Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.04
5つ星のうち5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
価格:¥128,250+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年4月1日
−このシンセの位置づけ−
KROMEは、プロ用のM3の廉価版であるM50の後継機です。

−何が違うか−
音源システムは基本的に同じですが……
1. デザインが普通に
M3もM50もデザインが変なので敬遠する人が多かったんですが、まったく普通になりました。
2. オシレータ(同時発音数)がM3と同じ120に
M50の80に対してかなりよくなりました。
3. 大容量波形に対応
これに伴い、ピアノ、エレビ、ドラムキットの音が超高音質になりました。

−ゴージャスすぎるピアノ−
このシンセの売りはピアノの音が素晴らしいことです。
88鍵あるすべての鍵盤の音を8段階の強さでサンプリングした波形を、一切省略せず収録しています。
他のシンセでは、たとえばループ処理といって、ピアノの音を伸ばすために同じ波形を(音量を下げながら)繰り返し継ぎ足していく、というような処理を駆使して、少ない波形からピアノの音を捻出しているのですが、このシンセはそんなことしません。この効果は大きく、演奏により複数の音が混ざると音の干渉による複雑な響きの変化が生じ、決して平坦な鳴り方にはなりません。
また、ダンパーによる共鳴音も収録しており、これがかなりうるさく響きます。
その結果、従来のシンセではありえないような複雑な響きが出せます。
ただし、打鍵の強さによる音色の無段階変化は達成していませんので注意が必要です。なんとなく無段階変化っぽい、という感じです。音に敏感な方は気づくでしょうし、イライラすると思います。

−足りないところ−
廉価機ですので幾つかの機能がありません。
1. サンプリング非対応
2. レコーディング非対応
3. USBオーディオ出力非対応
特に3はひどいと思います。PCで音楽製作をされるつもりの方は、かなり不便だとあらかじめ承知しておく必要があります。
それから残念なところ。
4. 鍵盤がへたり気味
これはたいへん神経質な方にとっては大問題ですが、ほとんどの方は気にならないと思います。

−ピアノの音の調整−
そのままだと面白くないので以下の目標に合わせてピアノ音を調整したいと思います。
A. ターゲットはシューマンのトロイメライ
B. 無段階音色変化の達成
C. タッチ次第で柔らかい音が出せるように
方法は簡単です。
(音色名 KROME Grand Piano → Traumerei Piano)
1. OSC1 Setup の 3 以外すべて OFF に
2. 1 で残した 3 の音域を広げる(指でタッチして広げられます)
3. Filter1 Mod. の Velocity を +90, Intensity を +10 に
4. Write する
さらに、KROMEのピアノは1音に4オシレータを使いますので同時発音数は30音となるところ、節約して倍の60音にしたいと思います。
D. 同時発音数を60音に増やす
1. Basic/Controllers の Osillator Mode を Single に
2. Routing/IFX - Routing の Bus を IFX1 に
3. Routing/IFX - IFX Setup の 1 を On に、値を 173 PianoBody/Damper (Duble Size タブにあります)に
4. Routing/IFX - IFX1 の Sound Boad Depth を 0 に、Damper Depth を 20 に、Tone を 40 に
5. Write する
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月22日
音色が様々にあって、色々と楽しめる。
キータッチもハンマータッチで心地よい。
音はアンプ次第で決まるだろうけど、良い音がします。
この値段で、この機能は嬉しい。
軽くて移動しやすいのも良いな。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月11日
やっばり電気物は進化してます。
10年ぐらい前に倍以上の値段で買ったkorgより全然凄いです。
パソコンと一緒ですね。
鍵盤一箇所だけカタカタ異音がしたのでメーカーにて引き取り交換してもらいました。
もちろん無償ですぐに代わりの物も確認して貰い対応はバッチリでした。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月12日
ピアノアクションの88鍵盤装備PCM系シンセサイザー。
2012年暮れに購入、以来飽きもせず毎日の様に楽しんでいます。

特にピアノのデータ容量が大きいだけあって、ピアノ音はとてもよいです。ペダルを踏むと残響音も出るのはシンセとしては上出来。
アルペジオパターンやドラムのパターンも結構凝ったものが沢山入っていて楽しめます。
ピアノ鍵盤にしては軽量なのでセッティングも楽。
比較的大型のLCDで視認性も良いし、タッチスクリーンの反応もまずまず。

エフェクトやシーケンサーも凝ったものが装備されてます。
ただし使い勝手から言うと操作の階層が深かったり、複雑だったりするので、操作に迷うことも多いかな。

鍵盤品質は個体差があるみたいですが、ガチャガチャと音が出るものがあります。
私の固体は随分音が大きい様です。
個体差、及び人によって感じ方が違うので評価は難しいですが、人によっては残念に感じるかもしれません。
(私は放置しましたが、気になる方は保証期間内なら無償で交換or調整対応してくれると思います。)
ピアノアクション鍵盤としてはローエンドのものなので、一般のデジタルピアノの代替えとして使いたい、とか、
鍵盤のタッチに五月蝿い人は、実物で確かめた方が良いです。
(上等の鍵盤を搭載しているデジタルピアノに比べると、どうしても劣る。)
ただ、この価格帯で88ピアノ鍵盤を搭載したオールインワンのワークステーション型シンセは、今の所他社を含めて選択肢が少なく、ローエンドのピアノ鍵盤であっても、通常のシンセ鍵盤よりは弾きやすいので、なかなか貴重な存在ではあります。

私は発売直後に購入したのですが、初期のファームウェアには色々バグがあり、稀に発声が抜けたり、MIDI遅延がひどかったり、という事に悩みましたが、最新のものは解消されている様です。

良い面悪い面含めてこんなところでしょうか。星は4.5、という所ですがハンパは付けられないので0.5オマケです。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)