Androidアプリストア Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.885
5つ星のうち4.8
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年1月31日
久しぶりに持っていてワクワクさせてくれるカメラです。日頃、EVFや液晶画面での撮影に慣れてしまって、いつの間にかファインダーを覗いてシャッターを切る感覚がなくなってしまった今日この頃、このEOS 6Dは写真を始めた頃の自分に帰れる気がしました。大きなファインダーで35mmの画角でみる景色は懐かしさと同時に安心感があります。やっぱ一眼レフってこういう感じだよね、と初めて一眼レフを買った時の気持ちに戻れます。同じフルサイズでもEOS 5 mark IIIと比べられますが、普通に写真を撮る分には申し分ないです。視野率がどうのとか、シャッタースピードがどうのとか言われますが、昔の一眼レフも似たような感じだったと思えば全く気になりません。むしろコンパクトなボディであることの方がよりシャッターチャンスに恵まれると思います。是非、ご自身の手にとってシャッターを切って、出来た写真を見て下さい。僕のように昔から一眼レフを使っていた方には、是非お薦めしたいと思います。また、写真が楽しくなる一台です。
1コメント1件|70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
 普段使いのカメラとしていい感じのカメラですね。
 世間ではそれほど注目されていない感じですが、実際に使ってみるとなかなか良いモデルです。

 フルサイズセンサー搭載で小型軽量と言うのが非常に気に入りました。
 従来、外出時の鞄にはKiss X4を常備して、撮影の予定があるときには5D Mark2を使うというスタイルだったのですが、このサイズでこの画質ならば2台を統合することができます。
 センサーサイズが異なる2台を持っていたため、レンズを2系統揃えることになっていましたが、フルサイズで統合できることでコストも保管スペースも削減できます。 EF-Sレンズ資産を売却できたので、ちょっと差額を出す程度でこのボディを購入できてしまいました。
 撮影の画質は良好で、高感度特性はさすがのフルサイズという感じ。 ちょっと暗い店内などで撮影する時、X4ではきつかったですが、こいつならISO3200とかでいけるので、普段の撮影がぐっと楽になりました。

 また、WiFiが標準でついているのも普段使いには便利。
 大量に撮影する用途ではあまりいらないかもしれませんが、オークション出品用に数枚とか、外で見かけたものをちょっと数枚、みたいな撮影では、いちいちカードを差し替えたり、ケーブルを挿したりするのが面倒でした。 Eye-Fiを挿すとか、WiFiユニットを後から付けるのもアリですが、標準で載っている方が良いですね。

 CFが使えないのが微妙に思いましたが、UHS対応になっているので、Sandiskの95MB/sモデルを使用して問題なく撮影できています。

 アマチュアカメラマンが普段からフルサイズを使いたいと言うニーズにベストマッチする一台だと思います。
0コメント|131人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月28日
ニコンのD600からレンズ一式を売り払い、EOS6Dのキヤノンに移行して1年以上経過していますが満足しています。

ボディとしての出来はニコン機の方が素晴らしく、スポット測光やシャッター速度の設定に柔軟性があったり使いやすいものでしたが、AWBが非常に信頼でき安定している事、キヤノンの出力する色が軽い編集でも好ましい発色になる事からPhotoshopでゴリゴリにいじれる方ならニコン機でもいいのかもしれませんが、出てくるデータとしてはキヤノンのEOS6Dの方が気に入っています。
またレンズの癖がニコンよりキヤノンの方が私好みでした。

それと私はポートレート主体ですので、この機種のプアな部分であるAF性能についてもそこまで気になりません。

出てくる絵から価格を考えるとかなり安価だと思えますし、ポートレートやスナップ写真をメインとする方にはオススメします。
1コメント1件|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
7Dから買い換えで初フルサイズです。

7D使いとしては当初はAFと最大シャッター速度、連射に不満がありましたが、いざ使ってみるとネガティブなイメージは払拭出来ました。
AFに関してはやはり狭くて測距点も少ないのですが、せいぜい動物園の動物くらいしか動きものを取らない私としては意外とこれで困らなかったです。
またシャッター速度に関してもISO100や拡張ISO50が使えるおかげでF1.4でもNDフィルター無しでなんとかなることも多いです。光源次第ですが……。

操作系等は7Dとは結構違うので「アレ?」となる場面もありましたが、こちらも慣れればまあ問題はないかなぁ。
ただ、7Dと違ってホワイトバランスはQボタンかMENUから設定するしかありません。WBオートで撮ることが多いですが無いとなると少し不便です。
またシャッターの感触や切れ味も7Dの方が上です。7Dは「カシュ!」って感じだが、6Dのシャッターは「カコン!」という感触で今ひとつ。

画質や高感度性能は7Dとは比べるのも酷なくらい違います。
個人的にISO6400は普通に使えますし、ISO12800も許容範囲です。さすがフルサイズ。
動きもの用に7Dも残しておこうかと思っていましたが、画質がこうも違うと正直なかなか使う気が起きません。売ってレンズ代にしてしまうかも……。
内蔵WiFiもあると凄く便利です。転送だけならFlashAirやEye-Fiとかでも出来ますが、こいつは撮影コントロールまで出来ます。

そろそろAFのパワーアップした新型も出そうですが、20万は軽く超えそうな気配なので、現在15万を切っているこいつはなかなかお得だと思います。
正直、当初はフルサイズKissとか小馬鹿にしていましたが、こいつは十分使えます。使えば評価が高い理由が分かる機種です。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月28日
デビューしてすでに時間が経っているので語り尽くされた感じだけど見渡してみてコレに代われるのがあるか?と思っても「ない」と思う。
スペックでは、同社や他社の上位モデルは上回るけどやはり「軽い」のはない。
またコマ速では遅くとも必要な範囲を考えてみたらこれ以上は要らない。
とにかくスゴいのが、ハイゲインでもノイズが少ないく他のよりも上回る。
これらをまとめたら意外に最強モデルではないかと思う。

今の自分の仕事上では欠かせない相棒です。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月2日
キヤノンのカメラは60D 5DmarkII 5DmarkIIIを使用していますが、5Dmark2に置き換える目的で6Dを購入しました。
良かった点とイマイチだった点をレビューさせて頂きます。

【良かったところ】
※フルサイズ機として携帯性がとても良い
※暗い環境でAFが合焦する(-2EV〜の他機でも不便を感じた事が無かったので恩恵はありませんが、驚きました。)
※静音シャッターがとても静か。好みの問題ですが通常ドライブのシャッター音も小さいです。
※連射は秒4.5コマと少ないですが、バッファが持つのでストレスが軽減されます
※殆ど使いませんがGPSが内蔵されている為、『軽さを活かして旅行へ携帯』というコンセプトにハマる方はいらっしゃると思います
※高感度ノイズがとても良く抑えられている。(絵の傾向は5Dmark2や5Dmark3とも違いますが、mark3寄りに感じています)

【イマイチなところ】
※5Dmark2よりもAFの歩留まりは良いのですが、中央以外のAFポイントを使うと5Dmark3と比較して、ラインセンサーのフォーカスが外れている事があります。
 そのため、大口径単焦点(85L 135L)をを使う際にコサイン誤差を我慢するか、確率でAFが外れるのを許容するか悩んでしまう事があります(レンズとボディはSCで調節済みです)。
 5Dmark2は中央AFのみ信頼性が高かった為、コサイン誤差に悩む方が多かったと記憶していますが、その経験が6Dに活かされていないのは悲しくなりました。
 6Dは最エントリー機ではないので、賛否両論こそあれ・・・AF測距点の数はともかく、全点クロスセンサーを搭載して頂きたかったです。
 その方が、フルサイズのボケを存分に楽しむ大口径を積極的に使い易いのに・・・と少し残念に感じています。
※メニュー設定の数が多く、項目を移動するのに若干手間がかかります。5DmarkIIIのようなQボタンによる大項目スキップを採用して欲しかったです。
※5DmarkII程ではありませんが、若干ミラーショックがあります。
※シャッター限界1/4000
※ファインダー視野率97%

【どちらともいえないところ】
※マルチコントローラーが60Dと同じタイプで、測距点の変更や画像チェック時の拡大部移動が他キヤノン機より少し手間です。
 60Dの操作と比べると、AF測距点の移動挙動(回る順番)が違っていたり、完全に踏襲されている訳ではありません。
 しかし、60Dには搭載されていないマイクロアジャストや縦位置横位置AFポイント自動切り替え等、EOSミドル機の基本的な機能は搭載されています。
※シングルスロット
※露出の傾向が5Dmark3と違う。(AEで露出を決めた場合若干正確さに欠けます。問題が出るほどではありません。)
※絞り込みボタンが押しづらい(EOSの場合はあまり有用性がありませんが、ボタンの割り当てが出来るので・・・)
※シンクロ1/180 端子が無いので、外部にシンクロする場合ホットシューにアダプタを噛ませないといけません。
※フォーカシングスクリーンが変えられる(AF使用が前提とされているEOS,EFレンズを使う分には、透過液晶と比較してどちらが良いか判りません)

【総合して】
5Dmark2に追加して5Dmark3を購入した際は、基本性能やAFの信頼性がとても高くそれだけで満足でしたが、6Dを5Dmark2に置き換える為に購入して感じた事は
フルサイズ機にしてこの軽さ・・・WifiやGPSを外付けではなく内蔵しているといった・・・ 新しいフルサイズ機のかたちでした。
日頃6Dには40mmSTMやMFレンズをつけっぱなしにして、2台or3台体制で撮影に臨む時のみ大口径レンズを付けるように使っていますが、軽さは正義だと心から感じる次第です。

5Dmark3をレビューさせて頂いた際、中央AFのみで良ければ5Dmark2も購入の候補に・・・と書きましたが、
中央1点のみがクロスセンサーのフルサイズエントリー機が本当に発売されるとは思いませんでした。
高感度耐性の向上や新型アクセサリに対応&GPS等を内蔵している点等は、とても満足していますが、
他社マウントと違ってAFとレスポンスに特化し刷新されてきたEOS-EFマウントのカメラでありながら、
2012年発売のフルサイズ機が中央1点のみクロスセンサーという・・・
6DのAF性能に関しては、色々と思う所があります。中央以外のAFはお世辞にも最高とは言えません。

フルサイズエントリー機として、6Dの性能面のみを評価すると星5は妥当で無いかもしれませんが、軽さ・基本性能を外していない点・価格やコンセプトが素晴らしい為星5とさせて頂きました。
0コメント|123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
画角で考えると35mmフルサイズとAPS-Cではそれぞれ長所・短所があり、画角に関しては広角域ではフルサイズに長所が、望遠域ではAPS-Cに長所があります。子どもの運動会など、遠方からでもうまく撮りたかったので、望遠効果があり連写にも強いEOS40Dを4年ほど使ってきましたが、全体的にバランスに優れたカメラという印象はあるものの、やはり技術的進歩の発展途上段階で、40Dユーザーならよくご存知の通り、高感度ではISO800が限界です。

このたび親戚の結婚式と披露宴で写真を撮ってあげることになったのですが、式場では天井の高さが5メートル以上あること、披露宴会場の天井は式場の高さと同じくらいではあるものの、板状のものが貼られていて、白色ではないことがわかりました。そうなると外付けストロボ(430EX)でもバウンスが使えないので、被写体への直射にならざるを得ないのですが、白飛び等光量バランス調整の難しさから、できればこれは避けたい。光を和らげるだけならディフューザーを取り付ければそれなりに役には立ちますが、被写体に光が回り込んだ美しい写真を撮るという点では、根本的な解決にはつながりません。またバウンスが使えないなら、むしろストロボを使わずに撮影する方が綺麗に撮れるのではないかと思い、高感度耐性の高いフルサイズの最新機種である6Dを購入してしまいました。ISO値を上げれば(12800くらいまでなら個人的には問題なし)シャッタースピードが簡単に上げられるので、暗所でも被写体ブレのない写真が撮れます。

尚、本体重量は40Dより60グラム軽いです。わずかな差ですが感覚的には大きな差です。グリップは手に吸い付くような表面処理が施され、しっかりとカメラをホールドできます。またキヤノンの場合、手ぶれ補正機能(Image Stabilizer)がレンズ側についているアドバンテージを生かせたことも、APS-Cサイズと変わらない小さなカメラ本体でフルサイズが実現できた一因でしょう。

そしてシャッター音がこれまでの「パコンパコン」系から「カシャンカシャン」系に大きく変化したことも大きな喜びです。

キットレンズについてはLの割りに周辺光量落ちや広角域での歪曲収差が激しいというような批判があるのは承知してはいますが、DPPで補正すれば問題ないので気にしません。それよりも標準ズーム域での使いやすさや色乗りの良さを考えると、やっぱりLの称号に相応しいレンズだと思います。

ということで、6Dは買ってよかったと思えるカメラです。
2コメント2件|110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月14日
昨年10月下旬本機を購入、使用約3ヶ月、現在の6Dで5代目となるEOSシリーズ大フアンです。
他の月間写真刊集でフルサイズ版の威力に感銘、2年も前から購入計画していました。
レンズもEF24~105mmIS STM,手振れ防止をほぼ同時購入でした。
主に山河撮影なので四季の広大景色、路無き、草竹ヤブでの使用が過半数です。

そこで求められるのが軽量、小型フルサイズ、以前液晶モニター開閉式が便利かと思い
液晶モニター開閉式の機種を購入しましたが、移動の度の開閉が傾斜地面で転倒事故破損寸前を
経験し、酷使山河撮影には向かないことを知り諦めました。
外観形容、使用感触、堅牢耐久等ほぼ3ヶ月極使用撮影で納得、満足です。

本機で適正露出、適ピント写真内容であればもう元のAPSサイズ版には戻れません。
基本撮影重視、堅牢、フルサイズ、小型軽量として選んで正解、向こう3年間安心できます。
ハイアマの作品創りに拘った大パフォーマンス機EOS6Dは近代の革命機と言えるでしょう。
review image review image
2コメント2件|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月12日
5Dにするか悩んだけど、これにして良かったです!軽いし、もう一本レンズが買える余裕があります。
1コメント1件|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月6日
僕は、フィルムではEOS1NRSを持っていますが、デジタルのEOS1は手が届かないので(値段的に)コンパクトな6Dにしました。

ダンスの先生からカメラマンを頼まれたので、タップダンスとバレエを撮りましたが、ストロボ使用禁止なのでISOを上げて撮ったのですが、綺麗に撮れて安心しました。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)