Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
3
5つ星のうち5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年7月7日
DNT31型エクストレイルクリーンディーゼル6MTに装着。
普段はEC4でふんわりスタート。アクセル開度が数値として出るので、エコランにも活躍しています。
市街地燃費も12→14km/lに伸び、バイパスや高速道路の100km/h巡航なら、さらに燃費は伸びていきます。
都市間巡航の高速100km/h巡航で、17.5km/lはマークしています。
純正クルコンの制御は全く影響させません。
SP側はSP5で使用。ピックアップが良くなり、ノーマルとは違う鋭い立ち上がりを示します。
SP7は他のレビューにもある様に、ディーゼルのエンジン特性には使いにくいので、SP5辺りが落としどころですね。
ワインディングでの荷重移動に、鋭いアクセルの反応性は必須ですので、乗り味も良くなりました。
サブコンと併用していますが、その影響もありません。

最近は便利なパーツが出たんだなと、時代を感じました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月5日
車種:H18年 日産ウイングロード18RXエアロ(JY12)

ノーマルと比較しての体感です。
ECO3で1300ccの車に乗ってる感じ。
ECO5で軽自動車に乗ってる感じ。
SP3で2000ccの車に乗ってる感じ。
SP5で2000ccのスポーツカーに乗ってる感じ。
SP7では全く別の車に乗ってる感じ。
分かりやすく書くとこんな感じですね。

実際には車が重くなったとか軽くなったというイメージで、SPモードにしても低速トルクが上がった感じは無い。
アクセルのレスポンスが鈍くなるとか鋭くなるので走り方次第では燃費の向上も望めます。
ECOモードでは踏んでも回転数が上がらないので余分な燃料を使わなくて済みます。
私の場合はECOモードなら約2km/Lの燃費向上につながりました。
逆にSPモードでは少し踏んだだけでも敏感に反応するのでガソリンの無駄遣いをしています。
恐らく1〜2km/Lは燃費が悪くなりそうです。

日常で街乗りが多い場合はECOモードで十分です。
山道や追い越しをかける時にはSPモードが有効です。
走りながらでもモードの切り替えができるので便利です。

取り付けはカプラーオンでできるので簡単です。
取り付け位置によっては加工が必要になるのでそこだけが問題ですね。

総評として、燃費向上を狙っての購入だったので正解ですね。
簡単に計算すると・・・
装着前8km/L、装着後10km/Lとし、ガソリン代150円とした場合。
1度の満タン(40L)で80km多く走れるので約1,200円お得になります。
12回の満タンで元が取れる計算です。
(毎回ECOモードで走った場合)
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月24日
ちょっと長くなりますが、日産エクストレイル・クリーンディーゼル車に取付けました。私は以前このメーカーの車種専用ターボタイマーを使っていた事があり、モノの出来の良さに惚れ込んだ記憶があります。結論から申せば今回このスロコンを格安で手にし改めてこのメーカーは丁寧な仕事しているなと思いました。取付けはすべて自分で行い取説片手に30分位で取付ける事が出来ました。
早速試乗です。この車は低燃費車と謳っているということもあり、おそらく意図的に出だしのレスポンス(スロットル開度)を絞っている感が強く重だるい加速をします。そういう理由からEcoモードは期待していないのでSP4モードにセットしいつも通り踏み込んでみると・・・1500rpm辺りからの加速が良くなったのが誰にでもすぐに判ります。一瞬のタイムラグがあるのはノーマルと大して変わりませんがそのまま踏み込んで行くとかなり気持ちの良いトルクがシフトアップしながらも持続し、すぐにレッドゾーンに飛び込もうとします。因みに踏み込んでいる量は5割位の感覚なのに本体のモニターを見るとそれ以上に開いていることが目でも判ります。走り始めてしまえばディーゼル車なのにガソリン車の様なレスポンスでエンジンが反応しますし、しかも持ち味のトルクの出方が鋭くなりGTの名に相応しい加速感が得られます。冷静に考えればターボ車のブーストアップと違い実馬力が上がった訳でもないはずですが、エンジンの美味しい部分が早急に得られると言った所でしょうか。その後更にSP7にセットしてみましたが、かえって走りにくくなり燃費も悪化しましたのでスポーツモード5以下がこの車には良さそうです。おススメです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告