Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
56
5つ星のうち4.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年10月21日
現時点(2013年10月)ではこの「日本正規品」が4290円、並行輸入品が3190円ですから、正規品は1100円高いことになります(両方ともAMAZON値段)。自分が若かったら迷わず安いほうを選んだと思います。
なぜ1100円余分に払う気になったかというと・・・

1. 25年の品質保証(25年後自分が生きているかどうかわかりませんが、初期不良があったときなどには交渉しやすいかな? という老人的発想です)。
2. 専用シースとカラビナが付属している。現時点でのAMAZON値段でこのシースは839円カラビナは687円で合計1526円。1100円高くてもこれで元が取れるというこれは自己満足的発想です。

上記は並行輸入品には保証が無いという意味ではなくて(ZIPPOのライターはどこで買ったか忘れてしまった大昔のものでも無償で修理されて戻ってきた経験がありますから)試してみなければわからないことですが・・・。

WINGMANを選んだ理由は家庭内で使い易すそうだという点。例えばパッキングオープナーと表記してありますがいわゆるプラスチックカッターです。ブリスターパックを開くのに使ったところあっさり開封できました。

その他は皆様が評価されているとおりです。十徳ナイフのように開くのに爪が痛くなるようなこともなく、老人にもやさしい家庭内実用ツールだと思います。
ついでながらシースも本皮のようです。ピッタリの寸法ですが本体が自重で滑り落ちることもなく靴下をはかせたような感じです。
カラビナはシースにつけるには角度的に違和感があります。別の使い道がありそうです。

強いて言えば、ハサミは刃の角度(カーブ)のせいか、切ろうとするものがやや前方に逃げます。しかしこれは切る対象をしっかり押さえておけばいいことですね。
道具らしい質感でいかにもアメリカンなツールであるところが気に入っています。

追記:本皮スエードのシースはいつの間にかナイロン製になってしまったようです。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年8月24日
仕事(流通業)にて使う為に買いました。
梱包を開けたりちょっと紙を切ったり
することが多いのでナイフをワンハンドで
扱えてハサミがすぐに引き出せる
このモデルを選びました。

時折ドライバーやプライヤーを使う場面に
遭遇するのですが
机に向かっているより歩き回っていることが
多い仕事なので工具箱を持ち歩くわけにもいかず
不便を感じていました。
このツールは自分にとっては痒いところに
手が届く、そんなツールです。

値段が安いわりにそれぞれのツールは
しっかりしており
ナイフはロックが可能でがっしりしており
ハサミはティッシュが軽く切れます。

ドライバー、プライヤーはまだ
出番がありませんががっしりしている
印象です。ナイフとハサミ以外は
ロック機構はついていませんが
ビクトリノックスのナイフなどのように
端でカコンとはまってくれますので
使用時に不安感はないです。

YouTubeで英語でleatherman wingmanで
検索すると海外の動画がたくさんありますので
参考にしてみるとよいと思います。
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月11日
プライヤーモデルが、欲しくて購入プライヤーバネ付きで軽く操作出来る
素手で握ると角がちょっと気になる 滑り止め手袋推奨
この商品自体 動き渋いので、シリコンスプレー吹き付けたところ解決
ハサミ部分スプリング上手く作動し難く引っかかる 操作感いまいち
ヴィクトリノックスのハサミのような刃先にギザギザが無くビニール系は
切りにくい ナイフ・ハサミ・プライヤーを主に使用しています。
現場での開梱等にこれ一つで間に合う 専用ケースと栓抜き機能付き
カラビナが付属していた。 まあこの価格なら良い方ですね。

最近ハサミ部分のバネが良く外れて作動しない時が多くなっております。
バネを再セットせねばならず煩わしい
やはりヴィクトリノックスのハサミの方が優秀ですね。
こちらは10年使用していますが、故障知らずです。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月31日
やっぱりバネ付きプライヤーは使い易いです。ノーズプライヤーの先端は細く、毛も掴めるほど気持ちいい位ピタッと合わさっいて、細い糸を引きだす等の細かい作業も楽々です。

ナイフとハサミはプライヤーに展開しなくても、指まである軍手をはめたままでも難なく出せるので便利です。またこの2つにはロックがかかるため、しまう時もロックを外せば良いだけなのでまったく力が要らず、特にナイフをしまう時に固くて勢い余って手を怪我するということもなくなりました。他のツールも裏から押せば、軍手をしたままでも比較的容易に出てくれます(手袋の厚さや使う指の太さ等にもよるかも)。

ハサミは大きくて使いやすいです。細い糸や薄い紙・ビニールも簡単に切れます。ただパラコードのように何本か寄り集まったような紐をハサミで切る場合、レザーマンのjuice XE6やヴィクトリノックスのハサミでは一発でスパッと切れるところ、このウィングマンでは噛み合わせが滑るようで、何度か挟みこんで切れるという感じです(だから切り口もぼさぼさ)。ただ普通に使う分には全く問題ない切れ味だと思います。

ワイヤーカッターには微妙に隙間があるのですが、これが「新発想」なのでしょうか。
隙間があってちゃんと切れるか不安だったのですが、1mmの鉄のワイヤーを切ったところ、普通だったら勢いで切れ端がどこかに飛んで行くのですが、隙間な分、切れ端もそのまま残るので危なくなく後処理も楽でした。勿論ワイヤーもちゃんと切れました。
 …微妙に薄皮一枚分くらいくっついていて、最後は手で取るみたいな感じです(手は軽く掴む位の力です)

サイドキックの方には紐を通せるランヤードリングが付いているのですが、このウィングマンには付いていません。付属のケースから引きだす際に紐があると便利なのですが、それがちょっと残念でした。
付属のケースは無駄のないシンプルな物で、スエードの皮も良い飴色になってくれそうで使いこむのが楽しみです。
※シースはいまはナイロンみたいですね…
手に持つ感触も大きさも重量も作業するには丁度良く、ツールも出し入れ簡単で使い勝手も抜群。つくりも堅牢なので普段使いで大いに役立ちそうです。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月3日
他のレビュー等で確認した通りにしっかりロックがかかる所まで引き出してから紙を切ってみると紙は切れているがハサミが開かず閉じたまま戻りません。スプリングにはしっかりテンションがかかっているようで本体を叩く等すると勢いよく開きますがそのままではハサミが戻りません。(シリコンオイルを給油しても今のところ変化無し)
その他、ナイフに小さい刃こぼれがあるのとプライヤーに若干のがたつきがありましたがこちらは許容範囲かと思います。保証期間も長いしアタリが出るまで使ってから修理に出すか考えます。
review image
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年1月3日
レザーマンのWingman(ウイングマン)は、たたんだときの全長はわずかにビクトリノックスよりも短い。全体の仕上げはビクトリノックスの仕上げがピカピカなこともあり、無骨と言うか金額はどっちが高く見える?と聞かれたらビクトリノックスに軍配が上がる。しかし、レザーマンもなかなかのもの。ニードルプライヤーの先端はビクトリノックスよりも細く鋭い、細かい作業にはこっちの方が使えそう。ビクトリノックスのハサミは切れ味十分ながら右利きには逆向きで刃がついているため刃の厚み一枚分ずれて切れてしまうと言う違和感があるが、こっちはそんな心配なし。そして最大の利点はその価格差。今回はamazon.comで購入したが、価格は31ドル。送料を乗っけてもビクトリノックスよりも3000円以上安い。

逆に気がついた点は、ナイフとハサミはロックがかかるが、他のツールはカチッとはまるけどロックはできない。また、ビクトリノックスと違ってナイフとハサミ以外は一度ペンチに展開してから引っ張り出す必要がある。

買ったばかりなので耐久性は判断できませんが、価格と仕上げ、ツールの数で判断して、個人の好みで買って問題なし。どっちを買っても満足できると思います。傷がついても余り気にせず、使い倒すならこっちをお勧めします。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月15日
レザーマンジャパン、
ウィングマンLTJマーク入り国内正規品を、プレゼント用として。
アマゾンで購入しましたが、
プライヤーの両面が傷だらけでした。
これで正規品?、
これ、B品ですよ!国産メーカーや、スイスのメーカーだったら新品として流通しないでしょう。
因みに、サイドキックをマーク無しの国内正規輸入品を同じくアマゾンで購入しましたが、こちらは正しく無傷の新品でした。
レザーマンはPST、PST2、ミニツールと購入してますが、今回は残念です。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月24日
全金属製のがっしりした作り、ツール一つ一つの精度はすばらしい。
しかし、WAVEなどの上級機種と比較すると割り切りすぎな面が見える。
1.ナイフ
直刃も波刃も切れ味は良い。波刃の部分を上手に使って皮を1ヶ所切ってやれば、つぶれやすいフランスパンや
トマトも2~3mm厚さの薄切りにできる。
だが、直刃・波刃ともに刃渡りが短すぎる。波刃から直刃に連続的に切ることができればまだましだったろうが、
このコンボナイフは、直刃は両刃、波刃は片刃となっているため、刃先の軸線がずれており、一体の刃物として
使うと、切断対象物の切断面が汚くなってしまう。結局、直刃と波刃は別々の刃物として扱うしかなく、刃渡り
3センチの刃物は使い物にならない。やはり、コストはかかっても、直刃と波刃は別に用意するべきだ。
あと、波刃のギザギザは、もっと細かくしたほうが汎用性が上がると思う。
2.はさみ
切れ味は悪くない。刃が滑ってよく切れないという意見を散見するが、これは、バネで開ききった状態の二つの
刃の挟み角の問題だと思われる。この機種のはさみは、その角度が60°程度になっている。はさみの最もよく切
れる挟み角は30°なので、滑って当たり前だ。ビクトリノックスなどのはさみは30°程度になるようになっている。
この機種のはさみは、挟み角が30°以上にならない範囲で使う必要があるのだ。しかし、必要以上にバネが堅い
ため、30°を維持しながら長い距離を切るのは大変だ。指が痛くなってくる。設計段階でどうにでもできること
なので、廉価なシリーズでもまじめに設計してほしい。
3.プライヤー
精度も強度も充分。単体のプライヤーと互角以上の性能を持っている。しかし、スリップジョイントプライヤー
で軽量な物もいくらでもあるので、別に持つことにして、プライヤーを省き軽量化するほうが合理的なのではな
いか。それではレザーマンではなくなってしまうと言う人もいるだろうが。
4.プラスドライバー
収納のため平べったい特殊な形状だ。プラスねじの頭の溝の形状は、企画が有って無いようなもので、ねじの生
産国などによって違いがあって、機械いじりが好きな人ならば、同サイズのドライバーをメーカー違いで何本も
そろえるものだ。たとえば、ベッセル、PB、スナップオンなどというように。何種類か持っていれば、ねじ頭
の溝とドライバーがぴったり合う可能性が上がる。ぴったり合うと、ドライバーの先端がねじの上に吸い付くよ
うに立つ。
この機種のドライバーでは、大事な機材のねじを緩めようとは思わない。
5.やすり
これは、ちょっと使えない。長さが小さすぎるのはしょうがないとしても、刃が斜めに切ってあるため、左右に
ぶれが生じてしまい、何を考えてこの設計にしたのか意味がわからない。普通に横方向に刃を切れば、短いなが
らも使えるのにと思う。
6.ロック機構
廉価版なのでこうせざるをえなかったのだろうが、ナイフとはさみ以外は簡易ロックとなっている。上級機種
では、プライヤーを展開するとナイフがロックされて引き出せない仕組みであり、その他のツールもすべてロ
ック機構が付いている。この簡易ロックというのが問題で、結局、戻す時は力技で戻すしかないので、使いに
くく、時として危険である。
いかに廉価版を生産して販売実績を稼ぎたいにしても、安全面を軽視するのは、レザーマンのような老舗企業
としてはいかがなものか。

結局、WAVEを買えばよいって話なのだが、ハンドル部分のプレス打ち抜きの製法などは、軽量化やコストダウンに効いていると思うので、価格は上がっても、WAVEとウイングマンの中間ぐらいの機種があると良いと思う。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月13日
参考になれば幸いです。レビューに「正規品なのに新品でないみたく汚い。」と良くありましたが、確かに本当でした。 私は最初、並行輸入品を4980円で購入し、レザーマンを初めて味わいました。感想は「本物はやはり違うな、きれいだなー。」でした。その後ネットを検索すると、正規品がカラビナ?、シース付きで5198円?で見つけ非常に後悔しました。(並行輸入品に)、 ずーと考えましたが世の中の円高などで、値段が高くなる前にと言う事でポチりました。 来た製品は確かに「汚い。」という印象でした。今一生懸命にCRCで拭いてます。「LTマークを付ける為に汚れたの?」「ずーと倉庫に寝ていたの?」と疑心暗鬼になっています。しかし正規品は25年保障です。ガンガン使用し、破損するようなら修理を依頼しようと思っています。他に違いはレザーマンの文字(プレスでの浮き具合)ですね。ただ単に並行輸入品にLTマークを入れているのではないみたいです。消費者の立場からもう少しきれいなほうが好印象です。
 追記~最近いろんなレザーマンを購入してわかったことはウイングマンはプレスの為、加工頻度が多いのが原因で表面に傷が多くなるのかもしれません。それと更に正規品はLTマークの加工の為、さらに傷が増えている可能性があります。話が変わりますが私の商品は最近プライヤー部の接合箇所のガタが多くなり先は左右に3㎜程ずれます。これ以上ガタが多くならなければいいなーと思っています。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月7日
グリップを開閉せずに使用頻度の高いナイフ、ハサミをワンハンドオープン出来る上にライナーロックがかかるので非常に使いやすいです。
レザーマンツールのメインであるプライヤーとワイヤーカッターは頑丈そのもので、その他のツールも必要十分な機能を満たしていて機械いじりが好きな人間には地味に嬉しいワイヤーストリッパー付きです。
レザーマン製品は初購入だったのですがこの上に、カラビナとナイロンシースとステッカーまで付いていて嬉しい驚きです。

ベルトクリップで吊るすか、大事にナイロンシースで持ち運ぶか…アウトドアに持って行くのが待ち遠しいです!
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告