Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame Androidアプリストア 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.195
5つ星のうち4.1
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年8月22日
製品については満足しています。
ただ、不満というか危なかったのがタイトルの件です。
この製品は汗による故障は無期限で保証しているようですが、その際に製品の登録が必要になります。
そして、その際に製品のシリアルを登録するのですが、パッケージにも製品本体にも書いてありませんでした。
そのシリアルは製品の包装か、イヤホンの固定に使われていたものかわかりませんが、透明テープにくっついていたバーコードに書いてありました。
私は最初気付かずに捨ててしまい、ゴミ箱をひっくり返すことになってしまいました。
普通はしないようなミスかもしれませんが、念のため、ということでレビューに書かせていただきました。
しつこいですが、製品自体はとても満足しています。
3コメント3件|288人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月1日
銀座のApple Storeで購入。

主に通勤用に使ってますが、部屋の掃除や風呂掃除の時などにも使ってます。スポーツジムでのランニング・マシーンでの運動時にも音楽聴きますがヘッドホンは借りることが多いのでJayBird BlueBuds X Bluetooth はあまり使ったことはないです。以下感想です。

■良い点
1) iphone操作しなくても音(volume)の制御や電源のon/offが出来る点。
2) ihpone5だと電池の残量が表示される点。
3) コードが太く頑丈。
コードの接触不良などで使えなくなることはなさそうな印象です。
4) 比較的音質が良い。
やっぱり(15000円程度で売ってる)コードの付いているヘッドホンと比較すると音は悪いと思います。しかしBluetoothでコードがないことを考慮に入れると十分合格点だと思います。ランニング時に足を地面に落とした時の衝動が音に伝わって聴いてる音楽のBPM(テンポ)と合わないと絶妙の気持ち悪さになり「聴く音楽変えようかな〜?」と感じる位、ランニング時に音楽に入り込めます(その位音質は悪くはないです。)。余談ですが、ランニング時に聴く音楽はボーカルが有る曲であまり早くない曲が良いかと思いました。(逆にBPM 130以上あるテクノやDrum&Baseとかはどうもダメだった)。

■悪い点
1) イヤーチップの調整が難しい
これは今だに苦労している部分です。通勤用とかあまりハードに運動しながら使うのでなければイヤーチップつけなくても大丈夫です。なのでランニングで使うのでなければあまり気にしなくても良いと思います。ランニング時はイヤーチップを付けないで音楽聴いてると耳の内側の汗(水分)が原因でヘッドホンがずれてくるので、イヤーチップは必須です。ランニング中心で使用を考えている人はこの点は一応気に留めて置いた方が良いと思います。

2) たまに音飛びがする
自分は良く通勤用に使ってますが、音楽プレーヤーでもあるiphone5を手さげの通勤用バッグの中に置いて歩くと音飛びが発生することがあります。なので最近はシャツのポケットの中にiphone5を置いておくか手に持って音楽を聴いてることが多いです。
3)

ちょっと値段高いですが、苦行を強いる作業を行っている時に音楽で気分をまぎわらせたい時には重宝すると思います。ヘビーデューティーな仕様で音もそこそこ良く、USトライアスロン協会のオフィシャルトレーニングヘッドフォンにもなってるだけのことはあると実感できると思います。
0コメント|59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ランニング歴数年。音楽を聴きながら走る。ワイヤレスイヤホンで走る。本当に快適です。
今では走るときだけでなく通勤時も愛用しています。
そんな私が1台目に選んだのはDENONのAH-W150。かれこれ2年は使いました。
そして今回、本品をたまたまネットで見つけ、高評価が気になり購入しました。

音質等の細かい部分は他の方のレビューのとおりなので、私は、ずばりAH-W150と比較したいと思います。

【音質】
本品に軍配。AH-W150で聴こえなかった音を捉えています。
価格の差が音の差としてしっかり出ています。この違いが実感できる時点で「買って満足」でした。
当然、高級イヤホンには及びませんが、走りながら聴く、通勤時等で動きながら喧噪の中で聴く分には十分なパフォーマンスです。

【コードの違い】
本品はシュア掛けで使用しています。本品をシュア掛けするとコードの長さは調整することによって必要最小限に収まります。スマートかつ安定し、運動時には本当にイヤホンをしていることを忘れるレベル。コードが弛まないというのは実に快適です。
ただし、通勤時の話ですが、コートなど襟の長い服を着ると、後頭部を回っているコードと襟が干渉し、若干ストレスです。
一方AH-W150は、少し固めの伸縮不能の硬いタイプで、コードは後頭部を回りますが宙に浮いています。このため見た目は気になりますが、前述したストレスはありません。
運動時の快適性はシュア掛けの本品に軍配。通勤時など通常の服装の時の快適性はAH-W150に軍配って感じです。

【Bluetooth接続性】
本品に軍配。AH-W150については酷評する方もいますが、私は、通勤時は通勤バッグ内にプレーヤーを入れ、運動時はアームバンド内にプレーヤーを入れていましたが、それほどひどくはありませんでした。
ただし、AH-W150はプレーヤーの位置を少し気にかけないと、場合によってはブツ切りが醜くなります(アームバンドを右腕にするか左腕にするか。通勤バッグをどっちの手で持つかなど)。
AH-W150の方が弱いのだと思います。
本品は全く切れないかというとそうではありませんが、滅多に起きませんし、手の届く範囲内ではプレーヤーの位置を気にすることは皆無です。

【耳に差したときの安定性】
残念ながらAH-W150に軍配。
本品は抜けやすいです。いろいろ試しながら、左耳、右耳では同じ大きさではないなど新たな発見をさせてもらいながらも、いまだにベストの大きさが決まりません。私の場合、右耳が抜けやすく、気にしていましたが、日によっては左耳も抜けやすい。
唯一、運動時は汗の影響と気持ちが運動に集中しているからだと思いますが、不思議と安定します(まったく抜けないわけでもありませんが)。
AH-W150はゴムの性能でしょうか。このあたりのストレスは皆無。「ズボッ」と耳に差して終わりです。

【見た目】
本品に軍配。
AH-W150は、見た目どおり耳に引っ掛ける部分が大きく、前述のとおりコードが宙に浮きます。
「Bluetoothイヤホンしています!」という主張が若干強め。
本品は本当にスマートです。
ただし、仕方ないことですが、他の普通のイヤホンと比べれば本品はまだ少し大きい。
あくまで比較した場合の評価です。

【価格】
AH-W150の方が安い。価格も手頃なくらいに下落してきました。
ただし、コスパでいくと「良い音」「運動時の快適性'」「見た目」を重視するなら、本品を買った方が満足感が高いと思います。
とりあえずお試しでという程度であればAH-W150でも十分ですが。

【バッテリー】
表示性能ではなく、実感ですが、両方一緒です。iPhone画面上で残量を視覚的に確認できる点も一緒です。
大きな違いはありません。

【その他】
ハードポーチが本品には付属。ハードシェルタイプで高級感あり。
AH-W150の方はナイロン製のソフトタイプでアウトドア感が強いタイプ。
好みでどちらでも。

比較は以上です。
私にとってBluetoothイヤホンは外で音楽を聴く分には欠かせません。
そんな中、代表的な2機種を比較しました。
参考になればと思います。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月23日
月200km以上走ります。ワイヤレスでハードなランに耐えられ、それなりの音質を求めた結果、本製品にたどり着きました。
耳の穴に入れる半球型の「イヤチップ」と、耳の渦巻きのくぼみに〈羽〉の先を差し込む「イヤクッション」の両方で固定する「インイヤ型」で、それぞれS/M/Lの3種類付属しています。多くの方のレビューを見ると「Lサイズは日本人には大きすぎる」とありますが、私の場合、「イヤチップ」も「イヤクッション」もLでちょうどいいぐらいでした。

装着の仕方は2種類あります。コードを耳から下に垂らす「アンダーイヤ」スタイルは2〜3kmを走ったぐらいで簡単に外れてしまいました。そこで、コードを左右の耳の上から回して後頭部で締め込む「オーバーイヤ」スタイルで試したところ、どうにか大丈夫でした。それでも、7、8kmも走っていると振動と汗でチップが緩んできて、以後、ひんぱんにフィット感を調整しながらしながら走り続けなければなりませんでした。

そんな不満から「イヤチップ」をComply社製のTx-500(もちろんLサイズ)に変えてみました。すると、フィット感は抜群によくなり、難点だった中音域のチャラチャラした感じも低音域の弱さも解消されました。アフリカなどのワールド・ミュージック、ファンク、ラテン音楽など、複雑なリズムと力強いビートの音楽を聴きながら走る私にとってマストのアイテムです。

先日、この組み合わせでフルマラソンのレースに挑みました。
ペアリングしたiPod nano第7世代を、防汗対策として薬が入る程度の小さなジップ付きポリ袋に入れ、これをウェストポーチに入れて、約4時間走り続けました。「オーバーイヤ」での装着でしたが、スポーツサングラスの太いテンプルと干渉せず、一瞬ノイズが入った点を除けば、ストレスなく完走できました。また、レースの時間とその前後の約3時間の計約7時間、バッテリーチャージせずに問題なく使えました。

ただ、「オーバーイヤ」だとコントローラーが耳の後ろの首筋あたりに来るので、走りながらの音量の調整や入切といったシンプルな操作さえ面倒です。(私は使っていませんが)iPhoneでの通話操作にいたってはあきらめたほうがいいと気がします。

最後に困っていること。
それは子機(BlueBuds X)の電源を入れても親機(iPod nano)とつながらないことが時々あることです。こうした事例はiPhoneでも報告されているようで、その時は親機側のBluetoothの設定画面でBlueBuds Xとのペアリングをいったん解除してからリトライするとつながりやすいみたいです。

私はよりによって、レースのスタート20分前にスタート場所でその憂き目に遭いました。スタート5分前になってようやくつながった時は神様に感謝したい気持ちでした。普段のランニングの時でもたまにつながらなかったり、ノイズが入ることがあります。プロファイルの互換性の問題なのか、親機側の問題なのか、原因はわかりませんが、この不安定性をなんとかしてもらいたいところです。
0コメント|35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月19日
今までSONYのBluetoothヘッドフォンMDR-1RBT(定価4万チョイ、購入時は2万5千くらい)を主に使用してましたが、さすが値段の程はあると満足してました。
ただヘッドフォンだと大きいし、外出用にボックスレスでもっとコンパクトなそこそこ音の良いBluetoothイヤホンは無いものかと探したところ、行き着いたのがこの『JayBird BlueBuds X』。
MDR-1RBTとは音質が若干異なる感じはしますが、こっちはこっちで大満足です。そこそこどころか全然良い。低音もしっかり響いてくれます。第3世代iPodtouchで聞いてますが、ズボンポケットではもちろん音切れなし。iPodを机に置いたまま家の外に出ても10mくらいまでなら全く音切れの心配なし。1Fから2Fに移動しても問題なし。
付属のイヤホンチップでも全然満足なのですが、ComplyのTx-500かTs-500に変えるとより密閉感が増し音質が良くなるとのことなので、自分はTs-500を昨日注文してみました。届くのが楽しみです。
とにかく超オススメです。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月6日
高額の部類に入るであろうカナル型のワイヤレスイヤホン。購入するのに非常に迷いました。しかし、この系統では珍しく8時間継続再生と、重さも許容範囲内、そして防水保障もあるので購入に踏み切りました。
結果から言うと、音質GOOD、耐久性GOOD、付け心地BADでした。純正のイヤーピースでは私の耳にはあいませんでした。ジムで走っているときに使うと、重みで耳から外れてしまいました。
仕方なく、低反発のイヤーピースの購入を検討し、ビクター製のEP-FX4-B交換用低反発イヤーピース(4個入り450円程度)を購入しました。半ば強引に取り付けをしましたが、取り付けはOKです。最初に小さくして耳に押し込み、しばらくすると耳の中で膨らみうまくフィットしてくれました。
このほかに、予備としてコンプライのT500(G4楽天市場店で(ばら売り 298円 税別×4個)を購入して使いましたが、ビクター製のもので十分対応できると思います。

イヤーピースを付け替えてからは、とても快適、重みを支える三日月形のカバーをつけなくても対応できるようになりました。とても快適です。短時間の再生時間で良く、すぐに充電するとという方は、BCジャパンやプレネックスのワイヤレスイヤホンの方をお勧めします。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月23日
今のところこれが一番良い。通勤用で別に音にもこだわらないし意外に電池の持ちも良いし。以前使っていたやつはボタンが誤作動?を繰り返すようになって買い直したけど又壊れなければ良いなあ・・・・。それでも買い直すくらい気に入っている。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月6日
購入当初から音に対しては最高に満足してました。
bluetooth系でヘッドホンを購入したことはありましたが、
こんなに低音に迫力のあるサウンドは楽しめませんでした。
ただ当初は装着感がイマイチだと思っていました。
この値段でこれはショックと思っていたのですが、
今はとてもフィットする位置を見つけて走っていても全く取れません。
あくまで私の場合ですが、耳につけて後ろに回転させると良いみたいです。
正直オークションに出そうと思っていましたが、思いとどまって良かったです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月11日
主な仕様は通勤時、ランニングやジムでの使用。

充電は思った以上に持ちます。
そもそも昔のブルートゥース機器に比べて待機時の電力消費がかなり軽減されている。
そのため一日繋ぎっぱなしでも、実際に音楽再生等してなければほとんど減らない。
あまり充電も気にせず、2〜3日に一度昼休みに充電する程度。

ランニング使用時、大きさも小さいため風切音はほぼ無い。
コードのかすれる音が全くなくなったためかなり快適。

頭の後ろにコードが通る、後ろがけで使ってます。
説明書だと左右逆にして使えと書いてあるが、ステレオが逆になるのが嫌で無視。
音楽はともかく、通勤時は映画や動画をスマホで見ますので音逆はありえない。
多少耳に入れづらさはあるが、慣れる範囲です。自分は一段階イヤピース小さいのでしっくりきました。
フィット感で音質がどうこうっていうのを気にするかどうかの話ですね。

防水性について。
一度ポケットにこれを入れたまま洗濯機に…
乾かして再生したところ、今のところ問題無いです。
絶対に真似しないでください…
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月16日
今まで、カナル型のイヤホンで自分に合った物に出会ったことがなかったので、この何年かは、ソニーの耳掛け式で開放型のbluetoothイヤホンを使ってました。時代に合わないデザイン(耳の大きさくらいの丸型)と汗メンテできないなどから、買い替えを検討していたところ、イヤパッドに根拠のない一目惚れをして、本機を購入しました。
で、所感を以下に
〈フィット感〉
・取説通りアンダーイヤーでパッドとクッションのサイズ決めをしてしばらく使用
→歩いていると少しずつずれてくるが落ちるほどでなく、一応合格点はつけられる。
・取説通りオーバーイヤーに挑戦
→驚くほどにずれることがなく、横断歩道で全力で走ってもずれません。
・取説にもあるようにアンダーで慎重にサイズ決めをしてからオーバーに転換することで、最高のフィット感を得ることができます。
〈音質〉
・アンダーイヤーだと若干低音が弱かったですが、オーバイヤーにしたら密着性が増して低音も良く出るようになりました。
・Bluetoothなので期待をしていなかったのですが、この値段のイヤホンとして十分な良い音を出します。
・静かな部屋で聞くとわかりますが、Bluetooth特有のホワイトノイズがほとんどありません。
〈携帯性ほか〉
・オーバーイヤーにすると線を束ねて短くできるので、なくしてしまいそうなほどコンパクトになります。ケース付きの理由が後からわかりました。とにかく紛失注意です!
・オーバーイヤーにすると線が髪の毛の黒と同化するので、本当に目立ちません。
・唯一の欠点はオーバーイヤーの時、音が左右逆になってしまいます。この点については、ある音楽再生アプリの開発会社にソフトウエア的に左右の音を反転させられるよう機能追加を要望しています。要望を受け入れてもらえるとうれしいなあ!

以上、長文になりましたが、値段の価値は十分にあると思います!!
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)