Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
11
5つ星のうち4.1
星5つ
4
星4つ
6
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
1
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年7月26日
素晴らしい出来だと思います。
このクオリティでこの値段は安いと思います。
ただ、他の方のレビューでもあるように、
いわゆるおもちゃなので、製品に
多少のクオリティに差があるようです。
私のはアタリでした。
とりあえず四天王は揃えるつもりです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月16日
商品の良し悪しは個人の判断ですので、細かいところまで気にされる方にとっては荒が目立つでしょう。

手足を動かして遊ぶ方にとっては間接部の動きが気になるかもしれませんが、通常のポーズで立たせているだけ
ですので特に問題はありませんでした。
でも気になるところがひとつ。
右手首の間接がきつく、精密工具で差し替えました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年9月16日
 折角良い出来の手頃な大きさの四天王像を我が書斎に請来したので、きちんと基礎知識を理解しておくべきかと思い、調べてみた。

 増長天(ぞうじょうてん、ぞうちょうてん)。梵名は「ヴィルーダカ」(viruudhaka、毘楼勒叉)、サンスクリット語で「成長する者、増大した者」の意味を持つ。仏教では「天部」の仏神に分類される。

 増長天は、四天王の一尊として、南方を護る守護神とされる。仏堂内では本尊の向かって左手前に安置するのが原則である。その姿には様々な表現があるが、日本では一般に革製の甲冑を身に纏った中国唐代の武将の姿で表現される。

 その持物は、刀や剣の場合が多い。例えば胎蔵界曼荼羅では体色は赤肉色、右手は右胸の前で剣を持ち、左手は拳にして右腰に置く姿で描かれる。派生例としては、右手に独鈷杵(どっこしょ)を持ち左手を腰に当てる例(千葉県山武市勝覚寺蔵の増長天像)、左手には戟(げき)という長い柄の武器と三本に分かれた三鈷杵を持つ例(京都府木津川市浄瑠璃寺蔵四天王像中の増長天像)、剣だけを持つ例(奈良市唐招提寺四天王像中の増長天像)等がある。他にも剣と金剛杵(こんごうしょ)を持つ場合など、持物・持ち方は様々あり、一部には増長天の前に鬼形の従者がいて両手で剣を持ち跪いている作例もある。また中国の民間信仰では青い顔で宝剣を持った姿で表される。

 その元来はインド古代神話の雷神インドラ(仏教では帝釈天)の配下であったものが、後々になって仏教に守護神として取り入れられた。仏の住む世界を支える須弥山四方を護る四天王の南方の守護として南瑠璃'(みなみるりた)に住み、南の方角、或いは古代インドの世界観で地球上にあるとされた四つの大陸のうち南贍部洲(なんせんぶしゅう)を守護するとされる。また、鳩槃荼や薜茘多(餓鬼)といった眷属を配下とする。

 増長天が独尊として祀られる事はないが、持国天と共に「二天」として祀られる事もある。二天を安置する形式は中国から伝わったとされるが、江戸時代には既に二天を守護神として祀る様になっていた様である。旧有章院霊廟二天門(東京都港区芝、プリンスホテル敷地内)の持国天と増長天や浅草寺(東京都台東区浅草)の二天門像は有名で徳川家の霊廟を鎮護する役目を担っていた。

 有名な造像は、東大寺戒壇院四天王像(塑像・国宝・天平時代)の一つ、「増長天像」で、持国天と共に憤怒の形相で対を為す他、東大寺三月堂の四天王像中の「増長天像」(乾漆像・国宝・天平時代。300.0'cm)も高名である。また法隆寺金堂に祀られる四天王像中の「増長天立像」も「持国天立像」と対を成して名高い(何れも木像・重文・鎌倉時代)。他には京都六波羅密寺四天王立像の内の「増長天像」(木像・平安時代)は本尊の十一面観音像とともに、空也上人による創建期の遺作であり、同寺の宝物収蔵庫には四天王像4体のうち持国天像と増長天像が安置され、残りの広目天像と多聞天像は京都国立博物館に寄託されている。その4体の内、増長天像のみは鎌倉時代の補作である。最後に、佐賀県武雄市の廣福護国禅寺(仁治3年[1242]創建)には仏師運慶の作と伝わる「四天王像」(木造寄木造・鎌倉時代)があり、鎌倉時代の四天王憤怒像としては、九州で最も優れた彫像である、という評価もある。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月15日
購入した後で安くなっている。
四天王像他同じような感じです。
最低価格になるのを待ちましょう。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月23日
サイズは小さいですが、なかなかいい雰囲気が出ています。
木彫の方が個人的に雰囲気あると思いました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月5日
関節などは思ったほど可動域が大きく無いようです。鎧のデザインが四体個別に違います。一体でも良いですがこれは絶対四体揃えて眺めるのが正解でしょう。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月11日
値段の割に質感もよく
パーツで思ったポーズをとれるのが
様々な表現がとれる
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月3日
これで四天王そろい踏み!!我が家を守る守護神が勢揃いだ!!やっぱり木目調が良いでしょ!!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月18日
このシリーズの四天王4体購入しました。
増長天、持国天は部屋のスペースの関係上まだ組み立ててはいませんが、
4体ともリアルに良く出来ていると思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月4日
以前から欲しかったのですが、思い通りの商品で満足できる内容でした。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告