Androidアプリストア 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazonファミリー adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
123
5つ星のうち4.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2003年5月11日
今回のDVDは、「グランブルー」としてフランス公開された編集尺ですが、タイトルがオリジナル原題の「The Big Blue」と表示される別バージョンで、音声も英語になっているのが特徴です(日本では勘違いされることが多いようですが、本作は仏語ではなく英語音声で撮影されています)。
 もともとこの作品は、アメリカでの初公開時は、エリック・セラが担当した当初の音楽ではなく、ビル・コンティ(「ロッキー」で有名な音楽家)が作曲した音楽に差し替えられ、エンディングも伝説の別バージョン(ジャックがイルカと共に深海から戻ってくるという、一種のハッピーエンド版)。
 しかし後日、ベッソン監督が母国フランスでの公開に際して再度編集を行い、その際にエンディングを改訂、また音楽も完成当時のエリック・セラの曲に戻し、併せてフランス語吹替を行いました(このバージョンが「グランブルー」として97年に日本で再公開されたものです)。
 89年の日本初公開では海外輸出用の120分短縮版(題名は「グレートブルー」。音声は英語、音楽はエリック・セラ版)であり、日本では97年の「グランブルー」と2種類のバージョンを見ることが出来ましたが、この度のDVDと併せて3種類のバージョンが上陸したことになります。
 この作品は他にも編集違い版が無数に存在し、それぞれにしかないシーンというものが結構あり、一概に「完全版のグランブルーならすべてが見られる」という訳ではないのが悔しいというか、探求心をそそられると言うか。
 願わくば、とりあえずビル・コンティ音楽・別エンディングの「アメリカ公開版」のDVD日本発売が実現されると嬉しいのですが・・・
0コメント| 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年6月3日
海中で映し出される無数の水疱をブロックノイズ無しで鑑賞できるのはやはりBDならでは。仕様的に改善の余地のある商品だとは思うので☆一つ減らしていますが、美しい海はハイビジョン映えする映像ですので、実際に鑑賞したときの満足度は最高に高いです。

商品のレビューからは少し離れますが、初見の方には完全版(というよりかは長尺版)よりもこのオリジナル版の鑑賞を私的に推奨します。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月3日
伝説のダイバー、ジャック・マイヨールをモデルにしたリュック・ベッソンの傑作であり、内容的に今更レビューすることなどないだろう。ここでは映像と音声についてのみ記載する。

1988年、つまり22年前の映画である。良くぞここまで完璧に映像のHD化処理ができたものだ。DVDの映像も汚くはなかったが、そのアプコン映像と比べても圧倒的に繊細かつ鮮明である。
コーデックはMPEG4 AVC。ノイズフリーであり、粒子感もほとんど無い。被写体の質感も丁寧に表現されている。HD化で失敗の原因にもなりやすいコントラストのつけ方も本作は絶妙だ。映画を観ているうちに、海に吸い込まれそうになる。
古い映画の場合、フィルム・グレインという微妙な言葉によって、HD化の際の粒子感が語られがちで、そういうものなのかとポジティブに考えていらっしゃる方も少なくないと思われる。しかし、本作を観ていただきたい。そこにあるのはフィルムの質感ではなく、確かなる被写体の質感であり、背景の海や空や雪の質感である。これこそが我々がHD化された映画に求めている画質なのだ。20年以上経過した古い映画であることを考えると、殊、映像面に関しては快挙といえるのではなかろうか。PQ 4.5/5。

音声は英語、仏語ともに2chなのだが、非圧縮のリニアPCMのため、ノイズ少なくそれなりに抑揚のある音の表現が実現出来ており、個人的には今までのDVDに記録されているDolby Digital 5.1chやDTS 5.1chよりも明らかに滑らかで聴きやすく、とても好ましく感じた。2chだからと購入を躊躇っていらっしゃる方は、それ程心配しなくてもよいだろう。今までのDVDとは比較にならない。SQ 4/5。

因みに既発の仏版・米版はDTS HDMA5.1が収録されているが、残念ながら吹替音声のフランス語のみであり、実際に話している英語は仏版がDolby Digital 5.1ch、米版がLPCM 2chであり、日本版と大差ない。

主役の俳優が二人とも仏人なのでフランス語の映画のような扱いを受けることが多いが、実は導入の少年時代の映像以外は、英語で撮影されている。本作裏面にも「フランス語(吹替)」と表記してある通りだが、唇の動きを見ていただければ話しているのが英語だと分かるだろう。この点のみが、この映画の残念なポイントである。

本作が好きな方にとって買直しをする価値は十分にあるBDである。もちろん初めて観る方も圧倒的な高画質のBD版をお勧めする。
0コメント| 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2007年2月5日
『レオン』(1994年アメリカ)のジャン・レノとリュック・ベッソン監督の黄金コンビが、

(『レオン』はボクの好きな映画BEST3に常に入っています。こちらの感想もいつか後ほど)

美しく壮大な、そして深く暗い海に魅せられた男たちと、海に生きる男を愛した女の姿を描いた

感動のドラマです。

主人公ジャック・マイヨール(ジャン・マルク・バール)は、実在の人物で、

素潜りの深度世界一の記録保持者。(1976年11月23日、人類史上初めて素潜りで100メートルを超える

記録を打ち立てました。)

そして、彼と競い合うエンゾ・モリナーリ(ジャン・レノ。モデルも実在の人物で、こちらはエンゾ・

マイオルカ)の奇妙で、ほほえましい友情が、眩しいマリン・ブルーのように輝き、

一人の女性を巡る葛藤や、対立の際には、深い紺碧の深海のように全てを飲み込んでいきます。

謎めいて幻想的なラストシーン、何故ジャックが潜るのか。1度観ただけでは気付かないかも

知れません。

でも、もう一度観てみると、細かなところに散りばめられた、彼の海への想いが伝わってきます。

全編を通して、イルカの鳴き声が不思議と癒してくれるリラクゼーション効果もあるようなこの映画、

観終わるたびに、何か日頃たまっていた汚れのようなものが、落ちていく気がします。

ちなみに、モデルとなったジャックは晩年、うつ病を患っていて、

2001年12月23日、エルバ島の自宅の部屋で首吊り自殺をしているのが発見されました。

近くにあったテーブルには、この作品のビデオと、直前に出演したテレビ朝日の

『グレートマザー物語』(第6話2001年5月13日放送分)のビデオが置いてあったそうです。

遺骨はトスカーナ湾に散骨され、本当に海に還って行ったのです。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2010年7月4日
一応、現時点で、私が某AV情報ページで見た仕様は
リニアPCM音源2チャンネルのみ、みたいで、
(LDでもドルサラあったのに・・・)
DVDでも最初ドルデジ、後からDTS盤が出た事もあったので、
今回、リニアPCMのみで、数年後に5.1チャンネル盤が出る可能性はあります。
(私が見た仕様が間違っていればラッキーです)
アーティスト側の意向なんかも、あるかもしれないので、
仕様については予断を許しませんが
LDで3回、DVDで2回買ってるので、BDでも?
まあ出来れば勘弁して欲しいとは思います。

今回、レストアで画質の向上という事で、
比較的新しい作品ですし、
LDやDVDも当時としては、とても良い画質だったので、
かなり期待しています。

内容に関しては、フリーダイビング競技でライバル2人、
おっかけ1人を中心にストーリーが進みますが、
事件やドラマ性は薄めです。
その分、キャラクターと深い海の存在感が濃く
微笑ましい前半に反して、切ない後半の展開も魅力で
何気に観たくなる映画です。

セット買いだと特典があるので、ついこっちを予約しましたが
普通の人はバラ売りが安くてお得かもしれません。
(単品で1枚買って、サラウンド盤を待つのもいいかもしれません)

製品が着きましたら追記します。
----------------------------------------------------------------------------
追記

これはレビューしにくい商品です(−−;

結局、商品はLPCM2チャンネルのみの収録でしたが
残念・・・・・と思いきや
エリックセラさんの曲自体に、残響があるため
2チャンネルでも、自然な奥行きを感じます。
また、今までのLD、DVD、サントラCDと比べ物にならない
音の分離と、レンジの広がりは至福の一時を味わえます。

画質も、どちらかといえばフォーカスが甘めで、
いわゆるツルツルした絵でなく、グレンそのままですが、
色味の調整が絶妙で、画面全体でバランスを取った感じです。

派手さは無いですが、とても独特な自然さのあるレストアでした。

おまけのDVDはSD画質
というより3倍VHS画質です。まともに観れません。
0コメント| 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年10月18日
 グラン・ブルー関連商品を見つけたら即買いする私(フランスでも買い集めた経験有り)、今回も迷わず購入してしまった。だが、本当にUltimate Editionかどうかの評価は冷静にさせてもらう。
・銀の缶パッケージ:星1つ(開け辛いが、シンプルなデザインで、インテリアになる)。
・クリアファイル:星1つ(イルカロゴがシンプルでカッコよい)
・グラン・ブルー・トリビア:星1つ(関連商品のカタログにもなる)
・ポスター&アートギャラリー:星0(ポスター:特に目新しさはない。アートギャラリー:写真の選択が適当、画像が粗い)
・DVD:星0(メニュー画面がカッコ良い+2バージョンのDVD→星1つ。過去にビデオで発売されたメイキングDVDが付いてない→星-1つ。よって、星プラスマイナス0)
あくまでもアルティメットかどうかの評価として星3つとしたが、純粋にコレクションとしてなら、星5つでも良い。何にせよ、作品自体が星5つでは足らないくらいの満足度を得られるので、初めて買う人には値段もそんなに高くないので、このエディションを買うことを薦める。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年8月2日
完全版とオリジナル版合わせてこれほど安く買えるとはビックリです。
すばらしい映画には間違いありませんので、この値段なら損はしないはず。これを機に完全版とオリジナル版を続けて見て、違いを楽しんでみましょう。
音や画質にこだわるなら、約四倍の値段となるブルーレイをチョイス(それでも安いとは思いますが)。
コストパフォーマンスも含めれば☆5つといきたいところですが、4つにしておきます。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年6月12日
 フリーダイバーのジャック・マイヨールとエンゾ・モリナーリを巡る友情と挑戦のドラマ。少年期を共に海で過ごした二人は、ひょんなことから巡り会い、再び海で競い合う関係になります。
 しかし、深海環境への適応性において、ジャックは特異体質と言ってもよいほどの身体能力を持っていることが医師の調査によってわかります。一方のエンゾはあくまでも人間的に、果敢にその限界に挑んでいくのですが、そのことが彼の死期を早めることになります。
 イルカと共に夜の海で泳ぐジャックですが、それは正にイルカとの愛の交歓であり、彼に思いを寄せる女性ジョアンナ・ベイカーはジャックとの間に横たわる距離の大きさに愕然とするのですが、エンゾは二人の間をつなぎとめようとします。
 男の友情、海への思い、そして男女の愛。一つ一つはシンプルなドラマなのですが、その密度の濃さに圧倒されます。
 個人的にはジョン・レノ演ずるエンゾが人間として魅力的で、惹かれました。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月25日
DVDは過去に所持していた。印象的なパッケージだ。当時は珍しいタイプの映画だったのだろう、最後まで飽きずには観た記憶がある。さあ、Blu-rayの登場だ!ところが、今回鑑賞したら困ったことになった、感動を覚えないのだ。幼なじみがダイブで競い続ける関わりの中で、ジャックに恋した女性が現れる。と、いうだけの平坦なストーリーが進む。波間や波光に戯れる愛らしいイルカのシーンは、確かに見どころではある。だが「(イルカが)家族だ」と言われてもな~…。小生の感受性が老朽、枯渇してしまった所以なのか、何を訴えたい映画か理解できなくなってしまった。初見の際なら★を5個にしていたかな?
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年3月29日
…と叫びたいくらい素晴らしい…宝物のような映画です。フリーダイビングの競技者達を描いたお話なのですが、コバルトブルーの映像美は見てて切なくなります。ジャン・レノ、R・アークエットら名優の演技も凄いけれど、リュック・ベッソン監督自身の海への郷愁・恐怖がこの世界を作りあげているのだと思います。彼自身…ダイバーで、潜水事故に遭って二度と潜れない体になってること…ご存知ですか?そんな奴がメガホンを取り…己が崇拝する伝説のダイバー達の闘いや友情や愛を描く…これが面白くない訳がない!藍一色に染まる深海に人は勿論生きられない…でもいつかはそこに還りたい…そんな想いにさせられる傑作です!ダイビングやらない人も見るベシ!エリック・セラの透明な音楽も最高!97点!
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,290