Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle マリン・ビーチストア Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
47
5つ星のうち4.6
価格:¥16,326+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年2月3日
HD558はHD598やHD650などの上位ヘッドフォンの陰に話題が隠れがちですが
それらとはまた違った魅力があることが長時間視聴してわかりました。

●再生環境の良し悪しに左右されない
●iPod,iPhone,Walkman 直挿しでも十分なボリュームがとれる
●サウンドリフレクター搭載により映画やゲームの音の迫力がより一層楽しめる。
●高音が突き刺さらなく、温かいまろやかな音なので長時間の視聴にも対応

という点が挙げられます。
余談ですが、このヘッドフォンで聴くアコースティックギターの音は格別です。
0コメント| 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
予算が限られているけれども、いい音で聴きたいならこのヘッドホンです。
ヘッドホンアンプ無し、PCやTV直差しでも音量がバッチリ取れます。

【HD598との比較など】
今は売却してありませんが、HD598よりも癖がない音でマルチメディア用に使いやすいヘッドホンです。
音楽鑑賞から映画鑑賞、ゲームのプレイまでこれ1本あれば活躍してくれます。
HD598は音質の悪い打ち込み系の音楽はスピード感がイマイチな残念な音になってしまいましたが、HD558は上手く粗を隠しているのか気になりません。
また私だけかもしれませんが、HD598の時に感じた聴いてて眠くなる音でもありませんでした。
音の傾向としてはスッキリ系で高音が刺さらないバランス型です。

【装着感】
装着感はふわふわヘッドバンドのHD598より劣りますが、軽いし側圧もそれなりなので長時間の使用でも快適です。
オープンエアーなので真夏の使用も、ある程度我慢すれば使い通せます。密閉より遥かにマシです。
イヤーパッドは汚れたらマイクロファイバータオルで拭くと埃も取れるしいいですよ。

【音漏れ】
音漏れは同室者に少し聞える程度です。音量にもよりますが部屋の中は五月蠅くてたまらないなんてことはなさそうです。
アダルティな視聴も突然の訪問者にさえ気をつければ、問題ありません。存分に堪能してください。
ケーブルも3mと長いので色々と身動きが取りやすいと思います。

【まとめ】
基本的にヘッドホンは購入前の視聴をお勧めしますが、HD558はいきなりポッチっとしても大丈夫です。
ゼンハイザーの音を知らないままだと、後悔しますよ。ぜひ、入門機としてどうぞ。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月12日
私はこれを購入する前はHD595を使っていました。勿論、現在も使っていますが本器はHD595とはかなり音の傾向が違います。ゼンハイザーはHD598をオーディオ用、HD595をAV用と位置付けていますがこれもちょっと分かり難いですよね。だってライブ映像をみながら音楽を聴く場合はどうなのって感じです。では何故そのような位置づけをしているのでしょうか。
それは本器がHD598よりもHD650に近い傾向の音作りにあるのです。実は私はHD650もamazonさんで購入したのですが、低音の厚みや音の広がり、奥行き感などは素晴らしいものです。特にボーカルの美しさは格別です。しかし、中にはHD598の方が音が良いとおしゃる方もおられるようです。それはHD598の方が高音の切れ込みが良く、低音の量感が少ないため、とても抜けの良い音に聞こえるからなのです。
実はHD558はHD650の音の傾向によく似ているのです。低音の量感があり、広がりのある音で柔らかく温かみがあります。音の抜け具合やドラムのスネアの切れの良さや、ボーカルの鮮明さに関してはHD598に一歩譲るものの、低音の量感や音の広がり、ライブ感等は明らかにHD598よりも上だと思います。このように音の傾向が異なりますのでどちらかというとゆったりとリスニングしたのであればむしろHD558の方が向いているのではないでしょうか。
また装着感に関しては完全にHD595よりも上です。HD595とHD558は同じイヤーパッドを使ていますが側圧はHD558の方がかなり強いです。ですがそれもしばらく使っていると心地良い装着感になると思います。またHD598のように頭頂部に違和感を感じることもなく、よく皆さんが言われる通り、何時間着けていても煩わしさや、苦痛を感じることがないと思います。
またHD598とHD558は同じドライバーとケーブルを使っているのにハウジングの違いだけでこれだけ音の違うヘッドフォンを作り上げてしますゼンハイザーの技術にも感心させられます。私の個人的主観ではゼンハイザーで最もコストパフォーマンスの高い機種ではないでしょうか。
0コメント| 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月28日
数十時間のエージングを終えたので、レビューいたします。

すでにHD650を所有していて、同じような傾向の音で非力な環境でも鳴らせる機種をと考えて購入しました。
買った当初は、確かに柔らかい音質ではありながらも、良く言えば開放感のある、悪く言えば密度の薄い音で、
これは、HD650とは似て全く非なる「BGMフォン」かなと軽く後悔したのですが、
エージングが進むにつれて、密度の濃い良い音を鳴らすようになりました。
HD650の持つ特殊能力「どんなプアな音源も、それなり以上に鳴らす」も、ある程度備えています。
音そのもののクオリティは、HD650と比べれば一段落ちますが、価格の安さと環境を選ばないことを考えれば、
恐ろしくコストパフォーマンスの高い機種だと思います。
また、HD650よりボーカルが近くで聞こえますので、ポップスを軽く聴くには、こちらを積極的に選ぶケースも多いです。

例の改造についてですが、私自身は上記の理由で購入したため、改造の必要を感じませんでした。
その上で申し上げたいのですが、改造を前提に購入される方も、エージングを終えた後の音を聴いてからにされることをオススメします。
上位機種のHD598に近い音になるから買ってすぐ改造します、では勿体なさすぎます。
仮に、HD598に近い音になったとしても、HD598とHD558では各々長所も短所もあります。
まずは、HD558そのものを楽しんでからでも遅くないと思います。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月7日
音楽制作用とリスニング用を兼ねて購入しました。
結果、大正解だと思っています。
高域にやや丸みがあるのが特徴で、長時間作業していても疲れないと思います。AKGのセミオープンなどを好むユーザーにとっては若干高域に物足りなさを感じると思いますが、音楽制作で長時間着用することを考えると、あれは明らかに出過ぎだと個人的には思います。
また、中低域も量感があり、開放型にありがちな低域の抜けが無く、ダンスミュージックなどの制作にも問題なく使えます。

ワンランク上の上位機種にHD598がありそちらの方が高解像度に思えるかもしれませんが、私には高域の特性の違いのように思えました。
確かに価格差はあるのですが、部品が共通しているという話からもわかるように製品クオリティの差が大きいわけではありません。
装着感含め、キャラクターの違いがあるので、一度試聴して比較されることをお勧めします。

私は予算的にはHD598だったのですが、試聴してHD558にしました。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年6月17日
HD558が届きましたので、エージングもせずレビュー致します。
ちなみにヘッドホンはATH-A500に次ぐ2台目で、FOSTEXのUSB-DAC(PC100USB)経由でパソコン
から聴いています。PCオーディオ初心者です。
1.パッケージが素敵です。しっかりとした箱でこのまま飾っておこうかと思いました。
2.本体のデザインが秀逸です。横から見るとト音記号のように見えます。かつ無駄な凸凹がなく
 さすがドイツのクラフトマンシップと感心します。(製造は Made in Chinaですが)
 上位のHD598の評に、欧州製高級車を思わせるとありましたが、このHD558も欧州車のコックピット
 のような機能美があります。(私は国産車に乗ってますが)
3.装着感は軽くて、快適で圧迫感はほとんどありません。つけたまま上を向いても、かがんでも、
 頭を真下に向けてもまったくずれません。付けっぱなしで2時間半音楽を聴いてみましたが
 問題なしです。イアパッドはベロアで肌触りも良く、耳には直接あたる部分はありません。
4.肝心の音ですが、初心者の私にはもうこれで十分です。音場の広がりは期待以上で、定位もきちんと
 しており楽器の位置がわかります。低音も心地よい圧を感じます。強いて言えば弦楽器、ボーカルの
 再現性に比べてピアノがやや劣るような気がします。(気がするだけです。)
5.外の音は聞こえます。外への音漏れは自宅で使う分には全く問題ないレベルです。窓をあけて使って
 近所迷惑になるなんてことはまずないと思います。
6.★ひとつ減った理由は、プラグです。残念です。標準プラグをミニプラグに変換するため、差込口から
 9センチとび出します。ヘッドホンハンガーとしてお使い下さいということでしょうか?
 日本製のようにミニプラグに標準プラグ変換アダプタという構成なら良いのにと思いました。
【まとめ】現時点の私の耳では本当に素晴らしいヘッドホンだと思えます。価格と照らし合わせても
とても満足感が高いです。また作りが素晴らしく眺めていてもあきません。
非常に良い買い物ができました。
1コメント1件| 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月10日
音楽好きな大学生がバイト代を貯めて購入しました。
これの上位モデルも存在するみたいですが、各サイトのレビューを見るに大した差は無いみたいなので、安価なこちらを選びました。

これを買う前はAudiotechnicaの¥7,000代のカナル式イヤホンを使っていましたが、音質は歴然の差です。(値段が違うので当たり前ですが
印象を端的に言うと、音の【質感】が極めてハッキリします。スタジオやホールに居合わせたような気分になります。
電子系の音は、低音(キックやベース)がナチュラルな印象になり耳に心地よく、クラシックは各楽器それぞれの音質や、和音や倍音が全て聞こえます。
(尚携帯ゲーム機(psvita,3ds)はもともとの音質が良くはないのか大きな差は実感できませんでした。MGSなどの音の【方向】が重要なゲームはかなり面白くなります。)

装着感はとても良好で、頭部に触れるクッション部分はむしろ何気なく触れていたくなる触感です。慣れないうちは顎関節あたりに若干の圧迫を感じますが、やがて気にならなくなりました。

オープン型というもので音はモロに漏れますが、大音量でも鼻歌程度までです。ベランダに出て洗濯干しをしていても何ら近所迷惑にならないでしょう。

ビギナーズモデルには申し分無い性能です。非常に満足しています。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月12日
ゼンハイザーのイアホンが非常に良かったために,ゼンハイザーのヘッドホンを買うことにしました。
予算に余裕があったので,HD558 HD650 HD800から,総重量と音質の2つで評価しました。
その結果,HD558は224gと最も軽量で装着感が素晴らしかったので,敢えて音質重視をやめて,購入しました。
音質にこだわるときは,IE800で聴いています。
音質重視をやめたと書きましたが,HD558はその価格からは信じられないほど「いい音」です。
小生の「いい音」とは,透明感,抜けの良さ,低音が出すぎない,ピアノが涼しげに聴こえるの4点です。
0コメント| 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月5日
以前まで使っていたイヤホンが断線したためヘッドホンに手を出してみようと思い、評価の高かったHD558を試しに購入してみました。
使用して1週間ほどですが、全体的に満足度が高いです。
音質は可もなく不可もなくといったところで、綺麗に鳴らしてくれます。そこまで劇的な変化はありませんでした。ただ、今まで聴こえてこなかった楽器の音が聴こえるようになったのには驚きでした。
一番気に入っているのは装着感の良さです。本体の軽さやパッドのクッション性の高さもあり長時間使用しても全く疲れません。

ただひとつ気になっているのは、付属の変換プラグの細い方(3.5mm)が刺し込み口にキッチリはまらず不安定で、簡単に抜けたり接続が途切れたりします。この点だけがHD558で不満なところでした。他社の変換プラグを買って代用しようと思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月5日
初めてのオープン型ヘッドフォンです。こちらの商品を購入するまでは、 同じくアマゾンで購入したaudio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-PRO5MK2(当時約5000円)を愛用していました。
好みの音楽は、ギターインスト、ギターソロ、古典音楽などのオーケストラ、J-POP・フォークソング、ピアノやヴァイオリンを使ったゲームミュージックなどです。メタルなどは苦手としています。

購入当初は、エイジング無しでも5000円のヘッドフォンと同じくらいの音は最初から出るのは、流石だなぁ~、と言う印象でした。ATH-PRO5MK2も癖のないクリアな音ですが、HD558も癖のない素直な音で、自分好みではあるのですが、オープン型で空間的な広がりがある分、音がスカスカに感じてしまったのが第1印象です。なので、最初はこれを態々買うくらいだったら、5000円のままでも十分だったかなぁ、と金を無駄にしたかな?、と感じていたほどです。
ただ、一切エイジングを施していなかったので、40~50時間ほど、自分好みのギターインスト、ギターソロや、それ以外の雑多な音をガンガン流してエイジングしてみました。(20~30時間だと変化としては物足りない感じでした)

結果、ほんとすみませんでした。
慣らし運転のおかげで、ようやく目が醒めて性能を発揮してくれると、ATH-PRO5MK2よりも

・音の表現力がある。ATH-PRO5MK2で表現し切れなかった音まで聞こえる
・音量も流石に上
・付けていて疲れない(軽い上にベロアが気持ち良い)
・空間的な広がりがあるおかげで、まるでスピーカーで音を流しているかのような音楽体験が出来る
・PCのスピーカーとして愛用しているONKYO WAVIO パワードスピーカーシステム 15W+15W ブラック GX-100HD(B)よりも空間的な広がりがもしかしたら上かもしれない・・

ということにも気づかされました。付けていて疲れないって言うのは本当にいいですね。耳も痛くないし。ただ、夏場はちょっと心配・・。

初めてのオープン型ヘッドフォンとしては大満足です。もっと上位の機種もありますけど、レビューを見る限り自分好みの音はこの機種なのかな?
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)