カスタマーレビュー


41レビュー
星5つ:
 (31)
星4つ:
 (7)
星3つ:
 (3)
星2つ:    (0)
星1つ:    (0)
 
 
 
 
 
おすすめ度
あなたのご意見やご感想を教えてください
自分のレビューを作成する
 
 

評価が高い有用性のあるレビュー
評価が高くない有用性のあるレビュー


38 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 恐ろしく濃厚な映画 好き嫌いが別れると思う
徹底的に濃厚。中世の陰鬱と狂気ともいえる残虐で原始的な快楽への熱中が全編を通して表現される。この時点で拒否反応を示す人がいるかもしれない。字幕ではプロテスタントとなっているが、正確にはこの婚礼で虐殺されたのはフランス語読みの「ユグノー」たち。イタリア出身のしたたかな王妃カトリーヌドメディチの策によってカソリックとユグノーの和解の象徴としてユグノー領地の王アンリと結婚させられた長女マルゴの生き方を濃密に表現した映画。音楽が重厚で悲愴に満ちている。淫蕩でありながら聡明である二面性を持った王妃マルゴをイザベルアジャーニが濃演。個人的に、マルゴの次女役で出演している女優の妙演にかなり好印象。偉大な皇太后カトリーヌ亡き後、この映画中で栄華を誇ったヴァロア朝の王兄弟に嫡子はなく、結局フランス全土の王冠は「ユグノーの花婿」として人質同然に婿入りしてきたナ...
投稿日: 2006/8/10 投稿者: ベンタ

対
26 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 後半に盛り上がる人間ドラマに注目!!!
文豪A・デュマの同盟小説を知っていた。また、僕はフランス文学をな
ぜか専攻しているのにも関わらずフランスのことをあまり知らない。その後ろめたさもあってこれを見ようと思った。前半はあまりストーリーに入り込めなかった。何か物足りなかった。それは僕が歴史を知らなかったためではない。映画の責任である。前半、僕はこの映画をアクション大作としてみたらいいのか、人間ドラマとしてみたらいいのかよくわからなかった。確かに人も大勢使っているし金をかけているように見える。しかしアクション大作として...
投稿日: 2003/5/26 投稿者: mbookdiary


‹ 戻る | 1 25 | 次へ ›
有用性の高い順 | 最新のレビューから

38 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 恐ろしく濃厚な映画 好き嫌いが別れると思う, 2006/8/10
レビュー対象商品: 王妃マルゴ 無修正版 [DVD] (DVD)
徹底的に濃厚。中世の陰鬱と狂気ともいえる残虐で原始的な快楽への熱中が全編を通して表現される。この時点で拒否反応を示す人がいるかもしれない。字幕ではプロテスタントとなっているが、正確にはこの婚礼で虐殺されたのはフランス語読みの「ユグノー」たち。イタリア出身のしたたかな王妃カトリーヌドメディチの策によってカソリックとユグノーの和解の象徴としてユグノー領地の王アンリと結婚させられた長女マルゴの生き方を濃密に表現した映画。音楽が重厚で悲愴に満ちている。淫蕩でありながら聡明である二面性を持った王妃マルゴをイザベルアジャーニが濃演。個人的に、マルゴの次女役で出演している女優の妙演にかなり好印象。偉大な皇太后カトリーヌ亡き後、この映画中で栄華を誇ったヴァロア朝の王兄弟に嫡子はなく、結局フランス全土の王冠は「ユグノーの花婿」として人質同然に婿入りしてきたナヴァル王アンリのブルボン朝に受け継がれる。このブルボン朝から後の太陽王ルイ14世が生まれる。歴史の皮肉である。この映画には登場人物が多く名前と顔が一度見ただけでは一致しない。一度みて全貌をつかんだ後に、2度3度と見ると、そのたびに何かしら発見のある映画。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


15 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 フランス歴史大作, 2012/4/17
レビュー対象商品: 王妃マルゴ [Blu-ray] (Blu-ray)
デュマの原作を大幅にアレンジ。原作は二人の騎士の数奇な運命を描いたもので王妃マルゴの出番が少ない。製作者は出演交渉中にイザベル・アジャーニが原作を読まないことを祈ってたとか。グロテスクな描写もあるけど、長めのランニング・タイムを飽きさせない力作。イザベル・アジャーニが本当に綺麗だし、「アデルの恋の物語」と並ぶ代表作だと思う。残念なのは今回のリリースもアメリカ短縮バージョンらしいこと。廉価盤だし、とりあえず買っておこうと思うが、いつかオリジナル版がリリースされることを心待ちにしている。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


28 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 とにかく美しい, 2003/2/3
投稿者 
有花 - レビューをすべて見る
(VINEメンバー)   
レビュー対象商品: 王妃マルゴ 無修正版 [DVD] (DVD)
とにかく映像が美しい。夜の暗闇、重厚な建物、当時の衣装、全てがフランス、ヨーロッパの歴史の重みの中でじわじわ心に響く美しさを放っています。
私はイザベル・アジャーニが好きでこれを見ましたが、彼女もやはり美しい。愛する人と添い遂げられない主人公の苦悩がよく出ています。苦しく、せつないラストまで、飽きずに見入ってしまいました。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


26 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 美しくて残酷で切ない感動作, 2005/1/18
レビュー対象商品: 王妃マルゴ 無修正版 [DVD] (DVD)
この映画を見てイザベル=アジャー二のファンになりました。
隅々まで完璧な配役、そして熱演。重厚で物悲しい音楽、落ち着いた美しい映像、豪華な衣装、切ない物語。
DVDの美しい画質で永久保存するに相応しい名作だと思います。
廃盤になったのだとしたらとても残念です。
サントラもお勧め。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 出るんですか!?, 2012/5/9
レビュー対象商品: 王妃マルゴ [DVD] (DVD)
まだ発売されていないのですが、とても楽しみにしています。

舞台はヴァロア朝末期のフランス。カトリーヌ・ド・メディチの「不肖の」娘、国王シャルル9世の妹で、奔放な行動で歴史にも名を残す王女マルゴが主人公です。カトリックのヴァロア王家は、力を増しつつあるユグノー(プロテスタント)との融和を図るため、王女マルゴとユグノーの首領で小国ナヴァールの王アンリの結婚を挙行する。しかしそれはユグノーを油断させて殲滅するための王太后カトリーヌの罠だった…。

世界史でいう「サン・バルテルミーの虐殺」前後を題材に、『三銃士』のアレクサンドル・デュマが書いた小説を、映画界・演劇界両方の巨匠であるシェローがフランス俳優陣の豪華オールスターキャストで描いた、素晴らしい作品です。歴史の面白さ、王家内の確執などの人間ドラマ、ブルーや緑が印象的な映像美、キャスティングの妙など、すべて文句なし。

シェローは作品によっては芸術的過ぎて、私にはしんどかったりするのですが、これは取りつきやすいエンターテインメントに仕上がっています。情熱的なマルゴを演じるアジャーニは、例によって年齢不詳で非常に美しいです。母の圧力と王位を狙う弟たちに苦しむ、孤独なシャルルを演じるジャン・ユーグ・アングラードも代表作と言えるのでは? そんなシャルルと束の間の友情を通わせるアンリを演じるダニエル・オートュイユもさすがのはまり役で、誠実で朴訥な感じが、後にブルボン朝を開き、今もフランス人に最も愛される王とされるアンリ4世にぴったりです。

長らく廃盤で、昔のビデオの粗悪コピーしかもっていなかったので、DVD再発売を歓迎します。大河ドラマな歴史ものが好きな方にはお勧めです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


26 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 激しい競演絵巻。, 2004/5/17
レビュー対象商品: 王妃マルゴ 無修正版 [DVD] (DVD)
うす暗ぁ~いフランスの、宮廷の、王室の、ドロドロ~~っとしまくりのストーリー。歴史もの、時代劇ものへの興味で見てみたら、びっくり。内容は女優対男優。火花バチバチの競演。どうやら近親相姦なんかも普通~に行われてしまっている王族の、夜は男を求めるのが当たり前かのようにあどけない表情のイザベルアジャーニ、さりげない演技。ジャンユーグの、権力争いに見せる過剰なまでのキッモチ悪い幼児性表現にはサービス過剰なまでの演技力を感じました。
すごいですよ。かと言って決してゲテモノ映画ではありませんよ。ああ恐ろしやフランス王家。
濃ゆく豪華な、見応えたっっぷりの映画でした。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 新しいマルゴ妃の世界, 2001/7/29
投稿者 カスタマー
良きにつけ悪しきにつけ現在のフランス映画を象徴する作品です。 かつてジャンヌ・モローが演じたマルゴ妃のシネマなので、期待して映画館へ見に行ったのを覚えております。
ヴィルナ・リージがもう王母カトリーヌ・ド・メディシスの役を演じるようになったのですね。かつての名女優フランソワーズ・ロゼーのカトリーヌ・ド・メディシスを思い出した方も多いのではないでしょうか。
何はあれ、劇場で観られなかった人には、家庭で御覧になることをお奨めいたします。決して見て損のないフィルムです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


22 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 演劇出身のパトリス・シェローを知ってください。, 2004/12/9
投稿者 
武神妖虎 "Wolf13" (餃子消費全国一位の県) - レビューをすべて見る
レビュー対象商品: 王妃マルゴ 無修正版 [DVD] (DVD)
この監督パトリス・シェローはフランス演劇界で名を売り、ワーグナー没後100年の「世紀のワーグナー」でもう一人のフランス人音楽家ピエール・ブーレーズとコンビを組んでニーベルングの指環を演出し「物議と賞賛」を巻き起こしそれで徹底的に有名になった人です。
 あの悪名高きサン・バルテルミーの夜を再現した死体の置き方の背景には日本の「暗黒舞踏」が元になっているような気がします。(1980年にワルキューレの第三幕を見たとき当初の死体の置き方がそうだったのでそれの踏襲で、より洗練(?)された感じです。いまやバイロイトを始めワルキューレ第三幕の殆どはシェロー・スタィルが一般的になってますが。)
 またイザベル・アジャーニの綺麗な女優さんなのに汚れを厭わない突撃振りが「サービス」精神旺盛な所で素敵です。お時間ありましたら彼女が出演している「ポゼッション」を是非観て下さい。
 又BGMのエロ・ハイ(音楽ゴラン・ブレゴビッチ)を歌うオフラ・ハザのシャープな声がきりりと締めています。サン・バルテルミーのサバト的な音楽も美しい。人物を捉えてたカメラワークの単調さが(近視的)少々気になる人もいるかも知れないが、私はこの映画は文句なしの星五つを挙げておきたい。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 今日的映画, 2009/6/14
投稿者 
レビュー対象商品: 王妃マルゴ 無修正版 [DVD] (DVD)
1572年8月のたまらなくむし暑いパリの夜、聖バーソローミューの日の夜の大虐殺劇を舞台に、複雑な人間集団の葛藤を描いた大作である。映画館で観たのがもう10年前のことになってしまった。登場人物がこの混沌としたカオスの渦中、まさに複雑である。この時代に、日本も信長が天下布武の旗を掲げ、かけ回っていたころであるから、東洋も西洋も同じように混乱と戦乱の血みどろな時代であった。若く躍動する男の背中に貼りつくシャツと血しぶきがこの作品を荒々しくも淫靡であざといものに仕上げている。大人の映画である。
冒頭、マルグリット・ド・バロアと後のアンリ4世であるアンリ・ド・ナヴァールの結婚式、壮大なカテドラルのそれは、薄暗い蝋燭の灯、輝く宝石、華麗で贅沢な衣装、圧倒的な美しさである。その時点で観客は遥かなる過去へと意識を飛ばされてしまうような眩暈を感じさせられるであろう。イザベル・アジャーニが非の打ちどころなく美しく傲慢である。
次いで、ルーヴルの宮廷庭園での破天荒な宴会、美しいが粗野で悪魔的な貴族の青年らのさや当てが繰り広げられるのである。
更に夜の宮殿での愛の交歓と裏切り、狡猾な謀略、猜疑と怯え、そして恐怖を打ち消すべき凶行、これらを魔女のようなカトリーヌ・ド・メデイシス役をヴィルナ・リージ、そして汗だくで長髪を振り乱し、小心だが狡猾、柔和さと冷血を交錯させる複雑なシャルル9世役を、ジャン・ユーグ・アングラートが役者としてのプライドをかけての熱演で秀逸である。
なによりも照明が素晴らしい。闇と光の微妙な対比がこの時代の絵画の如く深みがあり、格調高く美しい。能衣装のように華美で重々しい女性の衣装、薄暗い魔窟のような宮殿も当時のそれを再現させたごとく全く手を抜かない仕事ぶりである。
筋書きの複雑怪奇さは、史実がそうだったのであるから仕方がない。史実と異なるのは、マルゴの愛人、ラ・モール伯、実際は40過ぎの当時としては歳の行ったおじさんでプロの殺し屋、実際にシャルル9世の暗殺を狙っており、マルゴの弟、アンジェー公の罠に引っ掛かって処刑された。メデシスの毒殺というのも伝説でシャルル9世は病死であった、という点であろうか。
そんなこんなで歴史を勉強するきっかけにもなった忘れ難い映画である。今日の枢軸を失った混沌とした時代を予兆する映画でもあった。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


36 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 『仮面の男』とは比較になりません。, 2002/12/18
レビュー対象商品: 王妃マルゴ 無修正版 [DVD] (DVD)
ヴァロワ朝末期のフランス。長く続いたプロテスタントとカトリックとの抗争に終止符を打つべくプロテスタント側の頭目アンリ・ド・ナヴァール(のちのブルボン朝最初の国王アンリ4世)と国王シャルル9世の妹マルゴが結婚する。
しかし数日後のサンバルテルミーの祝日の日、カトリック教徒達は結婚式の祝祭のためにパリを訪れていたプロテスタントたちに襲いかかる。サンバルテルミーの大虐殺である。街のあちらこちらで繰り広げられる殺戮。そして…
三銃士などで有名なデュマの傑作を基に、フランスが総力を挙げて作製した映画。ハリウッド映画とは違い、時代考証がしっかりとなされており、お気楽なハッピーエンドではなく、考えさせられる形で話は終わる。
できればこの作品は見る前にその時代について一通り学んでおいたほうが理解しやすいだろう。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


‹ 戻る | 1 25 | 次へ ›
有用性の高い順 | 最新のレビューから

この商品

王妃マルゴ [Blu-ray]
王妃マルゴ [Blu-ray] 作成者 パトリス・シェロー (Blu-ray - 2012)
¥ 2,571 ¥ 1,745
在庫あり
カートに入れる ほしい物リストに加える
この商品のカスタマーレビューだけを検索する