Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.52
5つ星のうち4.5
星5つ
1
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
色: コーラル|変更
価格:¥11,016+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年11月26日
手前から奥にかけて広がりのある配光でとても周囲が認識しやすい。
もうひとつのティカRXPに比べると遠方照射性はないが周囲を認識するヘッドライトとしては
このティカR+の方が配光は使いやすいと思います。

【これより下段はライトが好きな方のみ】

RXPの方は2つのレンズユニットで
手前側を照射するワイド配光レンズ【フォグランプのように横長の配光】 と
遠方へ照射する集光レンズ【手前から特に奥にかけて縦長の狭角配光】を
組み合わせて使用するタイプです。(パソコンである程度自由に組み合わせパターン・照射時間を決められます)
ソフトはペツルのホームページからダウンロード出来ます。『OSByPetzl』

ワイドだけで最小光量照射したいとか、集光側だけで最大光量照射したいなんてことも出来ます。
では、なぜR+の方が近場は使いやすいのかというと、RXPはもちろん2つビームを同時点灯照射出来るのですが
同時点灯の場合設定できるのは照射時間のみとなってしまい個別に照射の光量調整が出来ないんです。

なのであらかじめ、ワイドビーム側が少し暗めに、集光ビーム側が優先設定されている為 遠くは見やすいがその分
手前側(横方向)はあまり明るくありません。
それなら、ワイド側だけで強点灯すればいいのですがそれではランタイムが短くなってしまいます。
また、中心光量がやけに明るいため近くで使うとムラがあり微妙です。
でも集光ビームは結構明るく遠くまで光が届きます。
夜、外で使うとビームがなりよく見えます。
まっ、
そんなこともあり、わたしはこのR+の方が手軽に使用できるかななんて思ってしまいました。
でも、RXPはある程度自由にパソコンで設定変更できる楽しみもあります。

R+の方はLED1ユニットだけのため照射時間のみしか変えられないので。
照射時間を長くすれば光量はソフトの設定にしたがって落ちていき
照射時間を短くすれば光量は強くなっていくという感じの設定の仕方です。

いずれにしてもこのシリーズは充電式という事と設定した時間までは光量は変わらず
一定光量点灯し続けてくれるのでとてもいいです。最初だけすごく明るくてすぐに
だらだら暗くなっていくライトとは違います。

結果的にどちらもすごくおすすめです。^^)
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2014年10月2日
光量は十分で夜間行動にも使えます。バンドが後頭部2本に割れているので頭部へのフィット感が良く、ズレにくいです。自動調光のリアクティブモードはあまり期待しないほうが良いです。USB充電できるのは電池の節約にもなり便利ですが、乾電池を使用する場合は別売のアダプタを買う必要があります。しかも乾電池では光量は60%に落ち、リアクティブモードが使えなくなるという非常用仕様です。USB充電が切れたら乾電池を積極的に使いたい方や電池が切れるほど夜長時間行動される場合はブラックダイヤモンドのリボルトをオススメします。あちらは充電式乾電池を使うタイプの為、電池交換が用意で汎用性高いです。光量は落ちますが値段はペツルの約半額です。リアクティブに必要性を感じなければ検討の価値があります。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています


スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)