Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3132
5つ星のうち4.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年4月28日
・ます購入前のレビューになります。
購入後のレビューは後半になります。購入後のレビューだけを読みたい方は、購入後のレビューと書かれた行まで飛ばして下さい。※象印さんの内蔵された電池での給湯時間が5時間までとうことには是非ともご参考ください。

ほとんど母親しかお湯を沸かして飲まないので、ケトルにしようかと迷いましたが、店頭で手にとってみると、保温機能がついたケトルは少し重いのと、やはりワンタッチでお湯が出てくるポットの利便性の点でポットにすることにしました。
できるだけ保温力の高さと電気代をできるだけ抑えてくれるポットを探したところ、タイガーさんのこの「とく子さん」と象印さんの「優湯生」のどちらかになりました。
決め手は電源が無くなったときに給湯できるかどうかで決まりました。
とく子さんの場合は昔ながらの手動でプシュプシュと押して電源がなくなっても給湯可能です。
優湯生も電源が失われても電池を入れておけば給湯は可能ですが5時間までです、5時間を経過すると電池を入れていても給湯できなくなります。
これが決めてとなりとく子さんを選びました。
それと今までになかった、レバー式の給湯というのも決めてとなりました。今までボタンを押して給湯していたので、レバー式はとても新鮮でした。

・ここからは購入後のレビューです

今まで安価なポットを使ってきたので、性能の良さに驚きました。
魔法瓶ボタンをワンタッチするだけで、ポット自体が保温をやめて、魔法瓶のみの保温能力のみなります。ですので朝一度沸かしてしまえば、後は魔法瓶ボタンを押しておけば、朝家族全員がバラバラに起きてきても全然冷めること無く飲むことができます。この魔法瓶の保温能力はすごく便利です。おかげで余計な保温に使う電気代を安くすることができるとおもいます。
それと
夜、寝る前にタイマーを設定しておけば、寝てる間は保温をやめてタイマーで設定した時間まで電源がオフの状態になります。(この状態で給湯する時は手動のポシュポシュを使います)
ですので夜寝てる間の保温の電気代も抑えることができます。ただタイマーは選択式です、
6、7、8、9、10時間から選らぶことができます。
魔法瓶の保温能力もずば抜けており、さすが高価なラインナップの仕様です。
ただ電源のコードが短いです、地べたに置くことを念頭にいれてるかのような短さです。台の上に置く場合は延長コード必須。
0コメント|135人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年12月23日
TIGERの電気ポットとく子さんシリーズは,これで3つめになりますが,この製品の一番の特徴は給湯ボタンの押しやすさです.これに慣れてしまうと,他のものはどうしても押しづらく,不便に感じてしまいます.ボタンを長めにして,てこの原理で軽い力で押せるようにしただけのシンプルな構造ですが,なかなかのすぐれものです.毎日何回もつかう機能だからこそ,この部分が改善したメリットが大きいです.

あと,もう一つの特徴は掃除しやすいこと.蓋を開けてもらえば分かるのですが,ほぼストレートの円筒状になっているので,ポットの中がとても洗いやすくできています.

地道な改善が図られた良い製品だと思います.
0コメント|60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年11月14日
電気ケトルからの乗り換え。
 
運用コスト的にどう違うのか検証してないけど、
ほしいときにすぐお湯が出る(すでに保温されてる)のほうが

やっぱり便利と感じてしまう。
0コメント|27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月1日
多くは、冬の屋外で使用しています。子どもサッカーの試合で昼食時にあったかいものを食べるために利用しています。
このまま、家で沸騰させ、電気がないところでも使えるのが最大のメリットです。
保温力も昼間にカップめんを作るのに問題ありません。冬は重宝しています。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月21日
省エネ設計の電気湯沸かし『保温』ポットです。

この電気ポットは、電気で湯を沸かし、魔法瓶で保温。更に通電中には設定した温度に電気で保温が出来ます。
再沸騰のボタンもあり、カップラーメンを作る時などに便利です。
給湯ボタンが、右の上の手前に有り、押した感触とボタンの大きさが右利きの人にはとても使いやすいです。
 この電気ポットは、魔法瓶を省エネに役立てるだけではなく、電源を外して、そのまま魔法瓶ポットとして、庭などの野外や電源の無い場所。
テーブルの中心や、部屋の中心などでも、本体上のエアーポンプを押すことで、給湯が出来ます。しっかりとした取っ手もついています。
この機能は、このポットを単なる電気湯沸かしポットではなく、持ち運びや持ち出しの出来る給湯器として、とても便利であり、楽しみ方が広がります。
買って、とても良かったです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月11日
これを買う決め手となったのは
電源を切っても使えるってこと。

東日本大震災の後、計画停電で
電気が使えなくなったのを思い出しました。

家には電気ポットしかなく
まだ肌寒い中、お茶であったまろうと思ったのに
できなくて残念でした。

これは電源を切っても
エアーでしばらくあたたかいお湯が出るため
節電もありますが、ふいに停電になった場合でも
役に立つだろな~って思いました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月23日
コンセントに繋がなくても、エアー・ポットのようにお湯がそそげて便利です。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月14日
所詮電気ポットなので、これまで使用していた商品と機能面で大きな差はありませんが、以下の2点は気に入りました。
・魔法瓶構造
 確かに保温能力は高い様です。コードを抜いてもしばらくは熱いお湯が使えます。
・コードレスエアー給湯
 コードを抜いた時にも給湯出来る機能ですが、コーヒーを入れる時に利用しています。
 電動で給湯すると勢いが強すぎておいしくドリップ出来ませんが、手動ですと力加減で少しずつ給湯出来るのでおいしくコーヒーを淹れることが出来ます。電動で給湯量を調整出来る商品もありますが、私にはこちらの方が良いです。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト100レビュアー2013年1月26日
今まで使用していた電気ポットのパッキンが傷んできましたので、そろそろ買い替え時と考えコードレスでもエアーで給湯出来ること、
レバー式スイッチにより軽いタッチで給湯出来ることなどに惹かれ現品を購入。(今まではZ社でタイガー製は今回初めて購入)

商品が到着して『新しいポットならさぞかし、お茶もおいしいだろう!』と思いきや、あまりの化学薬品のような異臭と味に愕然。
とても臭くて臭くて飲めたものではありません。『2〜3回使えばそのうち良くなるだろう』と安易に考えておりましたが、臭いは一向に取れる
気配すら無し。

こんなお湯がまずくなるポットと闘いながら約半年が経過した頃、やっと異臭が気にならなくなり、普通に使えるようになりました。
私の地域の水道水は冷水だろうが沸騰させようが、過去にまずくて飲めないと思ったことなど一度もありませんので、この異臭の原因は水の性
質とかの問題などでは無く、ポット内の部品の何かが原因であることは断言出来ます。

他のレビューを見ましても何とも無い方もいらっしゃいますので、全部が全部では無く当たりはずれがあるのかもしれません・・・
いずれにしましても、あの臭いと味は忘れることが出来ないほどひどいものでしたし、まともに使えるまでに半年もかかるなんてあり得ません!
口にするものですので、メーカーさんもそこら辺の対策をしっかりとお願いしたいものです。
0コメント|27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年4月22日
買い替えで購入しましたが、前の型はお湯出すスイッチがロック解除のボタンと同じ大きさでしたが、ボタンが大きく改良されており操作性が良くなっています。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)