Androidアプリストア Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.439
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

VINEメンバー2013年12月9日
GR Digital 3を使用していましたが、使用する出番が徐々に減っていました。
スマホ(iPhone)カメラの画質向上がめざましく、わざわざGRD3を引っ張りだす場面が少なくなってきたからです。
もちろん画質はGRD3の方が上を行きますが、スマホだけで済む利便性にかなうほどのアドバンテージが無かったのです。

ミラーレス一眼へ移行することも検討しました。
しかし、レンズを含めたサイズが大き過ぎることや、レンズキャップの取り外しが面倒くさいことがネックとなり、二の足を踏んでいました。

そんな折、このGRが登場しました。
GRD3とさして変わらないサイズの中に、デジイチ並のAPS-Cセンサーを搭載しているのです。
これなら行けるかも...と思いつつ乗り換えてみました。

APS-Cの大きなセンサーを活用した美しいボケ。暗いところでの高感度撮影。
スマホカメラでは望んでも得られない絵を切り取れる上に、コンパクトサイズはそのままなので取り回しがラクラク。

そうそう!やっぱりGRはこうでなくっちゃ!
使うたびにニンマリする自分がいます。
そして、GRを持ち運ぶ場面が増え、出番も復活しました!

よいところ:
・APS-Cセンサー&GRレンズによる美しい画質
・レンズキャップ不要の手軽さ
・GRD3とさして変わらないコンパクトサイズ
・右手だけで完結する使いやすい操作体系
・GRD3に比べてレンズの出し入れが高速化し、素早く撮影が可能
・GRD3と同じ充電池&充電器が流用可能
・持ちやすいグリップ、マグネシウムボディの高い質感
・ズームを排除した潔さ

わるいところ:
・センサーサイズの大型化の影響で電池の持ちが悪化したこと(でも1日は持つ!)
・GRD4で搭載された手ぶれ補正が無くなったこと(ビシッと脇を閉めればOK!)
・ちょっと高い価格

とても良く手に馴染む、実に「愛らしい」カメラですね。
GRDの初代から使っていますが、更にGRが好きになりました!
0コメント|129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月16日
手ぶれ補正もないです。
ズームもないです。

とことん画質にこだわって造られたのがわかります。
一眼レフのサブ機として十分過ぎる仕事をしてくれます。
ズームがないですが画質が良いのでトリミング耐性も十分です。
なのでズームがないことにそれほど不便を感じたことはありません。

ヘタなミラーレスより遥かにいい仕事をしてくれます。
0コメント|30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月1日
ネットの評判だけで現物も見ずに購入しましたが、非常に満足しています。街を歩きながら、ちょっと気に入ったものを撮ったり、仕事で必要なシーンの撮影もそれなりに使える仕上がりになるし。コンデジとしては少し大きく感じますが、それでもカバー無しならGパンのポケットにも入ります。久しぶりにカメラが楽しくなりました。
0コメント|60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
スナップシューターの最強といったらフルサイズセンサー&ツァイスレンズを搭載したSony RX1Rでは?とご指摘も受けそうですが、個人的には町歩きカメラにはバランスが重要だと思います。
*機動性(収納しやすい形状、大きさ、重さ)
*安定性(構えたときの持ちやすさ)
*スピード(起動やオートフォーカスの速さ)
*画質(センサーサイズや技術的な工夫)
それらの全てを兼ね備えているのがGRです!

これまでGRは2、3の2台を使用し、今はX-Pro1を使っているのですが、甲斐性もなければマメさもないので何台ものカメラを同時にケアできずGRは手放してしまっていました。
ミラーレス一眼の成長期に入り、高級コンデジは消滅するのでは?との噂もありましたが常に気になるカメラでした。
そして再びGRを購入してしまいました。

購入の最大の切っ掛けは「今撮りたい!直ぐ撮りたい!」という願望をGRが叶えてくれるからです。
如何にミラーレスが小型化しているとはいえ、携帯電話のように日常的に持ち運ぶのは難しく、また撮影までのロスタイムもあるので直感的に撮れません。
私が撮影するのは主に猫と空ですが、野良チャンは気ままなのでシャッターチャンス(起動1秒、AF0.2秒!)は逃せないところです。

商品としての魅力はセンサーサイズがAPS-C大型センサー(1620万画素)になったこともありますが、それ以上に単焦点35mmカメラとして使用できることにとても惹かれました。
本品は28mmですがモード切替によって35mm画角を使用することができるので、個人的には常に単焦点35mmカメラとして使用しています。

最強のスナップシューターと思うのは…
1.形状や重量などが最適であること。
RX1Rはバッテリーなどを入れると482gあり、GRの245gに対してだいぶ重く感じます。
また、形状がグリップがあるので狙ったときに手のフィット感が良く安定した撮影が望めます。
コンデジの場合には本体が小さいだけに「手へのフィット感」はとても大切だと思います。

サイズとしてはGR4より僅かに大きくなっていますが、銀塩カメラのGR1とは同じサイズであり、胸ポケットに入れることも出来るので、どこへでも持ち運べます。
20万円近くするRXR1なら入ったにしてもポケットにポンと入れる気はしません…重いですし。

2.センサーサイズなどが優れていること。
大型CMOSセンサーを搭載して、ローパスフィルターレスにより素晴らし描写力があります。
35mmモードにすると数値的には解像度は落ちますが、使用していて全く気にならないレベルです。

何より…どこぞのメーカーのように購入して直ぐに改良された新製品が登場することはありません。
GRは次世代登場までのスパンが1.5〜2年位はありますので購入して直ぐに「改良型」が登場して残念な気持ちになる!なんてことはありません。

今回、少しだけ残念だったのはまさかの時のバッテリー切れで乾電池が使用できなくなったことです。ただ、乾電池での撮影枚数は非常に少ないですし、予備バッテリーがあれば良いので大したことではないでしょう。

GR5でなく、GRという名を纏った本機は「生きている伝説!」と思わせるようなデジカメです。
0コメント|92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月6日
私は現在コンデジ7台、ミラーレス1台、一眼レフ1台を所有してしまっているデジカメ収集バカでして、ほとんど使い切れてない持ち腐れ状態になっています。
GRは購入から3ヶ月経ちますが、この間GRのお気に入り写真量産っぷりは素晴らしく、所有する他のコンデジや一眼、iPhone5を押しのけて私にとっての絶対エースとなりました。
GR DIGITAL3も長らく活躍しましたが、あちらが安打製造機ならこちらは長打量産機という感じで、スワローズのバレンティン選手位のインパクトがあると思います。広角単焦点というストイックでマニアックなカメラなのに、なんでこんなにお気に入り写真を量産してくれるのか、私なりの分析を説明したいと思います。

まずGRの一番良いところは、ちゃんとコンパクトということです。ポケットサイズで沈胴式レンズ、レンズバリアもあり、無理なくカバンに入れておけるので、日常のシャッターチャンスに出会う機会が抜群に多いです。例えるなら中日の岩瀬選手のような凄まじい登板数なので、スナップ撮影では量で一眼レフを圧倒します。
結婚式など荷物を減らして行きたいときにもいいですし、首から縦吊りで下げるのもまたいいと思います。

小さいことで人に向けやすいというのもいいところです。ゴツいカメラは人に向けると威圧感があるので相手をビビらせてしてしまうことがあるのですが、その点GRは見た目がとてもおとなしいのでiPhoneを向けるのと変わらないくらいの気楽さがあります。気の小さい私が遠慮せずカメラを出せるのは重要で、何食わぬ顔でクラッチヒットを放つ意外性は元巨人の元木選手のようです。
ちなみにデザインは以前と比べるとシャープなラインを強調して、少しヨーロピアンテイストになったと思います。あいかわらず地味ですけどね。

レンズはGRシリーズの伝統に則って28mm相当の広角単焦点なのですが、これの良い所は失敗写真がとても少なくなるところですね。
広角、高感度、明るいレンズの組み合わせは少々暗い時でも手持ちでそこそこ写せてしまうので、室内での安打製造機っぷりはコンデジを圧倒します。
どこでも気楽に鑑賞に耐えるレベルの画質で撮影できるのは、ゴロでも内野安打にしてヒットを量産するイチロー選手に通じるところがあると思います。

AFやAE、ホワイトバランスも安定しています。AFは明るい屋外では俊敏、室内では早くはありませんが正確。「合焦マークが出たのによく見たら外してる」というのはほとんどなく信頼感があります。GR3と比べると明るい環境でのAFは爆速と言ってもいいくらいです。
ここまで速くなっているとコンテニュアスAFでの連写も期待できるのじゃないかと思ったのですが、動体についてはまだまだ追従しきれないなという印象でした。うちのチョロQみたいに走り回る犬で試したんですけどね、ぜんぜん無理です。
AEはライブビューとの明るさのズレが無く狙った明るさできちんと撮れるのがいいです。こういうところズレるカメラが時々あって、あれは結構ストレスがたまるのですが、GRはさすがに高級機なのでちゃんとしてます。

ホワイトバランスは特に素晴らしいと思います。これはGR DIGITAL3もそうでしたが、色に破綻がなく思い切って彩度をあげた設定にもできるので、一見して見栄えのするキレイな写真を量産してくれます。ホワイトバランスはかなりの高感度撮影になってしまっても上手くやってくれるので、思いっきりノイズが乗ってしまっているときも写真全体の見栄えは意外と良いです。

レンズは解像もかなり良いと思うのですが、それ以外にも全体的に優秀なのが実感できます。
絞り解放でも周辺までキレイとか、ゴーストやフレアが少なくて、画面内に晴天の太陽が入っても問題なく撮れるとか、逆光でもあんまりコントラストが落ちる感じがしないなど。この辺は単焦点ならではなのかなと思います。
こうしたどこをとっても平均点の高い隙のなさは、投球だけでなくフィールディングもすばらしくゴールドグラブ賞の常連だった松坂投手のようです。

単焦点なのでズームがないのが弱点なのですが、4倍くらいのトリミングをしてもそこそこ鑑賞用に使えるくらいしっかり写るので、トリミングは多用しています、内蔵のトリミング機能はよく出来ていて、ストレス無く使えます。
また、みんなが望遠で撮っているときに敢えて引きの構図を色々試してみると、周囲の雰囲気が伝わって意外と貴重な一枚になったりということもあります。

解像はGR DIGITAL3と比べてはっきりわかるくらい向上していて、例えば本棚を写して比較すると小さな文字を読み取れる限界が随分違います。この辺の画質面はiPhoneを圧倒します。明るい屋外などの好条件では凄まじいばかりの解像感で、ありきたりなものを撮っても画質の凄さにひたすら見とれてしまいます。GRの写真鑑賞のためだけに30インチのディスプレイ購入を本気で検討してしまうほどです。
他の購入された方のBlog見ていると、本格的にraw現像までする場合まだまだノイズが多く余裕はないようですが、それでもこのサイズでこの画質は画期的だと思います。

操作性は、片手操作でほとんどのことが出来てしまうのがGRシリーズの凄いところです。ほとんどの操作系を右手側に集約していて、絞りや、感度、シャッタースピード、マニュアルホワイトバランスなど、片手で少ない手順でサクサク設定できます。これは慣れてしまうと本当に素晴らしいです。歴代機種でファームウェアのバージョンアップを何度も行って改善を重ねてきた操作性はいよいよ極まってきた感じがしますね。

GR-DIGITAL3と較べて特によいのは、eye-fi連動機能ですね。送りたい画像だけをサクサク選んでさっと送れるのは便利です。eye-fiは従来から画像のプロテクト機能を使った選択転送をサポートしていましたが、これは他のカメラでは複数画像指定がすんなりできなかったりして、思うように使い切れませんでした。GRのは送信時にサイズ変更が出来たり、サムネイル上で送信済みかどうかアイコンがついたり、新ファームでは送信枚数が表示されたりと、至れり尽くせりです。
新設されたエフェクトボタンもいいです。GR3でシーンモードにあったような機能をダイヤルを回さず呼び出せます。このボタンの位置が絶妙ですし、ブリーチバイパスやポジフィルム調のエフェクトは何を撮ってもカッコ良い感じにしてくれます。エフェクトを使っている時もモードダイヤルは変えられるので、マニュアル露光などの各露光モードとくみあわせたりも出来ます。

他にも、内蔵NDフィルタとシャッタースピードの上限拡大で露出制御が強まっていたり、レンズ繰り出しやAFの音が格段に静かになっていたり、起動が早かったり、HD動画で60fps対応など動画が強まっていたり、全体的な底上げがあって完成度がとても高いです。カメラ内raw現像もできるようになったようです。これもそろそろ使ってみようかな。

最後に難点を幾つか。
マクロは最短0.1mとなり、以前の1cmから大きく後退してしまいました。一眼レフ用の広角レンズは大体最短0.25m位のスペックなので、0.1mはAPS-Cのカメラの中では相当頑張っている方かとは思いますが、1cmマクロの便利さに慣れてしまっているとストレスを感じます。1cmと10cmでは使い勝手や写る大きさがまるっきり違いますからね。最短近くまで寄ったときのAFも合いにくく、結構無理してマクロしてるんだなと思います。最短が分かりにくい時はC-AFを使うと多少寄せやすいです。私はFn1にマニュアルフォーカスを割り当てて、これをフォーカスロック代わりに使って構図を決めています。解像自体はGR3よりずっと高いので、トリミングにトリミングを重ねると結構倍率は稼げる感じはあります。

バッテリは、eye-fiを使っているせいもあるかもしれませんがGR DIGITAL3よりもやや持ちが悪い印象です。仕様でもGR3:370枚 ⇒ GR4:390枚 ⇒ GR:290枚 となっているので、やはり落ちてますね。eye-fiをつかっても気にならない位の大容量バッテリだと嬉しいのですが。
あと、充電はボディにケーブルを挿して行う方式で、単体の充電器が別売で付属しないのは不満。これはUSB充電に対応させたためのようですが、毎回プラのコネクタカバーをペコペコ外してUSBケーブルつないで充電というのはちょっと嫌ですね。コネクタカバーあんまり耐久性なさそうなのでペコペコ外したくないな。
そういうわけで出費は嵩みますが予備バッテリーと充電器は別途買っておいたほうがいいと思います。
私の場合GR3の充電器やバッテリーを流用出来るから不要なんですけどね。

あとは、セルフタイマーの10秒がなく、普通のセルフタイマー撮影するにもカスタムセルフという機能で秒数指定しないといけないとか、デジタルズームがないとか、伝統のM連写が無くなったとか、細かな機能がリストラされちゃってますが、まあそんなに困らないのでこれはいいかなと思います。
セルフタイマーの10秒は欲しいな。あと微速度動画も。

さて、私の絶対エースGRについて、大体書きたいことは書けたと思います。
GR3のときのF1.9レンズもかなりインパクトがありましたが、今回のはあらためてバレンティン選手級の大インパクトです。APS-Cできっちりコンパクト高画質に仕上ってるだけでなく、機能面の底上げも大きく大変よいと思います。GRファンには絶対オススメです!
0コメント|99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月28日
評価に左右され入手しました。正直いうと私の使用では安物のカメラで良いかもしれません。でも、持っているだけで満足している自分がいることに気付かされます。バイクもキャンプ道具も釣具も同じで、自分の気に入った道具に囲まれながら、それを眺めながら酒を呑めることで満足しています。その一つです。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月22日
とりあえず、オートで撮っています。
解像感や階調等、おおよそ満足しています。
が、暗い場所ではぼんやりすることが多いように思います。
全体的には青が強めで割と暗めに写ることが多い気がします。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
本日GRがやっと自宅に届いた。

本体はGRD4より少しだけ大きくなった。
大きくなったといっても手に持った感じで、いちばん大きく変わったのは横幅で、約9ミリ横に長くなっている。
フィルムのGRとほぼ同じ大きさだというが、GRD4と液晶画面のサイズは同じなので、それ以外の部分、十字スイッチや、ボタン類が並んでいる部分が幅広くなったみたい。
好みの問題だが、筆者的にはGRD4より大きくなって持ちやすくなったような感じがする。

今回のGRで特筆すべきなのは連写で、実際手にとって連写してみると常時連写でもいいかなと思えるくらい体感的には早い。
連写枚数はセッティングによって違いが出てくるので、このいままでと全然違う感じは量販店なんかで体験していただければわかると思う。

今回のGRの場合GRD4と違って手ぶれ補正がないことが、どれだけ影響するのかなと思っていたが、今日のような晴れている屋外の場合、ほとんど問題がないことがわかった。
ほんの少しだけ意識して撮れば問題ない。

充電の為、本体と繋ぐ付属のUSBコードは短くて50センチくらい。
これじゃちょっと短すぎるので、別に長いものを購入しようと思ったら、この小さなUSB端子の規格がわからない。
ペンタックスのサポートに電話すると、MiniB端子の平型ミニ8ピンという規格を教えてもらった。
今後充電器が付属しないカメラが増えてくると思うが、やっぱり付属させてくれないかなと思う。

とにかくGR、最初手に持った感じがすごくよくて、筆者がいちばん気になるホールド感と操作性はほとんど最高得点、今後長く使えるかなと思っています。
0コメント|58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月5日
長い歴史のある「GR」ですが、私にとって初GRがこのGRです。
今現在、他社から色々と新機種の発表もあり「2年更新のGR、後継機がそろそろか?」と噂される中。
ファームウエアで相当パワーアップできますし…
財布にやさしく、価格も落ちましたし…
気になる存在だったので、遅々ながらのGRデビューしてしまいました。

初めて手に取った感想は「えっ!?軽っ!」と思いました。
普段、少し重さのあるコンデジを使っていたので…
正直「安っぽい!」と感じてしまいました。

ですが、使ってみると素晴らしい!
多くの皆さんが、メイン一眼の「サブ機」に使っておられるのが理解できました。
画質も、使い勝手も、コンパクトさも、当初マイナスイメージだった軽さも、私的に充分満足しています。
カメラへの細かな設定がとても奥深く。
その設定を、MYセッティングとして6つ(ダイヤルへの登録は3つ)記憶できますし。
エフェクトの詳細設定まで、別に管理できるとは脱帽しました。

まぁ実際は…6つも使い分けておりません…
需要があるかわかりませんが、1台を設定にこだわる複数人での使用には良いかもしれません。

しかし…
使い込める、使うほど馴染み、使うほどに味があり。
まるで、スルメの様なカメラだな!
後継機が出たとしても、長く使えそう!
と言うのが、使ってみた感想です。

逆に言うと、初めてのカメラとしては奥深すぎて。
GRの力量を考えると、簡単にオススメできません。
実際、私がGRの全てを使いこなせるのかも心配です。

使ってみて、特に不満と言いますと…
手ぶれ補正は、動画撮影時には欲しいなぁと感じますが。
私的に、あまり動画は撮りませんし。
静止画撮影時でも、欲しいと思いますが無くても満足できるカメラです。

あと一つは、RAWで撮影した画像のピントが芯を得ているかカメラの液晶で拡大確認したいのですが。
Rawのみでの撮影では背面液晶の拡大画像はとても荒く、芯を確認する事が出来ません。
Raw+で撮影すれば確認できますが、出来ればSDの無駄な容量は使いたくありません。
Jpeg機として使えば良いのでしょうが、「Rawで撮っておきたい」って時には不満を感じてしまいます。

それ以外、特に不満も無くコスパに優れ満足いく買物でした。
長く使って行きたいですが、後継機にも期待しております…
0コメント|20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
増税前なので一眼レフ用の広角レンズを買う予定だった。しかし、何故か代わりにこのGRを購入してしまった……。

確かにコンデジとしては高価だが、高性能な広角単焦点レンズにAPS-Cサイズのセンサーが付いてくるんだと考えると高くはない。
サイズは従来のGRDよりは一回り大きくなったが、GRも十分ポケットに入ってしまう。"ポケットカメラ"は銀塩GRからのキープコンセプトである。

肝心の性能は今までサブ機として使っていたGRD2から全てにおいてパワーアップした。
GRD2は「うにょーん」と3秒位掛けて起動していたのに、GRは「きゅぴーん」ってな具合に1秒程度の起動である。
高感度もGRD2はISO400でもキツかったのに、GRは1600は余裕である。解像度も段違いである。
jpegの色味はGRになって若干スッキリしたかも知れない。この点は好みが分かれそうだ。現実的な色味だとは思う。

センサーの性能はメインに使っているPENTAX K-5やCanon 7Dと較べてもワンランク上だと感じる。
一昔前の一眼レフとはいえ、ポケットサイズのコンデジに下克上を起こされてしまった。
今後は広角はGRに一任して、一眼レフは中望遠〜望遠レンズをメインに使うことになりそうだ。

最初は邪道だと思った35mmクロップも使ってみると非常に便利で困ったものである。
クロップは画質面ではマイナスなのだが、それでも1000万画素と実用十分だ。
アップデートにより47mmクロップも追加されたが、こちらは500万画素まで落ちるので流石にあまり使いたくはないかな。
とはいえ、どうしても足で寄れない場面でも一気に標準域まで拡大できるので頼りになる機能である。500万画素あればA4印刷程度なら問題ないかも知れない。

このGRは鞄やポケットに突っ込んで出かけるのに最高のパートナーだと思う。スナップシューターの一つの完成形だ。
また広角レンズの代わりとして一眼レフと組み合わせて使っても頼もしいパートナーとなる。
家電的な"かんたんデジカメ"ではなく、表現の道具として"カメラ"が必要ならぜひ選択肢に入れてみて欲しい。
0コメント|25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)