Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
25
5つ星のうち4.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年8月25日
付属品は無いに等しいですが、PCやネットワークの十分な知識があれば、セットアップは容易です。

■付属品について■
冒頭で書いたとおり、無いに等しいです。
マニュアルやドライバCDすら付属しませんが、すぐにアップデートでゴミになるものですから、私は大歓迎です。

■マニュアルについて■
メーカーから一応マニュアルをダウンロードできますが、英語のみです。

■TS-221との違い■
黒くて高価なTS-221というモデルがありますが、TS-220は、TS-221の廉価版のようです。
具体的には、HDDベイや本体カバーが金属からプラスチックになっていたり、
CPUのクロックがやや低い、メモリ容量が半分、といった違いがあります。

■ドライブについて■
基本的にQNAPのNASには、ドライブは付属しません。
ドライブ搭載の手間がかかる一方で、好きなメーカーの、好きな銘柄のドライブを搭載できますので、こだわりのある人には嬉しいところ。

3.5インチドライブのほか、2.5インチドライブもマウンタレスで搭載できます。
もちろんSSDも搭載可能。
使用できるドライブは、メーカーホームページで推奨品が公開されています。

私は、推奨リストには掲載されてませんが、Intel SSD 330 2台で使用しています。
まったく問題なく動いてます。

■ドライブ取り付け時の注意■
ドライブを取り付ける際、ドライブベイのレバーを完全に開いた状態で、押しこんでください。
レバーが倒れた状態では、差し込めない構造です。

■セットアップ手順■
最初に起動したら、ファームウェアのインストールが必要になります。
といっても、パソコンのブラウザからアクセスし、画面の指示に従うだけです。

TS-220のIPアドレスがわからない場合、ネットワークスキャンのツールで探してください。

■設定が終了して■
バッファローのLinkStation(2007年製)および、I-O DATAのNAS(2009年製)からの乗り換えですが、圧倒的に快適になりました。
廉価モデルでありながら、動作が非常に軽快で、ブラウザから各種設定を行っていても、待ち時間がほとんどなく作業できます。
今までは、設定を読み込むだけで10秒以上待たされたので、大きな進歩です。

ドライブをSSDにしたこともあり、室温31でもシステム温度は41度程度と、かなり冷えます。
(HDD搭載時は、もっと高温になると思われます)

各種操作ができる管理ページは、スマホのような設定画面でわかりやすいです。
ハイアマ〜プロ用の製品ということもあり、設定項目も圧倒的に多く、きめ細かい設定が可能です。
ただしAjaxにて構成されているので、古い非力なパソコンだと、かなり重く感じるでしょう。

■セキュリティ設定■
家庭向けのNASとちがい、セキュリティ面がかなり強化されています。
デフォルト設定では、共有フォルダへのアクセスにはユーザー認証が必要になります。

セットアップ中に入力したパスワードは、すべての機能を操作できます。
このアカウントで、共有フォルダへアクセスするのは、セキュリティ上危険。
共有フォルダアクセス用のアカウントを作成することを、オススメします。

設定によっては、家庭向けNASのように、ざる設定にすることも可能。
0コメント| 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月5日
私はファイルサーバーとして使っていたWindows Serverが古くなり、そろそろ危なくなってきましたので、このNASにしてみました。
なんでこの機種を選定したかは、HDDを自分で選んでセットするタイプだったからです。
それとバックアップのバックアップ用に外付けHDDが取り付けられるからです。
私はRAIDコントローラの故障で復旧に苦労したことがありましたので、この外付けHDDが取り付けられることが必須でした。

取り付けたHDDはWDの赤の2TBを二発です。
セットアップ後の初期容量はRAID-1構成ですので
使用済サイズ:813.45MiB
空きサイズ:1.79TiB
となりました。

これで、このNASに大量のファイルを送り込んでいる時のHDD温度は40℃(室温29℃の時)です。
実は、この機種はHDDホルダがプラスチックで放熱に少し不安があり、ホルダが金属だという、この上位機種のTS-221と迷いました。
この稼働温度ならTS-220でも問題なさそうです。
HDDのS.M.A.R.T情報も簡単に確認でき、交換時期の判断も出来るので安心感があります。

ところで動作音が静かすぎるので確認すると上記の状態でFANの音がしていませんでした。
システム温度が40℃未満であったためにスマートファン機能により超低速だった様です。
心配になりスマートファンの動作温度設定を下げたところ、すぐにファンが動き出して、システム温度もみるみる下がりました。下がり過ぎも良くありませんので、HDDが40℃程度を維持できる設定が良いと思われます。
私の設置場所は作業机から離れていますので、静音よりもHDDに少しでも長生きしてほしい事から、この設定で使うことにしました。

その他にHDDスタンバイモードをオフ(HDD寿命を長くする為),ユーザー登録,自動時刻合わせ,IPアドレス固定,WOL有効化,SMTPメール通知 等々も行いましたが、Windows Serverを触るより簡単でした。
但し用語くらいは理解していないと難しいのかもしれません。
ところで私が参照した段階では取説のサイトは言語が選べて日本語もありました。でも翻訳ミスでちょっと変なところはありますが 笑);

■追伸
YAMAHAのRTX1100というルータを利用しているのですが、ログを見ると「ICMP source quench」というアクセスがこのQNAP向けに、不特定多数の外部IPアドレスから来ていることが解りました。
QNAPのどのソフトが問題なのかを調べるのは後ほどとして、緊急策として、QNAPのネットワーク設定で、QNAPから外にはパケットが出て行けないように存在しないダミーのデフォルトゲートウェイを設定しました。
これで「ICMP source quench」という不正アクセスはなくなりました。自動時刻合わせは機能しなくなりますが、問題が特定できるまでは外部と遮断することを優先しました。
  ↓↓↓
Download Centerのサービスを停止させることで解消しました。
この機能の詳細は理解していないが、不特定多数の外部IPアドレスとアクセスが発生しているというのが気持ち悪い。
このダウンロード機能は使うつもりもないので停止です。
0コメント| 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月27日
今までバッファローのNASを使っていましたが、RAID1を組むことと、外からの使い勝手やレスポンスを考慮してこの商品を選びました。
設定も簡単で、わかりやすい管理画面。
自由度も非常に高く、価格に見合った良い製品です。
外出先から大量の写真をFTPでアップロードしたり、iPhoneの写真や動画を自動アップロードできるので、各端末の容量を気にしなくて済みます。
現在WD Red 4.0TBを2枚入れて使ってますが、容量がいっぱいになったらもう一台買いたいです。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月4日
性能的には素晴らしい。
設定のためのインターフェイスの出来もよく、快適に扱える。

でも、NAS や RAID 、ネットワーク管理などの知識が不要なわけではない。
ヘルプは充実しているが、知識の教育まではしてくれない。

じゃぁ、知識が無い人では使えないのか? といえば、そんなこともない。
初期設定のまま使っていれば、普通の NAS として十分使えるし、それだけでも高機能。

問題は、設定項目をうっかり見てしまったとき。

膨大な機能が眠っていて、チェックひとつでいつでも動き出す。
知識がある人ならば、どの機能を使うのが「危険」かもわかるだろうけど、知らずに手を出せば調子が悪くなる可能性もある。
(実際、危険を承知で性能を上げるオプションなども多数ある)

判っている人にとっては、設定項目は宝の山だろう。
正しい設定ができれば、あなたの思い通りの NAS になる。

接続形式だって、SMB、AFP、NFSは当然、FTP/SFTP/TFTPや、WEBブラウザでのアクセスだってある。
どこからでもデータを出し入れできる。

データを預かるだけでなく、スマホで気軽に家族のお思いでビデオを見られるように、動画形式を変換しておいてくれたりもする。
写真をスライドショー形式で Chromecast してくれたりもする。

機能が足りなければ追加できるし、究極的にはSSHでシェルログインして自由にできる。中身はただの Linux マシンだ。

完全に初心者のつもりで、初期設定のまま NAS として使うか、すでに知識があって Linux が使える人にはお勧め。
よくわからないのにパソコンの設定を変えて喜ぶような、中途半端な人が手を出すとヤケドするかもしれない。

もちろん、ヤケドしながら勉強して、ステップアップを目指すのも楽しいだろう。
ただのデータストレージではない、楽しめる NAS がここにある。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月21日
これに、WD Red 3.5inch IntelliPower 3.0TB 2台を装着して、オーディオ用NASとして使ってます。
付属取説は、紙一枚、Go to the Websiteとしか書いてありませんが、サイトでは日本語で懇切丁寧に説明してあり、
迷うことはありません。
今のところ、普通の使用状況で、音も静か、特別な使い方はしてませんので、何の問題も無く、順調です。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月5日
家庭用NASとしての使い勝手や、パフォーマンスには不満はないが、とにかくリアにある冷却ファンが異常に五月蠅い。
1ベイのTS-121に使われている50mmPWMファン(内臓HDDの回転音よりは小さい=そのためシステム内部温度は高め)と比べても、70mmのTS-220のファンの音は尋常でなく(=システム内部温度は低め)、ハードディスクが一定時間アクセスがないと回転停止する間でも、冷却ファンが回り続けており、騒音レベルがほとんど変わらない。ファンの回転数および騒音とトレードオフにシステムおよびHDDの冷却能力が得られるとはいえ、電源を落としてはじめて自分の部屋の静寂さに、ビックリする。納戸か天井裏に押しやるか、とにかく同居は無理。

安価なTS-220が魅力的なのは確かだが、はっきり言って、この騒音は家庭で使うレベルではない。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月22日
値段と機能を考えたら、良くできている製品だと思います。
ファンが回っていますが、耳障りな音質ではありませんし、音の大きさも小さいためほとんど気になりません。
安定すれば、データ転送のパフォーマンスもそこそこいいですね。

システム状況を、iOSやAndroidアプリから確認できるのは非常に良い部分です。

私はMacとのファイル共有で使っていますが、安定化させるのにちょっと苦労しました。というか、未だ完全な安定には至っていませんし、それを解決するための情報がありません。

製品を購入したら、まずファームウェアが最新のものかどうか、確認しましょう。わたしはまずここで躓きました。最新のOSXに対応させるためには、新しいファームウェアが必要でした。

また、理由はわかりませんが、QNAPが「Filesystem is not clean.」というエラーを吐き始めたので、QNAPのシステム設定からファイルシステムの再構築をしました。ここまできてかなりの安定感が出てきました。

しかしそれでも、共有フォルダへのFinderからのドラッグアンドドロップコピーで、突然通信が途絶えるという現象が頻発して、使い物にならない状況が続いています。

現状どうしているかというと、Cabon Copy Cloner(CCC)というクローンアプリでデータをコピーしています。なぜだかこれだととても安定しています。CCCを使ったコピーでは、とてもよいパフォーマンスを見せてくれます。これがQNAP本来の性能なんでしょう。

もう一点。Time Machineのボリュームとして使いたかったんですが、これも不安定です。Time Machineのディスクイメージが頻繁に壊れます。この症状についてはネット上に散見されますね。壊れると1からバックアップの取り直しになるので、何のためのバックアップかわからなくなります。Time Machineとして使いたいなら、素直にTime Capsuleを買ったほうが簡単でシアワセになれるかもしれません。

これが私の環境だけの問題ならいいんですけどね。ファイル共有以外の機能をまったく試していないので、ここでは評価しません。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月21日
今まで、パソコンにてRAIDを組みデータの保存を行っておりましたが、
パソコンが壊れた場合のデータの取り出しやデータの共有等を考えると、
今回、NAS環境を構築しておくことが一番かと考え、自宅に本商品のNASを購入しました。
個人的に設定等がまだ完了していない部分がありますが、問題なく使用できています。

TS-220とTS-221で迷いましたが、本商品にWD Red 2.0Tを2枚組み使用しています。
QNAPですから気持ち的にも安心です。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
今までWindows Home Server 2011のNASを使用していましたが
筐体サイズが大きすぎるのと、ハードウェアの1ドライブの容量制限があったので
こちらの商品をWD Red 4TB×2 RAID1で運用を始めました。

有線GIgabit環境でThinkpad E440に東芝のハイブリッドHDDに1ファイルで
容量の大きなファイルをコピーすると平均50MB/secほど出るので快適ですね。

筐体に大きなファンが搭載されているので、TS-220自体の騒音も気になりません。

QNAPのWeb管理画面のQTSですが、Mac OSのようなGUIで視覚的にもわかりやすい。

スマホ向けに様々なアプリもリリースされており、ちょっとした操作を出来るのは便利ですね。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月3日
2年前に買ったBuffaloのNASが変な音を出し始めたので、意を決して年末に購入しました。
TS220+WD(Redの3TB)2本で4万円強(税別)の出費ですが、値段相応の価値はあります。
Buffaloから移行すると、NAS設定のしやすさに驚き、設定時のレスポンスに感動します。
このあたりは他のレビューにある通りです。

<初期設定について>

箱を開けると、ペラペラの紙に Http://Start.qnap.com にアクセスしてインストールしてくださいと書いてあります。
それに従ってHPにアクセスすると、2種類のインストール方法が示されます。

 A. Cloud Installation ⇒ QNAPのクラウド環境を使わせるべく、クラウドIDの登録を強く要求される。
 B. Local Installation ⇒ QFinderという専用ソフトをPCにダウンロードする必要がある。

自分は、クラウドを利用する気がないし、専用ソフトのインストールもしたくなかったので、以下の方法で初期設定しました。

1) TS220に割り振られたIPアドレスを確認
2) Webブラウザーから、そのIPアドレスを打つ
3) 管理画面が現れるので、そこから初期設定

多分、この方法が一番スマートな方法だと思いますが、これがペラペラの紙に書いてないのは、QNAPのクラウド戦略なのでしょう。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)