Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6303
5つ星のうち4.6
形式: DVD|変更
価格:¥927+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年5月11日
アスミック・エースが発売元(販売は角川書店)となり、新しいBDが出ました。それまでのパラマウント版BDとの比較です。

アスミック版はジャケット,レーベルデザイン共、DVDのアドバンスト・コレクターズ・エディションを踏襲したものとなっています。ジャケットはどちらも良いですが、レーベルデザインはパラマウント版の方が個人的には格好いいと思います。
トップ・メニューのデザインは新しくなっています。チャプター数と切り変わるポイントに変更はありません。字幕,吹替の内容も変更ありません。

画面サイズ:パラマウント版(以下、P版)→16:9LB,アスミック版(以下、A版)→2.35:1  ほんの少しP版の方が上下が長い(=横がほんの少し切れる)ですが、まず気が付かないレベルです。
音声:P版→英語=5.0ch・ドルビーTrueHD,日本語=5.0ch・サラウンド、A版→英語・日本語とも DTS-HDMA 5.0ch 。A版の方がDTS-HDMAらしく全体的に音の底上げ感がありますが、銃器の発射音や爆発時の低音はDTS-HDMAを実感する程には力強くありません。5.1ch化されていないのが非常に残念です。エンドロールのスティングの曲に関して言えば、控えめだったリズム音が前に出すぎていて少し耳障りに感じる部分があります。
画質:ビットレートの推移を見る限りでは、ほぼ変わっていないと思われます。色の諧調も特に変わった感じはしません。
特典:P版→予告編集のみ(綺麗とは言えないですが、データ的には一応HDレベル),A版→前述のDVD アドバンスト〜 に入っていた特典をそのまま収録(画質はDVDレベル)

レオンのBDを初めて買う人にならA版の方を薦めますが、既にP版を持っている人に買い替えを薦めるかどうかは微妙なところです。TrueHDよりDTS-HDMAが好きな人や、日本語吹替の音にもう少し迫力が欲しかった人、DVD アドバンスト・C・E を特典の為だけに処分出来なかった人にはお勧めです。そのあたりにこだわらない人であれば、ジャケットデザインの好みでどちらかに決めてもらえばよいのではないでしょうか。
0コメント|139人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年7月25日
映画の内容に関しては、多くの人が既に書いているので、私はDVDの仕様等について書いていきたいと思います。
 まず、本編の映像・音声に関しては文句ナシです。標準的な画質・音質で、特に不満点も無く、余裕を持ち楽しんで観ることが出来ます。
 ただ問題は、特典。“アドバンスト・コレクターズ・エディション”と言うくらいなのだから、メイキングや音声解説が収録されているのかと思いきや、ミュージック・クリップやインタビュー映像、キャスト&スタッフ解説(静止画)、日本・フランス・アメリカ3カ国の劇場公開版予告編と完全版日本公開時劇場用予告編のみ。
ここで期待するのがインタビュー映像ですが、めちゃくちゃ短い上に、ナタリー・ポートマンがインタビュー中に楽しそうに笑っている映像と監督らが映るメイキング風景だけ(カットが速いため、よくわからない)。「え?」と言っているうちに終わっちゃいます。
ミュージック・クリップも、本編の映像に合わせて、エンディング曲が流れるものです。
本編観て、エンディング観た(聴いた)人はあまり面白くないでしょう。

 「本編が観れればそれで良い」という人は満足する商品ですが、コレクターや映画ファンとして、特典映像に期待する人には不満なものだと思います。
私は後者でしたが、前者でもあったので、「買わなきゃよかった」とまでは思いませんでしたが、“アドバンスト・コレクターズ・エディション”といわれると、豊富な特典を期待してしまうので、少し期待外れでしたね…。
0コメント|157人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月8日
リュック・ベッソン監督という人は、映画監督や脚本家としてはかなりポンコツな人である。しかし、そんな人でも奇跡が起きたか神様が降りてきたか、とんでもない作品を作ることがある。それが本作である。リュック・ベッソン監督が関わった作品で、本作を越えるものはない。断言してもいい。

本作は、リュック・ベッソン監督が初めてハリウッドで製作した作品である。元々は「フィフス・エレメント」の資金集めのために製作された。ところが皮肉なことに「フィフス・エレメント」は興行的にも批評的にも失敗、逆に本作の方が大ヒットし、上述した通りリュック・ベッソン監督の代表作となった。主演のジャン・レノとナタリー・ポートマンも、本作に出演したことをきっかけに一気にブレイクした(まあ、今では二人とも迷走気味だが)。リュック・ベッソン監督は、本作を彼の初期作品である「ニキータ」で描いたテーマを、英語で描いた別バージョンであるとしている。特に主人公レオンのキャラクターは「ニキータ」の登場人物である「掃除屋」から継承されており、リュック・ベッソン監督自身、レオンは掃除屋の血族であると言及している。

本作を語る上で忘れてはならないのは、悪役を演じたゲイリー・オールドマンの存在だろう。彼の出演がなければ、本作はこれほど根強いファンを獲得するカルト的な作品にはならなかったに違いない。オールドマン自身は「自分を悪役にばかりキャスティングしたがる連中は、想像力が欠如しているのだろう」と語るなど、自身のキャリアに不満を抱いていたようだが、本作での彼は真に素晴らしい。ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、そしてゲイリー・オールドマンというアンサンブルが成立したからこそ、本作は傑作となった。私はそう信じている。ちなみに、本作での演技で注目されたもう一人の俳優が、あのサミー・ナセリである。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年5月13日
映画の内容は他の方のレビューの通り文句なしの作品です、映画好きの私ですが繰り返し見ている映画では第1位です。

私はDVD版とBlu-ray版どちらも所持しておりますがBlu-rayは映像が大変美しいです、しかし日本語吹き替えがDVD完全版とは交代されていますので主要キャラで気になったものだけ記述します。
DVD/Blu-rayの順
マチルダ 久川綾/宇山玲加 スタンスフィールド 佐古正人/山寺宏一 トニー 池田勝/屋良有作

字幕でしか見ない方はBlu-ray版をお勧めしますが素晴らしい作品のため吹き替えでも鑑賞されるならば、参考にしていただければ幸いです。
脇役もほぼ交代されています。スタンスフィールドは山寺さんも大変うまい声優さんですが狂気的なかっこよさなど個人的にDVD版の佐古さんが好みでした。レオンの大塚明夫さんは同じですがDVDの演技のほうが個人的に好きです。
しかしどちらにしろ名作ですのでぜひご覧ください。
0コメント|93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年3月3日
先ず、OPのタイトル字がボケていたので、駄目か〜…と思いましたが、映像の発色はやはりBlu-ray。
マスターがわざわざ特別なものを用意した訳では無いと思うので、一見、さほどインパクトは無いのですが、リトルイタリーの町の細かな部分、煉瓦、手すり、窓など細部が本当にスッキリ綺麗に浮かび上がっています。
全般的にBlu-rayはDVDに比べ画が明るく調整されているように思います。「レオン」もそうで、とても光が美しく見えます。白飛びせず、暗さも黒に潰れていません。
ゲイリー・オールドマンが初めに襲撃を行った後、「モーツァルトは好きか?」と言うシーン。太陽の光が顔に反射しているのですが、多分、DVDで感じる事の無い光の印象を得られているんじゃないかな〜と思います。床に塗られた血の跡…壁の染み…滴る汗…滲む汗…皮のジャケットの照り…電灯の光…
何しろ、光が綺麗!! レオンが助けを求めるマチルダに扉を開けた時、本当に神々しい光に思えるくらい。
音楽も素敵で、物語の良さは言うまでも有りません。演出もとても良く、絶えぬ緊張感と溢れるウイットが全編に渡って退屈をさせません。バイオレンスが好きでない私でも、目を背ける事無く満喫し、そして涙を零します。
しかし、残念なのはDVDアドバンスド盤の特典が無い事。完璧盤に成らなかった
おまけで、私個人としては「いつも上天気」がHD画質(DVD化していないのでSDでも観られないけれど)で観られた事に心から感謝。ほんの僅かなシーンだけど…
1コメント1件|67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2009年10月1日
 メーカーに問い合わせたところ、完全版本編のみの収録で、映像特典は一切無しとのことでした。音声も「レオン完全版」〜オリジナル音声(英語)/5.1chサラウンド、日本語吹替/5.1chサラウンド(原文ママ)とのことでしたので、ロスレスじゃないようです。
 US盤は劇場版も両方収録で、音声ももちろんロスレス、映像特典もいくらか収録しています。あまりといえばあまりの仕様の差。せっかくDVDから買い換えようと思っていたのにこれでは手が出せない。完全版のみ収録でも、せめて予告編は収録して、音声はロスレスにして欲しかった。
 ちなみに同時発売のベッソン2作品についても映像特典は一切無し、音声も同じく「ニキータ」〜オリジナル音声(フランス語)/2.0chステレオ、日本語吹替/2.0chステレオ(DVDは5.1chDTSなのに!)、「フィフス・エレメント」〜オリジナル音声(英語)/5.1chサラウンド、日本語吹替/5.1chサラウンドとのことで、これらも買い換えようと思っていましたが、う〜ん…。(以上、09年9月下旬時点の情報です)
 このころはまだエリック・セラの音楽も活きが良かったので、ミュージック・トラックなども収録して欲しいところです。「ジャンヌ・ダルク」ではDVDのミュージック・トラックは省かれてしまっていましたし…。LDの頃はエリック・セラについてもイチオシな仕様だったのに、このあたりも残念です。
(10/4追記)
メーカーHPに更新ありました。
「レオン」は完全版のみの収録は変わらずですが、英語音声は“5.0ch”ドルビーTrueHDとのことで、ロスレスですがUS版の5.1chではなくEU方面のものと同じ5.0chのようです。DVDは5.1chなんですけど。「ニキータ」「フィフス・エレメント」もオリジナル音声はドルビーTrueHDとのことです(ch数は変わらず)。
日本語音声は3作品ともただのサラウンド。
映像特典は「フィフス〜」のみ24分のメイキング&インタビュー収録ということです。やっぱりDVDに比べてもショボイですが。
最初のレビューは書き込み数日前の問い合わせだったのですが、なんていい加減なメーカーの回答。この調子で(?)、発売時にはもうちょっとマシな仕様になることを願います。
2コメント2件|136人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年9月23日
完璧で、潔癖な殺し屋に徹しきることができないからこそ、レオンは少女との出会いがあったのだと思う。そこには純粋に人を思う気持ちがあったのだろう。自分とは違う人間を受け入れることで、レオンは人間らしく笑ったり、怒ったりと、昔になくしたはずの感情を取り戻していく…。少女との明るい生活の中で、レオンが変わっていく様子がしっかりと描かれている作品でした。そしてこの出会いが最後へと繋がっていくところでは涙なしには語れません。心に残る場面でした。最後の最後までみてください。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年7月2日
プロの殺し屋、レオン(ジャン・レノ)は、麻薬取締局の役人に家族を皆殺しにされた
少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)と知り合います。
彼女はその役人に復讐を誓い、レオンに弟子入りし、生活をともにするようになります。

レオンはマチルダに殺しの技術を教える一方、彼女から学問を教えられます。
そのうちに、2人の間に親愛の情が芽生えます。
それは師弟愛のようなものです。友情や愛情ではなく、深い絆のようなものでしょうか。

そして最後に、その絆に基づき、レオンはマチルダの復讐を果たします。
またマチルダは、レオンが愛した観葉植物をしっかり大地に根付かせます。
レオンの口癖は「自分はこの根のない観葉植物だ」というものでした。

監督のリュック・ベッソン、主演のジャン・レノの手腕は言うまでもありませんが
ナタリー・ポートマンの名演が光ります。
当時若干13歳ですが、ジャン・レノを相手に、多感かつ孤独な少女を、真っ向から演じ切っています。

いろんな方にお勧めしたいですが、特に年代を超えた愛情、孤高の英雄を観たい方にお勧めします。
0コメント|22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2007年1月9日
視聴者に「次どうなっちゃうんだろう」って思わせて、 ストーリー展開に注視させる力、

映画(物語)を作る上で当たり前のことなんだけど、

ほんとよくできていて思わず時間を忘れて見入ってしまう。

この映画で何よりよかったのが、12歳の女の子というヒロイン。

これが成人女性で、殺し屋の主人公と恋に落ちる・・・みたいな、

ありきたりでわざとらしい設定だと、非常に映画の焦点がぼける。

12歳の女の子だったからこそ、この映画をおもしろくさせているというかな。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年9月17日
私の生涯に於いて、決してこの映画を超える映画は現れないであろう、そんな名作。 人生で初めて泣いた映画だから、と言うのもありますが。
大袈裟では無く、数十回は観てます。最初は中1の時、ただレオンの死が悲しくて泣きました。
それから自分自身が色々な経験をして成長し、恋愛をし、泣くポイントが変わって来ました。 何度観ても感動します。
そしてこの度、廉価版ブルーレイ版の発売を知り(恥ずかしながら通常版ブルーレイの存在を知らなかったので…)、発売日に届けて頂きました。
すぐに観て、当然の事ながらDVD版よりも美しい映像に感動し、終盤でまた泣きました。
この映画を、ロリコン映画だと揶揄する人がいます。それは悲しいけど、仕方無い事だと思います。映画の感想は人それぞれですから。ただ、私にとっては、一生朽ちる事の無い最高の名作なのです。
千を超えるであろう映画を観て来た今も頂点に君臨し続ける一本。
構成、演出、演技。全てが完璧。 肉欲などを超えた純粋な魂を持つ者同士の、純粋な愛が、この映画にはあります。 レオンとマチルダの、一つ一つの台詞が強く心に響く。
このブルーレイ版も、DVD版と合わせて私の一生の宝に成ると思います。

長文乱文失礼しました。私のこの素直な想いが、どなたかの参考に成れば、賛同を得られれば、至上の喜びです。
4コメント4件|177人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥2,651