Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約


お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年12月4日
やはり素晴らしいですね。一番初めに弾いた時、「凄い!」と思わず言ってしまいました 笑
スタインウェイの音が一番好きです。曲によって使い分けができるのもいいです。
全て試したわけではないですが、他のピアノ系のvstiと比べても表現力をつけやすいです。

Ultrabook(Core i7 3517U + SSD256G + メモリ4G)を持って行ってスタジオでも使っています。
サンプリング音源のため、ほとんどレイテンシを感じないです。
Komplete 8など他のVSTiも複数同時起動しておりますが、音切れもそうそうありません。

スタンドアロンでは使ったことがないので、コメントできません。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年5月12日
 ソフトウェアピアノ音源の中ではかなりよい音を出すと思う。
 スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ヤマハのそれぞれ最上級モデルの音が収録されている。実際のピアノでもそうなのかは不明だが、スタインウェイは少しくすんで落ち着いた音、ベーゼンドルファーは明るく華やかな音、ヤマハはその中間のように聞こえる。個人的にはスタインウェイを好んで使っている。
 同自発音数は最大160音。色々と小難しい機能が付いているみたいだけど、よく分からないのでデフォルトの設定で使っている。ただし、音が結構硬い感じがしたのでヴェロシティーカーブを少し弄って僅かに下に凸にした。
 今回、購入に至った最大の契機はハーフペダルに対応しているということ。殆どの電子ピアノがハーフペダルに対応しているのに、何故かソフト音源だとハーフペダル対応のものは極端に少ないので貴重だ。ハーフペダルの効く領域はCC64=97〜52くらいの範囲。かなり連続的な変化が見られる。
 Offline Rendererで録音すると、時々全く入力のない音が鳴っていることがある。意味が分からない。
 本商品にはスタンドアロン対応と書いてあるが、Cantabile2.0というVSTを鳴らすソフトが付いてくるというだけ。Cantabile2.0には"Lite", "Solo", "Performer"の3種類のグレードが準備されている。"Lite"は音を鳴らすという以外の機能を削ったもの、"Performer"は全ての機能が揃っている、"Solo"はその中間で機能があったりなかったりする。ここで付属するソフトはIvoryII専用となっており、どのグレードかはどこにも書いていない。機能を見る限りでは"Lite"と相違ない。PDFで取説が付いているのだが、"Performer"の取説となっている。
 各グレードはCantabileの公式サイトからダウンロード、購入できる。"Lite"は無料、他の2つは時価となる。僕が買ったときは"Solo"$49、"Performer"$139だった(2011年2月)。1ヵ月の試用期間があるのでどのグレードが適しているかは、ダウンロードして試してみるとよい。スタンドアロンを目論んでいる方は結局どちらかを買うことになると思う。
 また、このソフトを使うには別途iLokを準備する必要がある。
 そんなわけで、本体以外にもいくらか出費を要する。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月15日
やっと音が出ました。
単独で音を出すためのポイントを書き出しておきますので、各項目の詳細は付属する日本語マニュアルを参照してください。
設定はIvory Cantabileというソフトウェアを起動して行います。

[Audio Driver]
音を出すデバイスを選ぶ。
[MIDI Devices]
この音源を鳴らす外部MIDI機器にチェックを入れるが、2台のMIDIコントローラがあれば2か所にチェックを入れることもできる。
[VST Plugins]
この楽器のプラグインがインストールされた場所を設定するが、私の場合ここは空だったので、インストールの環境を反映させた。
[Program機能のProgram Preset]
初期値はDefaultでサウンドが読み込まれていないので鳴らしたいピアノを選択する。これに気が付かなかった。
[Program機能のKeyset]
キーのタッチやペダル操作など演奏方法を決める。これにも気が付かなかった。

以上で音が出ました。
特に[Program機能のKeyset]の選択はとても重要です。
私にはグランドピアノのアクションを使ったMIDIキーボードがあり、生のグランドピアノのタッチでどんな響きになるかもしっかり身についていますので、これからのチューニングが楽しみです。

どんな音かって?
KURZWEILの技術者が開発したというので買ったのですが、素晴らしいの一言です。技術もそうですが、二層DVDが11枚という大容量もうなずけます。
次はシリーズにあるニューヨーク・スタインウェイの音(American Concert D)を買います。

本ソフトは強いCPU Powerを要求します。4コア8スレッド、12Gメモリでも、時々ノイズが入ってきます。
「Audio Engine」内のApproximate Latency Buffer sizeを大きめにしたり、オーディオインターフェイスのサンプリング時のバッファーサイズも慎重に決めなければなりません。良い音を得るためにCPUはフル稼働しています。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)