら不良品やどこかミスをしているなどの可能性がありますので、商品を交換してもらうなどの処置したり、ネット調べるなどの方法をして下さい。
0コメント|108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月26日
S映像端子、D端子が無いTV(私が使用している機種はTOSHIBA REGZA 42J8)にPS2を接続するには通常コンポジット映像端子(従来の黄色い接続端子)しか接続方法が無く、この接続で「beatmania IIDX シリーズ」(音楽ゲーム)を遊んでみた所、非常に低画質で残像・遅延がひどく遊べたものではありませんでした。

音楽ゲームはわずかな遅延が命取りとなるので、アナログ信号をデジタル信号(HDMI)に変換するこのようなアダプタを介すると遅延してしまうのではないか...?という懸念がありましたが、物は試しと購入・・・「全く遅延を感じません」。
HDMI接続したTVのスピーカーから音声を出すとTV側の処理によって音ズレが発生しますが、このアダプタは3.5mmオーディオ出力があるので、PCスピーカーなどに接続して解決することができます。

このようなアダプタはTVとの相性が強いようで、また音楽ゲーム・格闘ゲームなどの遅延が命取りとなるゲームはTV側の処理など別の原因による遅延で満足できないことも多いようですが、私の環境では大満足の結果となりました。
review image review image
0コメント|50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月13日
PS2でHDMI出力できました。
ただ、
PS2でPS1用ゲームをプレイしようとしたら、
ゲーム起動直後から画面が映らなくなって、
音だけが聞こえてくる状態になり、少々焦りました。

なぜ、このような状態になってしまうのか、
ネットで検索してみると、すぐに理由がわかりました。
「 ps2 ps用ゲーム コンポーネント 240p 」 で、検索すれば出てくるかと思います。
Wikipedia の 「 PlayStation 2 」 のページにも普通に載ってました。(笑)
ちなみに、この商品は、
PS2のコンポジット(S端子)映像出力から、ではなく、
PS2のコンポーネント映像出力から、HDMI出力に変換するコンバーターになります。

あと、余談ですが、
エアリアの 「 SD-CSH1 」 という
コンポジット(S端子)出力からHDMI出力に変換するコンバーターを持っておりまして、
PS2用S端子ケーブルを使って、PS2とSD-CSH1を繋ぎ、
HDMI出力にて、PS2でPS1用ゲームをプレイすることができました。
こちらの場合ですと、手持ちのPS1用ゲームすべてプレイすることができました。
0コメント|30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月9日
商品説明や商品名にきっぱりPS1のソフトは使用出来ませんと書いてないので注意です。現在42型のプラズマVT3に使用しています(D端子付き)。しかし32型のREGZAS10のテレビに乗り換えますが最近の薄型テレビに多い、D端子と無いS端子が無いテレビです。(S10)

PS2用のD端子ケーブルでPS1もPS2もプレイ出来、今は使えるので良いのですが、今後、直でテレビとPS2本体でつなげられるのはコンポジットのみとなってしまいます・・・。そうなるとマトモな画質でプレイ出来ません。
そこでS端子付きのコンバーターでHDMIに変換してHDMIでつなげば遅延こそ少々あるもののまともにプレイできますが、PS2ソフトは若干画質の劣化を感じ易かったので、この商品を購入、直で付けているせいか、遅延は感じません。画質は直で付けたS端子よりも上で直で付けたD端子よりも下と言う感じです。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月11日
この製品はPS2を縦型に使用すると電源供給用のミニUSBケーブルに荷がかかることがありミニUSB端子が折れ曲がる事がある.
改良すべき点だと思う。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月26日
画面がチラつくと言うかフレームごとガタッと動く感じ
コンマ秒単位で電源が入切してる感じ
USBから電源供給する仕様に成っているので繋ぐUSB(メス)を変えたり、コードその物を変えたりしてみたが改善はしなかった
PS2のメスからPCのメスに挿す場所を変えたら大分改善したので電源供給系の問題なのは間違い無いと思う
まぁ値段相応って事ですかね。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月18日
AVアンプにコンポーネント接続で横縞のノイズ気になりこちらを購入しました。
輪郭がくっきりし、HDでも問題ありません。ただし、音声はアナログの変換になり、光端子が使えなくなりますので
注意が必要です。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月18日
ならないのですが、3色端子の時よりも鮮明に写り、ぼやけ感がなくなりました。
ちゃんと文字が読めるので感動しました。
正直なところモニタが対応してるならD端子でいいかな。
1コメント1件|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月16日
HDMIとは本来、映像と音声を一つにまとめたものですが、この製品のHDMI出力は映像のみのようです。
音声出力はアナログ音声出力になります。
うちのレグザ50Z9Xではテレビ側で音声をアナログ入力に設定しないと音声がでませんでした。

製品自体はコンパクトですが雑な作りです。PS2へ差し込んだところ、下に斜めに刺さりました。端子が曲がっているようです。
また、製品のHDMIとアナログ音声(イヤホンジャック)の端子穴が近すぎて、両方差し込むときにお互いに干渉します。わたしは強引に差し込みました。

以上、悪い点を書きましたが、製品が安く、画質も納得できるので☆4です。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月4日
PS2でゲームをやる時に使ってみました。

画面はHDMI接続なので綺麗だと思います。接続する端子があり、ヘッドホンを使えるのもいいと思います。
ただ、残念なのはPS1のゲームには対応していないので自分は買って後悔したところもあります。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)