Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.496
5つ星のうち3.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年4月29日
当商品のターゲットは年輩の方だと思われます。操作ボタンも大きいけれど、取説の文字、図もかなり大きいです。
私が当商品を購入した目的は結構異色だと思いますが、FMをタイマー録音して、walkmanで聴くこと。
ターゲットがターゲットなだけに操作もわかりやすく、FMのタイマー録音は簡単にできました。が、walkmanで聴こうとして失敗。
パソコンでプロパティーを見たら、8bitモノラルのADPCM形式でした。「(購入を)失敗した」と思って時間があるときにゆっくり見てみると、音質切り替えができ、16bitステレオPCM形式が選択できました。商品の性格上、普通は8bitモノラルのADPCMになっていて、音質を切り替えることは基本的にないという割り切りなのでしょうが、独立したボタンじゃなくて、他のボタンを兼用した作りになっていました。
が、結果はうちではNHKーFMの受信感度が良かったのかもしれませんが、walkmanでこれだけの音質が出れば上出来という感じ。もちろん元がFMなのでCDより劣りますが、十二分な感じ。
受信感度も全体的にも小さい筐体の割にはよい方じゃないでしょうか?ただ、外部アンテナの使い方が取説にも書いてないところはいただけません。
自分の用途としての欠点は、電源がACじゃなくて、単三2本なことでしょうか?充電池を使うことになると思います。
こんな使い方をする方はあまりおられないでしょうけど、参考になれば。
2コメント2件|154人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月6日
ネットラジオもいいけど、PCラジオもいいけど、やっぱり電波放送ラジオを楽しみたいよね、という皆さんには、きっといいおもちゃです。(語学講座の録音、再生にも使えます)
電車の中で、スマホゲーム、iPod音楽、3DSやPSPは良く見かけますが、録再ラジオを使って語学練習なんてほとんど見なくなってしまった。これ使ってやってみたら、ちょっとレトロでカッコいい。
 
ぱっと見。(ちょこっと操作)からの感想
 ア.ハンディラジオ (DS位の大きさ。昔風のSONYならありそうなサイズ)
 イ.ストラップは買って、後付け(紐通し穴はあるよ)
 ウ.録音先はMicroSDカード 32GBまで可 (カード2〜3枚代金で買えるラジオだ)
 ヱ.電源は単三2本 (エネループ可)
 オ.説明表示は大きな文字で。(比較的。他の製品は気取りすぎか?)

AMラジオ、FMラジオは、多くの皆さんが生まれる前から既にある、音声放送。だけど今はスマホやPCでも、ラジオ番組の聴取ができる時代になった。録音するには、ラジカセやMDラジカセなどが長く君臨してきましたが、SDカードへの録音ラジオがなかなか出てこなかった。
そこに登場したのが、このLogitecと、SONYのラジオ。期待は大きい。

FMだけでよければiPodやICレコーダーでも、はたまたBluetoothヘッドフォンでも聞けたりする。でもポータブルで、AMも鳴らしたいとなったら、このRR100か、SONYの兄弟機くらいが候補。
家だけで使うなら昔のラジカセくらいの大きさのものでもいいが、持ち運んで、録音もして、電車や事務所や学校で聞くつもりなら、ゲーム機位のポータブルサイズがいい。

また年とってくると、小さい文字や小さい画面でのタッチ操作って、わずらわしい。(Apple製品はしょうがないので、やるけど。)この製品は、ラジオと録音機です、とのわりきりがいい。だから操作ボタンも表示も大きく見やすい。Apple製品ほど洗練されていない泥臭さが、実はいい。

マニュアルも今の時代、ネットで公表されている。どうするんだっけ?と思ったらPCなどあればすぐに確認できる。

電源も主要電源は乾電池(あるいは充電式単三)、エネループの時代ですから、困ることはない。長時間録音前にはフル充電で。電池抜き差しによる時刻ずれの修正は、手動で、と明快。
録音用のMicroSDカードも随分と安価になってきた。容量だっでギガのものが数千円。この本体価格と比べてみてください。

そんなことを考えつつ、お気に入りのAMやFMを聞きつつ、ながら読み、ながら勉強をするのって、恋チュンに出てくるカフェテラスでやってても、絵になりそう。
放送局もネット対応の工夫を凝らして、毎日電波でも放送中。だからこそ毎日使いたい、簡単SDラジオ。
もし、語学学習が中心で、なおかつ再生速度を変えて、何度も聞いたり、書いたり、シャドーイングしたりすることが明らかだったら、ちょっと高いけどS社の製品を進めるが、気楽に持ち運んで、ラジオ講座を何度でも聞いておくくらいなら、このRR-100は使いやすい。
0コメント|51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年6月6日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
すでに幾つものレビュアーが全体的な特徴に関して、
有意義なレビューを掲載されているので、
私は少し使用項目別にレビューを整理してみる。

【共通した本機の使用感】

重量は見た目よりもかなり軽量。
ほとんど単3電池2本分の重さくらいの感覚。
プラスチックの筐体は見た目よりもしっかりしている。
(エアコンやチャンネルリモコンの質感)
ボタンは最小限で、操作は手順を覚えると、あとは応用で対応できる。
ラジオ機能とICレコーダーの機能が根本的に分けられており、
それぞれフォルダが違うので、
再生聴視する時に、録音した側にスイッチを入れなければならないのは不便。
録音時のファイル形式は、リニアPCM系2通り(ADPCM / LPCM)。
MP3やAAC、WMAのような圧縮ファイルが使えないのが不便。

ファイル名を規定の名づけ方にすると、
PCにある音楽(wave)ファイルを転送して再生することが可能。

小型のモノラル・スピーカーは、鳴りがよいので明瞭に聞き取れる。
バックライト表示もよく出来ていて、液晶画面は非常に見やすいです。

本体がエナメル質のつるつるした感触なので、
ストラップが付けられないのが非常に残念。
携帯用のケースは付属しているものの、
本製品はイヤホン視聴でない限りは外に出して使うであろうから、
持った時、置いた時に滑りやすいというのは、落とす原因になる。

【ラジオ・サーバーとしての使用感】

ラジオの予約録音は登録数5コまで(少なすぎる印象)。
曜日またぎの録音は不可能(各曜日の0時から24時まで)。
毎曜日と毎日、日付指定の録音は可能であるけれど、
WEEKDAY(月〜金、ほか何曜日と何曜日)という指定は不可能。
録音の時間設定は5分おくりで、0分ないし5分に限られる。

録音ファイルは「放送波/録音クオリティ/録音開始日時/放送局名」名ファイルを
自動的に作成してくれるので、便利です。
録音の保存ファイルは共用であったほうがユーザーには便利だと思った。
ラジオ・サーバーにありがちな不満点であるが、
かなり良好な電波状態にないと、録音時に受信感度が低下する。
FM波はアンテナ効果で比較的良好だけれど、
AM波はそれほど好感度ではない印象。

【ICレコーダーとしての使用感】

内蔵マイクと外部マイクの2通りの選択が可能。
(内蔵マイクはステレオマイクで、筐体を横長においたその左右の上部にある)。
さらにICレコーダー録音用に外部入力端子があり、
これはステレオ端子からアナログサウンドなどを簡易録音するためのものだと思われる。
(レコードプレイヤーの音をデジタル化したり、カセットデッキの音をデジタル化したりできる)

音はクリアに録れるけれど、録音レベルを設定する項目がないので、
環境に合わせた録音にはならない。
デフォルトの録音レベルはかなり低い印象。
しかも、何かのノイズを拾っているような気がする。
これは録音環境が悪いのか、もともと本機がもっているマシンノイズかは不明。

ICレコーダー録音は付加機能、おまけ機能な気がする。
というのは、ファイル分けもポジション・マークもなく、
とうぜんA-B区間リピートのようなこともできないので、
純粋にICレコーダーとして売っている商品にかなわないからである。
0コメント|76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
昔ながらの小型ラジカセが、デジタル録音になった。
そんな印象の、シンプルで、扱いやすい製品です。
大きさは3DSとほぼ同じで、横幅が3DSより1cm短い。
付属のポーチだけではなく、3DS用のポーチも流用可能です。

まず地域を選択して、受信局を設定する必要がありますが、
いちど設定してしまえば、電池を入れ替えても、地域設定は保持されます。
AM/FMの切り替えボタンは無く、ダイヤルをまわしていくことで
受信局がAMからFM(FMからAM)に切り替わります。
いっしゅん戸惑うかもしれませんが、逆に簡単で、分かり易いです。

内蔵AMアンテナの受信感度は、製品の大きさ相応です。普通です。
格別よくはありません。
しかしながら外部アンテナ接続端子を備えているので、
自前でアンテナを用意すれば、クリアな音声でのAM録音が可能です。

アダプター端子は無く、電源は、USB給電か、単三電池2本の2択です。
電池の残量はLEDインジケーター3つで表示されます。
フル充電させたエネループで、AMを毎日3時間、音量1で聴き流しながら予約録音。
1時間15分目で早々に残量が1減りましたが、
その後はシブとく長持ちして、12時間をこえたところで2つ目が減り、
するとすぐに「電池残量不足」の文字が出て、録音続行が不可になりました。

2回ためしてみましたが、同じでした。
録音だけならエネループで12時間いけます。
再生の場合は更に長持ちします。

電池を換えても地域設定と予約設定、録音ファイルは保持されます。
が、時刻設定はストップします。
電池交換に要した時間だけズレます。遅れが生じます。
時刻設定をし直す必要があります。
タイマー録音されるかたは、USB接続での給電が確実です。

 ・ポーチ収納が前提なのでしょう、本体にストラップ用の穴がない
 ・タイマー予約に「月〜金」、「月〜土」がない

タイマー予約は5つまで設定できます。
ラジオ講座などをタイマー予約されるかたは、曜日ごとに予約設定するか、
とりあえず「毎日」に設定して、余計な「土」、「日」ぶんを聴かない・消す。

気軽に持ち歩いて、気軽に録音する。電池も長持ち。いい製品です。
しかし、いざ本格的に予約録音するとなると、シンプルすぎるがゆえに
5つでは予約設定が足らず、苦労するかもしれません。
0コメント|101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月10日
ラジオモード、ICレコーダーモードにて、録音すると、
本体、又は、SDカード内にフォルダが作成される。

「RADIO」フォルダには、ラジオ録音したファイルが入る。
「RECORD」フォルダには、音声録音したファイルが入る。

例:「RADIO」フォルダ内ファイル名

「AM_L_140610_000257_0891_NHK第一」
「FM_L_140610_000545_7710_Datefm」

例:「RECORD」フォルダ内ファイル名

「VO_L_140610_000000」

「RADIO」「RECORD」共に、
フォルダ内に入るファイルの録音形式(拡張子)は「.WAVE」なので、
上記の規定ファイル名にのっとれば、
お気に入りの曲を、パソコンからコピーして聞く事が可能。

例えば、「FM_L_140610_000000_0000_逢いたい ゆず」とか・・・。

*「RADIO」内のラジオ録音したファイル名は、

1、初目2文字が「AM」「FM」で録音したもの。
  (これ以外の頭文字のファイル名は受け付けず。)
2、次の数字6桁が西暦年(下2桁)+月日。
3、次の数字6桁が時間(例:午前12時02分57秒)。
  (しかし再生時のディスプレーには、「午前12時02分〜」と成る。)
4、次の数字4桁がラジオ局の周波数。
5、最後が、局名。

尚、「局名」は、半角英数字12桁、全角6文字がディスプレー上で表示される。
パソコン等で、それ以上でも登録は可能だが、
スクロールはしないので、ディスプレー上では見えません。

再生中の曲名を表示させたいのであれば、
「RADIO」フォルダ内に、ファイル名規定にのっとり、
曲名を変更して登録した方が良い。
「RECORD」フォルダ内に登録されたファイルでは、曲名が表示されない。

ちなみに、SONYのICカードレコーダー「ICD-LX30」も、
「VOICE」フォルダ内に登録された曲名音楽ファイルや、
ボイス録音されたモノは、年月日のみの表示であり、曲名が表示されない。
(こちらはMP3タグの日付しか見ていない様です。)

*「RECORD」内の音声録音したファイル名は、

1、始目2文字「VO」がボイス録音した表記。
2、次の数字6桁が西暦年(下2桁)+月日。
3、次の数字6桁が時間(例:午前12時00分00秒)

曲名を表示させたいのであれば、上記にも書いた様に、
「RADIO」フォルダ内へファイルを登録した方が良い。

また、各フォルダ内の登録ファイルは、99ファイルまで。
2つ合わせて198ファイルを登録出来るが、
本体メモリー容量が2Gしか無いので、
音楽を登録すると、WAVEファイルと言う事もあって、
実際に登録出来るファイル数は少なく成る。

SDカードを保存先に設定すれば、保存は出来るが、
最低でも16Gのメモリーカードを用意した方が好ましいかも?。
しかしその際、立ち上がりに時間が掛かる様になる。
(8Gでも切り替えの時に、フリーズした様な感じに時間が掛かります)
キーを操作してから、次の動作モードに変わるのが遅い!です。笑
イライラするかも知れません。
再生していた音楽を停止ボタンにて一時停止して、
再度聞こうとして、再生ボタンを押さないといけないところを、
停止ボタンで解除のつもりで停止ボタンを押してしまうと、
ラジオモードへ切り替わってしまうので、注意が必要です。
切り替えに待たされるし、再度、再生モードへ切り替えにも待たされますから。
ポンポンと切り替わらないのが難点です。

BGMプレーヤー的な使い方を考えると、
絶対的に登録出来る曲数は少ないです。

再生対応形式をMP3やWMAにしてくれれば、
もう少し多く曲を入れられそうだが、
連番号で、99曲までしか登録出来ないので、意味無し!。
しかし、この様な使い方をするのを想定してないから、
しょうがないですかね。

尚、別売で専用外部アンテナが発売されておりますが、
簡易AM用ループコイルアンテナですから、
CDコンポ等に添付されているものと一緒で、
無いよりはマシですが、FMには殆ど効果がありません。
高感度でFMのエアチェックしたいのなら、
付属のロッドアンテナに、
自分でワイヤーを巻き付けた方が良い?!。笑

ラジオ自体の選択度は良いですから、
強電界のFM局のイメージ混信にも悩まされることが無く、
きちんと目的の局を拾ってくれますね。

個人差が有りますが、ポケットサイズですから、
ラジオとしては音質や音量も含めると、
トータル的に良くない様に思えますが、
それでもデジタルシンセサイザー方式の高感度ラジオですから、
気軽に外に持ち出し、ポンポン局を切り替えて、
散歩の休憩〜しながら聞くとか、
ラジオ・ICレコーダー・プレイヤーの合体作では良い方です。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
当方では、入院先の病院で使用する目的で、以下の要点を満たす商品を探し、本商品を購入しました。

1.小型で軽い事。
大きさはギリギリ手の平サイズと言った感じで厚みも少しありますが、重さは携帯電話よりも軽いぐらいです。
付属の巾着に入れれば、持ち運びも苦にはなりません。

2.ミニピンジャックのステレオヘッドホンが使える事。
ポータブルラジオは、音声出力が【マイクロピンジャック】やモノラル出力だったりする事が多いのですが、本商品は100円ショップ等で大量販売されている【ミニピンジャック】のステレオヘッドホンがそのまま使えるので、汎用性が高いです。
尚、本商品に付属しているのは、ミニピンジャックのカナル式ステレオイヤフォンです。

3.プリセット式選局が可能な事。
所定の周波数をチャンネルとして予め登録し、ジョグダイヤルを一節動かすだけでピンポイント選局出来、ダイヤル式アナログ選局の煩わしさから解放されます。
周波数の登録も、都道府県別で予めプリセットされており、30秒程で設定が完了しました。

4.電源が乾電池式である事。
出先ではコンセントが使えない可能性が高いので、乾電池で長時間稼働するのは便利です。
説明書にはアルカリ単三乾電池2本で30時間聴けると記されておりますが、ボリュームを控えて断続的に使用すれば、ほぼ公称通り持続しました。
また付属のケーブルを使用すれば、USB端子からの給電も可能なのですが、バッテリーは内蔵していないので本商品のみで充電使用する事は出来ません。

5.暗闇でも使える事。
ラジオモードでは、緑色のLEDバックライトが点灯する為、操作ボタンの配置さえ把握していれば、就寝中でも問題無く扱えます。

6.暇つぶしになる様な付加機能があったら嬉しい事。
実は当方では、予約録音機能は強いて欲しいとは思わなかったのですが、実際使ってみるとなかなか便利で、毎日&毎週(曜日指定)同時刻録音が出来るので、ビデオデッキの番組録画機能と同じ様な感覚で使えます。

上記の通り、総合的に良い商品だと思いましたが、少し勿体ないなぁ…と思える部分もありました。

一つは、カレンダーや時計の表示機能が充実していない事で、時刻設定を調整するボタンを押せば現在時刻を見る事は可能ですが、うっかりボタンを押し過ぎると時刻設定まで弄ってしまいそうです。
折角バックライトもあるので、就寝時に時刻確認が出来る様になっていると、良かったと思います。

もう一つは、予約録音機能が5分単位でしか設定出来ない事で、ラジオ等で多い短時間番組を録音するのには適していません。
後、「月〜金」や「月〜土」と言った様な、平日曜日指定予約録音も出来無いのです。
…が、まぁ毎日予約録音で設定して、余分な分は消せば良いだけなので、少しバッテリーが勿体ないだけかなぁ…とも思います。

上記優良点に加え、高齢者でも扱い易そうなボタンの大きさや説明書の読み易さも高評価して、☆×5です。
0コメント|18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月4日
使用20日でのレビューです。今までダイヤル式のラジオしか持っておらず、選曲するのが面倒でした。
地元の全ラジオ局やFMトランスミッターの周波数などが登録でき、ラジオ録音、タイマー録音、音声録音、
マイクロSDカードでの容量UP可能と、なんか嬉しくなるような多機能性に惹かれ、価格もそこそこなので購入しました。
今までの使用で感じたことを徒然に書いてみたいと思います。

<受信感度>
強電界地域に住んでいますので問題はありませんが、他のラジカセやステレオに比べ若干感度が悪いようです。

<チューニング方式>
初めから都道府県単位で聞けそうなラジオ局がチューニングしてあり、便利といえば便利だが、隣県の聞けないラジオ局のチャンネルを削除できないようなので、これは減点ですね。
私は今、テレビの音声出力からFMトランスミッターで音声を飛ばし、やや離れた台所でこのラジオで音声を聞いています。
FMトランスミッターの周波数を手動で登録設定できできました。
ブルートースですとどうしても遅延がありますが、FMトランスミッターはそれがなく、音質云々を問わなければ格安で
TVお手元スピーカーになって便利です。

<録音>
内蔵IC(2GB)は高音質(HQ)で約3時間、普通音質(SQ)で約130時間録音できるようです。
SQは音質が良くないので、AM録音や音声メモ録音程度の使い方との割り切りが必要です。
FMをHQ録音(ステレオ)してウオークマン付属のイヤフォンで聞きましたが、結構良い音でした。

<操作性その他>
*電源を長押し後ラジオの音声が聞こえるまで7、8秒あります。またラジオとICレコーダーとの切り替えの時も同様で
 なんかレスポンスがもっさりしていますが、まあ許容範囲です。
*ジョグダイヤルは小さいうえに硬めで回り始めるとクルクル回るので、2ツ3ツ飛ばしてしまうことが結構あります。
 進む、戻るのボタンの方がいいような気がします。
*体感的に乾電池の持ちはほぼカタログ値に近いのではないでしょうか。
*音量設定が高いので、音量1でも深夜寝むりにつきつつ聞くにはうるさく感じます。もう1、2段階低くできればよかったのに。
*FMアンテナは上方向には伸びず右横方のみしか伸びず、無用なスペースを取るので注意が必要です。

<総評>
なんか短所ばかりの記述になりましたが、CPが高いこの商品を実は気に入っているのですよ。
よくラジオを聴く方、タイマー録音を含めてラジオ録音をしたいと思っている方、いちいちダイヤルで
選局したくない方などにお勧めします。
 
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月5日
使用開始にあたって、各機能が働くかの確認を行った時に気づいた。
(午前中に時計をセットし、正午からの番組で録音を試した時。)
結論から言うと、正午の時間を午後12時と誤った表示方法である。
テレビ、ラジオ、新聞、電話の時報サービス等では、正午を午後零時と表現していることは、知っての通り。
試しに、午後23時59分にあわせ、日付が変わる1分後、午前12時00分となる。
これも、また誤りである。

これらの誤解を防ぐために、デジタル表示でかつ、午前・午後をあわせて表示する場合は、12を使わず0を使って表示するほうが良いと考える。
ラジオの表現に沿っているので、説明に無理は無いだろう。

始めにも書いたが、12時台の録音を試さなければ、気づくのはもっと後だったかも知れない。

以上の他を云うと、つぎの通りである。
1)中国で製造されているからなのか、筐体の組み立て整合性が歪んでいる。
2)上記に続き、USBコネクターが機能はするのだが、傾いており所有した満足感を損なう。
3)店頭で手に取って購入するか否かを考えた場合、質感が低いことを理由に購入しなかったかも知れない。
4)全体的な動作が、機敏では無く反応するまでに必要以上のボタン操作を行うと、フリーズしてしまう。
5)説明書の内容が、乏しい。触っているとわかるのだが、記載の無い機能があり、スマホを触っているようだ。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月8日
あくまでも「ラジオ」として購入。

メカ音痴の親父(70代)の希望で『放送を録音できる物』

という事で決めました!

自分も操作してみましたが、

① 携帯電話が操作出来れば、

取説など無くても触れば操作は概ね分かる!

② 表示パネルの文字が大きく、

老眼でもメガネ無しで見える!

③ ボタンも操作しやすい大きさで、

色使いや印が馴染みあり、分かりやすい。

④ 外部メモリーに放送を大量に録音できる。

9割ラジオ機能使用ですが感度も何も問題なく、

スピーカーも大音量でも聞きやすい。(音割れしにくい)

超辛口評価派ですが、4つ星は満点です。

今後使っていて気になる事があれば追記します。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月17日
予約録音、SDカード対応ということで購入。しかし、単三電池3本使用するのですが、いかんせんあっという間にバッテリー切れに。USBで充電はできないものの、使用時は電源がとれるのですが、パソコン使用時はノイズをひろってしまいます。さらにボリュームは5段階くらいの設定ですが、ほとんど大きさに差がなくて使いにくいです。値段を考えろと言われるかもしれませんが、メーカーの当初の値付けは一流メーカーと引けをとらないくらいのものでしたよね。もっと節電回路に選局回路もしっかりしたものを商品にしてください。小学生の組み立てキットではないのですから。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)