Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
393
5つ星のうち4.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年6月2日
今年の5月に初開催されましたUTMFに備えて新調しました。
光量については他のレビューにて200lmもないのでは?という意見もあり購入については心配していることもありましたが、そんなことはまったくの杞憂でした。
配光は、中心部が遠くまで明るく周辺部は足元から前方3-5m程度まで過不足なく照射します。
山間部での夜間走行についても怖さを感じることはありませんでした。
また私から数名先を進む方々の足元まで、彼らのヘッドランプよりも明るく照らせていました。
中心部の明るい光は当然のこと、周辺部の配光ですら彼らのランプよりも明るい状態でした。
彼らが言うには、私が正面方向ではなく少し背けた方向を照射すると、私の照射する光から出来る影がすっと消えて、かつ前方がかなり暗くなるとのこと。
私の近くを進んでいた方は皆驚いておりまして、大会終了後にはこれに変えるよ、という方が続出しておりました。
重量配分が悪い、という意見も目にしますが、私にはまったく問題がありませんでした。
この製品で重いというかたは、頭部に電池ボックスがある製品はすべて使えないでしょう。
競合製品(BDやペツルの同等品)と比べても、重量が突出して重いことはなくむしろ軽めです。
この製品の重さについて問題視されるようなかたは、1gでも軽くしたい競技志向な方なのでしょう。
実用点灯時間が10時間とのこと、またそれも初期の明るさは5時間も持たないということなので、思い切って超寿命を謳うエナジャイザーのリチウム電池(エネループのようなリチウムイオン充電池ではない)を使用しましたら12時間以上初期の明るさを維持できました。ヘッドウォーズ888+エナジャイザーのリチウム電池のセットでも5千円しませんから、コストパフォーマンスとしては十分です。
(これはヘッドウォーズの性能ではなくリチウム電池の性能ですけれど)

欠点は1つだけあります。
多くの方からも指摘がありますが・・・作りがイマイチです。
といっても頑丈でないとか安っぽいとかという事ではなくて、製造公差の問題といえば良いですかね。
まず1つ買いましてその性能の高さに驚き、予備の2個目を買いました。
その2個目が問題でして・・・
ヘッドランプ内かコードなのか未だにわかりませんが、どこか接触が悪いらしく、点灯したりしなかったししています。
メーカーへ返品交換をお願いしようかと思いましたが大会までに間に合わないし、高いものでもないので思い切ってバラしてみました。
でも悪いところは見つけられず、再度組みなおしたら以後問題なく点灯しております。
この辺の安定性のなさについては多くの意見を目にしますので、このあたりがこの会社のウイークポイントであるように思えます。
品質が安定したら、BDやぺツルを選択する理由が一切なくなってきます。
まあこの製品は2500円しかしませんから、1万円近辺の製品と同じ品質を求めるのは酷というものかとも思いますので、私は品質の悪さをマイナス評価はいたしません。
3個買っても競合製品より安いのですから、3個かって1個当たれば良し、残りの2個は返品交換して動作品をストックしておけば尚良し、と考えています。

初めてのレビューにて上手くまとめられず長文になりまして申し訳ありません。
最後までお読みいただきました方々の山行に少しでも力になればと思っています。
0コメント| 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年4月4日
単3電池3本仕様でエネループ対応です

HW−767Hのリニューアルモデルで

明るさ150から200ルーメンにスペックアップし
フォーカスコントロールとサブLEDを省略しています。

ヘッドライトでは珍しいオレンジピールリフレクタを採用。

※表面がみかんの皮みたいに凸凹した反射鏡で
高級フラッシュライトに使われており、性能は実証ずみです。

これにより、中心に照度の高いスポットビーム
その周りにワイドなサークルビームが発生します。

つまり、遠方照射と周辺照射を一度に行えるわけです。

また、単3電池を使用しているので長時間の点灯が可能な上
電池の入手も簡単でしょう。

実用点灯時間はアルカリ電池を使って。

(Highモード)約10時間
(Lowモード)約30時間
(点滅)約22時間
(後部認識灯)約750時間

私感ですが・・・
767Hよりも数段明るく、ヘッドが小さくて軽いです。
最初はフォーカス調整が付いてないことに不安がありましたが、
実際使ってみると、遠方へもスポットビームが飛びますし
サークルビームの広がりぐあいと明るさがいい感じで、
配光に違和感はありませんでした。

不要なギミックがない分シンプルな操作性で信頼性の高いヘッドライトです。
0コメント| 179人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年1月2日
単三電池のモデルが欲しくて233Hと888Hの検討をしましたが判断がつかず結局2機種購入しました。
233Hのレビューに全体の比較を記入しましたのでこちらには細かな点を記します。

まずプラスチックの表面が233Hはマット調で888Hがプラスチックそのものの質感で安っぽい感じが
します。ただし使い込むと233Hはマットの表面に細かいこすり傷が目立ちます。

SWはメインライトと後部電池BOXにそれぞれついていますが233Hは本体と同色の黒色のゴムカバーで
888Hはオレンジ色のゴムカバーになっており認識し易いです。SWを押した感触は233Hのライト側のみ
カチーンと音が伸びて聞こえ安っぽい感じです。他のSWは全てカチカチと気持ちいい感触です。

ゴムバンドはプラスチックのフックに引っ掛ける様に取り付ける必要がありますが、888Hのライト側
のみ少し小さめで取り付けし難いです。また888Hには布製のものの他に、黒い生ゴム製のバンドが1本
付属していますが固めなのでより取り付けし難いです。ヘルメットにつける場合はこちらの方がすべり
にくく便利では有りますが‥。ちなみに両機種共にヘルメットに取り付けるためのプラスチックの
フックが同梱されています。

後部電池BOXは表面の材質感以外はサイズなどほぼ同じです。どちらも蓋にOリングがあり防水が期待出来ます。
また、蓋に樹脂コードが付いており開閉時に無くさない工夫がされています。後部の赤色灯はSWをプッシュで
全灯、点滅、消灯の切り替えになっており使いやすいです。固体差かもしれませんが233Hのみ明るさが不均一
でバー状になっている左の方が明るいです。(使用上は問題ありません)

付属の収納袋はサイズ含めどちらも全く同じものです。肉厚フリース製で巾着袋になっていますが締める
コードにもストッパーつきでとても良い物です。

重量はスペック上は若干違いがありますがほぼ同じに感じます。頭につけている時は気になりませんが、
携帯時にはかなり重く感じます。軽量重視の場合は単三1本仕様の931H等を選択すべきでしょう。

以上、細かな点も両機種の性格が表れているようで面白いです。233Hは「大向こう受け」を狙い、888Hは
「長く使って良さが判る」仕様になっています。ただし、両機種とも基本となるランプの明るさや低価格な
点が優れていてどちらを選んでも後悔はしないでしょう。
0コメント| 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年1月28日
送料・税込み2400円台で購入しました。
今、HI(明)でジャスト5時間使ったばかりですが、電池が10年落ちの白エネループながら、まだ光量の低下が感じられません。
なかなか電池保ちも良いんじゃないかな?※

※その後7時間まで使ってみましたが、6時間越したらみるみる光量が落ち1時間もしないうちに暗くなってしまいました。
時間に関しては古い電池だから、容量が低下してたのかも知れないし、そもそも能書きに謳われてる10時間の電池容量データが無いので判断 出来ません。
但し、使用電池を放電させてみたところ、ほとんど放電せず残量が無かったことから本機の回路ではある程度明るさを保ち、電圧が一定以下になると急激に暗くなる特性になってる様な感じはしました。これは別に欠点と言う訳ではありません。

LO(暗)はHIの3倍持続時間(公称30時間)があるので、60lm程度の明るさかと思ってましたが、手持ちの80lm機種より明るく100lmくらいあるように感じられます。
これはスポットと周辺光の照射角が手持ちのヤツより狭いからだと思いますが、とにかく明るいLOモードです。
因みに、2mから白壁を照らしてみると、スポットの境界はぼんやりしてて、サークル径は約55cm〜65cmφだから照射角は大体15〜18度、周辺光の境界ははっきりしてて、サークル径は約310cmφだから照射角は大体80度くらいに設定されてるみたいです。
ニュートラルな色温度の、かつ照射斑も少ない良い感じの光がたっぷり放射されてる印象でした。
電源コードが露出してるし、照射角も大して広くないのでハードな藪なんかでは使いづらい場面があるかもしれませんが、普通の山道ならLOでも十二分な性能だと思います。

個人的にはストロボ点滅の代わりに長時間保つ蛍の光モードが欲しかったなぁ。
まぁ、基本的に本機は行動・実務用機種でしょうから仕方がないですけど・・・

最高到達距離91mの基準が判りませんが、サッカーグラウンドでゴールに犬をつないで反対ゴール側から照らしたら犬の眼がキラリと光るのを視認出来ましたから、100m程度離れた先の熊や猪や鹿の眼を光らすくらいのスポット照射は出来てるみたいです。

電池フタはスキマのラインが長いのでパッキンにはシリコングリースを塗っといた方が防滴性能に関しては安心でしょうね。
また、電池フタの止め爪が破損しやすい作りに見えるので、閉める時はしっかりボックスへ押し付けながら回す様に心がけています。

装着感についてはワッチキャップの上から緩めに被っててもずれないし、被り心地も良くて重さを感じにくい良い前後バランスだと思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月2日
ギミック満載の物も好きだがこれはシンプル。
最近はやりのフォーカス調整や、かざすだけでオンオフする機構など何もない。
オレンジぴーるの反射板を持つが故、くっきりとした境を持たない自然な配光である。
境目があいまいなので、他のライトより明るくない印象があるが、比べてみると相当明るい。
周辺との明暗がないので強烈な明かりに見えないだけだ。

スイッチは節度あるものだし、点灯後数秒してからまたボタンを押すとどのモードからも消灯する。
だから通常は一回だけスイッチ押せば事足りる。ここは重要だと思う。
欲を言えばもう少しスイッチが大きく押しやすいと助かる。
素手ではともかく、手袋をしていると押しにくいのだ。
後ろもレッドライトが点灯もしくは点滅させることもできるので、後方に注意を与えるには十分だろう。

シンプルが故に重量も軽い。
単三サイズのエネループがつかえることも大きなメリットだ。

ヘルメットに固定して使っているが、私は付属のゴムバンドを利用している。
ゴムバンドのクリップは若干ヘルメットと合わないが、ずれることなくつかえている。
ただ、ゴムバンドを取り付けるのは若干苦労した。

これ以上の光量を望むならオービターしかないであろう。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月17日
2015年9月追記
ヘッドランプがつかなくなりました。
分解してみると、ヘッドランプに伸びるコードの電池ボックス側で断線がありました。
具体的には電池ボックス内での断線です。
その様子から、コードの絶縁被膜を除去するための切れ込みが原因と思われます。
おそらくその切れ込みが絶縁被膜を除去するために使われずに、切れ込みとして残ったために想定より長いコードが電池ボックス内で曲がり、
それが断線の原因の一つになったのではないかと思います。

とりあえず、断線したコードを切断、新たに結線し直して使っています。

以下、過去レビュー

自転車通勤のヘッドライトとして使用しています。
夜間のみの使用で、明るいときは布製の巾着袋がついてくるので、それに入れてリュックのサイドポケットに入れて持ち歩いています。
ですが、いざ暗くなって使おうと思ったらいつの間にかスイッチが入っていて、巾着袋の中で弱い光を発している状態になっていた事が半年で2回ありました。
光っていることに気が付いてスイッチを切ったことも半年で3回くらいありました。
意図に反していつの間にかスイッチオンになってしまうようです。
明るくて使いやすくいい製品なんですが、長押しでスイッチオンになるなどの対策をしていただくといいかも。

あと、付属のゴムバンドを使っているのですが、このゴムが本体のスリットになかなか入ってくれません。
最初、ゴムを引っ張って薄くしてはめ込もうとしたり、色々とやってみましたが一時間かかって一か所はめてうんざりしました。
が、ゴムの先端にセロハンテープをベロ状に張り合わせて、セロテープをくぐらせて引っ張るとすぐにはめ込むことができました。
説明書などにちょっと記入してもらうと、苦労する人は減るのではないかと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月20日
消防団のヘルメットにつけて夜間の屋外の見回り等に使用。

本体+普通のベルト、ヘルメット装着用の黒いゴムベルト(頭頂部無し)、ヘルメット装着時のベルト止めクリップ4個、本体電源間コード用クリップ2個、金パナ3本がセットでした。

よく確認せずに、ヘルメット用クリップを別に購入してしまったので、もったいないことをしました。

良い点
凸凹反射板のおかげでしょうか、ムラのない程よい周辺光で、中心光で遠くを照らしながら歩いても足元が見やすく非常に使いやすい。

不満な点
明るさの強弱を切り替えても、その差が少ない(弱でも明るすぎ)ので、手元の作業には明るすぎて使いにくく感じます。

今後使い込んで耐久性が高ければ、良い買い物をしたと思います。

購入後、約6ヶ月
ヘルメット用のゴムベルトにひび割れが多数。
昼間の使用は一度も無いのに、劣化がちょっと早すぎる気がします。。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月12日
今迄は同ジェントスのGTR-931H 45ルーメンを使ってましたが、スポットすぎて手元が明るすぎて白飛びして見にくいし、広範囲を照らせないので頭を振りまくるという、使い勝手の悪い物でした(手元を照らすに限る)
HW-888Hはスポットワイドの切り替えは出来ませんが、スポットは必要ないので十分です。
GTR-931HとHW-888Hの実際使う範囲辺りを照射比較してみました。
あと電池ボックスが思っていたより小さく、首に掛けても違和感は特に感じませんでした。
review image review image
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年1月8日
夜間の山に使ってますが、明るく頭にフィットするものを探してました。

複数人での使用では、周りの人に気を遣う位に明るいです。スポットではなく広範囲に照らしてくれるので、

真っ暗な場所での山での探し物、昆虫探し、ゴミ拾い等に本当に重宝しています。

使用回数は20回を超えてますが、一番信頼できる夜間の友として使っています。

電池は単三を後頭部に着けます、電池の持ちはかなりいいです。20回位(一回30分前後の使用)でまだ、電池交換は一回もしてません。

縦にあるゴムのお蔭で下にずれる事もなく、ヘルメットをかぶっているような感じになるので、激しく動いても大丈夫です。

明るさですが、15~20m先を余裕で照らし、更に広角ですので、全体が見渡せて暗闇では本当に便りになります。人の目に入るとくらむ位のレベルなので、人に向けられません。

重さも軽くて、つけてしばらくすると「忘れる」位です。

ゴムの調節も出来るので誰でも一瞬で装着できます。帽子をかぶる感じですね。

ぬぐと小さくなるので大きなポケットに入ってしまいます。

ボタンは全面についていて、ON,OFFも楽です。

ボタンは一つで、強・弱・点滅。となります。

後頭部のバッテリーの後ろにも赤のランプがついており後ろに居る人に存在を示す事も可能です。後ろも点灯・点滅と消灯と一つのボタンで行います。

乱暴な使い方でも一向に壊れませんので、頭部のライトをお探しの方はおすすめです。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月14日
登山で数回使用、自転車で数回使用。
照射範囲が広いので200ルーメンって感じの明るさじゃないですね。
照射範囲がかなり広いので登山では視野範囲が広く使いやすいかな。
光のムラも感じないので癖が無い感じ。
自転車では光軸が目線に近いので少し目障りだ。
だけど目線の方向を照射できるのは使いやすいかな。
後ろに赤色灯も付いているし。

ただ自転車のヘルメットにはどうあがいても固定できませんw
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告