Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
2
5つ星のうち5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

前世代BOSE200SR-HI に次いで2台目の使用である。(店舗での使用。)
前世代:BOSE200SR-HIも 本機:IZA190-HZも、どちらもハイインピーダンス仕様だ。
前世代のBOSE200SR-HIに比較すると、本機:IZA190-HZはまったくデザインの方向性が異なっている。
前世代は、ブラックフェイスで小さなつまみが赤・黄・青の色違いで並び、
どちらかと言えばディスコハウスの調整ブースに置いてあるようなマニアックな感じのデザインだったが、
本機ではそれがごく普通によく見られるシルバーフェイスのまっとうな(!?)デザインとなり、
どちらがよいかは好み次第なのだが、私はそれなりにこの変化を評価している。
(だからと言って、前のモデルのマニアックなデザインを否定するわけではない。あれはあれなりに良かった。)
 また、写真だけで見ると前世代モデルと同サイズかと思っていたが、
BOSE200SR-HIの「後継機」である本機:IZA190-HZは横幅サイズがほぼ半分近くにコンパクト化されている。
店舗に置く場合には置き場所があまりない場合が多いだろうから、
このコンパクト化は現場の事情に即応した進化であると見ることもできる。

 本機は90Wなので、つなぐ多数のスピーカーのW(ワット)合計が90W以下になればよいということである。
本機はボーズのDS40Fか、もしくはDS16Fと(その双方の併用とも)つなぐケースが多いと思われるが、
スピーカーもハイインピとローインピタイプがあるので、
間違えないようにハイインピーダンスモデルを買うことがまず注意点である。
スピーカーには前面のサランネットを外すと、W切り替えスイッチがあるので、
それを切り替えて、すべてのスピーカーのW数の合計がアンプの容量である90W以下に設定するのである。
BOSEの機器は音の品質の良さはもちろんのこと、それ以上に耐久性や信頼性に優れる。
ボーズを買う人は、そのことをよく知っているから買うのであろう。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月1日
カフェの音源で一日中活躍してくれています
操作も分かり易く気に入っています
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)