Amazonコイン Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア


お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

VINEメンバー2016年1月7日
今号は「2016年の16人 挑戦者たち。」と題して、16人のアスリートについての記事がメインになっている。

その中でも、やはりイチローには期待したい。去年と同じヒット数(91本)でも通算最多安打記録(あと43本)、メジャー通算3000本(あと65本)は達成できる。常に100%の準備をし、1打席1打席にベストを尽くす彼なら、また3割を打つことも可能なはずである。

ハリルホジッチの日本代表も楽しみだ。ハリルによれば、日本代表(世界ランク53位)は世界の各国代表の中では3部リーグに位置する。彼がアルジェリアの監督に就任した時も、ランキングは52位だった。しかし、ブラジルW杯後はランキングが15位にまで上がったのだ。彼の手腕は確かである。ハリルは、日本がステップアップするために必要なのは堅い守備で、ブロックを作って前に進みながら守ることにトライしているという。これにより速攻が可能になり、より効果的に攻撃できる。また、彼は日本代表にはかなりの伸びしろがあると見ており、どうすればチーム力が向上するかも分かっているらしい。今はまだ、選手の組み合わせをテストしている段階なので、これから次のW杯までにチームが完成し、W杯本番で「世界と戦える」チームができてくるのだと思う。これからが楽しみだ。

今年もアスリートたちの「挑戦」が実を結び、確かな結果が出る1年になりますように・・・。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
「挑戦者たち。2016年の16人」と題された特集は、記事の量も内容も玉石混交である。単なるインタビューや現状報告で終わる記事もあれば、綿密な取材と分析をうかがわせる記事もあり。
冒頭シャルケ内田の記事は読みごたえあり。負傷の裏でシャルケのドクターと日本代表のドクターが何を優先していたか。ドイツ人が嫌いになりそう。
錦織は、2015年思ったように勝てなくなることはみんな知っていたし、もちろん本人も知っていた。対戦相手の研究が厳しくなる中、この位置で踏ん張ることができたのが成果だというアガシの言葉は、全くその通りだと思う。
大谷、松山の記事は量も内容も正直今一つ。金本とイボミはほぼインタビューで分析無し。
バレーボール石川、ラグビー藤田、バドミントン奥原の記事は、分量こそ多くないが、これまでの経緯、技術、心境など1ページに良くまとまっていて、知っている人も知らない人も面白く読めそう。
別冊付録は、オシムからの提言。日本代表にしかできないことをしろというが、それが何であるかというのは何十年も議論されている話題。ラグビーがヒントになるか。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月8日
表紙も中の写真も記事にも、飾らない内田選手がよく表れていてとても良かったです。
ただ、雑誌に十字に輪ゴムがかかって送られてきたので、それが擦れた跡が表紙に付いていてとてもがっかりしました。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月13日
2016年活躍が期待される16人の紹介が今回の中心テーマ。個人的にはその16人のトップがサッカーの内田ということも含め16人の紹介内容も短く全体的に正直小粒な印象でもの足りなかった。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告