Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard Androidアプリストア nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年12月17日
メカニカルは始めて購入しましたが、今まで使っていたメンブレンやパンタグラフのものとは
比べ物にならないくらいいいです。

青軸と迷ったのですが打鍵動画でかなりうるさかったので赤軸にしました。
赤軸はスコッスコッって感じで青軸はカチャカチャって感じでしたね。

打鍵した感じが赤軸は結構重たいと思っていたのですが初めて押してみたときの感想は
軽っっ!でした。赤軸でこれって青軸どんだけ軽いんだよ…とちょっと思ってしまったほど
打った感じ軽かったです。

あと本体がすっごい重いです。でもその重さのせいで激しくタイピングしてもピクリとも動きません。
自分でもびっくりするほど早くタイピングできるときがあって、そんな時は助かってます。

でも本体自体高さがあるので、長時間タイピングする人はパームレスト必要かと思います。
試しにそのままタイピングしましたが案の定手首が痛くなりました。

メカニカル使った後だとメンブレン式とか使えません。
そのくらいうち心地は最高です。
使う前はキーボードに1万円は高いな〜と思っていたのですが使った後は
これで1万円なら納得だわって思いました。

地味にいいなと思ったことは、透明のプラのカバーがついていたことですね。
梱包の際の本体のカバーなんでしょうけど使わないときは被せておくと汚れや埃が
防げそうです。

軽い力で打鍵できるのでキーボードをよく使う方にはメカニカルお勧めです。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月27日
FILCO製品はこれが始めてですが、やっぱり良いですね!
スコスコと引っかかりのない打ち心地と音は最高です!高いキーボードを一度使うと安いキーボードには戻れないって言うのがよく分りました。   
軸系ではこの赤軸が私には合っているようで、Majestouch MINILAの赤軸も購入してしまいました。(他にもあり…)
アカン…どんどんはまっていく…
文字入力がこんなに楽しいとは思いませんでした。
キーボードに1万円以上出すなんて考えられなかったですが、使ってみて納得です。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2014年3月17日
今まで茶軸のFILCO Majestouch2 108フルキー茶軸を使ってきました。
それも十分気に入っておりましたが、一度違うものも使ってみたいと思い、ちょうどキーボードを一つ追加で必要だったので買ってみました。

茶軸と比べてキーの重さという意味ではあまり変わりません。
違いは、茶軸がキーを押し下げたときに最初の一瞬が少々抵抗感があり、それを越すと軽く押し込めるような感覚でした。
薄い殻を割っているような感覚でしょうか。
それに対して本商品の赤軸は、最初から押し込んだところまで抵抗感は変わりません。
特性としては店頭で触った黒軸と同じような感覚ですが、黒軸と比べて軽い操作感です。

茶軸では最初の固い部分を突破したら入力されているので、固い部分を押し込んだ感触で指を戻していくという打ち方をしていました。
赤軸の本商品は最初の抵抗感が少なく、キーを3ミリくらい押し込んだ位置で入力されています。
現段階ではまだ本商品に慣れていないので、指を戻すタイミングが分からずに茶軸のほうが使いやすかった印象はありますが、もう少し使っていくとまた違うかもしれません。

どちらも使ったことが無い人には茶軸も赤軸の本商品も甲乙付けがたい、どちらも良い商品だと思います。
最終的に好みの問題になると思いますが、この2種類から選ぶという前提なら、カチャカチャとしたキーボードが良ければ茶軸、スコスコとしたキーボードが良ければ本商品の赤軸というところではないでしょうか。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年7月30日
 iMacにて使用しています。まず、公式にはWindowsのみの対応ですが、Macでも使用できます。しかし、Windowsでの仕様と若干異なります。まず、半角全角キーでかなとアルファベットの変更ができません。変更するにはWindowsキーとスペース同時押しで切り替えます。また、Macの純正キーボードについているディスクを取り出すキーなど、Mac製独自のキーは使用できません。しかし、それを補って余りある品質の良さがあります。
 それは、この世とは思えないほどの押し心地。この製品はこの一点に集約されています。まず、マジェスタッチ2には4種類のキースイッチが用意されています。クリック感がなく押すに従って重くなる黒軸と赤軸、クリック感があり底まで一定の負荷で押せる茶軸と青軸。黒軸は重いキースイッチで他のキースイッチとはいろんな意味でひと味違います。赤軸は本製品で、黒軸を軽くしたもの。茶軸は赤軸とほぼ同じ軽さで押せるもので一番人気があります。青軸は赤や茶軸よりさらに軽いものの、クリック音が非常に大きいです。
 どのキースイッチもよくできているので、ネットで買われる前に各地方の大型店舗等で触られて見ることを強くおすすめします。もちろん、Macユーザーにもおすすめできます。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月11日
どっしりと重さがあり、打鍵によるブレやぐらつきが起きないところが良い。
筐体に余計な装飾がなくシンプルでフットプリントも小さいところもよい。
赤軸の適度な反発力が疲れにくいように感じる。
底打ちしなくても反応するので、適度なパームレストと組み合わせて小気味良く入力していけるだろう。
逆に、底打ちするほど強く叩くと叩いた音がうるさく感じられるため、
静かなオフィスで使うときは気をつけたい。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月21日
価格.comにも同様のレビューをしました。

チェリー ストリーム G85-23100JAADSF
からの買い換えとなります。
上記商品の一番の不満点は
(パンタグラフということもあり、短いキーストロークと底打ちした際の反動で
長期のタイピングで指が痛くなってくることでした。

■満足する点■
【デザイン】
キー数に対し、幅や奥行きをとらない必要最小限の筐体で満足しております。
右上のFILCOのロゴも良いですね。

【打鍵感】
チェリー社の赤軸を採用ということで
キーを打った際の感触や打鍵音は最高の一言に尽きます。
入力が多い仕事をしている人がキーボードに拘る理由が分かりました。
パンタグラフからの移行で慣れていないにもかかわらず
タイピングソフトでこれまで最高に近い点がでました。

【機能性】
盤面のLEDが赤色で主張が少ないのは良いと思います
(青色LEDだと目に突き刺さるような強さですので)

【印字】
以前のキーボードがシールを貼っているかのようなキートップ印字なので
それらを感じさせない印字が良いと思いました。
(剥がれたりしないと信じております。)

【耐久性】
まだ買ったばかりなので無評価としましたが
評判の通り質実剛健といった形です。
打った際のブレや共鳴などは一切ありません。

【製造国】
Made in Taiwan(台湾)ときちんと箱と筐体に記載されていて個人的に嬉しいです。
(メーカーや製造国を買う側から分かりにくくしているような商品も見受けられますので・・・)

【付録】
プラスチック製の透明なキーボードカバーがついてくるのはいいですね!
使って居ない時埃がたまるのを防いでくれます。

■不満な点■
【デザイン】
キートップの位置が若干高い気がします。
補うためにパームレストを使う人が多いようですが
もっと全体的に薄くして、キートップ位置も1~2mm低くなれば
パームレストなんて使う必要もなくなると思われます。

BackSpaceのキートップの印字が矢印キーの左と同じ
[←]なのが気になりました。

【機能性】
ケーブルの取り回しができないこと
把握した上で購入しましたがこれが個人的には一番残念です
正面固定なので、モニタの画面と土台の間に収納しようとするとモニタアームとケーブルの出ているところが
ぶつかってしまい、せっかくの無駄に奥行きの無い利点が消されてしまいます。
他の安物でもケーブル取り回しができる製品はあるので、残念に思います。

■総評■
文字入力するという基本性能に対し大変満足できる製品かと思われます。
このレビューを打っていてもとても気持ちが良いです。
しかし、もっと万人受けするちょっとした工夫ができると思います。
上記の不満点が解消され、かつbluetooth対応の機種が出たらまた買ってしまいそうです^^
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2012年9月15日
以前はMajestouchLinear(黒軸)を使っていた。メカニカルだが、典型的なクリック感のないキーの入り方が気に入っていた。
その後CHERRY純正の赤軸を使用し、キーの入りがさらに軽快になったタッチにハマッてしまった。
しかし、CHERRYの赤軸はタッチに不満はないが、キーボードサイズが無駄に大きく、質感がイマイチだったため、Majestouchの赤軸モデルが出るのを待っていた。
ようやく2011年春に限定モデルとして発売され、その後レギュラー商品化され現在に至る。

(長所)
・軽快で小気味良いキータッチ
・重量があって安定性が良く、剛性が高いシャーシ。
・変換/無変換/カナかなの各キーが小さく、スペースキーが長い。
・シンプルで締まったデザイン
・PS2/USB両対応
・付属カバーがキーボードカバーになる。

(短所)
・キートップがテカりやすい。
・黒い筐体はホコリ汚れが目立ちやすい。

Majestouchシリーズはチャタリングがよく言われるが、当方のは現在まで少なくとも出ていない。
単にスイッチを赤軸にしただけでなく基板、ソフト、ハンダ付け方法などにも手を入れており、そのあたりが信頼性向上につながっていると思われる。

軽いタッチが好きな人にはRealforceの軽荷重タイプという選択肢もあるが、打鍵感の好みがあると思うので、そのあたりは店頭での試し打ちが必要と思われる。
あちらはあちらでなかなかいいので、当方は本モデルと併用して気分で使い分けている。

他メーカーからも赤軸キーボードは出ているが、質感などはやはりこちらの方が上だ。もっとも値段差もあるのでそのあたりをどう見るかは価値観次第だろう。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月9日
スコスコ、ターンッ!!

キーボードを打つたびにやりたくなるくらいの商品です。
タイピングが全く苦にならないです。赤軸、いあ!、いあ!
赤軸のレビューは結構な方がされているので省略しますが...

ただ、常用していると印刷面が薄くなってきていました。
最初はさらさらしているのですが、削れてくるとツルツルしてくると言いますか。
消耗品なので仕方がないですが、どうやらFILCOのサポートに問い合わせたらスペアを送ってくれるそうで。

アフターサービスを考えた上でもこの商品はすごくおすすめします。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月3日
他のレビューのとおりで、使い心地はとってもいいです。
あえてよくないところといえば、キーに印字されてる文字が
早くに消えそうなことでしょうか。
使って3カ月ほどですが、すでに薄くなってるのが分かります。
これがなければ星5つつけてます。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月15日
cherry赤軸特有の軽いキータッチとキーの戻り具合がすごく良い一品です。
キータッチの速度に関しては従来使用していたメンブレンキーボードと比較すると1.1倍程度早くなっている実感があります。
ただ、キーボード手前部分の高さは20mmあり、単独で使用する分にはやや高めです。
このキーボードでタイピングにおいて真価を発揮するためには、純正の高さ調節がなされたパームレストとの併用をお勧めします。

僕は自分のofficePCに向かう環境が1日のうち2時間程度(業務用PCの時間含めると6時間くらい?)×5~6日/週の仕事をしており、officePCには今までメンブレンキーボード(logicool K270)を使用していました。
「10000円の有線キーボードとかありえん」と思っていた派の人間なのですが、キータッチの速度が上がり、うち疲れしないという話を聞き、比較的静穏性に優れる赤軸を選択し、一念発起して購入しました。
結果、タイピング速度に関しては単体導入では早くなった実感が得られませんでした。
ただ、打鍵感がものすごく軽いこともありうち疲れはかなり減少し、タイピング中に手掌に痛みを感じるようなことも非常に少なくなりました。
パームレストを追加するとそれらはさらに改善し、速度上昇と手掌の痛みはほぼ改善しました。

問題点を挙げるとすれば、赤軸といえどもofficeで使用する際には音がうるさいことです。キーを底打ちした音は周囲の人は気になるでしょう。使用している本人も気を使ってしまいます。

実はこのキーボードに魅せられて、高級キーボードの使用にはまり、REALFORCE108UBKも購入してしまいました。
もっぱらoffice workに関してはREALFORCEの方が静穏性に優れており周囲に気兼ねなく使用できる点と、独特のキータッチ、キーの角度も素晴らしく感じます。
だけど、使用感に関していうと、majestouch赤軸のしゃきっとした感じの方が僕には好みです。
仕事中もこのキーが底打ちする心地よい音に戻りたくてたまらなくなります。ただ対人仕事の業務用PCにはさすがに導入できない・・・。
skyrimなどキー操作を伴うゲームもやはりmajestouchの方が使用しやすいです。(REALFORCE108UBKはWASDkeyの押下圧が一定ではないことと、ゲーム特有のキーボードポジションのため)
通常状態でゲームに使う際にはキーボード側でwindows keyをOFFにする機構がないため、あくまでほとんどタイピング用途、ゲームもそこそこという方の方が良いと思います。ゲームを中心にする場合はwinsows key下にバーを挟んで誤タッチを防止するか、システム側でOFFにしてください。office work用途でそれをやっちゃうと短縮コマンドが使えなくなるのでおすすめしません。

使っていて中毒性のあるキーボードです。どのような使い方であれ単体使用とは別次元の快適さのため、パームレストまで含めて検討した方がよいでしょう。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)