Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
190
5つ星のうち4.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト1000レビュアー2013年4月30日
渋いベイブルーのカラバリに惹かれたのとここ最近の値崩れ、キャッシュバックに後押しされて購入です。(買った翌日に、さらに5,000円下がってショックでしたが)
購入目的はEOS Movieの固定カメラ用。マニュアルフォーカスにして固定で撮る分にはフルHDの30p動画が撮れますし、ボディが軽いおかげで(風とか吹かなければ)ワンランク軽い三脚でも安定するメリットがあります。

カラーリングは、サイドとグリップの、ミルクチョコレート色(かなり明るい)のプラスチック部分が好き嫌いの別れ道になりそうですが、概ねホームページで見ていた印象のままで好感触。(キヤノンのスペシャルサイトの色だけはまるで違っているのでご注意を)
ボディの仕上げ、レンズの質感などはしっかりしており、NEXを意識しつつあそこまで尖った仕上げにしないという、まぁ、いい感じの中庸。

解像や高感度性能は安定の1800万画素シリーズ。良くも悪くも60D、kissX5〜6i系と遜色ない、というか同じ感じです。付属レンズはどちらも欠点の少ない「良いレンズ」です。
この撮像素子周りの安心感+自分の持っているEOSの資産、それに反してインターフェースとAFの不出来、をどう天秤にかけるかでしょうね。

AF(オートフォーカス)の遅さは他社のミラーレス機と比べて、ではなく、せめてiPhoneよりは速くして欲しかったと思うレベル。よっぽど条件がよければ「数世代前のLUMIX GF1+20mm F1.7と同等以下のスピード」というのが実感。画角も絞りも近いOM-D + 17mm F1.8とEOS-M + 22mm F2では、同じ年にリリースされた機械とは思えないほどの差。で、そこまでAFの出来が悪いのにMF(マニュアルフォーカス)に一発で切り替えるインターフェースが無いという仕様。QボタンでアクセスできるのはAFの方法まで、AF+MFモードはメニューの下の階層に降りないと設定できず、さらにシャッターを半押ししていなければMFが動作しない(だから一回必ずAFの迷った動きが入ってしまう)。そのため動画はAFを完全に切らないといけない。(MF専用モードなら電源が入っている限りフォーカスを動かせるという不整合)。遅いけど確実にピントは合わせるって書いてるレビューも見かけますが、あくまで日中の話で夜の街灯がフォーカスエリアに入ってくると9割方アウト。

さらにはIXYとPowerShotとEOSの悪いところを寄せ集めたような、ちぐはぐなインターフェース。コントロールリングのデザインはそのままなんだからPowerShot Sシリーズと同じにしとけばいいのにどうしてここタッチパネル限定にするかなぁ、と思う箇所が多々。Qボタンでアクセスできる機能とInfoボタンでアクセスできる機能、EOSそのまんまのMENUがそれぞれ重複したりしなかったり。まぁ、「撮影のセッティングを変更するのにMENU、SET、INFOの3種類が別々にあって、そこの階層から上に戻る方法がそれぞれ全部違う」って、なんじゃそりゃって感じです。これ、EOS一眼レフへのステップアップに本当になってるのかしら。

それだけ不満があるのに何で買ってるんだ、というのは、これら全部ファームウェアの更新でなんとかならんかな、という微かな期待があるからです。このサイズのくせにマイク端子積んでるしホットシューはEOS共通だし、撮像素子はいい意味で枯れてるし。ハードウェア部分は意外にぬかりないと思うのです。EOS kiss X7(iじゃないほう)がちゃんとAFが高速化してることを思うと、ソフトウェア部分でもうちょっと伸びシロが残ってんじゃないのかな、と。

※2013年6月にファームウェアVer2.0.2になりました。AFのもたつきは軽減されました。ただ、試し撮りをしているときに「晴天順光の無限遠近い町並み」というハズしようの無い状況でピンボケ写真が数枚撮れてしまい、おっかなびっくり確認しているところです。

ということで将来に期待を込めて星二つです。
0コメント| 241人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月26日
デジイチのサブ機として購入しました。
デジイチは望遠レンズをつけて動体用に、eos mは主にスナップと風景用として使用しています。

何よりコンパクトで軽量なのがうれしいです。
特に22mm装着時は、これからの時期だと上着のポケットにも入るのでより気軽に持ち運べそうです。
写りも一眼と比べても遜色ありません。暗所での撮影は22mmパンケーキのF2という明るさもあって結構いけます。

AFはライブ多点だと明らかに遅いです。
1点ならそこそこ速いものの、それでも多くの他社ミラーレス機より遅い印象です。
EFレンズの装着時のAF速度はレンズに依存するようで、手持ちのef-s60mmマクロでは一眼のLV撮影と同程度、ef200mmF2.8Lでは早かったです。
ただしどのレンズでも動体にピントをあわせるのはやはり厳しい印象です。
ゆっくりな物ならいけますが、イルカショーや飛翔中の鳥などではピントがなかなか合焦せず、シャッターチャンスを逃し気味でした。
動体を撮るならMFがいいです。

現時点ではEF-Mレンズは2本のみですが、広角〜標準を抑えているので使いやすいです。
もっと広角が欲しければEF-S10-22mm、マクロ撮影ならEF-S60mmマクロと必要に応じてEFレンズも使えるのも便利ですね。
欲を言えばせっかくの専用マウントなので、超広角レンズや軽い望遠ズームが出るとうれしいのですが。
2コメント2件| 162人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年1月2日
コンデジには、おのずとその性能上不便な場面があります。
一眼レフは、持ち運びを苦にしない場面だととてもいいです。
ミラーレスは、その両方の良さを少しずつ満たしてくらます。
画質もそこそこいいし、ちょうどいい中間機といった感じです。
M2が出ましたが、その価格を見ると、中間機の価格ではなく、一眼レフ並みです。
Mは、シャッターを切るのも快適で、ストレスが全くありません。
コンデジと一眼レフを持っていないけれど、性能がいいものを購入したい人は、M2がいいかもしれません。
review image
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月4日
画質は良いし、値段も安い、しかもコンパクト。
充分いいカメラに見えるけど、ミラーレスの中では特にオススメしないカメラ。ミラーレスに対するCanonの捨て身のネガティブキャンペーンなのかも知れない、というのは言い過ぎだが。

もともとCanonの一眼レフを持っててサブに小さいのが欲しい、動体は撮らない。というのであれば全然OK。You買っちゃいなよって感じだけど、
これから初めて一眼を買う、Canonが良い、っていうのならkissのX7を推す。予算出せないならX5。

散々言われてるから言いたく無いけど兎に角オートフォーカスが遅い。同クラスで1番遅い。暗いところだと更に遅い。
操作性も今ひとつ。レンズも少ない。何と言ってもメーカーにやる気が無い。
そもそもcanonはミラーレスに本気ではなく、レフ機に移行する過渡として捉えている節がある。貴方が初心者のうちはいいが初心者でなくなった時に、使いにくいカメラであると気付くだろう。だったら初めからレフ機を買った方が良い。

ミラーレスが良いというのであれば、ミラーレスしか出してないメーカー(FUJIFILM、OLYMPUS、Panasonic) か、Sonyを勧める。

ただ22mm f2は良いレンズなので、このレンズだけしか使わないで、遅い単焦点大型センサー搭載カメラだと割り切ってしまえば悪くないかも知れない。

レンズさえ揃えばM2は良いカメラなんだけどなあ。もったいない。
0コメント| 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月25日
キャノンのキッスⅩ5と比べての評価です。
まず画質ですが大きな違いは感じませんでした。どちらもきれいに写真が撮れます。
携帯性は、ミラーレスになったため非常に小さくなりました。キットレンズのパンケーキレンズを装着したままでも上着のポケットに入れることができます。(ちょっと窮屈ですが・・・)

気になるところとしては、オートフォーカスです。Ⅹ5のライブビューよりは早いように感じますが、それでも遅いように思います。そのため動きものをとるにはテクニックが必要と思いますが、それ以外では使い勝手の良いカメラだと思います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月1日
 発売前から賛否両論、後発ゆえ厳しい評価が少なくないですね。
小生は「画質重視」という自分のニーズに合ったため、躊躇することなく
発表即発注、発売即入手しました。買ったのはダブルレンズキットです。
現物を手にした今、「使った者しか解らない良さを見つけてやろう」と
いう意気込みであります。
因みにCanonのレフ機はEOS7Dを使用しています。

 外観はコンデジそのもの。ズームレンズを装着すると、いかにも今風の
ノンレフらしくなりますが、レンズサイズはボディとは全くのアンマッチ、
太くて長いです。ただ、小さなコンデジよりはホ―ルドしやすい方です。
また重量もそれなりにありますので、原則は両手でホールド、ですね。
なお22mmのパンケーキレンズを装着するとなかなか格好いいですよ。

 一番期待した画質。これはもう満点でしょう。最新のKissと同じセンサー
&エンジンです。特に高感度耐性は時代の先端にあると言ってもいいくらい。
夕暮れや室内で撮影しましたが、ISO1600レベルまでなら全くノイズを意識させません。
多分、設計の古い7Dを上回っていると思われます。同包のストロボは登場不要です。
日中ならかなりの高速SSが切れますから、完全に手振れともサヨナラですね。
また大型センサーならではのボケが標準ズームでも十分に楽しめます。
言うまでもなく、画像はコンデジより一眼レフに近いものですね。
レンズも普及タイプながら良くできたズームです。

 タッチパネル式の液晶の使い勝手は、スマホ同様、慣れるまでの問題でしょう。
ただ小生の使途からすれば、それほど設定変更するつもりはありませんので、
そう度々困惑することもないと思います。ここら辺りは「コンデジ的な使い方」
に割り切っています。

 AFはよく判りませんでした。前評判通り、EFのUSMと較べたら遅い感じですが、
そもそも連写とは無縁のモデルですから、小生には気になりませんでした。
これもコンデジレベルと思って撮っていますので、日常差し支えはないでしょう。
AF精度さえ高ければ文句は言いません。

 高級機だって、すべての方を満足させるのは大変難しいことでしょう。
個人的には良くできたモデルだと思います。コンパクトさと気軽さ、これに
撮り手の意図を反映でき、かつ高画質、そんなわがままを両立させて85点、
てな感じです。
無論、今後、さらに改良され進歩するのは当然のことと期待しています。
特に、たちまちはEF-Mのマクロと望遠ズームをよろしく!です。
0コメント| 185人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月29日
60Dと同等の画質がこのサイズで得られるのは魅力です。

普段は、現場でレンズ交換をしたくないので60Dを2台で撮影していますが、EF-Sレンズ2本と
800グラムのボディを2台持っての登山はキツイです。EOS-Mならボディと18-55mmレンズで
500グラム程度。全体の荷物が1.2kgほど軽くなりました。付属のキットレンズ
(EF-M18-55mmとEF-M22mm)は、共にシャープな高画質で逆光にもわりと強く
EF-Sレンズ群のなかでトップクラスです。とくにEF-M22mmの画質は、画像の端部分以外は
舌を巻くほど高品質です。このレンズを買ったのだと思えば安い買い物です。

EOS-MのAFはとても遅く2秒ぐらいかかることも珍しくありません。またうす暗いところや霞んだ
場所ではフォーカスしないことが多いです。レリーズから次のレリーズ開始までの待ち時間が
2秒ほどありサクサク撮れません。EOS-Mは完全な失敗作であり、20年前の黎明期のデジカメみたいな
ものだと思えば、ゆったり目のテンポは撮影対象(風景写真など)によっては許容できます。
フォーカスは液晶画面内の等距離(殆ど無限大ですが)にある山やら木やら、コントラストの
あるものに指でタッチすれば、さっとフォーカスします。この画面タッチ方式は、風景写真を
パンフォーカスで撮りたい場合、中央距離のターゲットを定めてそれを指で触ればよいだけなので
とても便利です。DSLRでは不可能な芸当です。画面内タッチ方式のフォーカスはよいと思います。

HDR用に露出違いの3画像を撮影するような場合、まがりなりにも「露出ブラケット」設定を出せますが、
電源OFFにしてしまうと設定が解除されてしまいます。また、その撮影モードをカスタムとして登録する
機能はありません。カスタムモードボタンが無いのは非常に痛いですね。

問題はEOS Mの「操作性」です。いろいろ言われているとおり、殆ど使わない不要ボタンやダイヤルが、
誤操作しがちな位置にある一方で、必要不可欠な操作ボタンやダイヤルが無いです。液晶画面の
タッチ操作は、誤操作しやすく使い勝手が悪いです。露出補正やF値の変更など、ダイヤルを
回している指にほんの少しでも力を入れると、十字キーボタンのどれかを押してしまい、予想のつかない
モードになってしまったりします。復帰操作にまごついている間にも、バッテリーは猛烈なスピードで
消耗しているのを実感して冷や汗をかきます。ボタン操作と液晶画面のタッチ操作が混在していて、
紛らわしい上、操作のたびにカメラをもちかえて、右手を使ったり左手を使ったりしなければなりません。
ごく当たり前の操作をするのがとてもやりにくく、ストレスが溜まります。割と多機能なカメラですが、
操作性の悪さからその機能を生かしきれないかもしれません。

バッテリーのもちの悪さは特筆モノで、画面操作にまごついていると撮影する前にバッテリーが
カラになってしまいます。液晶画面が起動していると、撮影しなくてもボディがどんどん温かく
なってきます。バッテリーのもちの悪さのために、じっくり構えて撮影するという気持ちに
なることが出来ません。常に、バッテリーの電力消費が気がかりで、誤操作しやすいボタンや
液晶画面のタッチ操作に神経をすり減らし、撮影対象に集中することは困難となります。
一日中撮影するなら2〜3個(あるいはそれ以上)の予備バッテリーが必要です。
もし、一週間ほどの山行撮影であれば、20個の予備バッテリー(8万円以上)が必要になる計算です。
欠点だらけのこのカメラで、私にとって「バッテリーのもちの悪さ」が最大の問題点です。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月3日
パナソニックのLX5を使っていましたが、公私ともに写真を使う機会が増えたので、一眼カメラを購入することにして、いろいろと検討。
どうしても一眼レフを持ち歩くイメージがわかず、最終的には価格でEOSMダブルレンズキットにしました。(富士Xシリーズ、ニコンD5200あたりと迷いました)
この価格でこれだけ盛りだくさんついてくるのは驚異的。(値崩れとも言う。。。)しかし、本体・レンズ共にモノとしては高級感があり、しっかりした存在感があります。
レンズはF2の標準レンズは明るく使いやすいレンズです。雑貨や料理等ぼけを活かした「いかにも」な写真が撮れます。
ズームレンズの方は今までのLX5と比べてしまうので、広角と明るさが不満がのこります。手ぶれ補正もコンデジのようにはいきませんね。
操作性もこなれていなくて、タッチパネルだけ、ダイアルだけと割り切ればいいものを、それが混在していてなれるまで時間かかります。
ひどいひどいと言われているAF速度もファームアップしたので(一眼レフとは別物と考えれば)気になるほどではありません。

これを入口に広大なEOSワールドが広がる(アダプターもあるのでほとんどのEFレンズが使える)と考えると大変お買い得です。

追記:Canon 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS II APS-C対応を追加で購入。
写り自体は良いと思いますが、レンズ大きすぎるし、スポーツ等動きのある被写体にはAFはやはり全然遅いです。
フォーカス迷ってるうちに画面から切れてしまいます。。。仕方なくMFで。
動く被写体にはやはり一眼レフが良いのかもしれません。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年12月15日
イオスばかりで5台目。軽くて快適です。
どのミラーレスにも共通ですが、画面タッチは、老眼の入った目には少々難儀。
ミラーレスは若者向けかな。
0コメント| 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月22日
いままでEOSシリーズを5台、KISS→KISS X2→KISS X5→KISS X7→7Dと買い換えてきて、今回はEOS Mを買い増しです。
ミラーレス一眼ではソニーNEX-5を使用していましたので、ミラーレスとしては2台めになります。

EOSシリーズとの比較としては、はっきり言って「別物(そもそも比較対象には無いのですが、インターフェースの比較などは参考になると思うので)」。
キャノン初、しかし他メーカーに後れを取ってのミラーレス機なので、今までのキャノン機には無い機能、たとえばタッチパネルなどが採用されています。
ソニーの「おまかせプレミアム」に対抗したと思われる「シーンインテリジェント」もそのひとつ。

その甲斐あってか、ほぼコンデジ感覚でそれなりの写真を取ることが出来ますが、こういった「カメラにお任せ」機能はソニー、パナソニックといった家電メーカーのほうが一日の長があり、キャノンやニコンといった純粋なカメラメーカーはやや後れを取っている感が否めません。
家電メーカーは古くから「入門者」を対象としていますが、カメラメーカーはそのイメージもあり、とくにミラーレス機では旧来の一眼機ユーザーに配慮して「下へ降りてくる」ことに躊躇しており、それが如実に出た形です。

もちろんEOS Mは初心者を主にターゲットとしていますが(広告戦略からも明らか)、インターフェースにもやや難あり。
SONYが片手でも操作しやすいようにグリップが大きく貼りだしており、かつレンズが正面から見て右に寄っていて「片手でも操作しやすい」のと対照的に、EOS Mではほかの一眼同様、レンズがカメラの中央にあり、そしてグリップの張り出しが小さいので片手(右手のみ)で操作することは困難です。
かつ、無理に右手のみで操作しようとすると、親指の付け根がモードダイアルやINFOボタンと触れてしまい、設定が意図しない状態へ変化することが多々あります。
そのため、本機の操作についてはレンズに左手を添える(支える)という、旧来の一眼機と同じ姿勢を要求され、「初心者をターゲットとして手軽さを出しているにも」かかわらず、旧来の一眼機と同様の姿勢を求めるという、やや矛盾したところがあります。

また、絞り優先、シャッタースピード優先モードにおいても、補正が介入する幅が大きく、他のEOS機と同じ数値/レンズで撮影しても、仕上がりがかなり明るくなるようです。
そのため、思い通りの写真を撮るには「M」モードでないとうまくゆきません。
今では慣れてずいぶん思い通りに操作できるようになりましたが、購入当初はいらつくことしきりでした。

キャノン機ユーザーで既存レンズを活用して気軽に撮りたい、という場合には向いていると思いますが、はじめてのミラーレス機だったり、既存レンズの活用を考えていない場合には、SONY NEXをお勧めします。
0コメント| 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)