Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.312
5つ星のうち4.3
価格:¥38,769+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

コルグのミニ鍵盤はパッと見で白鍵の縦が短いだけものと思いますが、実は横幅も少し小さくなっています。白鍵の縦はおおよそ3cmほど切り詰めたように短く、幅は普通の鍵盤の9割ぐらいです。指の大きな男性であれば長さの不足で指が踏み外しそうになったり、あるいは白鍵の幅を少し窮屈に感じるかもしれませんが、逆に手の小さな人でも軽々1オクターブ超えができるというメリットがあります。
初めての鍵盤楽器としてこれを選ばれても構わないのですが、後で通常サイズの鍵盤楽器を触った際に違和感を覚えると思いますので(その逆で通常の鍵盤サイズからこれに入っても違和感はあると思います)、その辺はご理解いただく必要があると感じます(慣れるまでは通常の鍵盤の感覚で弾くと、目を閉じて気持ちよく弾いていると親指が転落死することが多々ありました)。

このmicroARRANGERはそんなミニ鍵盤を搭載した自動伴奏機能つきキーボードという位置づけです。使い方としては61鍵盤をセパレートし、左手でコードを押さえて自動演奏に指示をだし、右手でメロディを弾くという形が一般的だと思います。
なお鍵盤は小さいですがスピーカー内蔵のため奥行きがありますので、専有面積は通常の61鍵シンセサイザーぐらいの気分でかかる必要があります(が、軽いです)。

コルグの自動伴奏機能は1音(1音押さえるだけでフルメジャーコードとして認識するモード)あるいは3つ以上の鍵盤で正規のコードを押さえると、ロックやダンスやテクノといったあらかじめ登録されたスタイル(=パターン)に応じてギター/ベース/パーカッションのパートが演奏されるという機能です。
スタイルは1つのジャンルにつき複数のパターンがあり、かつその中に4種類のパターン、そしてフィルイン・アウト、エンディングを2パターンが登録されています。細かい設定を出せばパートを構成する楽器を変更したりエフェクタの接続を変更したり、ユーザーカスタマイズを登録したりということもできますが、とりあえずテンポだけを入力してバッキングさせてもなかなか良い感じで、しかも演奏データは自動伴奏を含めてMIDIデータとしてSDカードにも残せます。
伴奏機能にはコード進行をサジェストするような機能はありません(そのため使いこなすにはある程度のコード進行の知識は必要だと思います)が、液晶パネルの左上に今押さえているコードが表示されるので大変に便利です。ただし単独で使えるアルペジェータの機能はないので注意が必要です(パートミュートしてアルペジオだけ抜き出せばごまかし程度には使えますが)。

コード進行だけを先に思い浮かべて自動伴奏を鳴らして、その上にメロディを載せてみるというような作業が簡単にできます。もちろんメロディが先にあって、それに伴奏を付けるということも簡単です。
スタイルデータはコルグの公式からダウンロードして追加ができるので、飽きてきたらいろいろなスタイルに切り替えて鳴らしてみても面白いかもしれません。スピーカー付きなのでコンセプト通り、思いついたらすぐ鳴らすが実践できて良いと思います。

私は鍵盤楽器以外の他の楽器のことがよくわからないのでいつも打ち込みサンプルやループを適当につなげてバッキングに充てていましたが、そういった作業をすっ飛ばして「ちゃんと聞ける曲」がそれなりに仕上がってくるので面白いと感じます。自動伴奏をループシーケンサー替わりに鳴らして即興メロディ弾きというのもアリだと思いました。コードで弾き語りができるレベルの人であれば十分に使いこなせると思います。
個人的には初めての鍵盤楽器にもアリではないかなと感じます。コード弾きの教本を1冊進めながら遊べば、音楽の楽しさを感じれるのではないでしょうか。まあポータトーンの倍の値段なので、おいそれと万人にはおすすめできませんが…音はコルグらしくて良い(音源はTRITONシンセと同じ?)と思います。音源エディットもできるのでシンセとしても十分使えます。

最後に細かい情報ですが、本機はUSBコネクタがありませんのでPCに接続する場合にはMIDIでつなぐ必要があります(演奏データだけであればSDカードで渡すこともできます)。端子類はヘッドフォーンとラインインプットはミニプラグ、出力は標準プラグです。
またACアダプタはノートパソコンで使うようなAC電源ケーブル〜ACアダプタ部〜DC電源ケーブルというタイプなので大きくかさばります。MicroKORGが小さなACアダプタでかつ電池でも動いていたのと比べると、スピーカーつきとはいえ少し不便だと感じました。ヤマハのポータトーンのように使えればとても便利なのですが、電源必須なのとACアダプタが大きいのとが残念でなりません。
あと本機には譜面台が付属します。差し込み式で取り外しも容易ですが、スコアや教本ぐらいであれば問題なく載せることができます。
0コメント|55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月25日
【こんな人にオススメ】
■ミニ鍵盤でも気にしない
■アレンジのネタが欲しい人
■そもそもバリバリ弾けない、弾かない
■コードの構成音をある程度理解している
■電池駆動は不要

61鍵仕様なので大概の音域はカバーできます。
電源投入後、音が出せるようになるまでちょっと時間がかかります。
(充分待てるレベルです)
音色による音量(音圧)に差があったります。
ミニ鍵盤なので、バリバリ弾ける人にとっては慣れるまでミスタッチを量産することになるかもしれません。
音は価格の割りに良く、ライブでも充分に使えそうですが音色チェンジは手数がかかりそうです。
ライブで使うなら、オルガン専用とかストリングス専用といったように、サブキーボードとして使うほうがいいと思います。
MIDI接続で音源として使ってもいいかと思います。
コードの認識はボイッシングにかなり依存するようです。
例えば、Am7の場合、下からC,E,G,Aと押さえるとC6として認識されるようです。
下からA,C,E,Gと押さえるとAm7として認識されたります。
クセを掴む必要がありそうです。
認識の速度は実用レベルです。
多くのスタイルが用意されており、同じコード進行で試してみるとおもしろいです。
自分が普段やらないジャンルのスタイルは刺激的です。
microARRANGERの名の通り、コード進行に対して様々なバッキングを提供してくれるので、コード進行を決めてからメロディーを乗せる人に最適です。
コード進行を決めて、ソロの練習をするというトレーニングマシンとしての使い方もあります。

【2016年6月追記】
コードの認識については設定でうまくできます。
一番低い音をベース音として認識するモードがあります。
下からCEGAと押さえるとC6、下からACEGと押さえるとAm7となります。
C6の場合、一番低い音がCなら、残りのEGAはどう押さえても結果は同じになります。
C→G7/B→Am7→Am7/Gなんかもちゃんと認識してくれます。
用意されている「スタイル」のうち、半分以上は必要ないかも知れません。
(タンゴ、ポルカなど)
すべての機能を使いこなすには相応の知識とスキルが必要になりますが、コードの知識があればそれなりに使えてしまいます。
(私自身、MIDIの知識はありません)

参考までに、microARRANGERの音源だけで作った曲です。

雷の巣
[・・・]

「スタイルプレイ」でコードを押さえならがマルチトラッカーで一旦レコーディング。
それにメロディを乗せてあります。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月26日
このキーボードにはとても多くの機能があって、一朝一夕にはすべてマスターすることはできませんが、
気楽に遊ぶことも本格的に演奏することもどちらも可能な仕様になっていて、大満足です。
私の手は小さいので、ミニ鍵盤のキーボードにこだわったのですが、これなら大丈夫です。
左手3本指でもかなりの伴奏ができますし、右手でアドリブして遊んだりもしています!
まさに会社員にとって、価値のある「オモチャ」といえましょう!
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月20日
コンパクトなのに思った以上に音がよいです。

鍵盤がもう少し大きいと弾きやすいのですが。

シンセサイザー初心者ですがいろんな音や伴奏があり飽きません。
いろいろいじくりたいと思います。

送料込みでこの価格は満足です。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月3日
とにかくこの値段で非常に音が良いのに驚きました。

伴奏パターンは全てが使えるワケではないけど、
曲に合えば思いっきりハマり感動します!

弾きたい時にテーブルにおいてサッと弾けるこのサイズも気に入ってます。

何れにせよコストパフォーマンスはすごすぎると思います。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月21日
素晴らしいおもちゃを手に入れました、今これに、ハマッています 。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月13日
コンパクトな外観から、見た目最初は玩具かなという印象だったが、以前使ってた同社の通常サイズのモノと、中味はまったく遜色ない。むしろ少し進化してるようだ。初心者はそれなりに遊べるし、曲のラフ・スケッチ作りなら十分でしょう。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月15日
47歳の私にとっては衝撃的です。学生時代に音楽を少しかじりましたがデジタルの技術に感銘を受けました。アナログシンセサイザーしか無かった時代が懐かしく思えます。確かに上級機種に比べると音は値段に比例するかも知れませんが素人は解らない範疇。少し弾ける程度ですがインターネットで落ちているMIDIを使ってCDを作りました。近所の喫茶店のオーナーが気に入って店内で流していますよ。47年生きて来てカルチャーショックを受けたのはデジタルテレビとこいつです。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月26日
本当は、同社の Pa600 が欲しかったのですが、どうも予算が足らず、
今回はこの micro ARRANGER になりました。
Pa600 は PC間のUSB接続が可能なので、PCとの連携が簡単なのですが、
micro ARRANGER の場合は、それがありません。
ただし、背面のMIDI-IN,MIDI-OUT端子を活かしてPC間のやりとりは
可能なので、購入を決めました。(USB/MIDIインターフェースは以前から
活用していたもので.....)
micro ARRANGER 自体をアレンジ・マシンとして活用できることと、
PC側から見て、micro ARRANGE を新たな音源として活用できることは、
非常に面白いことだと感じております。

DTM志向の方は、ポータトーンよりも、Korg の方が良いと思います。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月29日
本体裏面に電池が入るのに十分な空間がちゃんと有るのに、なぜか電池非対応。ストリートでは使えない。
鍵盤サイズはカシオの3千円キーボードとほぼ同サイズ、慣れないと弾きにくい。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)