Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.951
5つ星のうち3.9
価格:¥18,398+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年1月3日
ヴァイオリンの音なども、実に滑らかに艶っぽく聞かせてくれる。大編成の曲での分離もよろしい。力強さもある。大変品が良く私が聞くクラシックやジャズにはぴったりである。SACDの音も透明で分離良くなかなか良い音だ。値段からは考えられない音である。大変満足!!
しかし・・・・しかしである。操作に関しては実にスローモーなのだ。電源スイッチも、トレーの出し入れも、プレーも20年前に購入したCDプレーヤーよりずっとずっと遅い。一体何をやっているのだろう?? MP3やwmaを入れたCDRの再生はさらに遅くなる。しばらくかかってようやくDATA disc と表示されるが沢山入っている曲の例えば60曲目からいきなり再生する事は出来ないようだ。早送りを60回ほど押さなくてはならない。

さらに、省エネのためか液晶表示は数秒ですぐ消えてしまい、今何曲目の演奏かはまたキイを押さなくてはならない。それも2,3秒で消えてしまう。
ずっと表示を続ける設定があるのかと思ったが、説明書には載っていない。あまりにいらいらするので、音は良いのだが手放そうかとも思っている。

デザインも全く考えていないとしか思えない。ただの四角い箱である。殆ど空洞ではないだろうか?

反応の遅さ、液晶表示の悪さ、デザインの悪さで、お情けで星二つだけ減らしました。
0コメント|20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月14日
以前より使用していた、ソニー製CDP-XE900(1998年製)が故障のため買い換えました。
アンプはパイオニアA-D1、スピーカーはビクターSX-500ドルチェ、ピンケーブルは付属品、
スピーカーケーブルはホームセンターで150円/M(メッキ仕様)の物を使用しています。
(アンプはトーンコントロールを通さないダイレクトONです)

SACDは持っていないので、通常のCDのみです。
クラシックでヴァイオリン・ギターなどの協奏曲などを聴いています

結論「CDP-XE900と比べて」
全体的にとても滑らかな音です。
中高音の伸びが良く、ざらつきが少ないです。
低音もしっかりしています。
音の分離も良いです。
コンサートで聴く音、本物の楽器の音に近くなりました。
DAコンバータの違いでしょうか?

販売価格20.000円前後でこの性能はすばらしいです。
おすすめします。
1コメント1件|46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月15日
1986年に初めて買ったSONY CDP-555ESD は
購入価格12万円でした・・・・。 それでも44.1khz/16bit

ここ数年はミニコンポで音には鈍感でしたが
不満が募りだして、取敢えず購入してみました。

当時のSANSUI アンプにダイヤトーンのスピーカーをつないで
グローバーワシントンjr を聞いてみましたが
やはり良いですね。

SACDとDSDディスクまで再生できて
192kHz/32bitDACでこの値段とは!!

入門機でこのレベルなら現在の高級機は
どんな音が出るのでしょうか?
0コメント|30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月25日
アンプ    オンキョーA9050
CDプレイヤー オンキョーC7030  パイオニア PD-10
スピーカー  ダリ   MENTOR メヌエット

パイオニアの音が好き。(35年前に購入したSA8800シリーズがまだ現役で頑張っています)と言う事もあるのでしょうが、現品も見ずにネットで即注文しました。結果は期待通りで、すっきりと透明感の中に自然な音色でメヌエット鳴らしています。
私の駄目耳で聞いてもSACD(ドヴォルザーク:交響曲第9番/佐渡裕,ベルリン・ドイツ交響楽団)は違いますね。音を言葉で表現するのは難しいのですが、一皮むけた音と言う感じがしました。(変な表現ですみません)
MP3のデータ欠損を補完する「サウンドレトリバー」と言う機能もオン・オフ交互に聞き比べると楽しいですよ。(オンでは確かに滑らかさが違う気がします)又、ピュアオーディオと言う機能のオン・オフ聞き比べも音の変化を理解(とても微妙ですが違う、違うみたい、違うんじゃないかな・・・。駄目耳の訓練だ)するのに役立ちます。
唯一、残念と思うのはリモコンの安っぽい感じとトレーのオープンやクローズや他の動作が非常にのんびりしている事です。(すぐ慣れますけど・・・機械に優しい設計と言う事で理解)
この価格でUSBも使えるし、超お買い得なプレーヤーだと思います。
0コメント|34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
約20年前に購入した CDプレーヤーが故障して使えなくなったのでSACDプレーヤーとして最も安価なPD-10を購入した。

PD-10でのCD再生音は周波数特性やSN比などの物理特性上は優秀であることを伺わせるが、以前のCDプレーヤーで感じられた音楽の熱気や空気感は残念ながら伝わってこない。高音だけをチェックしたり、低音の伸びだけをチェックしたりしてみると、音域としては再生されているので物理特性上は悪くないと思われ、測定すればおそらく優秀な特性が得られると想像される。他のCDプレーヤーやアナログプレーヤーと比較せず、PD-10だけ聴いても慣れるまでは中低音の薄さや音の粗さから若干の違和感が残る。

一方、手持ちの数少ない SACD-CD ハイブリッド版をSACDモードで再生すると高音の伸びや滑らかさが大幅に改善される。高級SACDプレーヤーのような演奏会場の空気まで感じさせる上質感や、スピーカーの外側にまで広がっているように感じられるような音場の広がりは感じさせないが、他と比較しなければ「PD-10でほぼ十分」と思わせる。同じディスクをCDモードで聴くと、中低音の薄さ、音の粗さが感じられるので、このプレーヤーはSACDで音質のチューニングされているようである。旧型のCDプレーヤーでCD層で聴いた記憶と比べても、少なくとも突き抜けるような高音の伸びはPD-10のSACDの方が勝っているように感じる。

SACDプレーヤーに共通する欠点として、ディスクトレイを閉じてからプレイを開始できるようになるまで(TOC : Table of Contentsの読み込みまで)の時間は非常に長い。量販店店頭でマランツ SA8005, SA-11S3やDENON DCD-1650 REと比べてみると、どれも15秒前後かかる。PD-10と同等か、PD-10の方が1~2秒早い、という結果になった。CD専用機は低価格機であっても、CDトレイが閉じると間もなく演奏可能になるのに比べると使い勝手は悪い。これはPD-10などのメカが遅いというよりは、SACDのフォーマット自体がもつ欠陥であろう。

PD-10はコストダウンの影響から、ディスクトレイは非常に薄いプラスチック製であり、パソコンの内蔵ドライブと大差ない質感や動作音である。演奏時のドライブメカ、ピックアップの音はやや大きめで、静かなリスニングルームで使う人や、プレーヤーを手元に置いて聴く人は少し気になるかもしれない。私の場合はオーディオラックから2m以上離れた位置で聴くので、深夜以外は室外の音やエアコンの風の音に紛れて、慣れてしまえばそれほど気にならない。

最近のCDプレーヤー、SACDプレーヤーに共通する欠点だが、本体の操作ボタンは小さく、同じ大きさなので分かりづらい上に押しにくく、操作感も良いとは言えない。また、SACDのハイブリッド盤でCDとSACDを切り替えたり、ディスプレイを表示させたりするためにはリモコンが必要で、本体単体での機能制約が多いのも使い勝手を悪くしている。デジタル出力をOFFにすると本体ディスプレイも消えてしまう。リモコンのDISPLAY表示を押すと数秒表示されるが、すぐに消えてしまうのも使いにくい。操作性に関しては改善の余地は大きい。

量販店に展示されていたり、試聴会に持ち込まれるSACDプレーヤーは不調であるものが多いし、私個人の経験からもCDプレーヤーは他のオーディオ機器に比べて耐久性がなく、故障しやすいと感じている。音楽もつ力感や、空気感を豊かに再現してくれるSACDプレーヤーは数十万円の高級クラスになるので数年で買い替えたり、メンテナンスに出さなくてはならないとなると購入がためらわれる価格になってしまう。10万円前後のSACDプレーヤーはかなり満足できる音質であるが、上があることを知ってしまうと、「もう少し頑張って上級機にするか」という迷いが出る。

デジタルオーディオは低価格でも高音質にできるので、PD-10でも他と比較しなければ(少なくともSACDでは)周波数特性が広く、物理特性の良い再生ができる。

PD-10の口コミを見ると耐久性が気になるところではあるが、量販店店頭での動作比較、音質比較から「3~5年持ってくれれば」と考え、消耗品と割り切って購入した。PD-30以上に採用されているアルミパネルではなく、プラスチックではあるがフロントパネルの見た目は悪くなく、高級機と並べてもそれほど見劣りすることはないと思う。低価格機であるので、接続ケーブルや電源ケーブルにはあまりお金をかけず、付属ケーブルや手持ちのケーブルを活用するのが良いだろう。

なお、PD-10のUSBは iPod 再生には対応していないので、iPod再生をする場合にはPD-30以上、外部のデジタル機器を接続してDACとして使うためにはデジタル入力があるPD-70が必要となることには注意が必要である。

2016年1月30日追記
音質、とくにCD再生時の音質が硬く、違和感があったが、オーディオラックの上にフェルトを敷き、その上にPD-10を載せることでほぼ解消された。

「音の硬さは、ラックが悪さをしてるのではないか?」と考え、ラックの棚板からの振動を遮断するため、テーブルや椅子の滑りを良くして床の傷を防ぐためにつかっているフェルトシート(約1000円)を棚板に(接着せずに)置き、その上にPD-10を設置した。ラックの側板にもPD-10が接触しないように置き場所を調整した。

結果として気になっていた音の硬さが解消された。フェルトを敷く前は今までOFFにしていたトーンコントロールで低音をほぼ目いっぱい増強してみたり、ラウドネスをONにしてみたりしたが、高音がきつく、聴き疲れする音になっていた。フェルトを敷くと高音が滑らかになり、トーンコントロール、ラウドネスの両方をOFFにしても問題ない音質になった。対策前はクラッシックのバイオリンの音がとげとげしく、耳につきささるようであったし、ジャズのベースやバスドラムは弾まずにスウィング感が出なかったが、フェルトを1枚敷くことで不満は解消された。オーディオラックの固有音の問題と、(PD-30やPD-70とのコスト差の主要因である)PD-10の筐体やインシュレータなどの振動対策の弱さの相乗効果で音質を低下させていたようである。

従来、アンプのラウドネスや、(LPレコードがメインソースのためONにしている)サブソニックフィルターの音質への悪影響を感じることはなかったが、PD-10ではこれらのON/OFFの音質差を実感できたのには驚いた。PD-10のポテンシャルは非常に高く、コストパフォーマンスは抜群である。

ドライブから聞こえるメカノイズの大きさ、ディスプレイ表示や操作性の悪さで星を一つ減らし、評価は4つ星のままにしている。あとは十分な耐久性があることを願うのみである。

2016年3月16日追記
購入から約2か月経過した。1月30日に追記したようにラックとの間にフェルトシートをいれることで満足できる音質になった。電源ケーブルはPD-10付属品をそのまま使い、これまで使ってきたCDプレーヤーとアンプを接続していた約20年前の(記憶によるとSAECコーマスのブランドで販売されていた)日立電線のLC-OFCクラス1のRCAケーブルを使っている。

設置の調整後はDENON の DL-103で再生するLPレコードと良い意味で似通った音質が得られるようになり、クラッシックやアコースティックジャズのCDを聴くのが楽しみになった。私の好みではないのであまり聞かないが、シンセサイザーなどが入ったエレクトリック系のジャズも周波数帯域が広くて癖がないので悪くない。値上げ前のDL-103とほぼ同じ価格、下手をすると値上げ後のDL-103より1万円程度安く買えるので、価格対性能比は抜群である。

弱点はメカノイズの大きさと、操作性の悪さ、というのも最初の印象の通りである。

弱点はあるものの、PD-10の購入後、クラッシックのCDを100枚単位でオトナ買いしてしまった程、本機を気に入っている。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月24日
申し訳ありません、ポイントの誘惑に負けてAmazon出店ショップのサイトでAmazonと同価格で購入してしまいました。
「ネット配信ハイレゾ音源+PCオーディオ時代にSACDプレーヤーは無駄にならないのか?」と悩みましたが、2万円前後の販売価格は心配よりも魅力的ですね。
当製品はメイン機材としてではなくBGM等の用途のサブ機材としてクラシック系の音楽をソフトドーム・トゥイーターが付いたバスレフタイプの小型ブックシェルフ スピーカーを20w/ch 8ΩのA級動作アンプで鳴らしていますが2万円前後の販売価格を考慮すれば文句無し!です。
通常規格CDでも2万円以上の音だと思いますがSACDを鳴らせば更に透明で変に強調された音域がなくフラットで自然ですね。
「パイオニア恐るべし!」「もっと早く買えば良かった!」や「上位機種が売れなくなってしまわないか!」と、音楽を聴きながら独り言をつぶやいていますが、接続に使用するRCAピンプラグケーブルも拘りたくなる音質ですね。
現在は取り敢えず手持ちの自作MOGAMI NEGLEX 2497を使用していますが、このケーブルとソフトドームトゥイータースピーカーとクラシック系音楽の相性が良くそれぞれのグレード、価格バランスもこんなところなんでしょうかね。

追記:2014/03/18
先日、自宅でAccuphaseのトランスポートDP-900とDAコンバーターDC-901の組み合わせ(標準価格合計200万円以上)とPD-10を比較試聴する機会がありました。
当然ほとんどのチェック項目でAccuphase軍団の圧勝でしたが、価格の100倍の差が音質の100倍の差になっているか?と聞かれれば疑問ですね。この辺りの高額商品になると価格と音質は正確には正比例しませんね。
てなことで、採点項目の「耐久消費財としての実用度」ではPD-10の圧勝でした。
0コメント|24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月16日
コスパ最高で私には満足できる音質です。約10年前はSACDプレーヤーは私の様な者には、高嶺の花でとても購入に踏み切れる値段ではありませでしたが、今では2万を切る値段で購入する事が出来るようになって良い時代です。しかし現在SACD自体が廃れてしまいましたが、(とは言っても日本ではまだ現役ですよね?)私も今流行のハイレゾ音源をUSB-DACにて聞いておりますが、同じアルバムをほぼ同一値段のUSB-DACでハイレゾ音源(DSD音源)と比較した場合、ほぼSACDの方が高音質でした。(一部のPCM音源についてはハイレゾの方が良い物も有りました)私が所有している約三倍の値段のUSB-DACでの比較でもその多くがこのSACDプレーヤーのが良い音で聴けました。今更ながらのSACDプレーヤーデビューですが、コスパ最高で良い買い物をしたと思います。これから良質な音質のSACDを逐次、買い漁ろうと思っています。ですが新規の発売が少ないのが玉にキズですが!
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年8月20日
新品で2万円そこそこでこの音!!まだまだパイオニアは衰えていませんね!!10年前に購入した20万円超えのプレーヤーをあっさり超えてくれました。パネルはプラスチッキーですが、まっ仕方ないですかね。

 最近はハイブリッドCDをよくお耳にしますが是非、お勧めです!
0コメント|42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月9日
コストパフォーマンスが高い機種です。音質はSACDで比べるプレーヤーがないのでよく判らないけど、音の立ち上がりと切れは良いかも?ハイレゾプレーヤーともUSB接続で簡単。メディアがSACDだと、光ケーブルからは録音できないのは、MDなどに録る方には不便かも。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月28日
 安物(パイオニアさん、ご免なさい)にも拘わらず、専用機として十分通用します。1時間程度のオーケストラ曲を十分に楽しめ大満足でした。コスト・パフォーマンスの非常に高い製品です。元は4つ星にしていましたが、1ヶ月聴いた結果、5つ星に変えました。

<購入直後、手を入れていない状態>
 家にある30年近く経つ超旧式CDプレーヤー、レボックスB-226とのCD比較では、音の品位や空気感、楽器の明瞭度など、全体的にレボックスが上でした。PD-10は音が薄く、それに伴って空気感や奥行きが感じられません。特に低音が弱くブヨブヨした感じの低音は改善する必要があると感じました。一方で、レボックスの音は美しいものの僅かにざらつきを感じましたので、レボックスの再現能力の問題か経年変化かは分かりませんが、クリアーな音が出る点はPD-10の長所でしょう。
 SACDでは(こっちは比較しようがないので単体で)、良さを引き出してくれました。CDで物足りなかった空間再現も見事で、オーケストラが眼前に並ぶようでした。でも、低音の量感不足と締まりのなさは少し気になります。
 ただ、これは置き方の改善や、天板、底板の強化などで、締まった音に代わる可能性があると思います。そして、究極は(良い子は絶対真似しないで下さい)、蓋を剥ぐって部品の固着や共振止めをすれば飛躍的に音が良くなるのではないかと妄想しています。このレベルの再生水準だと、オーディオ店での聴き比べでは、ポテンシャルに相当差がないと違いは分からないでしょう。私は最新の事情には通じていませんが、10万円前後の製品と比較しても違いは出ない気がします。
 これまでの装置は洋物が主で、パイオニアを新品で買ったのは今回が初めてでした。CPの高さにビックリし、これからもと思った矢先、オーディオ事業から撤退する可能性もあると聞きました。とても残念に思います。

<1ヶ月後、調整した後で>
 台との間にガラス板を敷き、天板にも共振止めに厚いガラス板を置き、電源コードも元の2倍ほどの太さの物に代えました。その簡易修正で最初のレビューで書いた低音の不満は完全に払拭され、CDの音もビビッドになりました。ピュアオーディオ設定では、音場再現も良くなります。イコライジングによる向上だと、何かパイオニアの掌で転がされているようで抵抗もありますが、確実に音は良くなります。ショートカットによる向上なら嬉しいのですが。
 当家の再生スタイルで普通の方と変わっているのはコンセント電源から機器までにトランスタップが入っている事です。音質向上というより、200Vが主流の輸入品に対応する為ですが、ありきたりの電源コードの交換でも音が良くなりましたから、このトランスも影響しているかもしれません。出力ケーブルはEMT211と書いたEMTカートリッジ専用トランスからプリへつなぐ線を流用しています。RCA端子もニッケルで線もか細いのですが、音が良いので愛用しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アマゾンを見たら、買ったときより少し安くなっていました。蓋を開けて「改造」するために、もう1台買おうかと悩んでいます。本末転倒とは分かっているのですが、そのままでも少し手を加えるだけでこれだけ音が良くなると、悪さをしたい気持ちを抑えきれなくなって困っています。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)