Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年10月31日
自宅でアコーステック楽器中心の音楽(クラシックやジャズなど)を楽しむことを考えると、最近の低域強調タイプの多いヘッドフォンには辟易しています。

ヘッドフォンに「重低音」?などありうべくもなく、ベースの音が好きならばともかくも、私がヘッドフォンに求めたのは
装着感に優れ、片出しコードで側圧が適度なことでした。

テクニカのこのタイプはその意味でも申し分なく、解像度、ウッドべースの自然なノリ、録音の良いフル・オーケストラの録音状態の違いまでわかること、そしてなによりも「音」を聞くというよりは「音楽にのれること」でこれを選びました。

これ以外にも同じ900の密閉型と2000も所有していますが、目下一番出番が増えたのはこの機種になっています。

ほかの方のレビューにある「ウイングアームが弱い」?については、本体が軽いがゆえにこのタイプではずり落ちの心配はありません。大きめの耳でもすっぽりとカバーしてくれます。

密閉タイプのこのシリーズは前のタイプにくらべて装着感が落ちたことが残念ですが、オープンエアタイプではまったく使用感は変わりませんでした。

なお、テクニカの密閉タイプ、オープンタイプともに一番コスパの高いのは700シリーズだと思っていますが、
予算の制限があるなら、700シリーズでも十分だとも思います。

ただし、ロックなどを低音バリバリで聞きたい方には向いていないと思います。逆にジャズやクラシックなどのアコーステックを中心に楽しむならこれが目下コスパの面でも最強ではないか?とさえ思います。

家庭でオーディオにこり始めると色々とキリがありませんが、それと比べてヘッドフォンならいくつか違う傾向のものをそろえて楽しむのもいいですよね。

逆に自宅でハイスペックのデスクトップPCなどに1万円程度のヘッドフォンアンプでMP3@320やFLACファイルを中心に楽しむ私のような者には「気軽に楽しめる」と言う意味でも過不足なく十分すぎるヘッドドフォンです。

家で構えることなく気軽に音楽を楽しむならこれか、ひとつ下のクラスのオープンタイプの700がお気に入りです。
0コメント| 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月15日
今までAT製品を多数使ってきたけど、これほど自然に聞ける製品には当たらなかった。
大抵、高音サラサラ、低音不足がAT社のスタイルのように感じていたが、この商品はすごくバランスがいい。
心配なのは、イヤーパッドの材質が早期劣化しそうな気がするところかな。
ウィングパッドも問題なし。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月10日
装着感が良い、ヘッドバンドの調整が不要でいつでもジャストフィット、軽い、蒸れない、音量取りやすい、音抜けが良くて解像度や分離もお値段相応、プラグを付け替えれるので接続端子を選ばない。密閉ヘッドホンやカナルイヤホンを普段聞いてると低音が出ていない様に感じるかもしれませんが、開放型のフラットの割りに出る方だと思います。
mp3のアニソンを聞き聞き流したりVCしながらFPSしたりする分には十分だと思います。
以下駄文ですが、AD1000Xは予算があっても手を出さないほうがいいです、AD900Xと比べ装着感が若干悪化するのと解像度の差がAD2000Xと比べ感じづらい事と、AD2000Xが気になりだすから精神衛生上悪いのでAD900Xか2000Xの2択だと思います。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月10日
 いくらミドルクラスとはいえ、さすがに2万円前後のとなると実際に聞いて選んで買いたかったので、
とあるオーディオ専門店でこれを選び、購入しました。
 選ぶにあたって最終的にSONY MONITOR HEADPHONES MDR-CD900STとのどっちを買おうか迷いましたが、
これにした理由は、音楽鑑賞用としてはどちらが最適かということでした。
と言うのも、両者とも音質・音域は申し分ないのですが、MDR-900STはこれに比べて若干高調子が強く、
耳が疲れにくい方のがいいとなるとやはり高調子は少し控えめな方がいいと思ったからです。
とは言ってもこれが単に高調子が弱いと言う訳ではなく、これは洗練というよりむしろ熟練された、
いわゆる穏和・上品といったような高調子をちゃんと奏でてくれるので、その点に関しては満足してます。
DTMや音声編集用、またはシャープな音の方が好きという方にとってはこれよりむしろMDR-900STの方が良さそうに思えます。
 それとこれにした理由はもうひとつあるのですが、それはやはりフィット感です。
このフォルムは言わずもがなあまり見られない形状ですが、つけ心地と安定感は結構すごいです。
イヤーパッドも厚みがあるので耳がゆったりと収まる感じも気に入っています。
 最後に1点、MDR-900STが密閉型であるのに対してこれは開放型です。
開放型は耳が蒸れにくかったり、重低音がクリアで聞きやすかったりするメリットがありますが、
唯一のデメリットである音漏れがこれの場合特にすごいので、その点は覚悟しておいたほうがいいです。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月1日
 10数年使っていたヘッドフォン、さすがにパッドが傷んできて買い換えを考えていたところ、たまたまamazonに出ていて評判が良いので購入しました。今使っているのが同じメーカーのATH-AD7、品番・形・音の傾向から見てATH-AD900Xは後継機種かと思われます。パッドの耳当たりもソフトで、音質も迫力あるというよりも心地よい感じです。オープンエアタイプなので若干音は漏れますが室内では問題ないでしょう。私にとっては今までの延長線で安心感がありました。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月21日
初めて高価な室内用ヘッドフォンを買ってみました。色々事前に調べて開放型がいいと思いこれを選びました(レビューが一番良さそうで尚且つ予算とほぼ同価格だったか。)
音質としては比較対象があまりないので確かなことは言えませんが、前まで使っていた同じAudio Technicaの2000円ほどのイヤホンよりははるかに音質はいいです(当たり前かw)
オープン型なんで音漏れは勿論です。でもよほどの大音量で聴いていない限り室外にはもれないでしょう。
一つだけ気になるのは装着感。顎の付け根にパッドが当たるので、長時間つけていると結構疲れます。あるYoutubeのレビューを見てみるとその人は何の問題もないそうなので、自分の頭の形に相性が悪いのかと。頭の形によって疲れる人と疲れない人がいると思うのでもしかしたら店頭で試着(?)出来る店で試してから買うか否かを決めたほうがいいかもしれません。
コードが3mと長い上、リケーブルができないのでコードの取り扱いが少しネックかも。
ですが非常に気に入ったので☆5です。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月26日
オーディオに詳しくはありませんが、ゼンハイザーHD598と聞き比べて自分は900Xの方がクリアに感じこっちの方が断然良く思えました。
ただ付け心地だけは、HD598の方がはるかに上に感じましたがコスパ合わせて迷わず900Xを選びました。
以前の6000円くらいのヘッドホンから見れば音楽はクリアになってBru-rayを見れば音の奥行きの広がりがすごいと感じました。
ハイレゾを聞かない自分としては、性能的にこれで最高峰ではないかと思います。
音楽は問題ないですが、Bru-rayを見る時にオープンタイプなので低音不足を心配してましたが本体側でBASSの切り替えをしてやれば迫力のある音が出てなんの問題もありませんでした。
自分的にはとても満足しています。
追伸
これで映画とか聞くと周囲から音が聞こえてくるようで感激しました。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月21日
私は今まで密閉型のヘッドフォンばかり使ってきました。
このヘッドフォン自体私のようなオーディオ初心者にしては結構高いので、結構迷って買いましたが今では本当に買って良かったと思っています。
(あまりオーディオに詳しくないので間違っている場合もあるかもしれません)

-音質-
まず、開放型なので音が凄くクリア。
それと、低音の厚みがいい感じ。
多分エージングの影響もあるとは思いますが高音/中音のクリアさを邪魔しない程度に低音に厚みがあって非常にいいです。
しかし、密閉型のような迫力はないので注意。

-装着感-
Air Dynamicシリーズの特徴である"3Dウイングサポート”が結構いい感じなのですが、私は耳に覆いかぶさっている髪型なのでヘッドフォンが滑ってしまいます。
なので、"3Dウイングサポート"に開いている穴にヒモを通して自分の頭の大きさに合わせると他のヘッドフォンとは比べ物にならないくらいフィットします。
しかし重量が結構あるので長時間(3~4時間)つけていると結構疲れます。

-その他-
この価格帯だとリケーブルが可能なものもありますがこのヘッドフォンはリケーブル不可なので買う場合は気をつけてください。
それとコードの癖が全然取れない。
耐久性に関しては結構あると思います。 何回も落としていますが大丈夫そうです。

長々と書きましたが結論としては買う価値は十分あると思います。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月25日
昨年は、AD500Xを購入して満足していた私でしたが、
お店で、AD900Xを何度も試聴しているうちに
絶対に買うならAD900Xにした方が良いと心に決めて、
今回はAD900Xを購入しました。

ケーブルは、あいかわらず安っぽいゴムケーブルで
絡みやすいと思います。音質はAD500Xと比べると
こもり感がなくなり明瞭に且つ、
音の厚みもあり、音楽DVDに最適だと思います。
開放型を新しく購入する場合は、この商品から
始めることをオススメします!

追記:このレビューは、眠気に襲われながら作成
しましたが、ソースによっては高音がキツく感じ
られると思いますが、エイジングによって良くなると
思いますので、このヘッドホンを末長く使って
いこうと思います。同メーカーのサラウンドヘッドホン
のスペックもこれとほぼ同じです。参考までに。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月9日
こいつでエレクトロ、オーケストラ、軍歌、ゲームミュージックなどを聴いた。
オーテクということで正直低音には期待してなかったが、これは高音〜低音をバランスよく出すことが出来ていた。(低音を重視している人にはこの価格帯では物足りなくなりそうだが…)
音のバランスがよいため潰れていた音がよく聴こえるようになった。
最初に聴いたときは音がこもった印象を受けたが、数曲聴いてるうちに慣れるはずだろう。
つけ心地としては、耳をすっぽりと覆うタイプで、なおかつパッドも柔らかいので耳が痛くならない。ただ頭の小さい方には少し大きく感じるかもしれない。
2万前後のヘッドホンとして十分な機能を持ち合わせている。とても良い。

追記
あの後様々なヘッドフォン,イヤホンを買ったけれど、高音域ではこのヘッドフォンが一番。EDMのような重低音を聞く人はこのヘッドフォンをおすすめしない。ただ、女性ボーカルを中心に聞く人にはこのヘッドフォンが一番コスパいいかと
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)