消滅都市ストア Amazonファミリー Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.51,995
5つ星のうち4.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年10月11日
コーヒー専用機としてサーモスJNL-500 DPLを使用して1年になり、この度買い替えを考えました。
買い替えの理由は気分的なもので、ボトルの外装がボロボロになってきたためです。
そこで、象印、タイガーの気になる競合モデルについて比較検討しました。
同じ候補を考えるユーザーも多いことと思います。

ZOJIRUSHI ステンレスマグ【0.48L】ブラック 軽量タイプ SM-SA48-BA
TIGER 水筒 ステンレスミニボトル 「サハラマグ」 軽量(夢重力) ワンプッシュ ホワイト 0.48L MMY-A048-WP
THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ディープパープル JNL-500 DPL

(1) 価格:
TIGER(¥ 1,837)<ZOJIRUSHI(¥ 2,217 )<THERMOS(¥ 2,321)
2014年10月現在のアマゾン直販価格での比較です。タイガーがお安く、お値打ち感があります。

(2) 容量:
THERMOS(0.5L)>ZOJIRUSHI(0.48L)=TIGER(0.48L)
容量はサーモスだけが500ml入る。500mlのペットボトルを一口飲むことなくそのまま入れ替えられます。
個人的にはなぜ、他社はここを500mlにしないのか疑問です。

(3) 重量:
TIGER (0.19Kg)<ZOJIRUSHI(0.2g)<THERMOS(約0.21kg)
タイガーが頭一つ軽いです。容量を考慮すると象印とサーモスはほぼ同じ重さです。
ただし、どれも他のミニボトルよりずっと軽量な部類のボトルになります。

(4) 保温効力:
ZOJIRUSHI(71℃以上/6h)>THERMOS(68℃以上/6h)=TIGER(68℃以上/6h)
保温能力は蓋部分にも手が加わっている象印が高い。
ここは素直に象印の開発陣に賞賛を送りたいと思います。

ここまでは、客観的なデータをもとにした比較。ここからは主観も含めたインプレッション。

(5) 蓋の開閉の扱いやすさ、飲みやすさ:
THERMOS>TIGER>ZOJIRUSHI
サーモスとタイガーは片手で開閉可能。象印もできなくはないがワンタッチ動作が多くなります。
また、注ぎ口が一番飲みやすそうなのがサーモスで、象印は注ぎ口が小さく、飲みづらそうです。

(6) 洗い易さ:
ZOJIRUSHI>THERMOS>TIGER
前二者は中蓋を外して洗浄できます。象印は内部フッ素加工で、匂いもつきにくい模様。
洗浄は毎回することですので、ここの扱いやすさは結構大きい要素だと思います。

(7) 消耗品の入手難易度:
THERMOS>ZOJIRUSHI=TIGER
中蓋のパッキンを簡単に別途購入できるサーモスに対し、他社は不透明。
匂いうつりなどが原因で1年に1回程度は変える部品なので、結構重要だと思います。

(8) 作りのよさ、丁寧さ
ZOJIRUSHI>TIGER>THERMOS:
手に取ったときのモノとしての質感、作りこみ感は象印が一枚上だと思いました。
サーモスは外部のメッキが非常にはげやすく、通常の使用でも1年後にはボロボロはがれてしまいました。
ちなみに、象印はタイ製、タイガーは中国製、サーモスはマレーシア製の模様。

結論は、現状維持にしました。
サーモスだけ、1年前と現在で同じモデルですが、象印、タイガーはモデルチェンジをすることで性能を上げてきました。
そこでやっと、サーモスに並んだということかと思いますが、追い越すには至っていないと思いました。
パッキンの入手度、蓋の扱いやすさ、飲みやすさ、容量でサーモスは他社と依然差をつけていますし、
他社のアドバンテージのある箇所も象印の保温能力向上以外は決定的ではないと感じました。
これから新しく買うのであれば、象印も悪くないと思います。
それよりもサーモスの同モデルの新型が出たときに、真打は何か分かる気がしますので、ここは「待ち」と相成りました。
逆に言うと、時間が経っているのにもかかわらず、見劣りしないこのミニボトルの良さを実感したのでレビューすることにしました。
1コメント1件|344人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月30日
旧製品のJMY-351を買ったあと、新商品のJNL-350の存在をお店で見て、
並べるとJNLのほうが軽くて細くてピカピカで、分解して洗えるし、
値段もさほど変わらなかったので、結局両方買ってしまいました。

そして、せっかくなので、実験をしてみました。
同じ条件のもと、お湯を入れて数時間後と8時間後に温度を測ってみました。
最初の日は、旧製品のJMYのほうが2℃ほど高く保温できたので
あれ?逆じゃないの?と思ったので、次の日はちゃんとしっかり
蓋を締めてやってみましたが、同じ結果になりました。

おそらく、JMYのほうが液体が出てくる口が小さく、
JNLのほうは大きくなっているので、ここで保温性に
差が出てくるのではないかと思うのと、やっぱり
JMYのほうが重い分ステンレスがしっかりしていて、
JNLは軽い分薄い気がします。。

でも、これも一長一短で、JMYのほうだと、熱いものを飲むときは
出口が小さいのでやけどしそうになってしまいます。
私は温かいコーヒーを入れるために買ったので、
少し保温力は落ちますがJNLのほうを使っています。

購入するにあたって、何に重点を置くかが選ぶポイントですね。

追記:商品説明では、JMYは保温効力(6時間):61度以上
JNLは保温効力(6時間):63度以上になっていますが、
6時間後は両方とも63度以上あったので、問題はありません。
0コメント|120人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
色: ミント|サイズ: 0.5L|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
【外観】
ミントカラーの塗装は、明るいパール塗装(メタリック塗装)。
家庭用品ではあまり使われない色合いなので目立つ。
フタのワンタッチオープン・ロック機構のデザイン処理の印象が強く、
全体のイメージを支配している。
好き嫌いが分かれるところだと思う。
0.5Lサイズだが、本体重量は従来の0.35Lサイズと同程度。

【性能】
90℃のお湯を入れて7時間後に約70℃の温度が維持されていた。(満水時)
軽量化が図られているが、保温能力は充分にありそうだ。
カタログ値は、保温効力68度以上(室温20度の時、湯温95度から6時間経過)である。

0.5Lサイズだが、取説で指示されている水位(A部より約1cm下)まで
入れた状態で、約480cc(0.48L)だった。

【お手入れ】
ゴムパッキンや飲み口(樹脂製)を取り外して洗うことが可能。
せんユニットを外した場合のステンレスボトルの口金の直径が約45mm(実測)
で、多少狭い。
深さが口金から18cm程度あるので内部の洗浄は、柄つきブラシが必須である。
漂白剤に関して注意が必要で、パッキン以外は塩素系は使用禁止。
せんユニットや本体内側は、酸素系漂白剤が指定されている。
せんユニット、パッキンは「消耗品」として、交換部品が用意されている。

【総合評価】
0.5Lサイズになると高さが約22cmあるので、かばんに入れる事を想定している
場合は要注意。(A4サイズの横幅より1cm大きい。)
とは言え、500mlのペットボトルとほぼ同じ高さなので評価できる

0.5Lサイズなので満水時は容量相当の重量になる。
ライバルは、500ccのペットボトルと想定した場合、軽量化された本体重量
約210g(実測値、カタログ値)はギリギリ許容範囲である。

冷たいものを入れても結露しない点は、ペットボトルより圧倒的に勝っている。

【補足 2012.10.01】
飲む時に、蓋が鼻に当たると感じる場合は、蓋が固定位置まで届いていない
可能性があります。その場合は、バネでポップアップした位置からもう一段
押し込むと180度程度に開いた位置で固定されます。

サーモスは飲み口が小さいので、同じ温度のお湯でも熱く感じる傾向があります。
カフェのカップで、フタ無しよりフタ付きでフタに開けられた飲み口から飲む場合の方が
熱く感じるのと同じ原理です。
review image
0コメント|154人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2013年5月17日
今まで、THERMOSの500mlタイプを愛用していました。
用途は、仕事場と、自転車です。
500mlタイプだと、500mlのペットボトルがピッタリ入りますが、
氷を入れたら飲み物が余るんですよね。
なので、増えた100mlはその為なのかなって気がします。

他の方のレビューにありますが、
確かにスタバの一番大きいコーヒーがぴったり入りました。
最近、100円でお代わりがいただけるサービスをやっているので、
スタバのコーヒーを飲む機会が多くなったこともあり、
そのレビューが購入を決める後押しになりました。

とにかく軽いです。
友人が1万円超で購入した同社のチタンボトル並です。
しかも容量は600ml!!チタン製は480ml…
友人はチタンが好きで購入していましたが、
同社がそれを超える物を作っちゃうのはどうかと(^^;

あえて買い換える必要性はありませんが、
容量や重さ、サイズと、痒いところに手が届くというのは悪く無いですね。
贅沢のつもりで購入しましたが、得られた満足は想像以上でした。
1コメント1件|52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2012年9月29日
色: ディープパープル|サイズ: 0.5L|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
特徴1 軽さは驚異的
500mlタイプで210gの軽さは驚異的です。
散歩に保温水筒は重いからと割り切って、ポリカーボネードRubbermaidの400miボトルを使用していました。(81g)保温力を考えると十分納得の苦にならない重さです。
特徴2 すごい保冷力
さすがサーモス(昔は確か日本酸素だった。)保温専門の会社だと思います。
氷を満タンにして12時間程度ほとんど溶けませんでした。(溶けなくて水が飲めないくらい)
そこで長時間使用するときは氷を満タンにして、何度か水を足しながら冷えた水を飲むことにしました。
特徴3 簡単分解洗浄
ビデオに撮ってみました。2段階で細部まで洗える状態に分解できます。
特徴4 ステンレスのにおいがしない
これまで保温水筒はステンレスのにおいがいやでテフロン加工のものを選んでいました。アクリル樹脂塗装、不思議にこの水筒はステンレスのにおいが全くしない(テフロンより良いような気がします。)ので水がとてもおいしく飲めます。
今後の課題
保冷機能については完璧だと思います。だから今のところ5つ星です。これから寒くなって保温機能について検証してみたいと思います。
0コメント|333人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月12日
僕、ネコ舌なんです。
朝にあっつ熱のコーヒー入れたら昼まで飲めません。
なので少し水入れて会社に持って行かないとダメなんです。
すげぇ保温性能です。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月5日
とても気に入った理由は、なんと言ってもこの軽さ。
本体重量240gはバッグの中に入っている事を忘れてしまう程。
それに加え600ccの容量がある点。ペットボトル+100cc分の余裕
は意外に大きいです。
求めていた通りの物で、とても気に入ってます。
0コメント|23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月10日
購入後2か月程で蓋の開閉部分のゴムが切れ、さらに上部三分の一程度の塗装が完全に剥がれ落ちました。

このため、蓋の開閉は動きが固く、見た目は非常にみすぼらしい状態になりました。

保温性は申し分ないのですが、塗装の品質があり得ないほど酷いです。

THERMOSのHPには、製品は徹底した品質規格試験を行っていると記載されていますが、塗装の耐久性に関する試験は行っていないのでしょうか?

品質規格試験という工程そのものが存在しないのではないかと思ってしまいます。

欠陥品レベルの塗装は邪魔なだけなので、塗装なしモデルを作ってほしいです。
review image review image
0コメント|22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月30日
朝7:30頃に淹れたおよそ2杯分コーヒーが昼13:00頃に飲みごろ位の熱さにキープできます。 病院の待合スペースで
ちびちび飲みながら これだけの性能維持なので 全量を手付けずに保管していたら13:00でももっと熱い状態だったと思います。
しかも軽くてコンパクトなので 小さなバッグにも収まります。 良いj事づくめの本品にも一つだけ欠点があります。
それは蓋が勢いよく開いたとき、開いた方向に中の液体が少し飛び跳ねます。 ですから蓋が開く方向に人がいると
その人にコーヒーやら 中のものがかかって身体にかかったり、服を汚してしまう恐れがあることです。 蓋を抑えてパン!と開かないように注意すれば済む事ですが、 場合によってはトラブルの原因になりますので 周囲に人がいるときは注意しましょう。 
0コメント|47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
色: バーガンディー|サイズ: 0.5L|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
JNDシリーズもかなり完成度の高い商品だなとは思いましたが、若干使用感にクセがあったり重量もそれなりにあったりで、気軽に外に持ち出すのはやや躊躇されました。

翻ってこの商品・・・、いやぁ素晴らしい!格段の進歩です。
まずこの210gという圧倒的な軽さは最大の魅力です。
やはり携帯タンブラー、気軽に外に持ち出せないような重量であっては、結局、保冷(温)性を犠牲にしてでも、軽いペットボトルでいいやって感じになり、死蔵されがち。
個人的には、やはり何をおいてもまず重量が大事じゃないかなと思います。
で、軽くて薄いなら、保冷(温)力も小さいのでは?という懸念もなんのその、従来品と殆ど変わらないレベルのパフォーマンスを発揮してくれています。

使用感も抜群です。マグをつかんで親指ワンプッシュで蓋はパカッと開き、その開いた蓋を人差し指でクィッと奥へ押し込んでやれば、ピタッとそこで固定。…つかんでから飲むまで、二秒前後のスピーディーさです。
飲み口は尖がった注ぎ口のようなものがアタッチされてあって、たいへん飲みやすい(※)。

これならほんとガンガン持ち出せますね。
ようやくペットボトル+保温ホルダーを超える水筒に出会えました(笑)
もちろん、これだけ使用感が良いならお部屋使いのコップ代わりにもおすすめですよ。

---
(※)ただし!!液体がスムーズに流れ込んでくる=火傷には注意が必要ですが。コップやペットボトルと違って、どれだけ慎重にやっても微妙な流量まではコントロールしきれない感があるので、熱湯の状態のものを飲用するのには向きません。特に小さなお子さんやお年寄りにとっては危険といってよいレベルです。
これでは淹れたてのコーヒーとかもある程度冷ましてからでないと飲めないし、「熱々のものを時間を置かずに飲む」といった用途で考えているとかなり不便かもしれません。
0コメント|80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)