Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6118
5つ星のうち4.6
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年12月3日
先日、こちらのレンズを新調しました。もともと定番の 35mm f/1.8 を所有していたことに加えてマクロレンズがよくわからずに敬遠していたのですが、もっと早くにこちらのレンズを購入しておけばよかったです。私と同じような人がいるのではないかと思い、書き込みさせてもらいたいと思います。(長文ですみません。)

■ どんな人にこのレンズが向いているか?

ものすごくざっくり言うと、以下のような人だと 35mm f/1.8 よりもこのレンズの方が向いている可能性があります。

・料理の写真を撮影したい人
・クローズアップ撮影したい人
・背景をきれいにぼかした写真を撮りたい人

■ マクロレンズと一般的なレンズの違いについて

一言でいえば、超拡大クローズアップ撮影もできるレンズのことです。

・(コンパクトデジカメの場合にはマクロモードが搭載されていることが多く、そもそもマクロレンズという概念自体がないことが多いのですが)、一眼レフの場合、通常のレンズを使うと、ある一定以上に近寄って拡大撮影をしようとするとピントが合わなくなり、シャッターが切れなくなります。
・もし手元に一眼レフがある場合には、被写体に思いっきり近寄って撮影しようとしてみてください。近づきすぎるとピントを合わせることができず、シャッターが切れない(=被写体からある程度カメラを離さないとピントが合わない)はずです。
・マクロレンズであればこのような問題が発生せず、思いっきり近寄ってクローズアップ拡大撮影ができます。

■ マクロレンズの焦点距離について

マクロレンズをわかりにくくしているのが、おそらくこの焦点距離だと思います。マクロレンズには、大別すると焦点距離の長いものと短いものとがありますが、これらは使い道が異なります。

・わかりやすいのは焦点距離の短いものタイプのマクロレンズ。これは簡単に言えば、被写体に思いっきり近づいて接写することが可能なレンズです。
・一方、わかりにくいのは焦点距離の長いタイプのマクロレンズ。これは被写体に思いっきり近づけない(例えばトンボなどを撮影する)ケースにおいて、遠くから望遠しながら拡大撮影したい場合に使うものです。(※ 通常のズームレンズでズームすりゃいいじゃないか、と思うと思いますが、通常のズームレンズだと、ズームしすぎた場合はピントが合わなくなります。)

■ 35mm f/1.8G と 40mm f/2.8G の違いについて

そして私自身にとって非常にわかりにくかったのが、通常の一般的な単焦点レンズと、マクロレンズとの違いでした。例えば AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G と AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G を比較してみると、以下のような共通点と相違点があります。

① 共通点

・どちらも単焦点であることには変わりがありません。(焦点距離が固定で、レンズによるズームが効かない)
・同様に、どちらのレンズも比較的明るいレンズ(f 値が小さい)です。このため、どちらも室内撮影などに比較的強いですが、その一方で、被写界深度(ピントの合う範囲)のコントロールに注意が必要です。また、どちらのレンズもボケを綺麗に出しやすいという特徴があります。
・なおマクロレンズであっても、別に近接撮影にしか使えないというわけではありません。通常の単焦点レンズと同様に普通の使い方(風景やポートレート写真の撮影など)もできます。

② 相違点

・拡大撮影(クローズアップ撮影)ができるかどうか、という点だけが違います。例えば 35mm f/1.8G は最短撮影距離が 30cm であるのに対して、Micro 40mm f/2.8G は 16.3cm。しかもこれはレンズの長さも含んでいる値のため、Micro 40mm の場合、レンズ先端からの距離(ワーキングディスタンス)で言えば 4~5cm ぐらいまで被写体に近づいて超拡大撮影をすることができます。

③ その他

・マクロレンズでクローズアップ撮影をする場合には、三脚などが必要になる場合もあります。(クローズアップ撮影の場合には手ぶれを起こしやすくなるため。)
・実は後からわかったことなのですが、AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G の方がレンズとしての基本性能が高いようで、photozone というサイトの検証結果を見ると、ほぼ歪みなし、F4.0~F8.0 あたりでかなりの解像力を示す様子です。

■ まとめると...

もちろん用途に応じて最適なレンズは変わるのですが、私の場合、室内で料理の写真を撮影するケースが多く、この目的では 35mm よりも Micro 40mm の方が圧倒的に使い勝手がよかったです。35mm の強みは明るく撮影できること(f/1.8)なのですが、実際には f/1.8 だと被写界深度がかなり浅い(ピントの合う範囲が非常に狭い)です。このため、例えば料理の写真などを撮影する場合には実際には少なくとも f/4 ぐらいまで絞る必要があるんですよね。そうなってしまうと、マクロ 40mm の方が近寄れる分、圧倒的に使い勝手がよいです。

マクロレンズとはいえ、通常のスナップ撮影にも十分強く、なるほど Micro 40mm を買ったら 35mm の出番がなくなって処分した、という人が多いのも頷けるレンズです。Web を見ていると 35mm の方が購入者が多いのですが、おそらくマクロレンズという言葉にちょっと尻込みしている人が多いんじゃないか? という気がします。明るい単焦点レンズの選択肢として、本当はこちらを第一候補にした方が良い人が多いかもしれません。
3コメント3件|370人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月8日
キットレンズを買った初心者が次に買うべきなのはこのレンズだと胸を張って言えるほど良いレンズです。

特質すべきは明るさと、ボケ、そして撮りたいと思っているものをほぼ全てカバーできる性能です。

自分はまず、別の単焦点レンズから入ったのですが、こちらを購入してからはこのレンズしか使っていません。

初心者が撮りたいものは大別すると風景、ポートレート、花や料理といったものになると思います。風景は広角レンズに譲るとしても、40mmであればそれなりに写したいものが写せますし、ポートレートに関しては憧れのボケを出しつつ美しく撮ることができます。はっきり言って一眼レフを買う目的のほとんどは、コンデジでは映し出せないこういった写真だと思うのでそういった点でもこのレンズは優秀です。
最後に花や料理。これはこのカメラの得意分野です。
キットレンズでこう言ったものを撮ろうとすると焦点距離や明るさの問題でなかなか思い描いた絵が撮れませんが、その点このレンズだと思いっきり寄ることもでき、自分の思い描いた角度で、大きさで、明るさで、映し出すことができます。

一眼レフを買う皆様。ボディとこのレンズだけでも十分すぎるほどこのレンズの潜在能力は高いです。
このレンズをこの値段で出してくれたニコンはさすがとしかいいようがありません。

皆様の一眼ライフがより充実したものになりますよ⭐️
0コメント|38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
amazonさんに先月予約した40mmマクロが本日届きました。現物は思ったよりも大きくホリュームがあるように

見えます。どうやら付属のレンズフードHB-61がけっこう大きいことと、レンズ本体が内蔵モーターのためか

太くなっているため大きく見えるのであろうと思われます。同じDXの35mmF1.8より若干大きい程度です。

本日は残念ながらあいにくの天候のため屋外での撮影ができず試し撮りしていませんが期待できると思います。

これで保有のニコン純正レンズも7本になり、そのうち5本が単焦点レンズとなりました。フィルムカメラの頃か

らズームレンズはほとんど使ってこなかったということが原因かもしれませんが、現状製品を見渡すとやはりズ

ームレンズは高価で重く嵩張るというのがズームを敬遠する一番の理由かもしれません。本レンズはその点価格

が手ごろ、比較的コンパクトで軽量という大きなメリットがあります。私は写真はフットワークでカバーすると

いうことで普段は器材を沢山持ち歩かず、レンズは使いやすい短焦点レンズ2本程度で焦点距離が足りない分はフ

ットワークを使うということでやっています。これでも慣れればいつしか不自由はなくなるものと思います。

そのうちいつも使うレンズというのは決ってくるもので、撮影する被写体にもよりますが、使用頻度の低いレンズ

というのが必ず出てきて、何でこんなレンズ買ったんだろう?という後悔の念が湧いてくるものですが、この40mm

マクロはそうした後悔が起こらないものになりそうです。

追記

このレンズで試し撮りしたところ、想像していたよりも使えるレンズであるという結論です。

日常スナップにおいても印象としては、35mmF1.8よりもシャープに撮れます。抜けのよさはさすがはニコ

ンといったところです。このような多用途性は捨てがたいものがあります。35mmF1.8よりもこちらの方が

お買い得かもしれません。どちらか選ぶ場合は大変悩ましいところです。ニコンさんも価格的にずいぶん

と頑張ってくれたのだと思います。そうした心意気に答える意味では40mmMicroの方がお勧めできるかな?
review image review image review image review image review image review image
2コメント2件|142人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年9月27日
ニコンさん頑張ったなぁ〜と言う感じです。
この値段でこの性能はちょっと信じられない程の出来です。
近影からポートレートまでソツなくこなしておまけに安価。
言う事なしです。
35f1.8も所有していますが、これからはこちらの方が出番が多くなりそうです。
0コメント|70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月7日
実際に使ってみて、かなり楽しいです。被写体に3cmくらいまでよれます。
ただ40mmなので、広角ではありません。なので建物や建物内を撮ることには向いていません。
そこはキットの18mmでこなしています。
なので物を撮るのに向いているレンズです。
動物を撮ることが多いのですが、F値でシャッタースピードを稼げるので、
動いている被写体でもあまりブレません。
三脚も使っていません。マイクロレンズはブレる構造とありますが、感じた事はありません。

写真が楽しくなるレンズです。
お粗末ですが、撮影したものを載せます。
D40 ISO200 F2.8で無加工の無トリミングです。
review image review image review image review image
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月22日
写りはくっきりはっきり綺麗、ボケもいい感じで思う通りな感じです
被写界深度が狭いので撮影は確認しながらじっくりです
キットレンズとは雲泥の差です。
前面の凸凹段差の部分とフードの内側が梨目仕様なのでちょっと触っただけで傷がつくのとホコリが取りにくいので☆-1
買って良かったです撮影の幅も広がり楽しくなりました
ピントリングのトルクも丁度良く軽くてとても気に入りました。
花の接写、風景、星、ペットの撮影などいろいろ使えそうです
review image review image review image review image
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年12月8日
ニコンのレンズでのはじめてのマクロレンズです。
標準ズームをずっと使っていてそろそろもう1本欲しいなあと
思ってた頃に新発売と聞いてからずいぶん迷ったけど
このレンズ値段はニコンさんにしたらめっちゃ安いのだけど(自分としては嬉しい)
なかなか良いレンズだと思います。当分このレンズオンリーになりそうな
感じです。
0コメント|24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年4月22日
デジタル一眼初心者です。
既に、デジ一本体を買った時についてきたWズームレンズ2本の他に、35mm/f1.8も持っています。

35mm/f1.8と比較すると、

・撮れる写真が結構クリア(35mm/f1.8はふんわりとした優しい雰囲気)
・テーブルフォトを撮ろうとした時に、35mmは椅子に座ったままでテーブル上の何品かを一緒に撮ることが
 出来たが、40mmのこちらは複数の料理を一度に撮ろうとすると椅子から立つ必要がありました。
(1品1品個別に撮る分には、座ったままでも問題なく撮れます。)
・背景のボケは、40mmの方が自然に感じた。

こんなところです。
そして40mmを使ってみて「おっ!」と思わされたのは、

・被写体に寄れる!35mmでは不可能だった至近距離からも余裕で撮れる
・ペットなら毛の1本1本までくっきり!
・食べ物ならシズル感がはっきり撮れてとても美味しそうに見える
・35mmでは思うように撮れなかったアクセサリーやネイルアートなどもばっちり
・寄って撮るだけじゃなく、ポートレートなども普通に撮れる

です。
ただ、私が初心者なせいも勿論あると思うのですが、暗めの室内で人間やペットをこの
レンズで手持ちで撮ると、PCで見た時に「ブレてる!」ってことが多いです。
暗めの室内では、35mm/f1.8の方がブレずに上手に撮れるような気がします。

最後に、35mm/f1.8もそうなのですが、純正レンズをこのような価格で買えることが本当に嬉しいです。
ニコンさんありがとうございます。
0コメント|57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月9日
ブログ用のガジェットやグルメレビュー用の写真はほぼこれで事足ります。
画像もシャープで明るく撮れますし、ボケ具合が最高です。
同程度の単焦点マクロレンズをSIGMAで買おうとすると三万円オーバーですし、純正で静かなAF-Sモーターのこのレンズを敢えて買わない手はないと思います。非常に満足です。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月15日
このレンズはマクロといっても普通に単焦点レンズとしても使えるので
コスパの高いレンズといえます。明るいF値2・8で単焦点レンズは初めてでしたので撮影してビックリしました。
単焦点レンズの面白さに嵌まりそうです。もちろんマクロの撮影も大満足です。
そこそこの価格でこの性能は良い買い物といえます。
ン十万円のレンズを買えるリッチな人は別にして、ごく普通のカメラ愛好家としてはこの価格でこの描写力のレンズは
とても嬉しいレンズです。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)