カスタマーレビュー


18レビュー
星5つ:
 (6)
星4つ:
 (10)
星3つ:
 (2)
星2つ:    (0)
星1つ:    (0)
 
 
 
 
 
おすすめ度
あなたのご意見やご感想を教えてください
自分のレビューを作成する
 
 

評価が高い有用性のあるレビュー
評価が高くない有用性のあるレビュー


20 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 素晴らしい作品でした
基本的なストーリーは公式サイト等を参考にして頂くことにして、
ここでは、私が特に言いたいことだけを書きたいと思います。

本作品は前作「殻ノ少女」からの続き物で、前作プレイ必須です。
というのも、本作で語られない主人公の情報が多く、
主人公の心情(必死さ)を理解し、感情移入するためには必要不可欠だからです。
感情移入した上で本作をプレイすると・・・泣きます、叫びたくなります。
プレイし終わった後のカタルシスが凄いです。
久々に何も手につかなくなる状態に陥りました。

さて、ストーリーは面白かったのですが、システム周りに不満があります。
私が気になったのは、メッセージスピードとスキップ機能です。...
投稿日: 18か月前 投稿者: ねくすと

対
3 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 時坂玲人のフルボイスは嬉しいが総合的に少し残念…
シナリオは☆4
真崎の過去篇が
無駄に長いのがマイナス
エッチシーン☆2
女性キャラ絵が日本人形みたいで…
好みで無いのと淡白なのがマイナス
キャラ絵は殻の少女の時の方が良かったです…
総合で☆3
次回作は
キャラ絵を殻の少女の時のデザイン絵に戻して欲しいですm(__)m
投稿日: 3か月前 投稿者: 坂田銀時


‹ 戻る | 1 2 | 次へ ›
有用性の高い順 | 最新のレビューから

20 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 素晴らしい作品でした, 2013/2/13
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: 虚ノ少女 初回限定版 (DVD-ROM)
基本的なストーリーは公式サイト等を参考にして頂くことにして、
ここでは、私が特に言いたいことだけを書きたいと思います。

本作品は前作「殻ノ少女」からの続き物で、前作プレイ必須です。
というのも、本作で語られない主人公の情報が多く、
主人公の心情(必死さ)を理解し、感情移入するためには必要不可欠だからです。
感情移入した上で本作をプレイすると・・・泣きます、叫びたくなります。
プレイし終わった後のカタルシスが凄いです。
久々に何も手につかなくなる状態に陥りました。

さて、ストーリーは面白かったのですが、システム周りに不満があります。
私が気になったのは、メッセージスピードとスキップ機能です。
メッセージスピードは、Fastにしても表示が遅く、細かな調整が出来ないのがひっかかりました。
スキップ機能は単純に遅いのが不満です。
ただでさえ話が長く、Trueに行くには2周目必須なのに、
序盤の選択肢によって終盤にBadになることもあるので試行錯誤でプレイするのが苦痛です。
2回Badを見た後の3回目のスキップ中は違うことをしながらプレイしていました。
プレイに集中できないのでその点が勿体無かったと思います。
次の選択肢まで跳ぶ機能があってもよかったですね。

結論として、システムに不満はありますが、ストーリー、絵、音楽は素晴らしいクオリティで
この値段でも納得の出来でした。
次回作が今から待ち遠しいです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


25 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 殻ノ少女シリーズ三部作の二作目, 2013/2/12
レビュー対象商品: 虚ノ少女 初回限定版 (DVD-ROM)
美少女ゲーム業界では最近少ない貴重なミステリー・サスペンス物の大作。
今作はシリーズ全三部作の2つ目の「煉獄篇」にあたります。ちなみに「殻ノ少女」は「地獄篇」であり、完結編は「天国篇」となる予定です。
前作「殻ノ少女」のプレイは必須です。(「カルタグラ」も出来れば。)また、体験版は本編の前日譚になっているのでこちらもプレイしておくと良いと思います。

シナリオ、CG、音楽のクオリティはどれも高く製作期間が長めだったのも頷ける出来だと思います。特に美麗で水彩画チックな塗りのイラストが作る独特の世界観とどこか妖しい雰囲気は他メーカーの追随を許さないと言えるでしょう。
ただシステム関連が非常にそれらの足を引っ張っており、クリックの反応やスキップの遅さはとても気になりました。(一周するのにスキップで大体三時間程かかってしまいます。)
次の選択肢へ飛ぶ等の機能は付けて欲しかったです。パッチでどうにかなりそうなら今からでも実装してほしいし、次回作以降は必ず改善してほしい点です。
一周目は特定のEDにしか行けず二周目以降が本番となります。具体的にはED8を見ることでタイトル画面が変わり、シーンも多数追加される仕様です。
ED数はBAD含めて11。Hシーン数は8。Hシーンはもう少し増やして欲しかったです。なぜこの女性キャラのシーンが無いのかというが多数あるかと思います。
捜査パートは前作よりも簡単になっていて理不尽なところは無くなっている印象です。

シナリオは山奥の集落にある戦前からの慣習と偏執、カルタグラ・殻ノ少女と繋がる事件と因縁、人々の数奇な関わりがテーマです。また”シリーズキャラとは無関係の過去編”は存在しませんのでご注意を。
過去編はテンポが悪く冗長に感じるが丁寧な描写のおかげでキャラに深みが増し、結果的に現代編をより面白くしていると思います。過去と現代が密接に関わり、それが一つの事件へと繋がるシナリオ構成は見事です。
事件そのものの猟奇性や犯人の異常性は前作よりも少し弱まっていて、推理が苦手な私にも比較的楽に犯人を当てることが出来てしまったのが残念な点ですが、魅力ある多数のキャラをうまく絡ませていて物語自体の完成度は前作よりも高いと思います。
各BADエンドも面白い終り方なので難しければ攻略情報を参照しつつ回収してほしいです。(上記のとおりシステム面が不親切なため面倒くさく感じてしまうと思いますが)

1月20日以降の物語進行からのトゥルーEDの結末、切なく美しい旋律のED曲「ソレノイド」、その後のタイトル画面の演出、この一連の流れは鳥肌が立つほどに素晴らしかった。この作品の真価はここであり、ここの部分だけでも購入して良かったなと思えました。
特に殻ノ少女をプレイした方には是非プレイしてこの結末を見て欲しいです。パラノイアを断ち切ることが出来たのか。誰が救われて誰が救われなかったのか。救いとは何なのか。

完結編とても楽しみにしているのでメーカー様には熱がさめないうちにあまり間を置かずに発売してほしいです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 感慨深いストーリー, 2013/2/18
レビュー対象商品: 虚ノ少女 初回限定版 (DVD-ROM)
前作、殻ノ少女の続編とはいえ虚ノ少女にて起こる事件は独立して いますが、主人公の偏執(パラノイア)をより知るには最低でも殻ノ少女のプレイは必須となります。trueEDの感じ方が大きく変わると思います。

今作ではその偏執が一つのテーマであるのは間違いないのでしょう。話中にもよく出る言葉です。推理自体は前作より容易にでき、先が見えやすいのは残念ですが、分かるだけになんとも言い難い気持ちになります。しかしストーリーはよく作り込まれており、次回作への伏線は残しているものの、多数の人物や事柄を上手く絡ませているのは良かったと思います。

また後日談ともいえるtrueEDを見た後は私自身が虚になった気分でした。このメーカーは裏切りませんね、この手のストーリーは。paranoiaED見た後だと複雑になる。

しかしシステム、というよりスキップ機能なんですが、これがプレイヤーのやる気を削ぐ原因になっています。今回は2周目を行わないといけないのですがスキップしてもそこまで早くなく、所々に選択肢等が出るのであまり目が離せなくなり、一日の時間が長く感じます。それで選択肢を間違えるとやり直しなので辛い。パッチが配信されているようですが、初めから実装してほしかった。

ですが、それさえ改善されれば間違いなく重厚で良質のミステリーであるし、最近の18禁とは思えないこのゲームを読み物として考えると、とても貴重なものと思います。

ゲーム中の小説、ネアニスの卵は神曲の地獄編、プルガトリオの羊は煉獄編を模していそうなことからも次回は天国編となるのは明確でしょう。私の勝手な思い込みですが。
次回作のキーマンとなる少女は誰か、主人公に救いはあるのか、システムの改善を求めつつ、期待して待つことにします。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 プレイ前の方へ, 2013/2/28
レビュー対象商品: 虚ノ少女 初回限定版 (DVD-ROM)
【システム面について】
他の方が書かれている通り、製品版をそのままプレイすると
スキップの遅さや、セリフの間隔の長さが苦になると思います。
加えて、攻略のために一度は最初からプレイし直す必要があります。

ですが、これらは公式HPにてパッチが出ていますので
当てることを強く推奨します。
これによって、スキップ速度が向上するはずです。

【シナリオ面について】
本作『虚ノ少女』は三部作の二作目であり、
必然的的に前作をプレイ済みであることが要求されます。
また、同ブランドの旧作からの登場人物もいるので、
時間に余裕のある方は、すべてプレイして頂きたいと思います。

前作では、散々模倣と言われましたが、今作はシナリオ・演出も含め
オリジナルと言えると思います。
犯人の目星も比較的簡単につくと思います。
ただし、謎解きの難解さはそれほどではない割りに選択肢やルートが
多く、その点で攻略は難しいかもしれません。

次回作に続くルートも含め、多くのルートは決してハッピーエンドではありませんので、
ミステリーの謎解き後の爽快感といったものはなく、
むしろ深い溜息をつくことになると思いますので、そういったものを求める方はご注意を。

【次回作について】
次回作のことを考えると、果たして主人公は人並みの幸せを手に入れることができるのかも
怪しい終わり方です。
(特に鬼の八兵衛の名前が作中で出てくる点など。しかし八木沼が作中で現金の通しナンバーを
確認してるので、そうはならないという前ふりなのでしょうか。)
次回は時坂と秋吾のW主人公で逗子が舞台になりそうな気がします。何にしても、七七が
いきなり出てきて出番をかっさらうのはやめていただきたい。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 良かった…。幸せそうで…。, 2013/3/2
By 
レビュー対象商品: 虚ノ少女 初回限定版 (DVD-ROM)
TRUE end後に現れるスタート画面での冬子の幸せそうな顔、メッセージ見ればこのコメントしか出てきませんでした。
特典ドラマCDも必聴です。トラック1で冬子の言っていた「時坂さんへのお土産」の意味がTRUE end後にやっと分かりました。

人の死と、人それぞれの人生の意味を考えさせられる作品でした。例え短い人生でも成すべき事を成せれば、きっと人の人生は幸せなのでしょう。
時坂さんにとって、前作『殻ノ少女』で成した事、成せなかった事。今作で成すべき事。そして是から成さなければ成らない事。
冬子が『虚ノ少女』で全てを賭して成し遂げた事。皆さんの目で確かめて下さい。

TRUE end後のスタート画面で流れる曲は「冬子」という題名なのですが、ギャラリーのミュージックには登録されません。
別売の虚ノ少女サントラにのみ選曲されてますので、TRUE endにたどり着いた方でこの曲が気に入った方は、是非サントラも購入して聞いてください。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 今作もいい出来, 2014/1/1
レビュー対象商品: 虚ノ少女 初回限定版 (DVD-ROM)
前作プレイ済。最後のシーんで泣いてしまいました。丁寧に描かれていく長大なストーリーに引き込まれ、待ち受けるラストで主人公が発したセリフに心を打たれて涙が溢れました。次はとうとう最終章!今から期待です!
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 前作引き続き, 2013/5/15
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: 虚ノ少女 初回限定版 (DVD-ROM)
殻ノ少女2作目
前回に引き続き昭和終戦後の情景描写、心情描写、その世界観を穢すことのない挿絵と音楽。
世界観を壊さない文章回し舌を巻くと共に、絵の綺麗さに二度感動。音楽で三度感動。
ストーリーで逃げられなくなるといった親切設計です
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ストーリー、BGM、絵はすばらしい。システムが致命的に駄目, 2013/2/13
レビュー対象商品: 虚ノ少女 初回限定版 (DVD-ROM)
 「殻ノ少女」も知人から薦められプレイ済みです。前作同様、絵と音楽がすばらしいです。ストーリーについても、過去編などでは無駄に冗長な部分も見受けられましたが、よく練りこまれた構成でよかったと思います。もともとミステリーモノ、サイコモノがとても好きなので、楽しんでプレイできました。

しかし1週目が終わり、トゥルーエンドを目指すべく2週目。
・・・何なんですか、これは。
スキップが遅いです。遅すぎます。どういう設定にしても大差ありません。他の作品でもこれぐらい遅いものはあるとは思いますが、周回を前提としている作品だけに、この遅さは致命的といわざるを得ません。少しの遅さでも塵も積もれば・・・という感じで最初の選択肢に到達するまで30分前後かかったような気がします。エンディングが何種類もあるのに、律儀に何度もテキストを読む酔狂な人は少ないはずです。発売する前に、製作者さんは気にならなかったんでしょうか?
「選択肢までスキップ」や黄昏のシン○ミアのような「チャートシステム」があれば間違いなく最高評価をつけたでしょうが、とても残念ですね。他の作業をしながらプレイした稀有なゲームとなりました。

もっとも、システムの駄目さを考慮しなければよいゲームだと思います。こういう雰囲気のゲームがもっと出て来て欲しいと思います。
3部作らしいので続編に期待します。
・・・パッチで何とか早くなりませんかね・・・
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


15 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 会話のテンポに違和感を覚える, 2013/2/12
By 
フェンリル (東京都世田谷区) - レビューをすべて見る
(VINEメンバー)    (トップ500レビュアー)   
レビュー対象商品: 虚ノ少女 初回限定版 (DVD-ROM)
タイトル通り会話のテンポ(文字送り)に強い違和感を覚える
システム上のエフェクト(効果)なのだろうか
読み進めるのにとにかく時間がかかる
内容もボリュームのある長編なので
これが致命的なほどに作品の良さを奪ってしまっているような印象。

PCを変えたり、設定を弄って調整したりして
何とか違和感を払拭しようとしたが仕様ではどうすることもできない
上記の仕様のせいでスキップもまた遅く感じるし
システム周りに足を引っ張られすぎてゲーム自体が台無しになっている
しかもEDが10種類以上あるような周回プレイを前提にしているので
こういうシステム(エフェクト)の不具合はユーザーに対して優しくない
内容的にも長い上に「過去編」が入るなど中弛みしやすい要素も多く
おまけに捜査パートや推理要素も健在なので
時間をかけてゆっくりプレイするにしても
ユーザーのほうが内容を忘れてしまい作品についていけなくなる虞がある。

いっそのこと分岐や推理を捨ててでも
このシステムを変えられないなら完全に一本道でやってくれたほうが有難かった
内容とシステムがあまりにも噛み合っておらず
原画、音楽、ストーリーとどれをとってもに素晴らしいにも関わらず
システムの不具合(仕様)で作品性のようなものを壊してしまうのは
メーカーとしても不本意だろうし、ユーザー的にも期待感を裏切られる形になるので
ただただ勿体無いなという感想しかもてない。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 非常にクオリティの高い作品, 2013/5/6
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: 虚ノ少女 初回限定版 (DVD-ROM)
悪い店
・インストール関連は、中身の質がいいだけに気になる。是非しっかりされてほしい。
・時代考証が気になる。意図して外されているのか、忠実であろうとするなら、あの時代に男女が軽々しく接しすぎる?のは違うような?それも演出?
・立ちグラでの父のタバコは、飯の時はやめたほうがいいような気がした。あと、過去編の数人は、雪国の割に服装が寒そうだった。
・やくざの声が、明らかに素人すぎて浮いていた。他の質が軒並みいいだけに、何だか小さな粗が目立ってしまう。
・分岐から分岐へ一気に飛べるようなスキップがほしい。これだけ長い作品だと、スキップが永遠と続くだけでやりたくなくなるので、快適さがあればもっと楽しいと思う。
・とにかく作品の質が非常に高いだけに、スキップ関連が本当にどうにかならないかと何度も思った。推理で間違ってもしばらく物語が続くのではなく、間違ったら直ぐ殺してもらえれば、どこで間違えたかわからない選択肢をしらみつぶしにスキップする作業に時間を取られず、快適にプレイできたかもしれない。

良い点
・親父はうざいが、いるとどこか安心する。ファンサービスとしていい感じかもしれない。
・過去編から、現代へ、登場人物の成長や老いを見るのは、何だか深く物語に入り込めていい演出だった。
・男性陣がカッコイイ。声優の演技も素晴らしい。30歳前後の老成でもなく、若さが前面に出ているでもない感じが書かれていて、よい感じだった。
・雰囲気のあるのが素晴らしい。上品なPCゲーム、というのは中々なく心地がいい。読ませる感じなのが特にいい。
・殻の少女の続編というのもあるが、以前のカルタグラからの四部作のような感じもする。『パラノイア』をやっていたので個人的にはとても良かった。
・絵のクオリティが凄まじい。
・シナリオが素晴らしい。トゥルーエンドは、今までのオマージュを超えて完全に『イノグレ』の作品が確立された感覚がした。前回を引き継いだ上で物語が紡がれているので、無理に都合よい展開に流れないのが、なお素晴らしかった。
・声優が男女問わず上手だった。
・キャラ付けが不自然ではないのがやはり安心して見れる。とうじの味噌押しはカルタグラの頃からだから仕方ないのかな?

単なる感想
・個人的に思ったのだが、七七は嫌われているから再登場はないのかな?ここまでオールスターが揃ったら、出てきて欲しい気もする。
・高城夫婦にも個人的にちょっと出てきてもらえるとファンサービスみたいに感じる。
・紫はもうこのままいって欲しいきがする。イノグレくらい、妹とどうにもならない会社があってもいいと思う。
・全体的にとても楽しめた。音楽、世界観、シナリオどれも素晴らしい。特にビジュアルがとても美麗。
・稀有なジャンルで魅せるメーカー。今回は、製作期間を長く取られていただけに、このシリーズを最後まで追いかけたいと思わせる非常に丁寧な仕事で、物語に浸れた幸せな時間を過ごせた。
・次回を楽しみにしています。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


‹ 戻る | 1 2 | 次へ ›
有用性の高い順 | 最新のレビューから

この商品

虚ノ少女 初回限定版
虚ノ少女 初回限定版 作成者 Innocent Grey (Windows)
¥ 10,584 ¥ 8,474
在庫あり
カートに入れる ほしい物リストに加える
この商品のカスタマーレビューだけを検索する