Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年8月17日
買って1週間で起きた事。
リモコンのボタンに無反応:5回(強制電源OFFで復帰)
一時停止から再生→動かない:数回
リモコンのボタンを押してからの動作が遅い(10秒近く遅れる)数知れず…
2日分の録画データが消えた:1回
番組表を出したら、現在時刻より1時間手前に見慣れない赤い線が1本…
そこより手前の録画データが消えていました。
標準画質で4日間録画できる筈が、3日目で…、それまでの録画データが手前1時間を残して、それ以前の録画が消失していました。
取り敢えず初期状態に戻して再設定後はデータ消失は無いけど、いつまで持つのか…
他のレコーダーに比べてチューナーの感度が低いのか、時々画面がモザイクになる。
ここまで完成度の低い製品も珍しいですが、撮り溜めは全く考えていないで、取り敢えず番組が見られればOKと割り切って使うなら有りでしょうか…
(続報)
故障しました…
2日連続して録画データが全部消えて、最後には画面がフリーズしました。
新品交換となって、以前よりまともな品が来るかと期待してたら…
1行目に戻ってお読みください…、症状変わりません。
次に故障したら捨てます。
(続、続報)
故障しました…、受信不能…
以前、今度故障したら捨てると書きましたが、保証期間が過ぎても無償修理だったので、まだ使っています。
(内部基盤が欠陥品だったのでしょう…、いや、製品自体が欠陥商品ですけどね)
有償修理となったら捨てる事にしましょう。
1コメント1件| 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年7月14日
テレビ放送に多くを期待はしていません。情報としてチラ見できればいいと思っています。そこそこの画質で長時間録画でき、時間の拘束から開放してくれた本製品は、素晴らしいと思います。ただ、初期故障が多すぎます。1台目は1週間ほど使用したあと、翌日電源が入らなくなりました。これに関しては他サイトに同じような書き込みがされています。2台目は、到着した日から、録画ができません。ハードディスクが破損しているようです。初期不良の対応がしっかりしたお店での購入を強くおすすめします。
0コメント| 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年7月19日
よくアニメやお笑い番組を見逃したり、
興味の無い番組ばかりでガッカリすることがあるので、
それだけのために買いました。

こりゃー便利なものですな。
いつもいつも使うと言うわけではないですが、
ふとした瞬間に一昨日とか先週に手が届くってのがいいです。

実際見逃した新作アニメの1〜2話目が見れた時、
便利っぷりを実感しました。

さてさて、
詳細のレビューは他の方に任せて、
僕は細かい点で、気になった箇所を。

-----------------
・録画品質
 高画質、標準画質、低画質と3モードあり、
 8chを8日間録画できるのは「低画質」モードです。

 低画質でも、見るだけなら大抵の番組で気になりませんが、
 ごくたまに明らかに荒くなる瞬間があり、イラッとします。

 ストレスなく見るのならば、標準画質がおススメです。
 (ぼくは期間重視で低画質モードで使ってますが)

-----------------
・動作
 電源を入れっぱなしでいると、翌朝動作がおかしかったりします。
 画面が写らなかったり、砂嵐だったり、妙な画面になったり。

 リモコンで電源をオン・オフするとすぐ直るので、使用には問題ないですが。

-----------------
・続きを見る機能が無い
 録画番組を途中まで見て停止します。
 次に続きを見ようとすると、最初から再生となります。

 ここはちょっと残念な箇所。
 途中まで見た番組の場合、見た箇所を記憶して、
 そこから再開してくれると、もっともっと便利だと思います。

 このへんはファームウェアのアップデートで対応してくれる事を期待。

-----------------
・リモコン
 ボタンの配置設定が微妙。

 「10秒戻し」と「30秒送り」の間に「停止」ボタンがあり、
 たまに間違って「停止」ボタンを押してしまうことがあります。

 そうなると前述したように、番組表から番組を探し、
 最初から再生になるので、自分が見ていた場所まで早回しして、
 とかなり手間がかかります。

 めったに間違えないのですが、間違えるとかなりガッカリします。

-----------------
・番組表
 操作にストレスは感じません。
 ですが、なんとなく解像度が荒いです。

-----------------
・番組表取得
 「電源を切らないと番組表を取得しない」と書いてあるので、
 リモコンで電源をきるのか、コンセントまで抜く必要があるか迷いますが、
 リモコンで電源を切る(赤ランプ点灯状態)だけでOKです。

気になったのはこんなとこでしょうか。

全体的には満足してます。つーか便利です。大満足です。

接続も設定も簡単だったし。
僕の場合は特にブースターも必要なかったし。
お値段もだいぶ安くなってるし。

これは「買い」の商品だと思います。
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年3月21日
※簡易レコーダDTV-H500RにダブルチューナのDVR-W1と導入してきて、
 自宅の録画環境に満足していたが、バッファローレコーダの”最上位モデル”
 として気になっていた「ゼン録」DVR-Z8。
 値段も高いので(笑)、気にしないように心がけていたが、値段がじりじりと
 下ってきたところで、我慢できなくなり、ポチっと導入してしまった。
 
ということで、DVR-W1ユーザの目線での「ゼン録」DVR-Z8レビューです。

”地デジ全番組、8日間まるっと全録”がメーカーのキャッチだが、
この製品は「全番組」を録画しているというより、「全チャンネル」を
まるごとキャッシュしているというほうが、実際の感覚として正しい。

「番組表から番組を選択して再生」は、実際には番組単位のチャプター
での頭出し再生動作となり、そのままにすると、そのチャンネルが延々と
「時間がずれたまま」放映される。
しかも、その時点でのチャンネル変更が可能なので、”過去時点でのテレビ
視聴状態がそのまま再現”される。

「録画したものを見ている」従来の感覚からは、過去チャンネル変更機能は
必要ないと感じるかもしれないが、この製品をしばらく使っていると、
その「録画したものを見ている」感覚自体が、変化することに気付かされる。
いわば「テレビ側の放映スケジュールと自分の時間を完全に切り離せる」
ことが自分の中で理解していくにつれ「テレビが異なる」存在に変化していく。

結果として”テレビを見る時間”と”テレビ番組が放映されている”時間を
すり合わせる必要が全くないんだ、ということが当然になり、その結果、
家庭内の「テレビを中心とした時間の流れ」自体が変わってしまった。

「今、テレビが何を放映しているか」という、これまでのテレビで重要
だったものが、「まるでどうでもよくなってくる」のは不思議な感覚である。

テレビ局の番組編成から、解放された感じ、とまで言うと言い過ぎか(笑)

”さて、テレビでも見ようか”という場面で、
・今7時5分でも、5分巻き戻して7時スタートのテレビを頭から見られる
・帰宅時間が深夜遅くでも、その日の19時〜21時のテレビがどれでも見れる
・子どもに子ども番組を見せたあと、その子ども番組の裏番組を最初から見る
・見ようと思っていた番組を、放映日時の番組表から探して見る
・暇な時間ができたので、過去番組表を眺めてちょっと気になった番組を見る
という選択肢が「テレビを見るときに当然行えること」として加わってくる。

「今、一番見たいと思うものを見たい所から見る」のが”新しいテレビ”なのだ。

「ジャパネットたかたの通販番組をところどころ飛ばして見る」といった、
従来の”予約録画して見る”世界ではありえなかったようなテレビ視聴を
自然に行うようになっていることに気づかされます。

放映している番組自体は、今までどおりであっても、これは「新しいテレビ」
としか表現できないという感覚です。
実際に体験しないとわからないようにも思ったりしますが、このレビューを
読んで、「これは面白い」と感じた人にとっては、導入して使い始めたら最後、
無くてはならないテレビ視聴マシンになるのではないでしょうか。
(少なくても私にはなくてはならない機器となりました)

◆DVR-W1と比較して気になる点や良い点、及び再生画質について

番組表がDVR-W1と異なり、高精細ではなく”ドットが粗い”のとそれにより
同時表示チャンネル数等の一覧性が低いのはちょっと残念な点。
※製品のベースとなるプラットフォームが全く異なっている。
リモコンコードは1のみで変更不可。そのため、従来利用のDTV-H500Rは
TVから取り外してしまった。(DVR-W1はリモコンコード2で併用中)

またW1と比較すると、HDMIでの電源連動も何故か省かれているので、
手動でテレビの入力切替を選択しなければならないのも改善を希望したい。
常時稼働が前提のため気になる動作音としては、ファン音は静かに思うが、
ハードディスクへの書込み音は常時それなりに発生する。
(何故かちょっと気になる時と、まったく気にならない時がある)

ただ、W1とZ8の併用はなかなか快適で、DVR-W1を映画やドラマの取りため
などの予約録画用、DVR-Z8はキャッシュされたテレビ視聴専用、と役割分担
して運用されることとなっている。
(外したH500RのリモコンはZ8用は完全互換なので、Z8用リモコンが2つ状態)

画質は4M(標準画質)なら十分だが、この設定では8チャンネル録画すると
4日分しか保持できない。(現在は関東の主要7チャンネル+TOKYO MXを指定)
購入後しばらくは4Mで利用していたが、この製品の方向性からは保持期間
を延ばす方がよいと考えて、現在は2M(低画質)での運用に変更した。
2M設定では、動きの激しいシーンはブロックノイズが激しく辛い状態になるが、
テレビ番組では「止め絵的なシーン」のほうが圧倒的に多く、全体としては
そんなに不快な映像にはならない。

※東芝の全録モデルも検討したが、やはり首都圏ではNHKx2+民放x5の
 7チャンネルは最低限必要では?と思ったことと、バッファロー自慢(?)
 のシンプルリモコンがそのまま(DTV-H500Rとほぼ同じ(笑))という
 割り切った仕様に心惹かれたので、こちらの製品を選択した。
 いろいろな付加機能の点で劣るのは確かだが、その分、シンプルにまとまって
 いることと、消費電力が低く(31W)抑えられており、個人的には好ましかった。
(リモコンがそのままなこともあり、奥さんもZ8をヘビーに利用しています)
3コメント3件| 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月5日
とにかく便利。録画予約の必要が無いので本当に楽チン。何時でも過去の時間にタイムスリップして好きな番組を視聴できる。大切な番組は外付けHDDに保存することも出来る。不満があるとすればHDDに保存中は録画番組が見られない。また、早送りが非常に遅いので続きから見たいときにサーチするのが大変。自動的に途中から再生してくれれば助かるのに。DVR-W1も持っているのだけれどこちらはその機能がついているし早送りも早いのでそこはとても便利。ぜひDVR-Z8にも搭載してほしいですね。
あとは耐久性かな、何年もってくれるのだろう?
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年7月4日
他の方が詳しく書かれている通り、とにかく8チャンネルそのまま番組表から、いつでも見られるのはスゴイです!

その分、全録用の受信カードが8枚プラス保存録画用にさらに1枚あってビックリしましたがw

レグザのタイムシフト付きだと、ディスクも焼けますがHDD保存で十分という人なら、半額位で買えるこちらの方がお得です。

実際、今までHDD録画としてPS3経由のトルネで録画していましたが、外付けHDDで容量を追加すればディスクよりも録画ー覧リストで選べる分ラクでした。デメリットは本体以外では認識しないため、本体データを引き継ぎしない限り録画データが見れなくなるという事でしょうか。

また、こちらのレコーダーはハブが使えないため1台までしか外付けHDDが追加できませんが、全録用のHDDとは別に保存用録画として300GB使えますし、外付けと合わせればもっと増やせるので十分でしょう。

もし、どうしてもディスク保存したいなら、安価な専用のレコーダーを買った方がいいと思います。

少し残念だったのは、全録とは別に通常保存録画ができるのはシングルチューナー扱いのため、同時間のダブル録画はできません。レグザは全録6chですが、それ以外にBS.CSまでカバーしたダブルチューナーがついています。画質もREGZAテレビなら超解像度でキレイみたいです。

また、ダブル録画中も別の番組が見れるのでトリプルチューナー扱いです。

一方、こちらのレコーダーは通常録画中は追っかけ再生はできても、別のチャンネルは見れません。

ただ、全録した番組は見れますので、ほんの少し前までの番組にはチャンネルを変えて見れるので、特に問題はありません。

消費電力もダブルチューナーと同じ位だそうです。

ダブル録画は確かにできませんが、全録用録画データを先ほど書きました300GBもしくは外付けにダビングできますので、時間さえあれば同時間の横並びの8チャンネルも保存用に残せます。

その際、一括して保存に回すように番組表から選択もできます。その間は他の操作はできません。通常録画は優先されます。

また、スポーツ中継の延長で放送が移行するサブチャンネルは録画されません。

ただ、保存という事にそれほど重きを置かなければ、低画質で8チャンネルを8日間流し見できる快適なテレビに変わります。

僕の場合は全録を標準画質で8チャンネル4日間にし、残したい番組は通常のように保存用録画をしておき、さらにお気に入りの番組は保険としてトルネで残すようにしてダブルチューナーのように使っています。

画質に関しては高画質でも40インチテレビでは映画なら少しぼやけますが、普通の番組なら標準でトルネの3倍モードと変わりません。別の比較で言うとAQUOSのブルーレイ付きテレビで3倍録画したものと同じくらいと感じます。

つまり、ドラマ程度なら特に違和感は感じない美しさです。

ちなみに標準画質1時間を保存用にダビングしたところ、約10分ほどで終わり許容範囲でした。

もちろんチャンネルを減らせば、全録時間も延ばせます。レグザのように録画の時間帯を選択はできません。

そんな人はいないと思いますが、1ch専用で低画質なら64日も録画してくれますw

要は、テレビをどう見るかという使い方次第で従来のレコーダーに対する考え方がすっかり変わってしまうと思います。

例えば、全録した過去の番組表からニュースやバラエティを見る。気に入ったドラマを保存に回す。

といった事を今放映している番組を見る感覚で、残すか残さないかを決められるのは快適の一言!

同時間放送中の別のチャンネルにもボタン一つでザッピングしていると、現在時刻は表示されているものの、時間の感覚が無くなりそうです。

最近のレコーダーはドラマの初回&最終回スペシャルで放送時間が延びても自動で対応してくれますが、急な特番で番組が変更になってもタイムシフト録画なら全く心配ありません。

仮に、リアルタイムでテレビをつけるといつもと放送時間が違うな。何かあったらしいぞと思っても遡れるので、その特番すらみれちゃいます!もちろん、録画した放送のCM中に突然見たい番組の宣伝があっても、見逃し無しです。

また、番組表を見ている間もスマホサイズですが、左上に放送画面が出たままなので退屈せず浮気ができますw

検索はジャンル検索しかできないので、レグザのように直感的なサムネイルからいろんな検索をしたり、シーン検索もできません。

だから、例えば10時から始まっている番組のあるコーナーに出演しているゲストを見たいといった時は始めから早送りしていくしかありません。

でも、その番組のコーナーが大体27分から始まるなと分かっている場合は、自分は10時半から始まる別番組にダイブし、そこから見たい番組へザッピング後、少し巻き戻すといった技を駆使していますw

ただ、一度、別の番組に変えると視聴シーンは記憶されないので、再度同じ番組を見る時にはまたその番組の最初に戻されますので、通常録画で保存した方が、中断再生ができ、長時間番組にはいいと思います。

また、ネットにつないでも今の所はレグザやトルネのようなユーザー視聴率が分かるといった面白機能もありません。

でも、容量的にはレグザの下位モデルと同じくらいですし、他のレコーダーと比べて飛び抜けて高価でもなく、何よりタイムシフトを一度体験すると、もう普通のレコーダーには戻れません!

正直、8台分のレコーダーの値段を出してもストレスフリーのこの感覚は安いと思います。

これって、音楽で言えば、初めてiPodを持った衝撃に似ています。

自分の時間に合わせて放送が始まるなんて夢のようです。

一度、体験してしまえば、録画の呪縛から解放され、ついついいろんな番組をチラ見してしまう恐ろしいラブマシーンですw

オリンピックにサッカー、24・27時間テレビに紅白、笑ってはいけないSPなどの特番も全て見逃し無しですね。

録画再生しているとコマーシャルを飛ばすのをつい忘れてしまう位リアルタイムで過去にスリップできますよ!

1.5倍速、30秒先送り、10秒戻し、各メーカーテレビ対応リモコンというのもシンプルながら最低限として嬉しい機能でした。

自分はAmazonで購入しましたが、某大手家電量販店より値段が安くて最高です!

あと、他の方のレビューが購入の決め手になりました。

この場を借りてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

いつかクラウド保存で一年前に戻れるようになったらとても見きれないなw

最後にHDMIケーブルくらい付属してて欲しかったです。

長い文章ですみません。
0コメント| 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月18日
(AMAZONで購入しものでは無く、某サイトで購入したのですが、)
購入して数週間で発熱して壊れました。メーカーへ送付したものの、
”製造が間に合わない”とかふざけた回答で2か月経っても未だに交換品が
送られて来ません。もっと信頼のあるメーカーから製造販売してもらいたい
ものです。とにかくメーカーの対応は最悪です。
0コメント| 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年5月31日
このマシンの売りは『8チャンネルを8日間まるっと全録』。
“まるっと”という表現は、某きれいなお姉さんの
お見通し表現として、おいておいて、
これまで東芝のCell REGZAくらいしか、全部録画を実現して
くれてなかったところ、 Buffaloから全部8でZ8という機種で
対応してくれた。
ありがたい。
時間の自由度が格段に上がりそうだ。
ただ、仕事、パソコン、ゲーム、読書などの時間割りを、
どうしようとするのか、意思と工夫が問われる装置と
なりそうだ。

★注意点:停電するとき、録画設定するときの特色★
Buffaloの公式サイトから。
[...]

容量:2TB/ 録画可能時間:8日間×8チャンネル+予約用

*『まるっと全録』を停止(停電も含む)した後、『まるっと全録』を再開する際に今まで『まるっと全録』で録画した番組は全て消去されます。再開する前に消去の旨が通知されますので、大切な番組は内蔵ハードディスクまたは外付けハードディスクへダビングしてください。

*録画チャンネルや録画画質など『まるっと全録』の録画設定を変更すると、『まるっと全録』で録画した番組は全て消去されます。内蔵ハードディスク、外付けハードディスクにダビングした番組や予約録画した番組は、まるっと全録再開しても消去されません。これらの番組を消去するときは、録画リストから手動で消去するか、ハードディスクの初期化を行ってください。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月11日
タイムシフト搭載のテレビが購入から2年で、内臓HDDに不具合が発生し、どのようにしても復帰無し。
HDDも休み無く2年働けば壊れるのは当然。大変お疲れ様。自分で交換しようとしたが無理と判明。
(ネット検索による経験者の投稿により)。
さて修理に出すかと思案したが結構高い。2年ごとにこの修理費がかかると思うと頭がいたい。
他のタイムシフトレコーダーも考えたが壊れた場合は修理費はそんなに変わらず。
BUFFALOでぜんろくの機器を発売したのを思い出し色々調べた。
メーカにも問い合わせしたところ、修理費はそんなにかからないとのことなので、Amazonでの価格と
テレビ購入メーカーの修理費を経済比較した。
若干Amazon(5万円)が高かったが、今後10年間の修理費を比較したらDVR-Z8のHDDが
1年で壊れてもどっこいどっこいになった。
まあ、今まで使用していたタイムマシンのテレビ2年間動いたのだから、DVR-Z8のHDDも2年は
持つだろう思い即注文。まだ購入して3日目。低画質でも十分見られる。
約1週間遡れるのはうれしいですね。
今までは画質の切り替えは無かったので、6CHで7時~24時まで約3日間。
一旦タイムシフトの良さを味わうとタイムシフトマシンの無い生活は考えられない。
家族全員の一致。何日程度でHDDが壊れるか見ものです。
1年以内は保障期間内ですので、1年はもつと思います。
操作性は「ぜんろく」がついているので、どんなに面倒くさくても100点満点です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月22日
これはいいです。
やたらCMやつまらない宣伝がふんだんにもりこまれた番組が増えてきましたが、効率(特に1.5倍速はグッド)よく見ることができるようになりました。
また、録画忘れ・漏れも気にならなくなりました。(1週間分ですが)

今後、ますます充実して欲しいので改善要望点を記すと
・BSも対応して欲しい。
・もう少し静かにならないか。(特に夜中はうるさく感じる)
・インターフェースをもう少しわかりやすく、かつ番組検索等の機能を充実して欲しい
・容量をさらに大きくして、標準画質でも1週間分ぐらい録画できるように

といったところでしょうか。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)