Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3238
5つ星のうち4.3
スタイル名: データ管理ソフトなし|変更
価格:¥67,800+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年8月19日
とにかく速い。
そして一度に2枚以上巻き込むことがない。
確かに凄くよくなってますが…。
紙を巻き取るローラーが、原稿にタイヤ跡のようなラインをくっきりと残してくれます。
どうもローラーのゴムがそのまま黒い跡を残すようです。
調べてみたところ、使用し続けていると薄れるとのことですが、それはそれでいつになるのかという話です。
また元の原稿をダメにしてくれるので、やり直しもききません。
購入された方は、大事な原稿、写真では試さないことをオススメします。

追記。
我慢できず、ローラーを中性洗剤と歯ブラシで分解清掃しました。
洗剤が真っ黒に…そりゃ原稿汚れるわ…。
耐用枚数は減るでしょうが、まともにスキャンされないよりはましってことで。

さらに追記。
ローラーでの巻き込みの力の都合なのか、雑誌での使用は不可ですね。
あっという間にインクでローラーが汚れます。
そして原稿にローラー痕を刻んでくれます。
手の施しようがないわ…。
原稿側のインクと紙質を選ぶ機械ですね、これは。
2コメント2件|530人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月4日
使ってみて、スキャナーとしてかなり致命的な欠陥があることが分かりました。
この件を取り上げたレビューが他に見あたらないので投稿します。

iX500は、S1500のCCDセンサーからCISセンサーに変更されました。
CCDセンサーは、被写界深度と解像度が高い高級センサーで、単機能スキャナーの比較的高価な物に使われています。
CISセンサーは、被写界深度も解像度も低い安価なセンサーで、オールインワンプリンターのスキャナー部分などに使われています。

ただし、iX500に搭載された新しいデュアルコアプロセッサーの力で、CISセンサーながら色味も解像度も適正に補正されており、
一見するとS1500を上回る画質を得ました。
加えて、画像処理プロセス・紙送りの効率化によりスキャン速度は25%アップし、ScanSnapの新しいフラッグシップが誕生しました。

……ように、思えました。
ここまでの情報は、ネット上に溢れる高評価レビューの通り。
それを鵜呑みにして買って、高性能を恣にして幸せなままこのマシンを使い続けてもいいでしょう。

ここからが本題。

高画質なスキャンを得るためにこのフラッグシップマシンを買った人も多いと思います。
私もその一人です。
最初はS1500からの進化に小躍りしながら最高画質でスキャンしまくっていましたが、数十冊スキャンしたところであることに気がつきました。

「およそ2cm間隔で数ミクロン、ライン抜けしている」

最初はレンズに付いた埃のせいで縦線が出ていると思っていました。
ところが、何度レンズを拭いても同じ箇所に縦線が出るし、長い斜めの線があると途中で切れている。
故障したのかと思って、今までスキャンした画像を見てみると、ほぼ全部に同じ症状が出ていた…。

すわ初期不良を掴まされたと思ってメーカーにスキャン画像と共に問い合わせてみました。
すると、信じられない返答がありました。

「iX500は、小さいCISセンサーを並べて一本のセンサーにしている」
「そのつなぎ目でスキャンに漏れが出る」

つまり

「仕様です」

メールの内容を転載しないでくださいと書かれていたので意訳して書いていますが、フラッグシップの存在意義を全否定する内容に目を疑った。

「解像度を落とすか圧縮率を上げれば目立たなくなりますよ!」

およそ4年ぶりのフラッグシップ、ScanSnap iX500には、あってはならない不具合がありました。

紫色、茶色、オレンジ色など中間色の網点の印刷物で症状が出やすく、網点を拡大してみるとライン抜けしてジャンプしているのが分かる。
斜めの線が途中でズレているなどの症状がある。
カスタマーイメージに参考画像をアップしました。

加えて、物理的な欠陥として、被写界深度が低いCISセンサーで鮮明なスキャンを得るために、紙を強い力でレンズに押しつけてスキャンするためか
原稿にローラーの跡が盛大に残るし、ローラーの跡が付いた原稿はもう「保存用」としての意味を失う。

画質もよく見るとCCDセンサーのS1500に比べて妙に安っぽく、補正感が強くてチャチな画に思えてくる(※個人の感想です)。

新しい、早い、USB3.0が使える(環境によって不安定らしいが…)、WiFiが使える、ということにメリットを感じ、
画質はあまり問わない、ライン抜けしてても気にしない、という人なら買ってもいい機種です。
しかし、可能な限り損失がない高画質でスキャンしたい、という向きには用途として合わない。
もっとも、画質にこだわりがなければもっとエントリーモデルを買うでしょうが……。

仕様を理解して、それでも良ければこの機種を買っても必ず損する訳ではないです。
しかし、画質は問わないし原稿は絶対捨てるので超高速でページスキャンしたい、またはOCRが目当てという人以外は手を出すのは一度待った方がいいでしょう。

画質に特にこだわりがある、S1500から買い換えるという人は見送った方がいいです。
そういうユーザーのために、★1として投稿させていただきます。

CCDセンサーを搭載した真のフラッグシップの登場が待たれます。
review image review image
7コメント7件|1,812人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月5日
ずいぶん長いこと調査した結果の購入でしたが、やっぱり次モデルに期待なのかな....
自炊のために購入したのですが、カラーの雑誌をもう少し綺麗に取り込めることを期待
していたのですが、白黒の本を取り込む分には十二分の性能を発揮するのですが、カラ
ーが混ざってくると途端に微妙な仕上がりになってしまいます。
雑誌のカラーページなんて、すぐに筋は入るし取り込んだ画像も最高画質で取り込んで
もかなり粗い感じで、元の本を捨てるのには抵抗があって捨てられません…
0コメント|21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月23日
S1500からの買い替えです
読み取りの高速化に期待して購入しましたが期待はずれでした、タイトルのとおりS1500より縦筋が頻発します
S1500はセンサー部に糊や埃が付着して筋が発生するものの、清掃すれば改善されました
IX500はセンサー部への異物の付着は減ったがそれ以外の原因で筋が発生し回避が困難
筋が発生する原因としては
・ローラーの押さえが強すぎて原稿にあとが残る
・ラッチのような突起が増えており原稿に微細な擦り傷が残る
・ローラーに埃が付着しやすい
上記のような理由で何回やり直しても同じ所に筋が発生して作業が進みません
確かに読み取り速度やシートフィードの精度は上がりましたがやり直しが増えて±0です
ビジネス用途で速度重視のユーザーなら有用でしょうが、印刷物メインやS1500所有の方にはおすすめできません
0コメント|127人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Macユーザーです。
家の本や、捨てるに捨てられない会社の資料等を入れた段ボールが増え、妻からの苦情や勝手に廃棄事件なども起きたので、いよいよS1500を買おうかと思っていた矢先に、新型が出たと知りiX500を購入しました。

旧型と比べてもかなり速くなったというその読み取りスピードは、ScanSnapデビュー者からすると驚愕の速さ。まるで右から左に受け流すがごとくに、スキャンスナップが上から下に紙が排出している間にスキャンは終わり、OCR(文字データへの変換)も割と速い段階で完了します。 処分できなかった紙の資料がみるみる減っていき、断捨離の気持ちが少し理解できました。

iOS対応のソフトも使い勝手が良く、Macを起動しなくてもちょっと読みたい物などを転送できるので、子供の学校の配布物等に通勤中に目を通す時などに重宝してます。(ただ、どうでもいいんですがビックリするほどアイコンのデザインがダサい…)

【使用時の注意点】としては
1)「カラー」をスキャンするときに「裏写りを軽減します」にチェックを入れると色味がおかしくなるので、裏移りの心配がない厚さの紙なら必ずチェックを外す

2)コピー機で一度コピーされた配布物等をデータ化する時には画質は「スーパーファイン(白黒 600dpi 相当)」に設定しないと明朝体の横線がうまく出ない時があるので、試しに1枚だけスキャンしてみて最適なモードに変更後にスキャンする癖を付ける

性能的にはなんら問題を感じませんので細かいですが、【いまいちと感じてる点】は以下の点です。
・Win/Mac両対応になりましたが、マニュアルが一冊で内容が混在しているため、ごちゃごちゃしていて分かりづらい。PDF配布なんだしそれぞれ用にファイルを2個用意しても良かったのではないか、と。

・Mac版はバンドルソフトが少なくAcrobatも付属されておらず寂しい感じです。Winのバンドル版のライセンス料も払われているかと思うと、これらをカットし値段が少しでも安くなったMac版が出れば良いのに…と少しは思わずにはいられませんw それでもOCRソフトがついていて出来も良いので目的と用途に合っていれば家計簿ソフトなどなくても必要十分です。

・もはや円熟の完成度の域にあるような製品ではありますが、蓋の開閉時のガシャン!バタン!という感じが残念。ここら辺に高級感のあるヌルッとした動きがあったら完璧!と感じます。

〜〜
読み取りに際して縦線や、クリーニング等問題が出ている方もいますが、私の環境では問題ありません。
(とはいえ、読み取ったPDFが読めれば良い位にしか考えていないクオリティを追わない非自炊組なせいかもしれませんが。)

毎年増えていく年賀状、なんか捨てるに捨てづらく溜まる一方でしたが、ScanSnapがあれば悩み無用で解決なので気が楽です。
0コメント|218人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年12月14日
紙送りのクオリティが向上しているのに期待してS1500から乗り換えました。予想通り音は静かになり、また複数枚のスキャンでもほぼ間隔を置かずにすいすいと紙が吸い込まれていく(紙を読み込むモーター音が途切れない感じです)ので使っていてとても気持ちいいです。
ですが、一番びっくりしたのはOCRの速度です。S1500ではすべてのページを読み込んだ後にPC上で文字認識が始まるのですが、iX500ではOCRありの設定にしてもPC上で明示的にも文字認識フェーズが発生しません。「あれ?設定間違えたかな?」とおもってできあがったPDFをみてみると、ちゃんとテキストをコピー&ペーストできます。
ようするに猛スピードでスキャンしながら、同時に文字認識もできてしまっているわけです。もう設定でOCRをoffにする理由がなくなりました。これにはほんとにびっくりしました。
これまでに、数冊英語の原著をスキャンしているのですが、分からない単語があったときに辞書で検索できると便利なので、もういちどiX500でスキャンし直そうかと思ってるくらいです。

ということで、これから初めてドキュメントスキャナーの購入を考えている方にも、値段を考慮してもおすすめですし、S1500を愛用なさっている方も買い換えても十分元は取れると思います。

追記:
OCRって言語設定が必要なんですね...。どおりで英語の認識率が低いと思った...。
読み取ろうとする本の言語によって読み取り設定を別に準備する必要がありそうです。
0コメント|292人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
自炊に興味があり、少し前から前機種のS1500、そしてこのiX500について、ここやあちこちのサイトで使用者レビューを数多く見てまわり、そして遂に私もこれを購入しました。
用途は漫画の蔵書のデジタル化です。
しかし、二つの『難点』があり、ちょっとがっかりしています。
読み取り速度は確かに早いですが・・・。

色々な使用者レビューで度々見かけた「目立つ縦線が頻繁に発生する」と「たまに紙を巻き込む事がある」が私の場合もやはり同じように起こります。

縦線については、埃やノリがスキャナ面に付いた時に、それがスキャンの妨げとなって、スキャン画像に縦方向に線として表れるのです。
これについては、読み取り面を両方キムワイプ(ノリの除去は無水エタノールもさらに必要)などで拭くなどすると回避できるのですが、構造的にほこりなどが読み取り面に乗りやすいのか、本当に頻繁に拭かないと、縦線がたびたび発生して、漫画にもよりますがスキャン画像に目立つ形で残ります。(すごい萎える)
ソフトウェアのアップデートで、「読み取り面に埃やノリが乗ってないか?乗ってる場合はユーザーに教える」みたいな機能を追加する事はできないのでしょうかね?
あらかじめ読み取り面を完全に綺麗にした状態で空のスキャンをさせ内部の画像を取得させます。(初期画像)
で、毎回のスキャン前・あるいはスキャン後に空のスキャンを一回するようにすると、読み取り面に埃やノリが乗ってる場合は、初期画像との比較でわかり、ユーザーに「読み取り面が汚れています。拭きとってください。」みたいな通知ができるはず。
今のハードウェアのままこれができるなら、是非ソフトウェアのアップデートで「読み取り面の汚れ検知機能」を追加して、ON・OFFできるようにしてもらいたい。
漫画などで、画像に頻繁に縦線が入っているのを見ると、本当に萎えます。
スキャン自体は確かに早いのですが、中身のチェックにはそれなりの時間がかかるので、「あぁ、また目立つ縦線が入ってら。スキャンやりなおして、チェックしなおしか・・・」と辟易する事も・・・。
結局スキャンやり直しやチェックしなおしの手間を考えて、縦線が乗っていても、そのまま我慢する事も・・・。

「紙の巻き込み」については、縦線ほど頻繁に発生するわけではないので各所でも報告は少ないようなのですが、私の場合もやはりたまに発生するようです。
「ページが全部きちんと離れている事」「セット前に紙をしっかりほぐす事」「サイドのガイドはきっちり隙間なくセットする事」、メーカーの紙の巻き込み回避の説明通りにこれらをきちんとやっても、きまぐれ的にたまに紙の巻き込みが発生します。高速に紙を送る弊害でしょうか。
縦線の場合は、読み取り面を拭いてやり直せばいいのですが、紙の巻き込みの場合は、漫画のページがかなりぐちゃぐちゃになって跡が残ったり、ひどい時には紙が破けます・・・。
当然スキャンしなおすのですが、グチャグチャになったり、破けた状態で漫画のページをスキャンする事になってしまい、汚くなったスキャン画像を見ると、本当に心底うんざりします・・・。

この機種に興味があってユーザーレビューを見ている方は、これから自炊を始める方も多いと思います。私と同じように、漫画のデジタル化を考えている方も。
そういう方々には、あらかじめデジタル化の際の『デメリット』もきちんと理解してから製品を購入してもらいたいです。
この機種の場合、本当にこまめに内部の清掃をしっかりやらないと、目立つ縦線が漫画のスキャン画像に残る事、さらに縦線ほど頻繁ではないものの、たまに紙を巻き込んでしまい、紙がぐちゃぐちゃになったり、最悪破ける事が起こります。
この二つの難点があるため、「縦線が入ったり、紙がぐちゃぐちゃになったり破れた状態でスキャンしても気にならない漫画」しか、デジタル化に向きません。
そういうのが気にならない小説は、この機種でデジタル化に向いてるでしょう。
(小説の挿絵部分はフラッドベッドスキャナで読み込むといい)

私は、購入前は、「かなりお気に入りの漫画はデジタル化せずそのまま残す」「そこそこお気に入りの漫画や、そこまでお気に入りではないが、そのまま捨てて読めなくなるのはもったいないという漫画をデジタル化する」という算段をしていたのですが、縦線がスキャン画像に乗ったり、たまにページがぐちゃぐちゃになったり破れる事があるため、今では「あまりお気に入りではないが、そのまま捨てて読めなくなるのはなんかもったいないという漫画しかデジタル化しない」という風に変わってしまいました・・・。

スキャン速度自体は早いのですが、結局ページ抜けや目立つほこりやその他のチェックに時間がかかり、慣れても一冊デジタル化するのに20分くらいかかる・・・という事も、あらかじめ理解しておいてください。
チェックをきちんとやってないと、本を捨てた後でページ抜けを発見したり、大事なところに目立つノイズが乗ってるのを発見して泣くはめになります。
1コメント1件|88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月19日
非常に高速に読み取り可能で重宝しています。ただし、英文のドキュメントに関しては、頻繁に上下逆さまで認識されてしまうため編集に苦労します。恐らくソフトウェアベースの問題ですので今後の改善を期待します。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月3日
2014年2月購入しましたが、まだ、acrobat Xバンドルでした。XIを期待して、相当待ったのですが、まことに残念。amazonにはまだ古いロットの在庫がたくさんあるのかも。acrobat XI狙いの方はamazonでないほうがよいようです。
0コメント|30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月12日
会社で旧タイプのものを使用していたので、使い方は感覚的にすぐ分かりました。
内蔵されるWiFi機能がものすごく便利で、スキャンした内容をPCに送ったり、スマホに送ったりと自由自在。
また読み取りスピードが早くなっているので、使い勝手が向上しています。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)