Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.755
5つ星のうち3.7
サイズ: 1.0TB|変更
価格:¥13,800+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年11月24日
この機種は中がNTFSなので、本体回路が壊れてもHDDが生きていれば、PC直結でデータをサルベージできるかもしれません。
最近の多くのファイルサーバーは中身が暗号化されていて、これができません。
ということで、「ふつうに」使えるファイルサーバーとして重宝しています。
0コメント|34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年8月19日
まずスピード。ネットワークでつながっているのだから、USB接続と同じに考えるのは無理というもの。
初期データをごっそりコピーしたいというのならば、USBにつなぎなおすと良い。このあたりを面倒くさがるのは禁物だろう。
USBでバックアップ用のドライブを外付けできたりと、個人的に使うならば機能的には十分かと思う。
価格も価格だし、容量も申し分ない。バランスの取れた良品だと思う。

が、しかし。
そこから「一歩」踏み出した使い方をしようと思うと、とたんに「かゆいところに手が届かない」事態が連発される。

最大の「ウリ」であろう、インターネットを経由した外部からの接続。
これは「Disk」となっている最初のフォルダーしか対象にならない。
そして、共有設定は最上層に対してしか設定できない上、「全ユーザーに公開する」としたフォルダしかインターネット経由でアクセスできない。
つまり「A君にはこのフォルダ」「B君にはこのフォルダ」という切り分けが事実上できないという事。
このディスクに登録したユーザーならば、公開されたフォルダを全て見ることができる・・・という使い方しかできない。

OneDriveやGoogleドライブなどのクラウドストレージサービスのように、細かくアクセス制限ができないのが、なんとも惜しい。
とはいえ、この価格では文句も言えない・・・というのが実に悩ましいところ。

同じLANでつながっているPCからならば、最上レベルのフォルダ単位でアクセス制限ができる。たとえば親用の書類と、家族で共有する音楽、写真、動画用のフォルダを分けるなど。
ちなみにスマートフォンからのアクセスでも、外部からのインターネット経由と同様のアクセスしかできない。
「共有フォルダ」とは別に「自分専用」のフォルダを作っておいて、スマホにダウンロードというのはLAN内でもできない。外からのアクセスも当然ながら同様。
だからDiskまるごと「自分専用」とするしかない。

ここで繰り返しになるのだが、個人として使うならば必要充分。
「誰かとの共用」と「自分専用」を併用したいというのであれば、かなりの機能不足という結論になる。

結局のところ、低価格を取るか高機能を取るかという選択になってしまうので、特にデータ共有を目的に購入を検討している人には熟慮が必要。
慎重に検討することを強くお勧めしたい。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月26日
本来の意味のNASということなのでしょうが、設定はブラウザ経由で行うファイルサーバーが多いようですが、これはUSBで接続してサーバー内に入っているユーティリティを起動して設定します。
性能的には、Linuxで5年ほど前に作ったエントリーサーバーと似たような転送速度です。
Windows7のPCからファイルの書き込みでは、GIGA Bit Etherで接続した場合に、10~25%ぐらい(だいたい10~25MB/s程度)でUSB2.0で接続したときより若干遅い程度でした。
0コメント|24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年7月24日
データの数量に関わらず、複数データをコピーするたびに「項目“○○”が使用中なため、操作は完了できません。」というエラーメッセージが出て、項目○○を使用していないのに、さらに他のデータも保存できないという事象が毎回発生しています。保存したデータ自体も壊れていたり、全く信用できません。お金を無駄にしました。返品したいです。
1コメント1件|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月31日
外からの読み込みが遅すぎる。
ファイルの転送が今時1ファイルごとしかできない。
買って損したとしか思えない。
外部からのアクセスするための設定がわかりずらい。
兎に角購入考えてる人はやめた方がいい。
買うならまだ、buffaloのがマシ。(マシなだけでbuffaloがいいわけではない)
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月29日
購入時12,444円という低価格でありながら、windows使いであれば間違いなく購入するであろうバックアップソフト「Acronis True Image 2013」が付いてきます。このソフトを単品で購入しようとすると約1万円かかります。1TBのHDDがおまけでついてくると考えると破格です。

良い点
・USB2.0でもLAN接続でも使える
・Acronis True Image 2013が付属している

悪い点
・デフォルトで省電力設定がONになっており、スリープ状態から復帰する際にもたつく
・スリープから復帰する際や本体の設定を変更するたびHDDケースから音が出る(初期設定)
・USB3.0に対応していない
・高速モードを使うためにはHDDのフォーマットが必要である。しかも高速モードのフォーマットではUSB接続ができなくなる。

参考までにベンチ結果を載せておきます。

LAN(Gigabit)
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 41.213 MB/s
Sequential Write : 25.481 MB/s
Random Read 512KB : 16.004 MB/s
Random Write 512KB : 27.897 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.649 MB/s [ 158.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 2.430 MB/s [ 593.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.597 MB/s [ 145.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 2.421 MB/s [ 591.1 IOPS]

Test : 1000 MB [L: 0.0% (0.2/930.7 GB)] (x1)
Date : 2014/04/25 1:48:45
OS : Windows 7 Home Premium SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
0コメント|20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月27日
まずLAN接続モードでのファイル転送が遅いです。インターネットからファイルをダウンロードするよりも遅い。

そして、500MBのファイルを20個転送したところ、転送中に一時間一回の頻度でエラーが発生します。

返品できるなら返品したいです!
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月18日
使い方(負担)の問題もあるかもしれませんが、3台購入して2台でトラブルが発生しました。
実はこの機種の一つ前のモデルも3台使っていますが、そちらはほとんど問題は起きていません。(トラブルがあっても軽微な内容だった)それと比較すると、何か信用できない感じがします。
2台のとらぶるの一つは「起動不能(電源が入らない)」。もう1台は「接続されているネトワークハブがダウンさせられた」という現象です。
本体が不調になるだけならまだしも、さすがにハブがダウンさせられるとトラブルシュートに時間がかかります。影響が大きい。結論的には再起動で普及しましたが。(起動不能になった方は、その際の再起動でそのままご臨終)
おそらくファームウェアの問題ではないかと疑っていますが。「モデルチェンジ直後の新製品より、ちょっと枯れた古い機種の方が安心して購入できる」という気持ちを再度、強くした一件でした。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月1日
同じ I-O DATA 社製の1ドライブNAS HDL-A をメインに使っているが、今回、緊急避難として似た製品の必要に迫られて購入。
容量やスペックが同程度の BUFFALO 社製品と検討したが、価格面でこちらを選択。

以下、HDL-A との比較を中心に気づいた点など。

●アクセス速度は遅い。
 ギガビットLAN 環境下ではあるが、当然、HDL-A よりも、書き込みも読み込みも遅い。
 USB モードでなく、LAN モードでも、計測値は半分以下。
 このクラスの製品では普通の速度。予想していたとおり。

●最初のセッティングには、必ずしも USB 接続する必要なし
 製品を取り出して、最初のセッティングには、USB 接続しろ、と説明書にある。
 しかし、いきなり、直接 LAN 接続して、その機器の IPアドレスを打ち込むと、LAN で(ブラウザ上で)セッティングできる。
 IPアドレスが不明なら、メーカーが配布する「Magical Finder」の「ブラウズ」で本体を探せる。「Magical Finder」そのものは、相当、以前のモノでも、別の NAS に付属しているものでもイイはず(当方は、HDL-A を導入した3年前にインストールしたものをそのまま使用)。

●Mac と Windows とのファイル(フォルダ)共有の注意点
 HDL-A を利用していたので、何も考えずに、Mac&Windows 間でファイル共有できるだろうと考えていたが、ダメだった。
 ちゃんと説明書に書いてある通り、Mac から本製品内の共有フォルダにアクセスするには、いつもの「ゲスト」でなく、本製品に登録してある ID とパスワード(デフォルトでは「admin」「(空)」)で接続しなければならない。
 Mac から通常の「ゲスト」でサーバ接続してフォルダを作ってしまうと(ファイルコピーも同じ)、Windows からはそのフォルダ(ファイル)にセキュリティ上の制限がかかり、読み書きできない。
 なお、通常の「ゲスト」で接続して作成したフォルダは、後からも、その接続方法でないと、削除や変更ができない(共有フォルダそのものの削除は、本体のセッティング機能で可能)。

●1ファイルに何故か、1メガバイトの容量を消費する
 どんなに小さなファイルでも、ディスク上の占有域は1メガ単位となる。ファイルサイズそのものは問題なし。
 実用上、問題になることはないと思うが、数メガしかない筈の共有フォルダが、プロパティのディスク上のサイズが1ギガ近くあったのには、驚いた。

●iTunes サーバーで配信できるファイル数の制限
 実際に試してはいないが、説明書によると、HDL-A と同じように、10,000 本以下で運用しろ、とあった。

●背面の USB ポートで、容量の追加はできない
 実は、これが一番、ショックだった!
 確かに、そんな機能のことはどこにも書かれていないが、背面に USB ポートがあるだけで、HDD を接続して、容量を増やせると勝手に思ってしまっていた。
 このポートは、「バックアップ」と「net. USB」のためのものに過ぎない。
 HDL-A は、2つのポートがあるが、これは1つしかない。通常使用時に背面のポートを抜き差しはしないので、バックアップ専用か、net,USB 専用にするかしかないと思う。

●おまけソフト「Acronis True Image 2013」は、お得
 windows 8 には未対応、というのが正式発表だが、今の所、普通に使えている(実際にこれのお世話にはなっていないので、詳細不明)。
 システムまるごとバックアップなら、フリーの「EaseUS Todo Backup」でもイイが、細かな設定がフルにできるのが嬉しい。

…といった感じ。
正直、製品そのものは昔のものですが、まぁ、通常使用するのに、何の問題も感じない。
星5つでないのは、もっと価格が下がれば、なお、良いと思うので…。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月4日
8年使ったバッファローのNAS(RAID機)が壊れたので、割高に付くRAIDはやめ、シングルHDDのNAS+USB HDDへのバックアップで新しいファイルサーバを組むことにしました。仕事の大事なファイルなのでRAID1は必須と考えていたのですが、それでも復旧できなくなるケースもあるため、さらにUSB HDDでバックアップを取っていましたが、よく考えてみると無駄と気づきました。
5-6万円のRAID可能なNASを購入しても、内蔵HDDの当たり外れで数ヶ月でもうドライブ交換なんてよく聞きます。それに同時期生産の同じ型番のHDDを積んでるのですから、デグレードモードで運用してHDDを注文してる間にもう一基が故障なんて目もあてられないことも起こりますし、RAID情報を失って復旧不能なんて話も聞きます。それならばHDD4台で組んでRAID10・・・とか考えればもういくらお金をかけてもきりが無いと思いました。「どうせバックアップにもう一台外付けのUSB HDDが必要なら、そもそもシングルHDDのNASで良いんじゃないの?」というのが今回の結論です。

長年バッファローを使ってきましたが、近頃品質劣化が激しいと感じているのであえて避け、10年程ぶりにI-Oにしてみました。これが一番安いということも理由のひとつです。まだ2日目ですが、静かでコンパクト、デザインも邪魔にならず非常に良いです。昔購入した外付けHDDがケースのビビリ音で使えなかったのと比べると雲泥の差です。スケジュールバックアップ機能を使って、同じく今回購入したI-OのUSB HDDにバックアップを取りながら運用するシステムですが、全部で2万円ちょっとでシステム構築できました。RAIDだとこの3倍は掛かります。

心配なのはこの機種の内蔵HDD。1年持たずに逝くケースもあるようなのですが、まあこればかりは当たり外れもあるので長期に使ってみないとわかりません。その頃にはこの機種も廃版。レビューを書き換えようにも後の祭りで、この手の製品の評価は非常に難しいですね。
ひとまずデザインと機能、価格に星4つを付けておきます。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)