Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年5月25日
 ワイヤレス、1ボタン、オートスタートと、シンプルで使いやすいです。

 良い点は、
オートスタート、ホイールの回転で始動します。スイッチ入れ忘れがありません。
ワイヤレスは、スッキリ。デジタル表示もハッキリ見易く読み取り易い変化間隔です。

 悪い点は、
積算距離の手動入力が出来ません。車体と購入にラグがある、リセットした等で
積算が0表示でも、こちらからは入力出来ません。
 
 微妙な点は
CO2計測、カロリー計測機能、タイヤ外周設定がCM単位。
要らない人は要らない機能でしょうし、mm単位ではないので、当然誤差が。

 勿論ここまで拘る人は、動力計を求めるでしょうし、
メーター誤差は2輪である時点で当たり前というレベルでしょうし。

 物は、必要最低限の機能をきちんと抑えていますし、
無線動作などもしっかりしている印象なので、良いと思います。
made in Japanです。
0コメント|17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年6月12日
以前、ブラックを使用していましたが、本体が壊れたので、ホワイトにした。消費カロリーとか、二酸化炭素とか、自分には、全く使わない機能もありますが、1番、残念なのは、時間修正とか電池交換時に、データがクリアなるのが、悔しい。価格帯を考えれば、仕方の無い事かな。
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年8月21日
運動不足解消のために某スーパーマーケットで購入した「最廉価ママチャリ」に装着。
サイクルライト(CAT EYE) 3モードフラッシングライト ホワイト TL-LD130-F と同時に使用開始しました。
散歩代わりに雨天を除いて、往復30キロ程度を適当なマイペースで走行しますが、
帰宅後「明日はもっと走ろう!」という気になります。

他の方のレビューと重複するかとも思いますが、、
地図などで調べた区間距離と走行距離を比較できるメーターを望んで製品を検討しました
ワイヤレス(2,4Ghz)のしくみはどうなっているか興味があり有線タイプでなく無線を選択、
しくみは兎も角、ワイヤなどの取り回しがなく外見がスッキリしています。
マグネットとセンサーの取り付けは短時間で予想より簡単に済み、タイラップもはずれる事なく動作している。
あらかじめメーカーホームページのpdfと動画を参照)
本体の取り外し(いたずら防止のため)を気にしてブラケットは未使用=
ハンドルに固定せず、腕時計のようにテープで手首に巻き付けて使用している。
センサーとの通信距離は70cm限度_とのことだが
ママチャリのフォークと手首の距離関係(=70cmくらい)でも問題なく動作した。

1点だけ「夜間走行するのでバック・ライトがないと視認・確認しにくい」。
タイヤ周長からの距離の誤差を気にするならGPSには及ばないが
気にするほどの事もない(大雑把ではあるが10キロ走行して100メートル程度と言われます)
しばらく使ったら、次にはもう少し「走れる」クロスバイクに乗り換えて同製品を取り付けようかと目論んでいる
・・・・・価格から考えると満点に近い買い物だったと思います。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年8月5日
このデザインを無骨とみるか、可愛らしいとみるか
微妙に分かれるところですが
意外に小さな弁当箱形状が、ちょこんとエアロバーにマッチしています。

ハンドルバー周りはやはりワイヤレスがスッキリ・シンプルで
有線ストラーダと迷いましたが
こちらを選んで正解でしょう。

信頼のキャットアイということで操作も問題なく
今日も走行距離を刻んでいます。

本体、ならびにセンサーの取り付けはタイラップと少しお粗末ですが
ま、値段なりでしょうか。
エアロ形状の変形フォークにも無事ついています。

アナログ方式ですが、私のは混信したことがありません!!
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月27日
ロードに乗る人には、データをとても気にする人とそうでない人がいて、私は後者です。画面を見るより景色を楽しみたいし、心拍計より感覚を信じたいので。それでも、走行距離と現在時速くらいは知っておきたいので、これを使っています。重宝していますが、長く使っていると、走行中にエラー表示が出て画面が消える現象が続くようになります。電池を入れ替えても解消できなければ買い換え時期だと割り切っています。それほど高価でないので消耗品として考えています。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同社製の低価格帯アナログワイヤレス製品にはキャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ CC-VT100Wもありますが、CC-VT100Wは平均速度の計測ができません(現在速度のみです)。このページの製品であれば平均速度の計測ができますが、価格差1000円をどう見るかで悩むところです。

本体の装着ブラケットはタイラップ止めで、本体を外そうと引っ張るとタイラップが動いてうまく抜けないという困ったちゃんです。が、形状は上位の製品とも互換性があるので、アフターパーツのばら売りでブラケットだけを購入してきて乗せ換えると便利です。

設置はやっぱりワイヤレスが楽ですね。ケイデンス(クランクの回転数)の計測がしたいなら少し高いキャットアイ(CAT EYE) サイクロコンピュータ ブラック CC-RD200がありますが、こちらは有線なのでワイヤの引き回しで苦戦しました。走行記録を残すことを思えば、こちらの製品でも十分だと思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月27日
 Amazonの商品写真では分からなかったのですが、本体のみ白で、それ以外のブラケットやフロントフォークにつける送信機は全て黒です。黒い自転車のワンポイントにこれを選んだので、他が黒というのが重要でした。逆に白い自転車に付ける場合には注意です。

 機能についてはさすが信頼と実績のCATEYE。何の不満もありません。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月31日
マニュアル通りに取り付けたが全く作動せず。
センサー位置、本体の角度、マグネットとの距離等色々組み合わせ試行錯誤すること3時間。
キャットアイのサービスセンターにTELすると始めに入っていたモニター用電池?が切れてる為
(本体電池は正常)では無いかと言われ、電池を交換して、位置を確認してもやっぱり駄目。。
サービスセンターに電話したら「センサーの故障っぽいです」との事で初期不良なのに交換対応では無く
メーカー発送→修理→メーカより到着で複数日かかり・・・。
しかも自分で買った新品電池がまたモニター用電池に・・・。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年10月1日
ケイデンス測定等の設定はありませんがこの値段でワイヤレスのサイクルコンピュータというのは素晴らしいと思います。初めてサイクルコンピュータを購入される方でもワイヤレスは取り付けも簡単なのでおすすめできますし機能的にもこれで十分だと思います。欲を言えばコンピュータの固定方法がリーシュコードではなくちゃんとしたベルト固定ならもっと良かったと思います。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月14日
使用して1ケ月のコメントです。普段の走行中は、スピードと時間を表示しております。
累積機能については、私は簡単にリセットできる機能が欲しいと感じました。
もちろん、今の機能でもリセットできますが、リセットは、初期設定方法をとります。毎回、このリセット方法は面倒です。リセットしたいのは、走行距離、MAXスピード。初期設定方法と単純なリセット機能があると便利と考え、★4つとしました。
特に機能の一つに、MAXのスピード計測がありますが、累積期間中のMAX表示なので、その日のMAXはわかりません。機能が、本来の使用と合致していないと感じました。ツーリング時なら、問題ないと考えますが。
今のところ、問題なく稼働しております。正確な距離、走行時間が分かり、日々の管理に活用しております。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)