Androidアプリストア Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3159
5つ星のうち4.3
価格:¥3,379+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年6月25日
殿堂入りしたので少し感想です。(クリア時間は24時間半ぐらいです)
前作はブラック・ホワイト共に遊んでおります。前作と比較した感想が多めです。

・全体的な印象
かなりボリュームがあります。
2年後ということで旧作ではあった場所がなかったり、またその逆もあり…と色々な「変化」を楽しんでプレイできました。
特に人物関連はしっかりと作られていてよかったです。(だからといってポケモンの影が薄くなったわけではありません)
説明書には記載されているのですが、DSが2台あれば前作データの引き継ぎが可能です。
※ポケモンのレベルが変わったりするわけではないので引き継ぎタイミングはいつでも大丈夫
特別な回想やアクセサリーの追加、前作主人公の家などに変化などがありましたが他にもあるかもしれません。

・本編の冒険について
若干ですが難易度は上がった気がしました。クリアまでに登場する野生のポケモンやトレーナーのレベルが上がっています。
私自身、前作ではクリア時レベル40〜45のポケモン5匹でしたが、今作ではレベル55〜60の5匹でクリアしています。
特に野生のポケモンでレベル上げなどせず、戦えるトレーナーと戦ったのみですが自然とレベルが高く終わりました。
今回は序盤から旧世代のポケモンも登場しますので前作に比べて自由度は増しています。
様々なタイプのポケモンが出ておりますので、タイプバランスは取りやかったです。むしろ、どのポケモンで冒険を進めようか悩んだくらいでした…!!
後、冒険でお供になるスプレー系ですが切れるたびにカバンを開かなくていい部分が凄く良かったです。
野生ポケモンとのエンカウント率も修正されていて程よい感じでした。

・殿堂入り後について(ネタバレではありません)
殿堂入り後にしかいけない場所も多いのでまだまだ冒険は続く…といった感じです。
ぶっちゃけますと「殿堂入り後が本番」といっても過言ではないと思います。
今作で新たに追加された施設も沢山ありますし、やり込み要素はかなりあると思います。

・総評
前作でモヤモヤしていた部分もかなり解消されて、前作+今作で完結といった感じがしました。
私の中では前作よりずいぶんと遊びやすくなっていてよかったです。
前作と同じ舞台とはいえ、ルートも違いますし何より旧世代のポケモンと冒険出来たので新鮮な気持ちでプレイできました。
ただ、前作を遊んでいないと少々置いていかれる部分もあるのではないかと思います。(BW「2」ですが)
それとやはり少し難易度(全体のレベル)があがっていたので、慣れていない人はどこかで苦戦するのでは…と思いました。
完全新作と言われていますが、前作をプレイしたうえで作られている印象を受けたので前作を遊んでいない方は少し注意が必要かもです。
前作が面白くて今回は悩んでいる…という方には是非プレイしてもらいたいです!!

思いついた部分だけまとめた感じになってしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。
0コメント|180人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年7月20日
発売日に購入して、殿堂入りした後もクリア後の要素を少しずつ消化しつつ、現在も友人と対戦のためにポケモンの育成を楽しんでいます。
そんなこんなでプレイ時間が150時間オーバー。素直に中毒性が高いと感じております(もちろん良い意味です)。

購入のキッカケは、ポケモンの新作が出るというのを耳にして、
「昔はよく遊んだし、久しぶりにポケモンやってみるかな〜」と軽い気持ちでした。

自分は一世代から遊んでますが、一番最近遊んだポケモンがダイアモンドなので、5〜6年は経ってるのでしょうか。
それ以降の作品である、前作のブラックホワイトも、金銀リメイクのHG・SSも未プレイのままです。
なので、今更ポケモンに馴染めるのか、再燃できるのかと不安もありましたが実際にプレイして、とても楽しんでいます。

懐かしい顔ぶれのポケモンたちと、新しい顔ぶれのポケモンたちを見れて、
久しぶりにポケモンに戻ってきた自分にとっては、懐かしさと新鮮さを同時に味わえる嬉しい作りでした。

またストーリーの中でトレーナーなどのバトル後に「2年前のあのトレーナーみたいだ」と言われると、
「BW1をプレイしてたら、もっと楽しいと思えたんだろうか?」と考えたのも否めませんが、
BW1を知らない自分としては、新主人公と同じ立ち位置でイッシュ地方を旅しているようで、
感情移入できると言うか「2年前のトレーナーはどんな人なんだろう?」とか、
繰り返しになってしまいますが、新主人公と同じ立ち位置(気持ち)で居れてると思えるような、
そのストーリー・展開・言葉が魅力的に感じました(僕だけかもしれませんが・・・)。

BW2が前作BW1と同じ主人公のままでも、それはそれで1つの作品になったのでしょうけど、
新主人公のおかげでBW1を未プレイの人も、僕のようなポケモンが久しぶりな人も、楽しめるんじゃないかなと思いました。

ただ主人公に選ばなかった方の異性主人公がストーリーにもっと出てきて欲しいと思ったり、
ライバルともっとバトルする機会があっても良いようなとは思いましたが・・・。

あと、先に言った様にダイアモンドまでプレイしてましたが、
当時、ポケモンの特性や技の種類(物理・特殊)をあまり考えずにプレイしていたり、
育成に関しても、努力値とか個体値とか把握せずに、淡々と育成してバトルしてという感じで、
それはそれで楽しかったのですが、ある程度年齢を重ねて、こうして久しぶりにポケモンをやってみると、
「・・・ポケモンってこんなに奥が深かったのか」と、当時判らなかったことが理解できたり気づいたりして、
今更ながら楽しさと驚きを改めて感じてしまっています。

シリーズファンの人はもう既に楽しんでいらっしゃるでしょうし、その方達にポケモン久しぶり組の自分が言うことはありませんが、
自分のような「ポケモンはダイアモンドパール(あるいはそれ以前の作品)までやってた」と言う人にこそ、
ちょっと手にとってみては?と、そっとオススメしてみたいゲームだと思えました。
0コメント|78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年6月30日
先ほど2度目の殿堂入りを果たしたので、レビューを書かせていただきます。

前作BWの続編ということで、ストーリー面にかなり不安がありましたが、逆でしたね。

前作の発売から2年経った今、ゲームの中でも2年後の世界を味わう。まずこれだけで凄く新鮮でした。こういう気持ちはポケモンならではなのかなと思います。

成長したベルやチェレンたち、謎の多かったNの真実、前作との相違点。ストーリーに携わる全てに前作のような癖はなく、とても気持ちよくプレイ出来ました。

前作よりも感情移入しやすくなってるというか。
グッと来る演出も結構ありました。

特に最後EDを見たときに、ポケモンというゲームの伝えたいことの芯の部分に触れた気がして、とても温かい気持ちになれました。

システム面でも、ライトユーザーからヘビーユーザーまで万人を意識した作り(フリーポケット等)で、これならストレス無くやり込めるって人多いんじゃないかな、と思います。

ただ、正直L=Aは何故無いのかとは何回も思いました^^; しかし。それだけで星を減らすには余りに勿体ない。

間違いなく、次のシリーズへの進化を予期させる作品です。

「いや〜、やっぱポケモンっていいな〜」ってなりますよ(^w^)
0コメント|44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年6月24日
先ほど殿堂入りを果たしました。

今回のポケモンは前作「ポケットモンスターBW」の続編という位置づけで発表されました。
前作をプレイし終えて、物足りなさを感じさせる所があり、続編が出ると聞いた時は非常に嬉しく思いました。

今作は前作から二年後のイッシュ地方で描かれるストーリーだけあって、
街や地形、登場人物達に様々な変化そして成長が見られます。
気になる内容についてですが、ここでは割愛させてもらい、
今回はざっくりとしたレビューを書かせていただきます。

良いと思った点
・前作のモヤモヤをストーリー内でうまく消化できた。
・問題になっていたエンカウント率が修正されていると感じた。
・他の地方のポケモンが序盤から出てくる。
・ユーザーに対する配慮が感じられる場面が幾つかあった。
・ムービー(アニメーション)が多数収録されていた。

気になった点
・後半になるにつれ、サブキャラ達が空気になっている。
・ポケウッドなど一部追加要素が正直微妙。
・ストーリーが子ども向けにしては難しい。
・やはり多少グラフィックが荒い。

今回のストーリーで、前作で残ったモヤモヤのほとんどが解消されます。
登場人物の成長などもうまく描いており、しっかりと「続編」という気持ちでプレイする事ができました。
序盤から他の地方のポケモンも登場し、「あ、ポケモンだ。」と思えました(笑)
(前回の「クリアするまで新しいポケモンしか出ません」というのに多少の抵抗があったのは自分だけじゃないはず。)

反面、気になる点もいくつかあり、
キャラクター達の扱いがぞんざいになってない?と思わせる場面が多々ありました。
都合上仕方ないのかもしれませんが、せっかくの個性的なキャラ達ですのでもっとメインストーリーで見たかったというのが正直な感想です。
ストーリー的にも、やはり前回とは変わらず「自由」とか「解放」とか、個人的には楽しめましたが、小学生には少し難しいのではないかな?とも思えました。

と、だらだらと書き綴りましたがやはり「ゲーム」なので良いところと悪いところがあります。

私もBW世代のポケモンは何処か昔のポケモンと違う印象を与え、
ポケモンっぽくないと思ったユーザーの一人ですが、やはりこれは「ポケモン」なんです。
10年以上前のパートナー、リザードンもこのソフトに登場します。
例えどんなにグラフィックが向上しようが、ストーリーが変わろうが
どんなに時間が経とうが、夢中になってプレイした思い出は色褪せません。

私はこれからポケモンがどんなに変わろうとも
新作が出るたびに購入し、何度でも新しいポケモンと触れあうと思います。

この作品にも素晴らしい要素はたくさんあります。
前作をプレイした方にも
新しいポケモンに抵抗を持っている方にも
まだポケモンの世界に触れたことのない方にも
ぜひプレイしてみてほしい一本です。

拙い文章ですがお許しを(笑)
0コメント|96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月6日
明らかにプレイ時間が長い。ポケモンの育成するのが楽しく、育て屋さんの前を自転車で爆走する毎日。じっくり長く遊びたい人にオススメできるゲーム。反対に『待つ』のが苦手は人には向いていないかもしれない。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月7日
クリアまでには20時間かからなかったぐらい
でした。前作はほぼしてますが、単純に面白い
と思いました。攻略サイトを見ずにプレイして
みました。以下感想を箇条書きにします。
良い点
○街が立体的
→真新しさを感じました。
○街の施設配置が絶妙
→何度も訪れたい場所はポケセンの近くに
あったりとなかなか親切です。
○知らないポケモンばかり
→五世代してない私はワクワクしました。
勿論、前作のもそこそこいます。
○詰みにくい
→ストレスかかりません。
○BGMがその場の雰囲気に合う
→過去の作品と同様に素晴らしいです。
その他色々ありますが、ネタバレになりそう
なのでここでは書きません。
悪い点
○テンポがやや悪
→メニューの、特に図鑑の立ち上がりには
時間が結構かかる。
○野生の敵のレベルが高すぎる
→頑張って育てた手持ちのポケモンを軽々
越えてきます。その場その場で野生捕ま
えるだけでほぼクリアできました。
○野生のポケモンの種類が少ない
→個人的な意見ですが、多くの場所に生息
するポケモンとそうじゃないのと差が大
きくてポケモンの種類が少なく感じました。
また、これは仕方ないのかもしれません
がタイプ別にも偏りが大きかった印象です。
○ジムが弱い
特別入念に育ても訳でないのに、一体で
ごり押しできる場面が多かったです。本気
で殺しにかかってきたのは一ヶ所ぐらいで
した。
悪い点の方が多いと思いますが、正直気に
ならない程です。やりこみも多いので、まだ
続けたいと思います。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月10日
久々にポケモンをやりたくて購入しました。初期の赤と金からブラホワ2に飛び、ジェネレーションギャップを感じましたが、凄く楽しかったです。ポケモンが色々かわっていたり、システム、バトルなどなどのめり込む程おもしろいです。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年8月3日
前作プレイ済み。

・ポケモン
前作はオール新ポケモンでしたが今作では旧ポケモンも出現。
イッシュ図鑑が配布限定含めて全300匹というボリュームになったことで
シナリオ中に登場するポケモンが倍増し、パーティ構築の自由度も大幅に上昇。
敵が出してくるポケモンも多種多様で、
「またこのポケモンか…」とウンザリさせられることがないのは◎。
新たに登場したポケモンはパッケージを飾るブラック/ホワイトキュレムと
コピペロス3体のフォルムチェンジ(れいじゅうフォルム)。
ただしれいじゅうフォルムのコピペロスは
3DSのARサーチャーというソフトと連動させなければ入手不能。
前作からコピペロスを送っても3DS無しにはフォルムチェンジさせることはできないというケチくさい仕様。
ブラック/ホワイトキュレムが入手できるのはクリア後になりますが
攻撃性能がずば抜けて高く、クリア後のマップ攻略の良きお供になってくれます。
また旧作の伝説ポケモンが多数登場。ブラック2ではヒードラン、クレセリア、
レジロック、レジスチル、レジギガス、UMA、ラティオスが入手できます。
すべて固定シンボルなので厳選が楽なのも嬉しいところ。

・シナリオ
前作の2年後という時代設定。
敵は同じくプラズマ団ですが、BW1の後ゲーチス派とN派に分裂したらしく
今回の敵はゲーチス率いる黒衣装のプラズマ団となります。
前作と違い今回は「伝説のポケモンを使った世界征服を阻止する」という単純明快な筋立て。
電波な主義主張を見せつけられたり敵キャラが異様に持ち上げられたりすることもありませんし
いちいち大人が出しゃばってきて主人公を誘導したり拘束したりするようなイベントも減っています。
また敵組織とのイザコザを片付けてから四天王→殿堂入りでエンディング、という
ポケモンシリーズの様式美が守られているので、その点でも安心してプレイできます。

・マップ
今回も基本的に一本道ですが、新たにダンジョンや街が多数追加されました。
ライモンシティに行くまではほぼ新マップであり、
フキヨセシティ攻略後はイッシュの東半分が冒険の舞台となります。
ヒウンシティの下水道など既存の街にも色々と追加された部分があり、
前作をプレイしていても新鮮な気分で攻略することができます。
ただ追加された反面、10番道路や修行の岩屋など、削除されたマップもあるのは残念。

・ユーザーインターフェイス
嫌がらせかと言いたくなるほど使いにくかったアイテム画面はさすがに改善され、
「新しく入手したアイテムは一番下に」「ソート機能の強化」
「自由にアイテムを入れておけるフリースペースの追加」等の手直しがなされ
まあなんとか不便を感じることなく使えるようにはなりました。
フリースペースはよく使うものを入れておくより
要らないものを片っ端からぶちこんだほうがスッキリしますね。
また虫除けスプレーを使い切った際にいちいちアイテム画面を開かなくても
連続で使用できるのは文句なしの改善点といえるでしょう。
パソコンのボックス画面ではポケモンをまとめて移動させる機能が復活。
下画面は相変わらずCギアに占拠されており、CギアOFF時は死に体です。
ゲーム開始時に面倒な起動確認をさせられるのも変わらず。

・バトル施設
マイナーチェンジで恒例だったバトルフロンティアは無し。
前作のバトルサブウェイと、ポケモンワールドトーナメントという新施設が追加。
今までのジムリーダーとガチで対戦ができるというファン垂涎の新要素です。
ルールも色々とあるのでやりこみ要素としてもグッド。
なお今回はバトルポイント(BP)がランダムマッチでも貰えるようになったので
BP稼ぎのためにいちいちサブウェイやPWTをやる必要はありません。

・ポケモンドリームワールド
今回は「隠し穴」というポイントがマップ全体に散らばっており
そこに夢特性を持ったポケモンが出現、捕獲することができます。
また木の実もゲーム中で手に入りやすくなっており、
いちいちPDWと連動させる必要性も薄くなりました。
ただしすべての木の実や夢特性が入手できるわけではなく
目的のものがゲーム中に出ないときはやはりPDWを使わねばなりません。
木の実に関してはゲーム中で育てられるようにしてくれればそれで問題解決なんですが……
フキヨセシティのビニールハウスとかピッタリだと思うんですけど。

・育成
変わらずの石による性格遺伝の確率が100%になる、
前作と連動させることで個体値6Uのポケモンが確実に入手できる、
ジョインアベニューで卵を一発孵化させたり努力値を大量に振れる……など
育成環境についてはこのうえなく充実しているといってもいいでしょう。
教え技も新しく追加され、第4世代からBWへの移行の際に削除された技マシンの技も
大半は教え技として復活しています。
ただし気合パンチなどお蔵入りになってしまった技も多々あり
また第4世代で教え技にあった不意打ち等も削除されてしまっています。
こういうのは前にあったものを全て再録するのが当然だと思いますが……
最新作があるのにまだ何年も前のソフトを使わせる気なんでしょうか。

・ハイリンク
今回は一人でもハイリンクを楽しめるようになりました。
フェスミッションというミニゲームで木の実や高価なアイテムを集めることができます。
ミニゲームの数も多く用意されています。

・ライブキャスター
こちらも今回は通信しなくても使えるようになりました。
特にベルに電話をかけると努力値やなつき度の上がり具合をその場で確認できるのがありがたいですね。
シナリオ中でも使われる機会は多くなっています。

・ブラックシティ
前作は放置していると衰退するという謎仕様でしたが、今回は別にそんなことはありません。
「黒の摩天楼」という新施設では、アイテム使用禁止という条件下で
高レベルのポケモン相手に連戦を重ねることになります。
またホワイト2と通信することでホワイトフォレストに切り替えることもできます。

・ジョインアベニュー
ライモンシティ南にできた新施設。
主人公が運営者となって自由にお店を置けるショッピングモールで、
前述のとおり努力値を振ったり卵を孵化させたりする店の存在が便利です。
Wi-Fiやすれ違いで通信するとそのソフトの主人公がアベニューに登場、
多くの客を呼び込めばランクアップし、より便利な施設になっていきます。

・ポケウッド
ポケモンで映画を撮影できる新施設。
撮影はバトル形式で行われ、シナリオに沿った技やセリフをターンごとに選ぶというもの。
シナリオは数十種用意されており、サブゲームにしては結構作りこまれています。
作った映画を通信でやりとりできたりしたら、なお良かったんですが。

・ミュージカル
特に前作と変わりはない……と思います。
あまりやってないので詳しい比較はできません。

・その他
ジムリーダーや野良トレーナーとの再戦は今回も実装されていません。
ただしブリーダーという種類のトレーナーとだけは再戦できますが、
これが任意ではなく強制(一応避けることは出来るが)なので面倒極まりない。
摩天楼等があるので野良トレーナーとの再戦の必要性が少ないのは事実かもしれませんが、
やはり前に出来たことが出来ないのは物足りなく感じてしまいます。

・総評
あまりにもお粗末な作品だった前作と比べれば、「よくここまで持ち直せたな」という印象。
細かい不満点も多々残っているので☆5にはできませんが、
全体的に見れば充分に出来の良いゲーム、出来の良いポケモン作品といえるのではないでしょうか。

しかしマイナーチェンジの発売を前提にした新世代作品の手抜きはいいかげんにしていただきたい。
第5世代は特にそれが露骨でした。
数百万単位で売れるシリーズだからこそ、ポケモンというブランド名の上に胡座をかかずに
ユーザーの期待を裏切るようなマネをしないようにしてほしいです。
0コメント|32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月25日
以前持っていたのですが、また遊びたくなり購入しました。ポケモンは良いですね。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年7月3日
ストーリーは長く楽しめてよかったです。

ですがWi-Fi対戦が糞ですね、何度戦っても相手が負けそうになると即切断
これはBWの時からあったもので今作で対策はするとのことだったのですが
その対策と言うものが、

ランダムマッチ または Wi-Fiの 参加中に 本体の電源が 切れると
1時間 ランダムマッチや 大会で 対戦が できなくなります     (原文ママ)

と言う優しいものでこれにより切断する人が減ったかと言うと全然変わらずむしろ増えている感じがします。
さらに、3DSのワイヤレススイッチを切って切断することにより切断のペナルティを回避する方法まで
ある始末。

最初に申し上げた通りストーリーは長く続けられてよかったですが、Wi-Fi対戦が酷過ぎるので
この評価にしました。
0コメント|60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告