Androidアプリストア Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5117
5つ星のうち4.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年8月5日
他のPCパーツと一緒に購入し組み立ててOSをインストール後、
2時間程利用していると突然ショート音と共に電源がダウンし、
この電源だけではなく、MB・RAM・CPUも巻き込んで故障しました。

さらに止せばいいのにというか悪いことに、
他の正常なPCにこの電源を接続し動作確認をしたところ、そちらのPCもお釈迦にされてしまいました。

といった経緯でこの電源が不良品だろうとの結論に至り、
販売代理店経由でメーカー(海外)に検証を依頼しましたが、
今後の検証結果と対応によりどうなるかというところです。

ちなみにメーカーによる検証には1〜2ヶ月かかるとのことで、Amazonの返品対応期間は1ヶ月です。
返品にはメーカーによる不良品である事の確認結果が必要となります。(つまり返品できる可能性は低い)

私のケースのように、電源の不良は大損害の元なので電源選びは慎重にされる事をお勧めします。
物理的に機械が死んでしまうと、コンシューマとしては手も足も出ません。

メーカーによる検証の結果、この電源の不良が判明した上で
オウルテックとメーカーによる対応が良ければ☆を訂正しようと思います。

---追記
販売代理店とメーカーによる調査の結果、初期不良による故障である事が確認されました。
メーカーによる不具合原因検証結果によると、
・電力会社が供給する家庭用電源からの入力電流が原因と予測できる事
・電源故障によるマザーボードへ通常より高い「電圧」が流れる事は無い事
・故障したマザーボード側検証をサポート受付時は行う予定だったが途中で出来ないと判断した事
により、電源のみ交換の対応となりました。

過「電圧」が流れない事は分ったものの、過「電流」が流れる事は無いのか?
電力会社供給の電力に不具合があったと本当に言えるのか?(故障時、同系統のコンセントから電力を取っていたモニタ等は健在)
故障電源接続により故障した既存のマザーボードの故障原因は何なのか?
という疑問を残しつつオウルテック側の対応は完了です。

マザーボード以降の部品の故障については、
アマゾンのサポートへ状況を説明したところ、交換品を即発送してくれたため、
販売代理店やメーカーのサポートを受ける必要も無く解決となりました。

今回のような状況が生じてもサポートを行うアマゾンの対応の良さにより
☆1つから4つに訂正とします。
1コメント1件|119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月30日
SATA電源コードが1本のケーブルに4個ついていたのは誤算だった。
1本のケーブルに2個、それがもう1本の方が使い勝手良かった。
0コメント|34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年8月30日
この電源を使うようになってから、全体の消費電力が10〜15%下がりました。(ワットモニタで測定)
以前使っていた電源はブロンズ認証で、省電力性能が高い電源でしたが、これ程差が出るとは思いませんでした。
0コメント|25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月10日
以前の電源が500Wだったので、650Wの電源に交換すべくこの製品を選びました。
今までの電源のファンの音が煩かったのが、一気に静かになりました。
殆ど音はしません。PCも安定して動作しています。買って良かったです。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年9月13日
サイズ名: 600W|スタイル名: ASシリーズ|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
家のPCケースが上部排気用ファンを外さない場合は奥行き14cmまでの電源しか入らないのでちょうどよかったです

重量はケーブルを含めても全部で2kgを切っていました、ケーブルが直付されているので正確な数値がわかりませんが本体自体1.5kg程度だと思われます。さすがICチップ内蔵で軽量コンパクトになっています

ASシリーズの内部コンデンサーをライトで照らして見てみたら1次側にTEAPO製(台湾製)85度コンデンサー、2次側もTEAPO製105度コンデンサーを数本確認出来ました(色違いの105度コンデンサーもありそちらは社名が確認できず)
TEAPO社は過去に日立など合弁していたことがあるそうなので台湾では比較的いいメーカーであり中華製コンデンサーよりかは遥かにいいと思われます
AU・PTシリーズは日本製のコンデンサーが使用されているので信頼性はそちらの方が上です

ASシリーズは廉価版のようになっているのですが価格差がさほどないので電源を入れるスペースが奥行き14cmという制限がない場合はPTシリーズのほうがいいかと思います

ケーブル自体がメッシュ加工で分かれているので取り回しは悪くないのですが、SATAコネクタなどが1本のケーブルに4つも繋がっているのでそんなに使わないので余ってしまいケース内で若干邪魔になってしまいました。ミドル以上のケースならいいですが特にキューブ型などの小型PCですと無駄に感じられます
電源の安定性などから1本のケーブルに3つでいいと思いました(600WですとSATAが9つもあり6つでも十分とさえ感じました)

R9 270X、FX-8300とSSDとHDDなどですが600Wなので十分です
電源自体の安定性は抜群、静音で軽量、80+Goldなので発熱も少ないです(発熱が少ないのでおそらく1次側のコンデンサーが85度対応なのだと思います)

3年保証付き、奥行き14cmという制限がある方で価格もそこそこ抑えたいという方にはいいかもしれませんが、奥行き制限がない方にはPTシリーズの方がいいのでASシリーズとしては☆4です
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト50レビュアー2015年9月14日
サイズ名: 600W|スタイル名: ASシリーズ|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
5年間使用した80Plus無印のCorsair TX650を退役させ、80PLUS GOLDのこの電源に交換しました。
サブマシンで構成がやや古いですが、Define R5、Core-i7 860 @3.52GHz、SilverArrow IB-E、N560GTX-Ti Twin Frozr II GE OC、システムSSD、HDD3台、光学ドライブ2台です。

オウルテックといえばSeasonicの電源が定評がありますが、かなり高価でなかなか手が出せません。
こちらは長寿命で定評のあるFSP製の電源で価格もリーズナブルになっています。
600W、12Vシングルレーン46Aとミドルクラスのグラボを積んだ構成程度なら十二分の容量です。

静音設計で発熱も少なくファンの回転数が抑えられているようで、Define R5などの静音系のケースなら電源の存在を意識しません。しかし今時の電源はファン停止モードがある物も多く、究極の静音にこだわる方には物足りないでしょう。
Corsair TX650ではややコイル鳴きが発生していましたが、AS-600ではほとんど気になりません。
電源コネクタが固めのしっかりしたケーブルで、プラグインではないので少ない構成の場合やや使いづらいです。
コンデンサーは日本メーカーではなく85℃のものが使われていたり構成部品はそれなりですが、私のPC構成では非常に安定運用出来ています。

80PLUS GOLDとしては比較的安価で定評のあるFSP製電源なのでSeasonic製などの高級電源にこだわらない方には選択肢に入れても良いでしょう。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
サイズ名: 600W|スタイル名: ASシリーズ|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
これかなりいいですね。

今時の電源ユニットらしく80PLUS GOLD認証取得済で、トレンドに即して+12Vが1系統で使い易く、5VSBも3AありますのでPCの電源を落としている間にもUSB経由でスマホ等の急速充電も問題なく行えたりします。

テストベンチで手持ちの機器と組み合わせて動作させましたが、安定性は問題ないレベルです。

そして奥行が14cmですので、ケース底面FAN等との干渉がしにくい点も良いですね。

問題はこれはフルプラグイン電源でもセミプラグイン電源でもなく、昔ながらのケーブル直付電源ですので、SATAの5連ショートスパンケーブルも3.5インチHDDを間隔が狭い5連以上のHDDベイに5台積んで使う場合は使い勝手が良いのですが、それ以外の環境では使い勝手がすこぶる悪くなりますので、良くも悪くもケーブル構成に即した最大公約数的な構成のPCで使う電源という事になります。

プラグイン電源でこういうショートスパンケーブルが付属するのは最近多くありますが、個人的にはこの種のケーブル直付電源では、奇を衒わずにもっと無難な構成の方が使い勝手が良いと思います。

ケーブル直付電源としてはかなり高価な品ですが、電源自体の性能面では値段相応に優れた品だと思います。

是非末永く販売して欲しい品です。どなたにもお勧め出来る品です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
サイズ名: 600W|スタイル名: ASシリーズ|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
80PLUS認定のない古い420W電源を使っているPCがあったので
換装しました。420Wから600Wに交換なので、消費電力どう
なるかなぁと思いながら、交換前の消費電力を家庭用の
ワットメーターで測定。OS立ち上げて安定してほぼ無負荷の
状態で91W。電源交換してさぁどうだと思ったら、69W。。。
24%くらい消費電力が減ってる!さすが80PLUS GOLD。

気になるコネクタは、ATX24pin、ATX4+4pin、PCI-E6+2pin x2
serialATAx9、Peripheral4pin x3、FDD4pin
SATAコネクタが多いのがうれしいです。

ちなみに400Wモデルは、TX24pin、ATX4+4pin、PCI-E6+2pin x2
serialATAx5、Peripheral4pin x3、FDD4pin
SATAコネクタが少なくなっています。
400WでもSLI、CrossFireに対応、600Wは、SATA接続9個まで対応ですね。

また、稼働音ですが、きわめて静かです。ファンが回って
いるのかどうか音では判断できません。アローフローの効果は
イマイチ分かりませんが、全体としてきわめて静かなので
効果有りなのでしょう。

消費電力が少ないだけでなく、過大電圧、過大電流、ショート、
過負荷などについて、自動停止等で電源および接続している
パーツを保護してくれるとのこと。

電源は使っていてもファンの音くらいしか性能差を感じる
機会の少ないパーツで、自作でもついつい古いのを流用し
たり(私がこれ)、電源の予算を削って、他のパーツ代に
あてたりしがちですが、やはり電源あってのPC。。。
これまでは電源選びの基準は耐久性しか頭になかったのですが、
消費電力も大きく違うのであれば、今後の購入時は、80PLUSも
重視して電源選びをしたいと思います。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
サイズ名: 600W|スタイル名: ASシリーズ|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
仕様を見るとかなり高性能で、実際発熱量も少ないみたいで、ファンも穏やかに回り、高回転になっても静かです。
低出力でも高効率で発熱量が少ないので、大きめの電源を使っても良いと思いました。
SATA用ケーブルは3本ありますが、そのうち1本は5cm間隔でコネクタが4つもあり、もう少し間隔開けてくれる方が使いやすい。

本体には「剥がしたら保証は無効」と封印してありましたが、開けてみました。
電解コンデンサはすべて台湾のTEAPO製で、1次側の巨大コンデンサが85℃規格でした。さすがに2次側は105℃規格でした。価格を考えれば仕方がないのかもしれませんが若干気になります。昔の粗悪コンデンサでは1-2年は大丈夫でも、5年もすると結構な確率で破裂しました。非日本製のコンデンサは5年保証にしてくれると安心します。
値段があまり変わらないなら、このSシリーズよりも、日本製コンデンサのPTシリーズのほうが良いかと思った。
review image review image review image review image
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月19日
 新規自作PCのため購入しましたが、特に問題もなく安定しております。プラグイン式ではないのでケーブルの取り回しの難点がありますが、わかっていて購入してるので問題ではありません。
 gold取得電源をお探しの方には良いと思います。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)