Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5387
5つ星のうち4.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年6月2日
今年の5月に初開催されましたUTMFに備えて新調しました。
光量については他のレビューにて200lmもないのでは?という意見もあり購入については心配していることもありましたが、そんなことはまったくの杞憂でした。
配光は、中心部が遠くまで明るく周辺部は足元から前方3-5m程度まで過不足なく照射します。
山間部での夜間走行についても怖さを感じることはありませんでした。
また私から数名先を進む方々の足元まで、彼らのヘッドランプよりも明るく照らせていました。
中心部の明るい光は当然のこと、周辺部の配光ですら彼らのランプよりも明るい状態でした。
彼らが言うには、私が正面方向ではなく少し背けた方向を照射すると、私の照射する光から出来る影がすっと消えて、かつ前方がかなり暗くなるとのこと。
私の近くを進んでいた方は皆驚いておりまして、大会終了後にはこれに変えるよ、という方が続出しておりました。
重量配分が悪い、という意見も目にしますが、私にはまったく問題がありませんでした。
この製品で重いというかたは、頭部に電池ボックスがある製品はすべて使えないでしょう。
競合製品(BDやペツルの同等品)と比べても、重量が突出して重いことはなくむしろ軽めです。
この製品の重さについて問題視されるようなかたは、1gでも軽くしたい競技志向な方なのでしょう。
実用点灯時間が10時間とのこと、またそれも初期の明るさは5時間も持たないということなので、思い切って超寿命を謳うエナジャイザーのリチウム電池(エネループのようなリチウムイオン充電池ではない)を使用しましたら12時間以上初期の明るさを維持できました。ヘッドウォーズ888+エナジャイザーのリチウム電池のセットでも5千円しませんから、コストパフォーマンスとしては十分です。
(これはヘッドウォーズの性能ではなくリチウム電池の性能ですけれど)

欠点は1つだけあります。
多くの方からも指摘がありますが・・・作りがイマイチです。
といっても頑丈でないとか安っぽいとかという事ではなくて、製造公差の問題といえば良いですかね。
まず1つ買いましてその性能の高さに驚き、予備の2個目を買いました。
その2個目が問題でして・・・
ヘッドランプ内かコードなのか未だにわかりませんが、どこか接触が悪いらしく、点灯したりしなかったししています。
メーカーへ返品交換をお願いしようかと思いましたが大会までに間に合わないし、高いものでもないので思い切ってバラしてみました。
でも悪いところは見つけられず、再度組みなおしたら以後問題なく点灯しております。
この辺の安定性のなさについては多くの意見を目にしますので、このあたりがこの会社のウイークポイントであるように思えます。
品質が安定したら、BDやぺツルを選択する理由が一切なくなってきます。
まあこの製品は2500円しかしませんから、1万円近辺の製品と同じ品質を求めるのは酷というものかとも思いますので、私は品質の悪さをマイナス評価はいたしません。
3個買っても競合製品より安いのですから、3個かって1個当たれば良し、残りの2個は返品交換して動作品をストックしておけば尚良し、と考えています。

初めてのレビューにて上手くまとめられず長文になりまして申し訳ありません。
最後までお読みいただきました方々の山行に少しでも力になればと思っています。
0コメント|100人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年4月4日
単3電池3本仕様でエネループ対応です

HW−767Hのリニューアルモデルで

明るさ150から200ルーメンにスペックアップし
フォーカスコントロールとサブLEDを省略しています。

ヘッドライトでは珍しいオレンジピールリフレクタを採用。

※表面がみかんの皮みたいに凸凹した反射鏡で
高級フラッシュライトに使われており、性能は実証ずみです。

これにより、中心に照度の高いスポットビーム
その周りにワイドなサークルビームが発生します。

つまり、遠方照射と周辺照射を一度に行えるわけです。

また、単3電池を使用しているので長時間の点灯が可能な上
電池の入手も簡単でしょう。

実用点灯時間はアルカリ電池を使って。

(Highモード)約10時間
(Lowモード)約30時間
(点滅)約22時間
(後部認識灯)約750時間

私感ですが・・・
767Hよりも数段明るく、ヘッドが小さくて軽いです。
最初はフォーカス調整が付いてないことに不安がありましたが、
実際使ってみると、遠方へもスポットビームが飛びますし
サークルビームの広がりぐあいと明るさがいい感じで、
配光に違和感はありませんでした。

不要なギミックがない分シンプルな操作性で信頼性の高いヘッドライトです。
0コメント|178人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年1月2日
単三電池のモデルが欲しくて233Hと888Hの検討をしましたが判断がつかず結局2機種購入しました。
233Hのレビューに全体の比較を記入しましたのでこちらには細かな点を記します。

まずプラスチックの表面が233Hはマット調で888Hがプラスチックそのものの質感で安っぽい感じが
します。ただし使い込むと233Hはマットの表面に細かいこすり傷が目立ちます。

SWはメインライトと後部電池BOXにそれぞれついていますが233Hは本体と同色の黒色のゴムカバーで
888Hはオレンジ色のゴムカバーになっており認識し易いです。SWを押した感触は233Hのライト側のみ
カチーンと音が伸びて聞こえ安っぽい感じです。他のSWは全てカチカチと気持ちいい感触です。

ゴムバンドはプラスチックのフックに引っ掛ける様に取り付ける必要がありますが、888Hのライト側
のみ少し小さめで取り付けし難いです。また888Hには布製のものの他に、黒い生ゴム製のバンドが1本
付属していますが固めなのでより取り付けし難いです。ヘルメットにつける場合はこちらの方がすべり
にくく便利では有りますが‥。ちなみに両機種共にヘルメットに取り付けるためのプラスチックの
フックが同梱されています。

後部電池BOXは表面の材質感以外はサイズなどほぼ同じです。どちらも蓋にOリングがあり防水が期待出来ます。
また、蓋に樹脂コードが付いており開閉時に無くさない工夫がされています。後部の赤色灯はSWをプッシュで
全灯、点滅、消灯の切り替えになっており使いやすいです。固体差かもしれませんが233Hのみ明るさが不均一
でバー状になっている左の方が明るいです。(使用上は問題ありません)

付属の収納袋はサイズ含めどちらも全く同じものです。肉厚フリース製で巾着袋になっていますが締める
コードにもストッパーつきでとても良い物です。

重量はスペック上は若干違いがありますがほぼ同じに感じます。頭につけている時は気になりませんが、
携帯時にはかなり重く感じます。軽量重視の場合は単三1本仕様の931H等を選択すべきでしょう。

以上、細かな点も両機種の性格が表れているようで面白いです。233Hは「大向こう受け」を狙い、888Hは
「長く使って良さが判る」仕様になっています。ただし、両機種とも基本となるランプの明るさや低価格な
点が優れていてどちらを選んでも後悔はしないでしょう。
0コメント|125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月31日
 キャンプ用に購入しました。他の方のレビューで明るすぎる、というコメントが目立ったので、125ルーメンの833XEと

検討しました。決め手になったのは照射角です。833XEをはじめ、他機種は16°前後。

対して888Hは40°です。私はある程度、広い範囲を照らしたいと思っていたので、888Hに決めました。

その点は確かに正解でした・・・ 40°でもちょっぴり物足りなかったので、照射角が狭いと、探し物や夜間歩行には向かないですね。

ただ、あまりにも明るすぎます。Lowにしても4〜5m向かいの人の目を焼き切ります。キャンプ場には不向きですねえ。

 元々、現場作業で手元を明るく照らしたり、遠方に信号を送るための作業用ヘッドライトなので、レジャーに持ち込むには

オーバースペックなのかも。キャンプ使用には45ルーメンのGTR−93で充分だと思います。

 888Hは晩の川魚捕りに使っています。水底を照らすと、少し白っぽく感じますが、単一6本使用の大型ライトと同等の明るさがあります。

重さに関しては気になりません。大丈夫です。防滴パッキンやケース自体もしっかりしているので、長く使えると思いますよ。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月2日
ギミック満載の物も好きだがこれはシンプル。
最近はやりのフォーカス調整や、かざすだけでオンオフする機構など何もない。
オレンジぴーるの反射板を持つが故、くっきりとした境を持たない自然な配光である。
境目があいまいなので、他のライトより明るくない印象があるが、比べてみると相当明るい。
周辺との明暗がないので強烈な明かりに見えないだけだ。

スイッチは節度あるものだし、点灯後数秒してからまたボタンを押すとどのモードからも消灯する。
だから通常は一回だけスイッチ押せば事足りる。ここは重要だと思う。
欲を言えばもう少しスイッチが大きく押しやすいと助かる。
素手ではともかく、手袋をしていると押しにくいのだ。
後ろもレッドライトが点灯もしくは点滅させることもできるので、後方に注意を与えるには十分だろう。

シンプルが故に重量も軽い。
単三サイズのエネループがつかえることも大きなメリットだ。

ヘルメットに固定して使っているが、私は付属のゴムバンドを利用している。
ゴムバンドのクリップは若干ヘルメットと合わないが、ずれることなくつかえている。
ただ、ゴムバンドを取り付けるのは若干苦労した。

これ以上の光量を望むならオービターしかないであろう。
0コメント|22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2015年1月28日
送料・税込み2400円台で購入しました。
今、HI(明)でジャスト5時間使ったばかりですが、電池が10年落ちの白エネループながら、まだ光量の低下が感じられません。
なかなか電池保ちも良いんじゃないかな?※

※その後7時間まで使ってみましたが、6時間越したらみるみる光量が落ち1時間もしないうちに暗くなってしまいました。
時間に関しては古い電池だから、容量が低下してたのかも知れないし、そもそも能書きに謳われてる10時間の電池容量データが無いので判断 出来ません。
但し、使用電池を放電させてみたところ、ほとんど放電せず残量が無かったことから本機の回路ではある程度明るさを保ち、電圧が一定以下になると急激に暗くなる特性になってる様な感じはしました。これは別に欠点と言う訳ではありません。

LO(暗)はHIの3倍持続時間(公称30時間)があるので、60lm程度の明るさかと思ってましたが、手持ちの80lm機種より明るく100lmくらいあるように感じられます。
これはスポットと周辺光の照射角が手持ちのヤツより狭いからだと思いますが、とにかく明るいLOモードです。
因みに、2mから白壁を照らしてみると、スポットの境界はぼんやりしてて、サークル径は約55cm〜65cmφだから照射角は大体15〜18度、周辺光の境界ははっきりしてて、サークル径は約310cmφだから照射角は大体80度くらいに設定されてるみたいです。
ニュートラルな色温度の、かつ照射斑も少ない良い感じの光がたっぷり放射されてる印象でした。
電源コードが露出してるし、照射角も大して広くないのでハードな藪なんかでは使いづらい場面があるかもしれませんが、普通の山道ならLOでも十二分な性能だと思います。

個人的にはストロボ点滅の代わりに長時間保つ蛍の光モードが欲しかったなぁ。
まぁ、基本的に本機は行動・実務用機種でしょうから仕方がないですけど・・・

最高到達距離91mの基準が判りませんが、サッカーグラウンドでゴールに犬をつないで反対ゴール側から照らしたら犬の眼がキラリと光るのを視認出来ましたから、100m程度離れた先の熊や猪や鹿の眼を光らすくらいのスポット照射は出来てるみたいです。

電池フタはスキマのラインが長いのでパッキンにはシリコングリースを塗っといた方が防滴性能に関しては安心でしょうね。
また、電池フタの止め爪が破損しやすい作りに見えるので、閉める時はしっかりボックスへ押し付けながら回す様に心がけています。

装着感についてはワッチキャップの上から緩めに被っててもずれないし、被り心地も良くて重さを感じにくい良い前後バランスだと思います。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月17日
2015年9月追記
ヘッドランプがつかなくなりました。
分解してみると、ヘッドランプに伸びるコードの電池ボックス側で断線がありました。
具体的には電池ボックス内での断線です。
その様子から、コードの絶縁被膜を除去するための切れ込みが原因と思われます。
おそらくその切れ込みが絶縁被膜を除去するために使われずに、切れ込みとして残ったために想定より長いコードが電池ボックス内で曲がり、
それが断線の原因の一つになったのではないかと思います。

とりあえず、断線したコードを切断、新たに結線し直して使っています。

以下、過去レビュー

自転車通勤のヘッドライトとして使用しています。
夜間のみの使用で、明るいときは布製の巾着袋がついてくるので、それに入れてリュックのサイドポケットに入れて持ち歩いています。
ですが、いざ暗くなって使おうと思ったらいつの間にかスイッチが入っていて、巾着袋の中で弱い光を発している状態になっていた事が半年で2回ありました。
光っていることに気が付いてスイッチを切ったことも半年で3回くらいありました。
意図に反していつの間にかスイッチオンになってしまうようです。
明るくて使いやすくいい製品なんですが、長押しでスイッチオンになるなどの対策をしていただくといいかも。

あと、付属のゴムバンドを使っているのですが、このゴムが本体のスリットになかなか入ってくれません。
最初、ゴムを引っ張って薄くしてはめ込もうとしたり、色々とやってみましたが一時間かかって一か所はめてうんざりしました。
が、ゴムの先端にセロハンテープをベロ状に張り合わせて、セロテープをくぐらせて引っ張るとすぐにはめ込むことができました。
説明書などにちょっと記入してもらうと、苦労する人は減るのではないかと思います。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月20日
消防団のヘルメットにつけて夜間の屋外の見回り等に使用。

本体+普通のベルト、ヘルメット装着用の黒いゴムベルト(頭頂部無し)、ヘルメット装着時のベルト止めクリップ4個、本体電源間コード用クリップ2個、金パナ3本がセットでした。

よく確認せずに、ヘルメット用クリップを別に購入してしまったので、もったいないことをしました。

良い点
凸凹反射板のおかげでしょうか、ムラのない程よい周辺光で、中心光で遠くを照らしながら歩いても足元が見やすく非常に使いやすい。

不満な点
明るさの強弱を切り替えても、その差が少ない(弱でも明るすぎ)ので、手元の作業には明るすぎて使いにくく感じます。

今後使い込んで耐久性が高ければ、良い買い物をしたと思います。

購入後、約6ヶ月
ヘルメット用のゴムベルトにひび割れが多数。
昼間の使用は一度も無いのに、劣化がちょっと早すぎる気がします。。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月12日
今迄は同ジェントスのGTR-931H 45ルーメンを使ってましたが、スポットすぎて手元が明るすぎて白飛びして見にくいし、広範囲を照らせないので頭を振りまくるという、使い勝手の悪い物でした(手元を照らすに限る)
HW-888Hはスポットワイドの切り替えは出来ませんが、スポットは必要ないので十分です。
GTR-931HとHW-888Hの実際使う範囲辺りを照射比較してみました。
あと電池ボックスが思っていたより小さく、首に掛けても違和感は特に感じませんでした。
review image review image
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年6月13日
リフレクターにオレンジピールを採用してあるのが特徴。
シンプルで割り切った作りで、ヘッドウォーズ(戦うライト)として、とても使いやすい。

良い所:

 スムースディマーは排除してあるが、自転車のヘルメットに装着して走りながら等、何かをしながら片手間に操作する時は、いろいろ無い方がシンプルで良い。

 レンズ式ライトのように、光の境目があまり無い。 昔ながらの懐中電灯が そのまま明るくなったようなライト。光も白(青白)では無く無色透明という感じの優しい光。目が痛くならないので、近場の白い物を横切った場合、目がやられない。妙な反射が無いです。水面もうまく透けて底が見やすいです。

 弱でも十分な明るさ。弱だと明る過ぎない為、照射部以外の周辺光(街灯など)が視野に入る事で視野が広くなり安全。
全開200ルーメンだと少し明るすぎて夜目を失い、ライト照射以外の周辺が目に入りにくくなる。全開を使う時は、街灯が一切なく周辺も真っ暗とか、何かを凝視したい場合、速度を出す時くらい。 でも明るい方が気分が良いので使いたい気持ちも^^;;
その場合でも全開で10時間持つので安心。余裕から遊び心をくすぐります。

 配光がすばらしい。周辺光がとても広く、60°よりは広いです。 私の感覚で中心光の中心は160ルーメン、中心光120ルーメン、周辺光80ルーメン。と 表現したらいいかも。 中心光だけ言えば200ルーメンのライトにしては暗い(光色が優しいのも手伝って)と感じるかも。あくまで拡散光なので仕方ないです! しかし配光が良いので弱にしても十分実用できます。

 拡散光なので、目が疲れるほどのシャープなコントラストはありません。あくまで優しくて自然な色と見え方をします。色が不自然にならないのも大きなメリットかも。

 重量バランスが良いので重く感じないし、ライトが振られる事がない。

 普段、部屋に置いておく時は ベルトはブカブカにおくと、ちょいと頭に乗せて、帽子のようにかぶれる。ちょこっと使うのに締め付けも無く、便利。バランスのおかげで、ブカブカでもズリ落ちるような事は無い。

 後部バッテリーボックスが点灯、点滅、できるので便利。自分がライトを装着すれば、自転車を選ぶ事なくナイトランできます。 自転車にそれぞれ固定具を付けたりする必要が無く、何台も持ってる方には非常に便利です。 ナイトラン用ヘルメットに固定するとかぶるだけでOK。  借り物自転車でも無問題。

 後部認識灯を使えば、夜釣りや歩行など、居ないと思われて ひっかけられたりする事故は 知らず知らずのうちに回避できる。

-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o--o-o-o-o-o-o-o--

イマイチな所:

 あまりコマメに着けたり消したりし易くは無い。スイッチ部がライトと一緒に稼動する為、角度調整する度にスイッチの位置まで変わるから、同じ位置に無い為少し探してしまう。(233Hのような手をかざすタイプをおすすめ。でも障害物を避けた時に真っ暗になる事故は100%起きないので良い)

 手元を照らすのを主にする場合、中心光が明るすぎて周辺光をかき消し、中心光周辺のみ使う事になるため視野が狭くなる。だが、たまに手元を照らす程度ならば気にもならないレベル。むしろ使いやすいと思う人も居るはず。中心をわざとハズして周辺光だけで作業した方がラクだし均一で十分な周辺光は持ってます。使い方次第かな。  手元や歩行移動ならレンズ式の広角60°くらいの均一な光のレンズ式ライトを使った方がいいです。(DPX-143Hの方をおすすめします) 

 ライトの照度を変えたい時、どうしても一度、真っ暗になる。 何かをしながらの作業なので、一瞬真っ暗になるのは あまり良い気がしない。スイッチが1つでシンプルゆえに仕方ない。私的には同じような場所に2つスイッチあるよりは、1つの方が間違いが無くて良い。 (作業中、一瞬でも真っ暗になるのがイヤならば LED LENSER H7 をおすすめします。ディマーとメインスイッチが前部と後部、別々になっているので雑な操作でも間違いが起きません)

 優しい光なので200ルーメンにしては暗く感じる事も。その上、拡散光なのでコントラストも優しく、遠くをクッキリ鮮明に照らす事は難しいです。何があるかはしっかり見えるので、自転車程度の速度ならば十分です。 (遠くを凝視したい用途には向きません。777H等をおすすめします)
  
-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-oo-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-oo-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o-o---

総評:
 とくに悪い所は無く、特化した商品と比べればイマイチなだけで、実用には十分。非常にスタンダードな昔ながらのライト! だけど明るい!  

 何をするにも、とりあえずコレ持ってればOKなライト。

 故に特出した特長が無く、目立たないだけに、売りにくいだろう。よくぞ こういうスタンダードなライトを発売してくれたと感謝したいです。
 ディマー調光もフォーカスもサブLEDも無く、複雑な操作も無い。特出した特長も無い。それをメリットと感じるかどうか。

 頭に付けるには少し重いが気になるほどでもない。後部認識灯が付き、実用的な弱で30時間、全開でも10時間持つ事を考えれば軽いくらい。
 30時間はすごいと思う。 

 160ルーメンと120ルーメン超広角ライトの2つを1つにした感じ。

自転車に乗るには最高! 自転車用に開発したのかと思うほど。

私には この上無く素晴らしいライト

これ1個でも十分ですが、自転車に広角のライトを固定して、このヘッドライトと併用すれば、昼間と変わらない感覚で激しいライドが可能です。
暗いからという意味では無く、急カーブを速度を出して走る場合に限って(主に競技。一般道では速度控えましょう)、自転車の正面と その先(視線)が違う為です。

↑ 山道、悪路の走行です。

ロードの場合は足元も悪くなく、速度も出るので少し遠くを照らした方が安心できます。
ロード用に追加ライトをするならスポットタイプを低い位置に追加するとベストと思います。

2015/2/9
友人に貸したら壊れて帰ってきたので また購入しました。
コード部分を乱暴に引っ張って取り扱った模様。
悲しい反面、こういう事もあるのだな。と 対策も考えました。それはこちらで。
GENTOS LED ヘッドライト LH−950 LH-950 4430336

さすがに、元々のレビューを書いた頃と比べると、自転車用ライトが素晴らしく進歩している。
ドゥサンS2など、感動した。
Dosun(ドゥサン) S2 Bike Light(LEDサイクルライト)Ver.201302
こちらも購入
GENTOS(ジェントス) バイクライト XB 200G 【明るさ120ルーメン/実用点灯20時間】 ガンメタル XB-200G

これに合わせて、ヘッドライトもHW-888Hから、正当進化版と言えそうな DPX-533Hを購入しました。
GENTOS(ジェントス) DeltaPeak(デルタピーク) 533H 【明るさ230ルーメン/実用点灯12時間】 DPX-533H

しかし、遠くまで届くようになったのは良いし、ライトとしては素晴らしいのですが。。
888Hほどの、目に優しい、クラクラしない広めのスポット具合とは違いました。
中心の主張が強すぎて、周りと明暗差が付き、明るいのに見難い、疲れる。弱にしても同じ傾向。リフレクターの特性だから仕方ない。
スイッチも何度も押さなければならず、面倒でした。センサー要らないし。

ドゥサン、ジェントス、などの 固定式マルチリフレクターライトなどと どんなライトとも うまく調和し、見たいトコロを目障り無く上手に照らしてくれる 888Hの良さを再確認する結果となりました。
これで、Hi,MiD,Lowの3段階になってくれれば、いう事なしです。
0コメント|84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)